中小企業の働き方改革をサポート>>

ネットワークオーディオを始めました。AirMac ExpressとiTunesでおこなっています(WAVまたはApple loss less)。10年ほど前に購入したCD Playerにデジタル入力がついていたので、それを利用しています。(amp Laxman 38 signeture, Speaker AE2 signeture) 他のソフトとネットワークプレーヤの組み合わせを使うとのと大きな違いがありますでしょうか。AirMac Expressを使用しての音質面などのことが、ネットや雑誌であまり見あたりません。AirMac Express+iTunesの音質につきましてのご評価をおきかせいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

AirMac Express のアナログ出力を Laxman 38 Signature に導くのであれば「しょぼい」みたいな気持ちになるかも知れませんが(笑)、光デジタル出力を DAC 機に導いてから Laxman 38 Signature に繋ぐのであれば「堂々たる」iTunes オーディオと胸を張れると思いますよ(笑)。



AirMac Express に内蔵されている DAC 及びアナログ・アンプはその大きさからも判るように、基本的に iPod や iPhone などのポータブル・オーディオ機と同グレードのものですので、物理計測スペック上は問題なくとも、いわゆるオーディオの「机上理論では説明し難いオカルティックな摩訶不思議(笑)」現象に拠る「低音のパワー感不足」や「DC リフト・ノイズのような圧迫感」とか「解像感不足」や「ジッター感?」といった問題が気になってくるかもしれません。

光デジタル出力を「光/電気変換部での障害が極小のインターフェイスを通して」良質な DAC に導いてアナログ化するのであればそのうような問題は根底から払拭できます。

実際のところ AirMac Express のアナログ出力音は「悪くはありません」(笑)。

特に真空管アンプでの再生システムに拘る人であれば数万マイクロ・ファラッドの巨大電源キャパシタを並べて低音域のトランジェントを改善したアンプや入力換算 S/N 比 100dB 以上のアンプといった物理特性に拘っているのではなく、出力される音色そのものに拘っていることでしょうから、DAC 部やアナログ増幅回路にどれほど金がかかっているかなどはあまり問題にはならないだろうと思います。
(回路が単純である上に部品が大きくて改造の手を入れやすい真空管アンプは自作の腕があればキャパシタやレジスタを取り替えて音色を追い込むこともできるわけですし・・・)

机上の理論で考察し始めたらキリがないのですが、単純に耳で判断する限り、AirMac Express のアナログ出力音は高額の DAC ユニットとブラインド比較テストしても差が判らないレベルに達していると思いますよ。・・・それと知って聴き込むとだんだんとつまらなくなって高額の商品を欲しがるオーディオ精神病に蝕まれる精神安定上の問題はあるかも知れませんが(笑)・・・。

既にワクチン投与に等しい経験をしてオーディオ精神病への耐性ができてしまった私は AirMac Express に不満を感じることはないでしょうが・・・。(ちなみに、かつては McIntosh C34V、Bose M901CSIV などを配していた私の現在のシステムは MacBook/iTunes に Softon Model 6 改と Bose MWS 及び Sony MDR7506 です(笑))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。このような評価を知りたかったのです。なぜか雑誌上にみあたりません。久しぶりにオーディオの世界にもどってきたので、「高額の商品を欲しがるオーディオ精神病に蝕まれる精神安定上の問題」の泥沼にまた陥らないように、遠巻きに近寄っているところです。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/19 17:28

はじめまして♪



AirMac Expressでも50万のパソコンでも、おおむね音声回路は実用十分な性能を持っています。

この場合の「実用十分」と言うのは、ラジカセや携帯音楽プレーヤー等の音楽を楽しむ一般大衆向けと言うレベルです。

オーディオファンとかオーディオマニアと言う分野の趣味人は、きちんと切り分けて考えていますので、割り切った製品にあれこれ文句は言わない物です。

デジタルデータで有る限り、基本的には音質変化が無いと考え、音質変化が有るのはデジタルからアナログへ変換する部分、そしてアナログ信号を扱う部分も重要と考えましょう。

極一部には、デジタル信号部分でもケーブルやインターフェース、コネクタ種でも微妙に違うと言いますが、本当に微妙過ぎて、私などはほとんど気にしません。
(と言っても、同じ様な価格なら評判が良い方をチョイスして、安心感は得てますけれどね。)

音質の変化する度合いから、一番がスピーカー、次がDA変換、スピーカー駆動のアンプ、ずーっと比率が小さく成ってからケーブル類でしょう。

他の影響として、音源の圧縮や、室内の反射吸音特性などでしょう。

道具であるAirMac Expressも使い方次第で、簡単に音楽を楽しむ大衆にも、本格的にコダラリの音楽好きの使い方にも活用出来ます。

利用者が満足出来るように工夫して活用してください。 ガンバ~~♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!当たり前のことかもしれませんが、デジタルからアナログに変換する部分がアンプよりも大切になるわけですね。音楽関係はそこそこなじんできましたが、耳がそだっていません。しばらくいまのシステムをいじらず、CDをNASに落としていきたいと思います。膨大な気の遠くなるような作業ですが、趣味ですからね。飽きたらやめればいいだけですからね。(とおもってても、全部やらないと気が済まないのが趣味というものでしょうか)。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/20 07:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカのコーンの清掃方法を教えてください。

こんにちは。約10年使用したスピーカの防埃マットを外したらコーンに埃が大量に付着していたので、コーン表面を清掃したいと思っています。掃除機で埃を吸引した後、表面を拭き取ろうと思うのですが、特殊な布や薬品を用いるのでしょうか。スピーカを痛めない、正しい清掃の仕方をご教示ください。

Aベストアンサー

コーン紙を掃除機での吸引は、怖くてあまりお勧めはできません。
私の場合ですが、根元まで筆下ろしした、柔らかく乾いた習字用筆で、丁寧に埃を払い、カメラレンズの埃飛ばし用の圧縮ゴムで丁寧に吹き飛ばします。ただし、トウイーターは、センターに埃が行かないようにします。
>特殊な布や薬品を
スピーカー用に開発されたものがあれば、よいと思いますが、仲間に聞いても知っている者はいませんでした。

QUSB入力の音質が悪いと言われるのは何故?

USB入力と光・同軸デジタル入力を両方備えているDACでも、一般にUSB入力は光・同軸デジタル入力よりも音質が劣ると言われているようですし、また各種オーディオ関連記事でも「USBオーディオなので限界が・・・」とか「USBオーディオのわりには・・・」とかいうように、「USB=音質はイマイチ」というのが一般的であるような記述をよく見ます。これは何故なのでしょうか?

USBでの通信にはエラー訂正があるのでUSBケーブルの質などは基本的に影響しないと思いますし、エラーが入り込む余地があるのはUSB信号のレシーバーからDACチップまでと物理的な距離も小さくて済み、音質的にはむしろ光・同軸デジタル入力よりも有利な要素の方が多いのではないかと思うのですが・・・

Aベストアンサー

根本的なラインで思い違いがあるような気もします、
USBオーディオ機器は基本アイソクロナス転送モードですので、
データの訂正・再送は行われません、S/PDIFとかと同じく投げっぱなしでデータは保障されません

その上で、WindowsVistaではUSBドライバがユーザーモードで動いているため、
処理が後回しにされやすく、データの欠損が起きやすくなったとも聞きます

専用のデバイスドライバを使い、
バルク転送でDAC側の要求に合わせて送信し、バッファに適時溜め込む仕様で作れば良いんですけど、
そうなるとオンボードUSBポートやらなんやらとの相性だの、
ユーザーの環境依存が高くなる等であんまりやりたがるメーカーは居ないようで…

他はUSBケーブル経由でPCとGNDがつながったり、5vラインのノイズを貰ったりするのも要因かと、
光なら電気的に絶縁されますし、同軸もまともなカードならパルストランスで絶縁されます

それと古いUSBレシーバだと48KHzしか受け付けなかった為、
カーネルミキサーでアップサンプリングされて音質が劣化するのが常だった時代を引きずっているのもあるかとは

根本的なラインで思い違いがあるような気もします、
USBオーディオ機器は基本アイソクロナス転送モードですので、
データの訂正・再送は行われません、S/PDIFとかと同じく投げっぱなしでデータは保障されません

その上で、WindowsVistaではUSBドライバがユーザーモードで動いているため、
処理が後回しにされやすく、データの欠損が起きやすくなったとも聞きます

専用のデバイスドライバを使い、
バルク転送でDAC側の要求に合わせて送信し、バッファに適時溜め込む仕様で作れば良いんですけど、
そうな...続きを読む

Qハイレゾ音源とレコードはどちらが良い音?

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅広い音域を有するという事は、ハイレゾ音源とレコードには共通性があると思うのですが、それでもやはりレコードと比べてもハイレゾ音源の方が良い音質なのでしょうか。もしレコードよりもハイレゾ音源の方が良い音質の場合、具体的に数値上で言うとどのくらいの差なのでしょうか。微々たる差なのでしょうか。それとも圧倒的な差なのでしょうか。

またこれとは別に、数値上はCD<レコード<ハイレゾ音源の順に音が良いとしても、音声信号の種類はCDとハイレゾ音源は「デジタル音声」なのに対しレコードは「アナログ音声」ですが、聴こえ方と言いますか、聴いていて快感に感じるのはハイレゾ音源とレコードのどちらなのでしょうか。もちろんこれには個人差もあると思うので一概に言えないと思いますが、この点も併せて御回答お願いします。

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅...続きを読む

Aベストアンサー

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIFで再生音をPCに取り込み、波形編集ソフトで表示してみると、波形がものすごく汚れています。音に歪みが載っている証拠です。

しかしその歪みこそが、生々しさ、迫力、温もり、潤い等々、物理特性では説明できないLP独特の味わいの秘密のようです。こうなるともはや、良し悪しではなく好き嫌いの問題でしょうね。

ただ、LPで困るのはCDと違って製品ムラが多いことです。

ベテラン技師が細心の注意でマスタリング~カッティングしたLPは天上の音楽かと思うほどの美音を奏でますが、雑に製作されたLPの音は雑音でしかありません。

また、ていねいに製作されたLPも、レコードプレーヤーの性能が不十分だったり針が摩滅していたりすると、スマホやガラケーのスピーカー以下の音しか出しません。

CD&ハイレゾ=デジタルの再生音は平均してそこそこいい音だが、極端にいい音はない。LP=アナログは、いいものは極端にいいが、悪いものは極端に悪い。これが結論です。

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIF...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報