ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

先日、サッシアンカー(アヒル)の件でご質問させていただきました。
ご回答していただいた方々有難うございました。
質問の内容で抜けていたことがありましたので再度質問させていただきます。

サッシの取り付ける際にサッシアンカーを使い、サッシピッチや抜けがあった所をあと施工の溶接アンカー(Φ10)で施工することは教えていただいたのですが、
サッシアンカーの実際の使われ方はどのようにするのでしょうか?

サッシアンカーに釘を打ち込み(4箇所)相手に固定して、サッシアンカーとサッシを溶接すると思うのですが、釘を木造には可能だと思いますが、相手がコンクリート(鉄筋コンクリート造??)の場合はどのように固定するのでしょうか?(コンクリート釘での固定??釘を打たないでコンクリートで埋めて固定??)

間違った情報かもしれませんが、最近ではサッシアンカーをあまり使わないで初めからあと施工の溶接アンカー(Φ10)を使うようなことを聞いたので本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

サッシアンカーは釘で型枠に固定し


コンクリートを打設します。
型枠を脱型すればサッシアンカーは躯体に打ち込まれています。
サッシアンカーとサッシを直接固定するわけではなく
サッシアンカーとサッシは鉄筋で溶接して固定し
サッシと躯体の間はモルタル(外部はモルタル防水)を詰めます。

>最近ではサッシアンカーをあまり使わないで初めからあと施工の溶接アンカー(Φ10)を使うようなことを聞いたので本当でしょうか?

そんな無駄な金を使うのは儲からないアホな建設会社でしょう。
「サッシアンカーの取り付けについて」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

ご丁寧な説明有難うございます。

型枠に釘で固定して最後はモルタルで埋めるのですね。

穴あけて、打ち込んでってやっていると、あと施工の溶接アンカーの方が、コストが高いですよねww
やはり間違った情報を聞いてました。有難うございました。

お礼日時:2011/06/02 08:35

サッシアンカー(あひる)と書いてあるでしょう。


質問者の意味するのは
http://yamamoto.bun.ne.jp/yamamoto/show.cgi?p_cd …
http://www.mediapress-net.com/freeword/STANDARD/ …
http://www.shimizu-kanamono.biz/SHOP/INU1901.html
打ち込みアンカーのことだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

そのアヒルです。

お礼日時:2011/06/02 08:22

サッシアンカーはサッシのアルミ枠にはめ込むのです。

平たい金具です。

コンクリート躯体のサッシ取り付け開口部にアンカーと溶接接続する為の鉄筋棒が出ていますので短く切断した鉄筋棒などでアンカーとコンクリート躯体の開口部に出ている鉄筋を溶接接続します。

その後隙間をモルタルで埋め仕上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはり最後はモルタルで埋め込んでしまうのですね。

お礼日時:2011/06/02 08:24

RC構造におけるサッシの留め付け方は、主に差し筋アンカー止めとなります。


サッシの大きさによって止め付けヶ所が増えます。
小さい窓は、上下左右に一か所づつの計4か所ですが大きな窓は、計6か所8ヶ所と止め付けヶ所を増やして設置します。
RC躯体とサッシの隙間は、モルタル充填となります。

木造や鉄骨造の胴縁仕様の建物については、直にサッシの縁を利用してのビス止めとなります。
また、鉄骨造の胴縁仕様以外の建物については、アンカー止め付けとなります。

差し筋アンカーの太さは、取付けるサッシの重量を加味して太さを決める事となります。
一概に太さΦ10では、ありません。
重量のある大きなサッシ取り付けの場合、径13mm・径16mmを使用する場合もありますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

差し筋アンカーとは異形棒鋼のアンカーのことですよね。(素人なので違ってたらすみません)

お礼日時:2011/06/02 08:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッシアンカーの取り付けについてPart2

先日、サッシアンカーの取付け方で質問させていただきました。
わかったようでわかってなかったので再度質問させていただきます(すみません・・・)。

絵を作図しましたので画像を添付させていただきます。

A・・・前施工の図
B・・・あと施工アンカーを使っときの図

A図の溶接箇所ですがアヒル+鉄筋棒Φ10+枠体を溶接で止めるようですが、溶接箇所はアヒルの丸棒(a)と鉄筋棒Φ10を溶接するのでしょうか(図指示の状態)?

掘り下げて質問させていただきたいのですが、アヒルの丸棒(a)はΦ8~通常Φ7.3あたりの情報をいただいたのですが、Φ6やΦ5でもOKなのでしょうか?(埋め込んでも細いと強度がないからダメ?)また丸棒に限らなくて、例えばL字でもU字でもS形状になってればいいのでしょうか?

袋状の座板(b)ですが、なぜ袋状の形状をしているのでしょうか?強度的な問題で流し込んだモルタルとの接触面積を増やすため?

B図のあと施工アンカーの施工した状態の図ですが、溶接アンカーΦ10と枠体との溶接には鉄筋棒Φ10をあんこにして溶接するのでしょうか?それとも溶接アンカーΦ10と枠体とを直接溶接するのでしょうか?

また溶接アンカーの頭が飛び出てる寸法は10mmくらいでしょうか?

なんども申し訳ございませんがご回答宜しくお願いいたします。

先日、サッシアンカーの取付け方で質問させていただきました。
わかったようでわかってなかったので再度質問させていただきます(すみません・・・)。

絵を作図しましたので画像を添付させていただきます。

A・・・前施工の図
B・・・あと施工アンカーを使っときの図

A図の溶接箇所ですがアヒル+鉄筋棒Φ10+枠体を溶接で止めるようですが、溶接箇所はアヒルの丸棒(a)と鉄筋棒Φ10を溶接するのでしょうか(図指示の状態)?

掘り下げて質問させていただきたいのですが、アヒルの丸棒(a)はΦ8~通常Φ7.3あたりの情...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら図がよく見えないですね。
かすかに見える部分から想像して。

>A図の溶接箇所ですがアヒル+鉄筋棒Φ10+枠体を溶接で止めるようですが、溶接箇所はアヒルの丸棒(a)と鉄筋棒Φ10を溶接するのでしょうか

そうです。


>アヒルの丸棒(a)はΦ8~通常Φ7.3あたりの情報をいただいたのですが、Φ6やΦ5でもOKなのでしょうか?

商品があれば大丈夫でしょう。特に規格はないと思いました。
ようは躯体とサッシを溶接して固定できればよいです。
あとはモルタルを充填します。

>また丸棒に限らなくて、例えばL字でもU字でもS形状になってればいいのでしょうか?

何のことを言ってます?
サッシアンカーの形状?
自分で作るつもりですか?
アンカーがコンクリートから抜けなければよいでしょう。


>袋状の座板(b)ですが、なぜ袋状の形状をしているのでしょうか?

皿状でなければ溶接代がコンクリートに埋まってしまいます。

躯体の型枠(サッシが納まるアゴを作るのでアンコの角材)に皿の部分を釘で打ち付けて固定します。
コンクリートを打設しても型枠と皿にはさまれた空間にコンクリートが入らず、
型枠をばらせば皿の中に溶接代が残ります。



>溶接アンカーΦ10と枠体との溶接には鉄筋棒Φ10をあんこにして溶接するのでしょうか?それとも溶接アンカーΦ10と枠体とを直接溶接するのでしょうか?

溶接アンカーとサッシが直接溶接できるように、すべてアンカーを打設する手間を想像してみてください。
1か所1mmでもアンカーが出っ張ってればサッシが納まりません。
ある程度の位置にアンカーを打って鉄筋でつなげた方が現実的です。

残念ながら図がよく見えないですね。
かすかに見える部分から想像して。

>A図の溶接箇所ですがアヒル+鉄筋棒Φ10+枠体を溶接で止めるようですが、溶接箇所はアヒルの丸棒(a)と鉄筋棒Φ10を溶接するのでしょうか

そうです。


>アヒルの丸棒(a)はΦ8~通常Φ7.3あたりの情報をいただいたのですが、Φ6やΦ5でもOKなのでしょうか?

商品があれば大丈夫でしょう。特に規格はないと思いました。
ようは躯体とサッシを溶接して固定できればよいです。
あとはモルタルを充填します。

>また丸棒に限らなくて、例えばL字...続きを読む

Q「見付け」と「見込み」

初歩的な質問ですいません。窓廻りの「見付け」と「見込み」の違いについてわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

「見付け」は「見付け部分」ともいい、
取り付けた際に外から見える部分のことです。
「見込み」というのは
サッシの奥行きのことで、壁の収まりの際に重要な寸法になります。
内部などに使う木製などの枠のあるのは「枠見込み」という表現になります。

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

QLGSとライトゲージの違い

軽鉄屋さんって
スタッドやランナー等はLGSと言って
開口補強材のCチャンとかをライトゲージって言いますが
ようは言ってみればどちらもライトゲージスチールのことになるかと思うのですが肉厚の違いで材料として使い分けるようになっているのでしょうか?
それとも便宜上言葉の上で使い分けているだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

ハウスメーカー出身の建築・不動産アドバイザーをしている者です。

かなりマニアックなご質問ですね。ここはやはり軽鉄屋さんにご回答
いただくべきなんでしょうね。
私は軽鉄屋さんではないので専門的なことはわかりませんが、
以前勤務していたHMでは重量鉄骨(ゲージスチール)の家と軽量
鉄骨(ライトゲージスチール)の家と木造の家を手掛けておりました。

社内では確か6ミリくらいまでの厚みの鉄骨をLGSと呼んでいたように思います。
ですので、厚みによりLGSをライトゲージと使い分けていたような記憶はありません。


>スタッドやランナー等はLGSと言って開口補強材のCチャンとかをライトゲージって言いますが

我が家の天井下地もLGSですが、スタッドやランナーは1ミリくらいの厚みで、
開口補強材(ちなみに我が家は多層ラミネート木材の間仕切り壁でCチャンは使用していません)
になると2~3ミリくらいあると思うので、一部の業者さんが厚みで言葉を
使い分けている可能性もありますね。
私の頭の中ではLGSイコールライトゲージスチールなんですがね。

ハウスメーカー出身の建築・不動産アドバイザーをしている者です。

かなりマニアックなご質問ですね。ここはやはり軽鉄屋さんにご回答
いただくべきなんでしょうね。
私は軽鉄屋さんではないので専門的なことはわかりませんが、
以前勤務していたHMでは重量鉄骨(ゲージスチール)の家と軽量
鉄骨(ライトゲージスチール)の家と木造の家を手掛けておりました。

社内では確か6ミリくらいまでの厚みの鉄骨をLGSと呼んでいたように思います。
ですので、厚みによりLGSをライトゲージと使い分けていたよう...続きを読む

Q建築図面が理解したいです。

 建築業界で事務員をしていますが、会社からCADを覚えるようにという指示を受けました。

 用途は、(1)ほかの方が簡単に書いた略図を私がCADを使い製図する。
 (2)既存のデータを修正する。
 だそうです。

 場所としては、サッシ等なのかな? ちょっとまだよくわからないです。
 建築の世界はまったくわかりません。入社してからまだ日も浅いので言葉の意味も記号の意味もチンプンカンプンです。
 AWとかなんですか?

 (1)AutoCADを基礎から習うのにお勧めのサイト。
 (2)図面を読むために勉強になるサイト。
 (3)記号の意味が乗っているサイト(特にここが知りたいです)

 もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

 あと、正直どこから勉強したらいいのかも見当付いていません。
 それも教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

CADオペ歴8年です。
建築関係の職場についたことが無いので参考にならないかもしれませんが・・・・
AWというのはアルミウィンドウでは?Wは窓、Dはドアです。
ドアか窓かは、間取りを見れば全体が掴めると思います。
部屋には必ず出入り口(ドア)があるものだし、
換気等、空気の流れが必要で、窓があります。
イメージしていけば分かると思います。
建築だとサッシの拡大図等、細かく大変だと思います。
イメージを掴みたいのでと、部品の写真を見せてもらう、
身近な物で説明をしてもらう事も大事です。
部屋の用途を知るのも大切。
そして、とにかく周りに聞く事です。
頑張っている人に嫌な顔はしません。
むしろ、ハイハイと分かったふりをして自分で何とかしようとするのは危険です。
初心者の人に、高レベルは求めていません。
分からないのを承知の上で、CADを任されている訳ですから。
私はあまりネットや本に頼らず、人に聞くようにしています。
たとえ、ネットで調べたとしても、図面が読めなければ、
用途や用語が分からず行き詰まり苦労します。

CADの操作に関しては、不安であれば本を買いましょう。(買ってもらう)
ネットは行き詰った時の助け舟だと思いましょう。
私はとにかく触って、分からない時はヘルプで覚えました。
操作は描いていれば、分かってきます。ヘルプもあるので利用して下さい。
まずは、アイコンを一通り使ってみることです。
初めは時間がかかっていたものが、アイコンを知ると時間短縮に繋がります。
2.3ヶ月もすれば、コツがつかめると思います。

CADで一番大事なのは、図面をやり取りするお客さんの存在です。
誰が見ても見やすい、データーを扱って分かりやすい事です。
文字の位置、大きさや、図面全体のバランスをおさえる事です。
画面としてとらえず、一枚の紙としてとらえて下さい。
新規で図面を描く場合は特に、A3かA1で印刷するかによって
見やすさが大事なのです。
小まめに印刷してみて、確認してもらいましょう。

むしろ、操作は時間をかければ誰にでも出来ます。
図面を書いて、人の手に渡った後の事の方がもっと重要なのです。
画層管理もあります。

頑張って下さい。

CADオペ歴8年です。
建築関係の職場についたことが無いので参考にならないかもしれませんが・・・・
AWというのはアルミウィンドウでは?Wは窓、Dはドアです。
ドアか窓かは、間取りを見れば全体が掴めると思います。
部屋には必ず出入り口(ドア)があるものだし、
換気等、空気の流れが必要で、窓があります。
イメージしていけば分かると思います。
建築だとサッシの拡大図等、細かく大変だと思います。
イメージを掴みたいのでと、部品の写真を見せてもらう、
身近な物で説明をしてもらう事も大事...続きを読む

QJWcadをPDFファイルに変換するにはどうしたらよいですか?

今、JWcadを使用しているのですが、PDFファイルに変換するのに手間がかかって困っています。
手順としてはこんな感じでやっております。JWcadにてDXFかjwcかに変換→ベクターワークスにてJPEGに→イラストレーターにてPDFに変換といった具合です。この場合ですと、レイヤー分けしている分が全て表示したままPDFに持っていく事となり、レイヤーを一つずつ取り出さないといけない感じです。かといって、DXFをそのままイラストレーターで開くと縮尺がおかしくなってしまいます。(前述も縮尺はおかしくなってしまいますが・・・)
他にはベクターワークスでEPSFファイルに変換後イラストレーターにという手順も行ってみたのですが、なぜか文字化けしますしレイヤーもごっちゃになってしまいます。
なにか良い方法はないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

PDFに変換するソフトを使ってはいかがでしょうか?フリーソフトでもいくつかあります。
私は市販のソフトですが「いきなりPDF」でJWcadの図面をPDF化してます。印刷時にプリンタの設定画面で「いきなりPDF」に設定するだけだから、いちいちデータ変換する手間も無く便利ですよ。

Q開口部における枠と額縁の違い

建築学科に在籍している学生です。
建具表に記載してある「枠」と「額縁」の違いが今ひとつ区別できずに悩んでいます。

いわゆる、ドア周りは「枠」で窓周りは「額縁」ととらえていたのですが、どうやらこの考え方は間違っているとのこと。。

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合は、額縁に当たるものを付けても、意匠的に枠の延長として見せていると、「付け枠」とか「ケーシング枠」などと言って、枠という言葉が用いられるようです。
それなので、目的や見え方から呼称がつく場合もあるみたい。(←このあたりはいい加減ですが)

開き扉を例にすれば、通常は枠に丁番やアームストッパー、ラッチ受けなどを取り付けているので、枠と障子は機能的に一対になっていると言えます。
額縁はこれに付属して付いているので、扉本来の機能とは切り離して考えられる部材とでもいう感じでしょうか。
とはいうものの、枠なしの扉や窓などもたまに作りますので、この言い方も絶対というわけでもなさそうですけれど。

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合...続きを読む

Q鉄筋の継手位置とコンクリートの打継ぎ位置の違い

建築士を独学で勉強しています。
鉄筋の継ぎ手位置は、柱中央部、はり両端部近くの下端、はり中央部の上端となっています。
これは鉛直荷重や水平荷重が加わったときのモーメント図を描くとモーメントが小さい位置になるので納得できました。

一方、コンクリートの打ち継ぎ部は、柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で、はり・スラブではスパンの中央付近となってします。
モーメントが最大になりやすい箇所だと思うのですが、どういった観点から打ち継ぎ位置をこのように規定しているのでしょうか?
構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?

Aベストアンサー

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の理由ではないでしょう。

コンクリートは引っ張り力を負担しません。圧縮力とせん断力、曲げです。
圧縮力に関しては圧縮方向と直角に対する打ち継ぎ(梁軸方向圧縮力に対する垂直打ち継ぎ、柱に軸力における水平打ち継ぎ)は、完全に接着していなくとも、圧縮力がかかって利くので、それほど影響しませんので、主にせん断力を中心に考えます。

柱・壁のせん断力は一定ですので、同じように施工上の弱点となりやすい鉄筋継ぎ手がない位置から遠いところが望ましいでしょう。

梁の場合は等分布荷重を仮定するとせん断力は中央が一番小さくなるので好ましいです。
まお、梁中央は曲げモーメントが大きくなりますが、変形方向を考えると中心軸より下端に引っ張り力、上端に圧縮力が発生していることになります。
下端の引っ張り力は鉄筋が負担するものですのでコンクリートには関係ないですし、上端の曲げモーメントによる圧縮力は大きくなりますが、打ち継ぎ部を押しつぶす方向に働く力なので、問題ありません。
柱などは方向性は一定していませんが、同じように考えてみてください。

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング