難しい質問かもしれませんが…
葉緑体は核DNAとは異なる独自のDNAを持っていますよね。光合成に関する酵素で4つのサブユニットからなるものがあるのですが、それぞれのサブユニットが核と葉緑体どちらのDNAによって合成されているのかの知るにはどうしたらいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

主に実験方法,検索方法でも可,というお答えをいただき,やる気のある,しかしちょっと初心者,という位置づけの方と勝手に想像してお答えします.参考に成らないレベルだったらごめんなさい.



1.検索するなら,主に,a. インターネット検索か,b. 文献検索か,c. 遺伝子検索か,といったところになるでしょう.
たとえば,a.では,googleで,「ribulose-bisphosphate carboxylase」や「RUBISCO サブユニット 由来」などで検索すると,例えばこんなページがいっぱいでてきます.
http://www.sci.himeji-tech.ac.jp/life/biophys1/s …

ただ,これだと,いろいろな情報はでてきても,そこからもとの論文までたどりににくいのが欠点です.おおもとの論文を探すには,やはり文献データベースを探す(b.)のがよいでしょう.とりあえず,PubMed
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db …
あたりで,ribulose-bisphosphate carboxylaseで検索します.1571件ありました.おそらく細胞核由来か葉緑体由来かについては,80年代前半までには調べられているでしょうから,古めのところを中心にキーワードを追加してしぼりこみます.ただ,自力でデータベースにぶつかってもうまくしぼれないことがありますね.そういうときは,誰かが関連事項をまとめてくれているのを当てにして,総説(review)を探します.キーワードに,「review」を追加します.学術的な色の濃い総説なら,ちゃんと引用文献が記載されているはずですので,それをあてにするわけです.99件.たくさん引っかかってきて,日本語の総説もありそうなら,「Japanese」を追加して日本語の総説にしぼっちゃったりすると強欲でよいと思います.7件.例えば,以下など.

Tanpakushitsu Kakusan Koso. 2000 Feb;45(2):105-7. PMID: 10667064
Seikagaku. 1996 Aug;68(8):1445-8. PMID: 8890613
Tanpakushitsu Kakusan Koso. 1988 Dec;33(15):2559-68. PMID: 3074352
Seikagaku. 1988 Oct;60(10):1127-47. PMID: 2470843
Tanpakushitsu Kakusan Koso. 1987 Jul;(30 Suppl):223-46. PMID: 3334470
Tanpakushitsu Kakusan Koso. 1985 Dec;30(14 Suppl):1503-16. PMID: 3914657
Tanpakushitsu Kakusan Koso. 1984 Oct;29(10):774-94. PMID: 6393213

これらは図書館にあるでしょうから,この辺りを出発点にするといいかも.

もうひとつの方法は,塩基配列のデータベースで,目的の遺伝子,cDNA
などが登録されているかどうか探す方法,
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db …
こちらなどをribulose-bisphosphate carboxylaseで検索し,必要に応じてキーワードを追加してしぼっていき,問題のサブユニットの情報を見ます.この場合,由来が問題なので,出てきた配列情報のsourceという項目に,
/organelle="plastid:chloroplast"
というのがあるか見ます.これがなければ,普通の細胞核DNAにコードされているということです(あれば葉緑体由来).また,このデータベースには,その塩基配列を最初に記載した論文も引用されている場合が多いです,その論文を直接探せるかもしれません.

2.実験方法に関しては,当時と今とでだいぶ状況が変わっています.これを調べるために選ばれる方法は時代によって変わるわけです.当時の方法は,文献から当たってみて下さい.教科書などに実例として紹介されていたりもするかもしれませんね.現在なら,目的の塩基配列さえ分かれば,その配列は,既に種によってほぼ完全にデータベース化されている細胞核DNAや葉緑体DNAと一致するものがあるかどうか一瞬でわかりますので,目的の遺伝子配列をもったDNAをクローニングできればよいです.あとは,葉緑体を細胞から単離する技術を使って,RNAが実際にどちらに発現しているか?もし細胞核コードなら,タンパクが葉緑体に輸送されないといけないので,それがおこっているか,などをだめ押しで調べていくことになるでしょう.変異体がとれれば,それがメンデル遺伝に従うか,細胞質遺伝するか調べたりすることもできるでしょう.

ざっとですが,こんなところで.
もしかしたら,もっと具体的に説明してくれる人が来るかも.
    • good
    • 1

・既に知られている知見を,何をどのように検索すれば知ることができるか?



・まだ由来を調べられていない酵素について,それを知ろうと思ったら,どういう実験をすればよいか?

お知りになりたいのは,検索方法と実験計画のどちらでしょうか?

この回答への補足

わたしが知りたいのは実験方法です。
しかしこれはすでに実験が行なわれ、論文が発表されているようなので検索方法を教えていただければ解決するかもしれません。

ちなみに4つではなく8つのサブユニットから構成されるタンパク質(RUBPカルボキシラーゼ)でした。

補足日時:2003/10/11 21:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物:葉緑体(クロロフィル)の構造的な階層をおしえてください。

眼のロドプシンなら、、、、
動物個体の感覚器の眼の網膜の視細胞の外節の単位円板のロドプシン

のような感じで、葉緑体のクロロフィルはどうなるかおしえてもらえませんか。
植物個体の、、、まではわかるのですがそれ以降がわかりません。お願いします。
また、動物のヘモグロビンについても同様にお願いします。

Aベストアンサー

ロドプシンのようにここにしかないというものでありませんから,質問の意味も意図もわかりませんが,

高等植物のクロロフィルは表皮組織の孔辺細胞を除けば「植物体の栄養器官の永久組織の基本組織の柔組織の同化組織(葉の場合にはさらに柵状組織と海綿状組織が入ります)の細胞の葉緑体のチラコイドの中にある光合成色素。」

脊椎動物のヘモグロビンは「動物体の結合組織の液性組織(血球)の赤血球中の呼吸色素。」

こんなもんでよろしいのでしょうか。意味不明ですが…
ちなみにここに登場した色素は「元は同じものが分子進化したもの」という説がありますが面白いですね。

Q受託合成によるDNAと細胞核内のDNAの違い

DNAが発現の制御や遺伝情報の修復・複製が
できるのは生物の細胞核内にあるときであって、
業者に受託合成により作られた細胞核内にないDNAは、
それらの機能が働かない、塩基-糖-リン酸からなる
単なる高分子有機化合物と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

物質としてのDNAは核内にあるもの(生物由来)も、有機合成したものも全く同じです。ただし、生体内のDNA分子は、メチル化されたりして発現がコントロールされる事もありますが、発現制御、遺伝情報の修復、複製などを行っている分子であるタンパク質を加えれば、試験管内でもそれらを再現する事はかなりできるようになってきています。

Q葉緑体 なぜマグネシウム

光合成は、葉緑体のクロロフィルが光を受けて、その結果電子が移動する。という記述がありました。

光を受け取る事に、クロロフィル内のマグネシウムが関係していると思うのですが、この物質はなぜマグネシウムなのですか?マグネシウムが使われる理由(特性)は何でしょうか?同様の特性を持った他の物質でも良いように思うのですが・・・

Aベストアンサー

 単に自分が理解している程度のことですが、
 クロロフィルの骨格であるポルフィリンは、理論値の 100% 近い量子
収率(光の吸収率?)を示すソーレー帯 (B帯)とQ帯を持ちます。

光の吸収は一種の電子共鳴と解され、十分な電子共鳴により、
電子の放出やNADPH2生成が起こります。   ↑これがポイント?

 ポルフィリン骨格に鉄が付いたヘモグロビンが赤く見え、
銅が付いたヘモシアニンは青く見え、バナジウムのヘモバナジン
は緑に見えると言うことは、吸収する・電子共鳴する波長・吸収
体が金属により変わることを意味します。
 十分な電子共鳴を起こすと言うことは、共鳴体と同じもしくは
せめて倍音の関係が必要です。

 マグネシウムが付いたときのみ、光化学系IとIIに効率の良い
波長となるため、それが選択されていると理解しています。

 もう一つは、太陽放射が地球大気を介して地表に達する
電磁波のうち、よりエネルギーが高くて、透過量の多い電磁波
が、可視光です。可視光よりエネルギーの高い紫外線はオゾン層に
吸収され、また散乱も受けます。たまたま大気の組成・量といいますか
厚さが「こんなもの」だったので、可視光線を受けるマグネシウム・
ポルフィリンをもつ生物が選択されたのでしょう。

 もっと高重力・・・等が原因で、地表に赤外線や電波位しか
届かなかったら、マグネシウムでなかく、鉄とかで光合成?
したかもしれません  ・・・電波合成 orz  ではでは

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Z-scheme_(cs).png

 単に自分が理解している程度のことですが、
 クロロフィルの骨格であるポルフィリンは、理論値の 100% 近い量子
収率(光の吸収率?)を示すソーレー帯 (B帯)とQ帯を持ちます。

光の吸収は一種の電子共鳴と解され、十分な電子共鳴により、
電子の放出やNADPH2生成が起こります。   ↑これがポイント?

 ポルフィリン骨格に鉄が付いたヘモグロビンが赤く見え、
銅が付いたヘモシアニンは青く見え、バナジウムのヘモバナジン
は緑に見えると言うことは、吸収する・電子共鳴する波長・吸収
体が金属...続きを読む

QDNA合成に関与する酵素はポリメラーゼだけ?

生体内における1つの反応に関与する酵素は一つの場合が多いのでしょうか。
DNA合成に関与する酵素はポリメラーゼと聞いていますが、DNA合成は素人には複雑な反応に思えるので、複数の酵素が関与しているのではと思いました。
この点に関して詳しい方、素人にも分るように教えていただけると大変うれしく思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DNAヘリカーゼが二重らせんを解き,
DNAプライマーゼがRNAプライマーを合成し,
DNAポリメラーゼがヌクレオチド鎖を伸長し,
DNAリガーゼが岡崎フラグメントをつなぎます。

それぞれのキーワードについて検索し,調べてみてください。

QHPLCによるクロロフィル含有量分析

HPLCによるクロロフィル含有量分析
今度、藻類のクロロフィルの含有量を調べる実験を計画しています。
文献検索をして、アセトンで抽出して分光光度計で測定する方法を見ました。
HPLCでクロロフィル量を測定することは可能でしょうか??

Aベストアンサー

クロロフィルといっても,一種類って訳じゃないし,HPLC 使えるんならそれにこしたことはないでしょう.
いろんな方法が文献で見つかると思うけど,たとえばシリカ順相カラムに溶離液はヘキサンに若干メタノールを加えた系で,アイソクラティックに,クロロフィル類の相互分離と,他の共存する色素等からの分離がきれいにできている文献があります.
いずれにしても抽出が必要ですが,破砕処理と,そのあとの有機溶媒による抽出のときに変性がおこりやすいので注意が必要.いろんな試料で熱メタノール抽出とかはよく使われているようですが,変性という点では論外らしい.葉っぱとかは,無水リン酸水素ナトリウムといっしょに冷クロロホルムですりつぶしながら抽出するといいという話を聞いたことがあります.冷ってのも,冷凍庫でがんがんに冷やしておくんだそうで.藻類だと凍結乾燥品ですか?あるいはそのままでも単にメタノールとかアセトンとかで抽出できるのかもしれませんが.

その他参考
http://sunlight.k.u-tokyo.ac.jp/proto/chlorophyll.html

クロロフィルといっても,一種類って訳じゃないし,HPLC 使えるんならそれにこしたことはないでしょう.
いろんな方法が文献で見つかると思うけど,たとえばシリカ順相カラムに溶離液はヘキサンに若干メタノールを加えた系で,アイソクラティックに,クロロフィル類の相互分離と,他の共存する色素等からの分離がきれいにできている文献があります.
いずれにしても抽出が必要ですが,破砕処理と,そのあとの有機溶媒による抽出のときに変性がおこりやすいので注意が必要.いろんな試料で熱メタノール抽出とかは...続きを読む

Q葉緑体に含まれる酵素

光合成に関する実験をしました。
実験は簡単にいうと次のようなものです。
ほうれん草の葉をすりつぶして、遠心分画し、得られた葉緑体画分にDCPIPという試薬を加えました。それに光を照射して、吸光度の経時変化を調べました。
結果として、光の照射時間が長くなるにつれて、DCPIPが酸化型から還元型へと変化していることがわかりました。
そこで、葉緑体画分に存在する、DCPIPを還元する実体は何なのかということ教えていただきたいのです。私は、還元力となるNADPだと思っていたのですが、違うようで…。葉緑体画分中の酵素蛋白質が関与しているらしいのですが、調べてみてもわかりません。
もし、どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
DCPIPを還元する実体は何なのか?

葉緑体のチラコイド膜上では、膜外から膜内への電子の移入をしています。
そこに、光化学系2というものがあります。
光化学系2にある、マンガンクラスターで水分子からの電子の引抜が行われています。
つまり、2H2O→O2+4Hです。
この電子(4H)がDCPIPを還元しています。

植物生理学の本、または「細胞の分子生物学」がオススメです。
参考になればいいのですが。

Qクロロフィルの分解要因は??

この前、クロロフィルとフェオ色素の濃度を蛍光法で測定する実験を行ったのですが、クロロフィルが分解する要因って何なのでしょうか??

場所によってフェオ色素の濃度が他の場所に比べて高いって事は、何かクロロフィルが分解しやすい要因があるんですよね?自分では、全然思いつかず…どなたか、知ってる方がいらっしゃったら、教えて下さい!

Aベストアンサー

下記 URL の1の(3):
「浅海域における循環の担い手である底生生物の研究の一つに,底生生物が食べている植物プランクトン内の光合成色素およびその分解物の組成,分布を調査する方法があります。光合成の主役であるクロロフィルaは植物プランクトンの脂質に包まれていますが,摂食されたり死滅して直接海水と接すると,加水分解されフェオ色素に変化します。つまり,底泥中のクロロフィルaとフェオ色素の量や分布状態を調べることによって植物プランクトンの量,摂食,分解の程度を知ることができます。」
要するに、生きた植物が多い状態ではクロロフィルが、死んだ植物が多い状態ではフェオ色素が優位になる・・・ということだと思いますが、この説明でOKでしょうか?

参考URL:http://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/3/09-11.html

Q生物の質問です。 遺伝子組換えの操作で、 一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んで

生物の質問です。

遺伝子組換えの操作で、
一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んでも、目的とするタンパク質は生産させることができません。(真核生物のDNAはイントロンをもつが、大腸菌ではスプライシングが起こらないため)

これは理解できるのですが、では一体、遺伝子組み換えの際にどのようなDNAを使っているのでしょうか?

分かる方教えてください。

Aベストアンサー

そのような場合、cDNAを用いています。cDNAはmRNAを逆転写して作られます。
また、真核生物の遺伝子の中にはイントロンを持たない場合もあります。

Qクロロフィル美顔教室について

クロロフィル美顔教室に通い始めたのは、今から14年前ですが、現在は教室には通わずに、電話で化粧品を取り寄せて、自宅で使用しています。

しかし、お金が結構かかるので、最近浮気をして、すべて違う化粧品を使用したら見事ににきびが復活!!!

やはり、クロロフィルに戻そうと考えていますが、せめてクレンジングや洗顔料だけでも他社のものを使って節約できないものかと考えています。

「洗顔料はいりません」とか、「クレンジングは他のを使ってる」とクロロフィルのおばさんに言ったら、確実に怒られますよね・・・私の通っていた教室の先生はとても怖い先生なんです。


クロロフィルをお使いの方で、一部、他社のものをお使いの方はいらっしゃいますか。

また、クロロフィルをお使いの方で、節約のために、何かいい案をお持ちの方、アドバイスをお願いします。

クロロフィルは使いたいけど、高い・・・
ただ、それだけなんです。

Aベストアンサー

私もクロロフィルを使っています。

確かに一連で使っていないと怒られそう・・・(笑)

私も他のものではすぐにニキビができて、しかも治りません。。。

でも、きちんとした使用方法で使っていくとお金がかかってしまうので、ただ単にケチって使っていますよ(笑)

私の場合はケチれるとしてもオブグリーンとモイストプラスくらいかな~とは思いますが・・・
夜→オブグリーンは手のひらに適量出してパンパンしてますが、緑のパスタと栄養クリームは普通に使ってます。
朝→洗顔後のオブグリーンとモイストプラスをそれぞれ1回ずつしかせず、それ以外は普通に使ってます。

あまり節約になってないかもしれませんが、これ以外のものを削ると調子が悪くなるような気がして・・・

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報