たばこの煙に大気汚染物質(NOx、SOx、PMなど)がどのくらい含まれているか?というデータは見たことがあるのですが、
さて、同じような?煙の出る線香やお香では、どのくらいの量が排出されるのでしょう?
きちんとした実験結果や論文があれば理想!ですが、おおざっぱな見当のつけ方や考え方、ヒント、参考数値などなど、何でも結構です。
手がかりを教えてください。

ちなみにserch結果を眺めると、線香やお香の原材料はいずれも木の幹(ビャクダン、沈香)、皮(桂皮)、実(丁子)などの植物性原料と
動物性の原料(じゃこう など)があり、これらを調合するようです。
粉状のままのお香もありますが、調合した原材料に蜂蜜、樹液などを混ぜて接着し、最終的にさまざまな形態(ex.棒状→線香、丸or型抜き→お香)に仕上げられているようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

製品によって差が大きいので、個別に現物をもってどこかで検査してもらうしかないでしょうね。


 ただ、京都のお寺で毎日線香をたいていますが、お坊さんが早死にするわけではないみたいですから、大気汚染というほど有害物質はだしていないのではないでしょうか。(統計データがとれるほどたくさんのお坊さんの寿命が記録されているかどうかわかりませんが)

 個人的には、線香そのものよりの、製造・流通過程での排気ガスのほうが大きいように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お返事ありがとうございます(お礼の方が遅くなりました)。
厳密にはやはり製品ごと(原材料や成分など)の違いが大きことが想像されますし、これらを数多く測定することは(今の私の立場では...)ちょっと難しそうです。

さらに、それらからの排出物質がどの程度有害か、はまた別問題です。
ちなみにきわめて大雑把な計算ですが、全国では1年間に数10トン規模のPM(粒子状物質)が線香の燃焼によって排出されている可能性がありそうです。
東京都内での排出量は、自動車からだけで年間9000トン強とされていますので(お線香を運んだ車からの排出量まではちょっと....)、おっしゃるとおり量的には微々たるものかもしれません。

お礼日時:2001/04/27 11:49

線香の原材料についてですが‥


香りの主体となるのが大茴香、桂皮、桂葉柄、桂枝、丁子、丁子柄、山奈、木香、安息香、冷香草、甘松、吉草根、竜脳、トルコ大黄などで、白檀や沈香はごく微量ですし、また、麝香や龍涎香などの動物性成分もごくごく微量です。
そして、もっとも配合量が多いのは接着剤や増量剤となるタブ粉や石香粉、白木粉、紅粉などですネ。タブ粉に水を混ぜると粘液が出て固まるので、別に蜂蜜や他の接着用の物質を加える必要はありません。
なお、無煙線香は活性炭(炭粉)を練りこんであるものです。
上記の配合率は線香によって非常に異なっている上に、おそらくは詳しい配合は企業秘密とされていて想像する以外に方法はないでしょうネ。
とりあえずは各構成成分について一つずつ調べることからはじめなければならないと思います。
幸いな事に線香の構成成分のほとんどが生薬であり、含有成分はかなり解明されていますので、生薬関係の書物、或いは、ハーブ関係の書物を当たることで情報を得ることができる筈です。
ご参考まで。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。

search結果で見かけた原材料をシロウト考えで眺めていましたが、kawakawaさんの情報をもとに、再度注意深く見てみますと、確かに割合としてはタブ粉などの接着・増量剤が主、つまり植物性の成分がほとんどのようです。

線香や個々の成分物質の燃焼による排出物質の測定は、製品ごとに異なることもあって難しいのだろうと思われますが、原材料の見当がついたことで今回のところはきわめて参考になりました。今後の機会に詳しく取り組んでみようと思います。

重ねてお礼申し上げます。

お礼日時:2001/04/27 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアロマのお香は有害か

アロマテラピーは今まで有害な煙をすってしまうのでは
と思い避けていましたが、実際のところどうなのでしょうか。ネットで検索しても、アロマは健康に良いという記事ばかりで(リラックス効果が)煙がどうとかいう記事はなかなか見つからないです。
台所の火も良くないというのですが、いつも台所に立っていますし、そんなに神経質になるレベルでなければ気にしないのですが・・。
100均に売っているようなお香でも、高めのものでも
同じものなのでしょうか。100均のものは危険だったりとかするのでしょうか。
また、ペットがいる場合人間がつかうアロマは危険でしょうか。蚊取り線香も菊のものを使っているのですが、ペット用として売られている蚊取り線香もピレスロイドのものだったりするので、ペット用のアロマ製品も心配です。
安全性が自分で納得できれば、ストレス解消などに利用したいと思っているので、どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

100均のエッセンシャルオイルは、人工香料なので良くないと思います。無印良品のものなんかも意外と人工香料なんですよ。

100%天然精油は、メーカーや香りの種類にもよりますがだいたい1000円以上~します。外装にも「100%天然精油」と書かれてあります。アロマ専門店「生活の木」などのお店で売ってるものは100%ですよ。

人工香料たっぷりのオイルというのは個人的には焚く気にはなれないですね;だって、トイレの芳香剤、ああいうものと同じ成分でしょうから。

ただ、100%天然だと安全かというとそうでも無いでしょう。自然界のものが、人間には害をもたらす場合がありますよね?また、個々の体質によって合う・合わないいろいろあります。

ペットへの影響ですが、手元の専門書には、素人はやるべきじゃないとあります。動物は人間よりはるかに鼻が良いですからね。

ちなみに、私はアロマテラピーを随分と長く楽しんでいますが(アロマポッドに水を張って、数的垂らして焚くタイプです)、リラックス効果はありますよ。おすすめです。ポッドは100均のものでも充分だと思います。オイルは100%天然精油のものをゼヒ。少々高価ですが。

あと、精油には良い面と悪い面もあります。

例に挙げて、例えばローズマリーなら・・・
眠気を覚ます、頭痛・眩暈に有効とある一方で、高血圧やてんかんの人には不向きなどあります。
ただ、それでも直接原液のまま焚いたりするわけでは無いのですから、あまり神経質にならなくても良いのではないかなと思います。

こういった事はアロマテラピーの本に書いてありますので参考にされてみては、と思います。

100均のエッセンシャルオイルは、人工香料なので良くないと思います。無印良品のものなんかも意外と人工香料なんですよ。

100%天然精油は、メーカーや香りの種類にもよりますがだいたい1000円以上~します。外装にも「100%天然精油」と書かれてあります。アロマ専門店「生活の木」などのお店で売ってるものは100%ですよ。

人工香料たっぷりのオイルというのは個人的には焚く気にはなれないですね;だって、トイレの芳香剤、ああいうものと同じ成分でしょうから。

ただ、100%天然だと安全かというとそ...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q線香を焚いていて、壁等が黒くなって困っています。

仏壇に線香をあげていて、ブラインドや壁紙が黒く、べた付いた汚れがついていて、洗濯や汚れ落としを使っても、汚れが落ちずにこまっています。


仏壇周りの壁紙、カーテン等についた、 スス汚れ等々は、何を使えば落ちるのでしょうか?


教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

油煙というので汚れてくるそうですので
http://otokonokajikouza.seesaa.net/article/383522916.html

こちらを参考までに


人気Q&Aランキング