あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

MP3の128kbps、256kbps、そして、ロスレス圧縮(CD音質)、
などをPC+ヘッドホンで音質の差を聞き分けることができますか?

友人たちとこのことで議論になりました。できると断言したのが3人、
できないと主張したのが2人。
そこで面白半分で盲検をしてみました。
すると、5人全員、どれ一つ聞き分けることができませんでした。
どうやら、聞き分けられると言っていたのは単なるプラシーボ効果だったようです。

それで、みなさんはどうでしょう? 聞き分けられますか?
プラシーボ効果を抜きにして正確に聞き分けられる人ってどれくらいいるのでしょう?
もし、誰も聞き分けられないのなら、携帯音楽プレーヤーなどでは128kbpsで十分と
言うことになってしまうかも?

盲検ごっこ? に使用したのはACERの2010年製ノートPC(安物です)
に7000円程度のイヤホンを繋いだ物で行いました。

※高級オーディオシステムならきっと簡単に聞き分けられるのでしょうね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

再び iBook-2001 です♪



お礼を書き込んでくださり、ありがとうございます。

さて、ビットレート、圧縮比と、今の感じ方。 今の状態で「良い」と思うならそれまででしょうけれど、御質問者様は可能な限り無圧縮との事ですので、将来、音の差に対する感覚が化wっ多場合にもオリジナル形式ですから、将来投資と言う観点から私も大賛成です♪


今はノートPCと7000円のイヤホンとの事ですが、将来的により高度な聴き方が出来る状況が構築出来たり、さらにその後現状組み合わせでも音楽を聴く注目点が変わった場合、大きな可能性を削らずに保管されていると考えられます。

私の場合はCDからリッピングで、利用目的に応じた圧縮を利用します。 例えばケータイ電話のメモリーに入れる場合、かなり割り切って高圧縮をしますし、ケータイの呼び出し音スピーカーって、その程度と考えてますよ。

適材適所? TPO? まぁ何でも良いですが、それぞれ利用目的に合わせて便利になるようにしてます。(やはり、それなりの機器でシッカリ聞き込みますと音はかなり違いますので、私もオリジナルは可能な限り手を加えずにコピー&保管してます。)

最終的に聴いた音で判断ですが、将来の機器や自分の感性が変わった場合まで考慮しますと、オリジナルデータを保管するのは容量的に昔はむずかしかったのですが、今ではあれこれ苦譜次第で難しく無い場合も有るので、このあたりは個人のポリシー? 考え? 信念? まぁ そんな部分で判断されるのでしょうね。

聞くでは無く、聴くと言う場合、安価な機器でも聞分けは可能です。 ただ、どんなに高級なシステムでも聞き分け方を理解していない、経験が少ない人には、差を感じ取れない可能性は大いに有ります。

その意味からも「大衆」が利用する圧縮と、「通人」が好む方式は違ってきます。
一部の音楽評論家等は曲の構成や音符やコード、リズムが聞き取れれば評価出来、オーディオ的な高度な音質などは無くても良いと言う場合も有るようです。
 私は演奏者の楽器に触れる感触と言う部分も一部で好みますので、可能なら出来るだけ高度な再現を、、って言う面も有ります。

生演奏を好まれる御問者様の場合、あれこれ書きましたがどれか一つでは無く、それぞれドコカはご理解戴けるかなと思います(どうでしょう??)

私も最初にオーディオ的な利用としてPCを利用したのは、SHARPのX68000+音源ボード等でした。今でもハンドルネーム通りの10年以上昔のノートPCを音源に流用してます。

案外、外付けのオーディオインターフェースなども、同じ音源で違った音味を表現してくれたりしますので、試してみてはいかがでしょうかねぇ。(少なくとも、私には「差」が感じられましたよ。)

いろんな条件から、理想と現実、利便性等から適した方法で音楽を楽しんでくださ~い♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ロスレスで保存しているのは、将来どういうオーディオ機器で
再生することになっても不満の出ないようにするためです。
ハードディスクが安くなりましたから、いくらでも保存できますしね。

おっしゃるとおり、経験が少ないことで聞き分けられない部分は
多々あると思います。時間が経つにつれ耳が進化していくかどうかは
今後のお楽しみということにしておきます。

高価なオーディオ機器に興味がないわけではありません。
これから先、順調に生活水準が向上するようなら、オーディオ機器に
お金をかけるのもありだと思っています。

外付けオーディオインターフェースで検索してみたところ、
↓のようなのが出てきましたが、色々あるんですね。
http://www.yodobashi.com/ec/category/index.html? …

どれを選んでよいかさっぱり分かりませんが、少し調べてみようと思います。

お礼日時:2011/06/07 11:10

私は判る・・・つもりです(笑)・・・多分 (滝汗)・・・もっとも、128kbps は BGM 用として、ロスレス AAC はオーディオ用として容認していますが・・・。




聞き分けられるか否かにはオーディオ・システムの善し悪し以外にも耳の善し悪しという大きな要素があります。

ちょっと怖い話かも知れませんが、私は 15 年ほど前に (少なくとも) 17kHz までは私でも判る音を出せるように改造 (スーパー・ツィーターを加えた) Bose M901CSIV というスピーカーで友人達 (日本人とアメリカ人) にテスト CD を聞かせて聴検を行ったことがあります。

詳しい測定法はここでは省きますが、私以上に 17kHz に対して高い聴覚感度を有していた友人達の出身地が宮崎だの長野だの北海道だのの都市郊外 (それも××村といった本当の田舎) であったのに対して、1kHz の 1 万倍 (40dB) もの音圧を出してやっているというのに「10kHz? 何も音なんかしてないよ!」と断定した友人 3 名はいずれも東京生まれの東京育ち・・・1 人は 19 歳!・・・これには驚きました。(細かく測定すると 3 人とも 7kHz から急激に感度が低下しており、カセット・テープのヒス・ノイズもドルビーB ノイズ・リダクション SW を ON にすると「殆ど聞こえない」というものでした)。

オーディオ・マニアだったら「そんな馬鹿な!」と思われるかも知れませんが、友人達と話し合った結論は「どうやら子供の頃からせせらぎとか木の葉擦れといった 10kHz 以上の自然音を聴いて育った者は 10kHz 以上の音を聞き分けられるが、東京生まれ東京育ちの者には 10kHz 以上の音を聴く耳 (正確には脳神経による知覚回路) が形成されなかったのではないか」というものに加えて「イヤフォン/ヘッドフォン・オーディオのせいで高調波域から難聴障害が加速されているのは」というものも考えられました。

あの時ほど詳しい実験はもう行っていないのですが、最近では虫の声 (ね) が殆ど聞こえない若者がいるのに驚いています。



ぐらいの虫の声はちょっと郊外に行けばいくらでも聞こえるものなのですが、実はこの音、携帯電話では殆ど伝送できないんです・・・つまり、若者の中には 10kHz どころか、携帯電話ほどの周波数特性しか持っていない人もいる可能性があるのですね。


歪みが多くてマトモなテスト音とは言えないのですが (取り敢えず主音は出ているので)

http://www.youtube.com/watch?v=bjzLiszDtoM

http://www.youtube.com/watch?v=4G60hM1W_mk&featu …

を聴いてみてください。・・・何処まで聞こえましたか?
・・・聴覚が大分衰えた現在の私は 12kHz でダウン、13kHz は聞こえませんでした(泣)。

また、

http://www.youtube.com/watch?v=yWICnMbTRAU&featu …

で、人声や背景雑音よりも大きな音を聞くことができるのは子供だけです。

・・・私も小学生の頃は TV から出る 19kHz のキャリア信号が気になってしょうがなかったのですが、大人達は誰もそんな音が出ているとは信じてくれませんでした。


・・・で、MP3 ですが(笑)・・・

私は Real Audio 社が初めて Real Audio を発表した 20 年ほど前から 15 年間ほど、ちょっと毛色の変わった (つまり音楽用ではない) 様々な圧縮音源を取り扱う業務用機器の開発現場にいて圧縮音源特有の癖音を数多く調べる機会があったことからか、未だに 128kbps 以下の音源は癖音が気になってしまうもので、iTunes Radio でダウンロードした音源を VHS-HiFi VTR に録音し直して BGM に使うということも行っています・・・こうするとステレオではなくなってしまうのですが、癖音が気にならなくなって 96/128kbps 音源は FM、32/48kbpd 音源は AM 放送を真空管アンプを介して鳴らしているような耳当たりの良い音になり、180 分テープで異なるクリスマス曲を 9 時間 (3 倍モード) 連続で流すなんてこともできるので重宝しています。

ちなみに MP3 のようなデジタル圧縮とは違う筈なのですが、楽器 (トラック) ごとに異なるコンプレッションをかけてミックス・ダウンするのが多いことからか、J -Pops 系楽曲には 32kbps MP3 よりも気味が悪い音がするものがあるので J-Pops 系は好きになれません。

http://www.cdmasteringservices.com/dynamicrange. …

は英文なので解りにくいでしょうが、アニメ化されたオシロ・グラフを見るだけでもオーディオ・マニアならば何を言わんとしているか判るだろうと思います。

この他にも MP3 などのデジタル圧縮音源は 100Hz のデータを消して 50Hz と 200Hz のデータで補完するといったような非可逆アルゴリズムを用いることから、目的の (例えば 100Hz) のトーン・コントロールが効かずに変な帯域だけトーン・コントロールが効いてしまうといった現象が起きてしまい、そのような現象が起こり易い「アンプ泣かせの」キラー ミュージック話もよく聞きます。

「多分、普段から MP3 プレーヤーで 32kbps や 64kbps 圧縮音源化した J-Pops をイヤフォン聴収している子供達は、大人になる頃には既にオーディオ用の聴感が失われてしまい、カタログ数値と値段及びブランドのネーム・バリューだけで音の善し悪しの判断をしだすのではないか」と心配になってしまいます。

WALKMAN 以外のアナログ・オーディオ (オープン・テープや LP レコード) でオーディオの耳を育ててきた人ならば 256kbps (1/6 圧縮) はまだしも 128kbps (1/12 圧縮) 以下のレートともなると、ちょっと訓練するだけで、かなりの人が非圧縮音源との違いが判るようになると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深いお話ですね。聴覚にはそんなに差があるものなのですか。
知覚回路が形成されないという点は、弱視と似ていますね。
弱視も5歳程度からちゃんと治療すると知覚回路が形成されたりするそうです。
リンク先の聴覚テストを試してみたところ、14kHzは普通に聞こえるのに
15kHzになると、音量を上げないと何も聞こえません。
16kHzは完全に聞こえません。ちょっと驚きです。
MP3に関しては128kbpsと256kbpsで聴いた時は64kbpsで聞いた時のような、
不快な音は一切感じないので、携帯プレーヤーでは128kbpsを使うことになりそうです。
PCでは以前からずっとWMAロスレスです。

お礼日時:2011/06/06 12:08

はじめまして♪



音の聴き方は人それぞれです。 そして、mp3やATRACなどの圧縮方式は大勢の人が違和感無く聞こえるように急速に進化しています。

試聴、文字通り試して聴く場合、基準が必要に成ります。

世界中の大勢の人が違和感が感じにくい方式なので、基準と成るリファレンスとの比較を行えばそれぞれの微妙な差がワカル程度でしょう。

私も昔は低音が、とか、高音が、など、そんな聴き方、感じ方?でしたよ。

紆余曲折有って、今ではボーカル等の中音域のクオリティと高低のバランスを聴くようにしています。
このような聴き方? 主にボーカルの息づかいやビブラート、発声法などを聞き分けようと思うと、可能なら出来るだけハイスペックの方式、通常は無圧縮の方が聞き取り易く感じています。

アバターと言いますか、私の小さな写真はお昼寝用のサブサブシステムで、ノートPCが音源です。アンプはマランツ、スピカーはLCのフルレンジバックロードが繋ぎ変えサブスピーカーで背が高い方はアルテックとパイオニアの組み合わせです。

居間で今書き込みPCはMacにヘッドホン(SONY NDR-CD900ST)と言う安物組み合わせですよ。

通常、mp3やAACで128kbps、256kbpsの違いは感じないと言う人が8割り以上でしょう。 この差を感じる人は高度な聴感が有り、其の中で半分程度がマニア的聴き方かもしれません。
言ってみればエコ全盛の現代でスポーツカーを欲しがる少数の趣味人のようなものでしょうね。

可能でしたら、リファレンス、基準を、生演奏の音として感じ取れるようがんばってください。

私は音が出る機械、オーディオ?に小学4年の頃に興味を持って、中学は吹奏学部で生楽器に触れていましたよ。(高校は放送委員会と演劇同好会と科学同好会オーディオ班と科学同好会軽音楽班に同時所属してました、、笑 入学当初は正式な部活って野球部(7名)と吹奏楽部(40名)しか無かったから、、、ちなみに学級委員長と学級副委員長は生徒会に成ると言う新設校で先輩が居ない状況ならではの特殊事情も、、、)

ダラダラ~ット書き込みしたけど、ここから40行程自粛削除しました(爆笑)

人間として最も聞き分け易い聴感感度、おおむね「ラウドネス曲線」に近いと思っているのは私だけでしょうか?

人の声、それだけで正しく比較試聴すれば必ず「差」は聞き取れるけれど、その「差」に気付かなければそれまででしょう。


音響解析でデータに現れない部分でも人間は聞き分ける能力が有ります。 ただ、聞き分け出来るか解らない部分で、科学的評価も出来ない部分が存在し、その一部がプラシーボ効果とも言われますね。それでもオーディオは音楽を聴く個人の趣味ですから、本人が満足していればそれが幸せて言える部分も有るのでしょう。

私は自分で聴いてみて変化が有っても完全な優位性が考えられない部分は「良い/悪い」と言う判断では無くて、違うのが面白いと考えますよぉ~☆ 

う、やば、以下8行削除です。ゴメン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

128kbps以上のビットレートになると、マニアでない私のような者は
聞き分けできないことが多いのでしょうね。例え違いに気づいても
それがさらに聞き応えのある音に感じられなければ、一般人の私には
何の意味もありませんので、ただ違うと感じるだけなら
128kbpsで十分かもしれません。それでもPCではロスレスを使ってますが。
私にとって本当に感動できる音はコンサートの生音だけです。
安いオーディオ機器などでは体感できない迫力があるのは私にも分かります。
ロック・ポップス・軽音楽・クラシック、なんでも聴きますが、
コンサートは最高ですね。

お礼日時:2011/06/06 11:18

今の圧縮音源は聞き比べたことがないので(分かるかどうか自体が)分かりませんが、昔、MDで(聞き比べれば)情報量が減っているのが確認できたので、私は圧縮音源は使わないようにしています。


音色が変わったりするのではなく、「大きな音と一緒に鳴っている小さな音が聞き分けやすいか」が劣化すると感じました。傾向として、ロックのようにスタジオでミックスした録音よりも、クラシックやジャズのライブのように、マイク1本(ほんとはステレオ×数組ぐらい?)で録音したような音源のほうが、違いが分かりやすいように思います。
再生装置を換えたり(将来)耳が肥えれば違いが分かるようになると思いますので、私としては圧縮音源を主とするのは薦められません。
骨董の目利きではないですが、普段から本物だけを見て(聴いて)いれば偽物(圧縮音源 ごめんなさい)を見たときになんか変だと感じるようになる。圧縮に限らず「良い音」というもの全般について、こう言えるように思います。
しかし音源の入手が圧縮音源でしか入手できない(圧縮の形で入手してしまった)のであれば、そのままで聞くのが良いと思います。

また次のような理由で、2ch音声に限ってはもうそろそろ圧縮技術は不要と感じています。
・圧縮方式はどれもまだまだ開発途上であるのを否めず、流行の域を出ない。
 (永久不変と言える程の圧縮方式はまだ存在しない。)
・劣化を感じないように圧縮率を抑えれば、無圧縮と容量は大差ない。(2~3倍?)
・メモリ容量の進化は著しく、すでに無圧縮でも差し支えない状況になりつつある。
・いちいち変換するのが手間。(恒久保存しているwavをそのまま使いたい。)

私の結論として、質問者さんやみなさんが将来オーディオに凝るかもしれないのなら、聞き分けられるかどうかに係わらず、なるべく非圧縮の情報量の多い音源を入手して聴いてほしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になります。ありがとうございます。
みんなで盲検をした理由は、携帯音楽プレーヤーなど保存容量が
小さい物にロスレス圧縮や高ビットレートの圧縮を使う必要が
あるのかというところから話が広がりました。
なので、普段から高圧縮ファイルのみで音楽を聴いているわけでは
ありません。PCで聞くときはWMAロスレスを主に使用しています。
今回感じたのは、ipodで聞く時は128kbpsで十分だということですね。

お礼日時:2011/06/06 11:14

安物の再生装置でも、曲によっては簡単に聞き分けられます



圧縮しにくい曲(音)だと、高圧縮では歪みます

逆に、圧縮しやすい曲(音)だと128と256では、高性能再生装置でもなかなか聞き分けられない場合もありますが、圧縮無しとなら聞き分けられます

耳や感性が悪い人には、何をやっても聞き分けられません
    • good
    • 0

高級オーディオシステムなら本当に簡単に聞き分けられます。


スピーカーとアンプ等がショボイと違いはあんまりよくわかりません。

おっしゃる通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/06 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAppleロスレスとAAC 256kbpsとの差

耳の肥えた方に質問です。
昔MP3が出始めた頃、たぶんビットレートは128kbpsだったと思うのですが、信じられないほど音質劣化が感じられました。
それから10年以上の月日がたち、iPodを買ったので今iTunensで比較してみたのですが、ロスレスと標準設定のAAC 256kbpsの差が全くわかりません。
試しに128kbpsも試したのですが、「んー? ちょっと・・・違う・・・か・な???」程度。
波形を見比べると256kbpsはほぼ差がなく、さすがに128kbpsは乱れが確認できる。
ヘッドホンはSONY MDR-CD900STを使用。
昔はこれで聞いたときは愕然とし、MP3が入ってるフォルダごとゴミ箱へ投げ捨てましたが、この10年で圧縮技術が進歩したと言うことなのでしょうか?
それとも私の耳がバカになってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

>マスターCD及びAppleロスレスエンコーダーとAAC 256kbps及びMP3 192kbps or 256kbpsを聞き比べて明確な差を感じることができますか?

正直256kbpsくらいまで上げれば、それが無圧縮なのか可逆圧縮なのか非可逆圧縮なのかブラインドテスト(※)でやると殆ど解りません。
192kbpsだと曲によっては差を感じない事もないが、絶対的な自信を持って断言はできない。
※先入観を排除する為に別の人にどれで再生しているかを知らされないで聴く。

実際これと同じ方法で実験すると多くの人が判別出来ないのではないかと思います。
つまり、ネットの(特にアンチアップル派の)iPodは音が悪いだの、iTunesのMP3エンコーダーは質が悪いだのと言った情報により、自分の耳で確かめたのではなくそういうフィルターをかけて聴いてしまっている。
要するに偽薬効果と同じ。

QCDから音楽を取り込む際のビットレート

こんにちは。
市販CD・レンタルCDからWindows Media Playerへ音楽を取り込むときのビットレートに関してです。
取り込みビットレート選択は、128kbps、192kbps、256kbps、320kbps。デフォルトでは、128kbps。
これでは品質が良くないので、320kbpsに変更すればそのままの品質になるのかどうか。
音質・劣化など含めて品質とさせていただきました。元々、128kbpsのものを320kbpsに変換しても逆効果とか。

市販CD・レンタルCDの元々のビットレートの数値が知りたいです。
人から借りたCDも、どのビットレートで入れたのか調べ方がよく分りません。
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

解答 #6の iBook-2001 です♪

お礼の欄への書き込み、感謝致します。

さて、WMA-MP3/128kbpsで、将来の劣化も、、、、
いやいや、取り込んだ時に変化が有るだけで、そのあとは劣化なんかしませんよ。

どの方式でも、再生時には圧縮された状態からデータを展開、(解凍と言う場合も有りますね。)しながら、「通常の、デジタルオーディオ信号」として、アナログに戻す変換ICにデータを渡します。

デジタル to アナログ コンバーター ってことで、頭文字でDAC(ダック)と呼ばれますが、この部分に入る前に、圧縮状態から戻されているんです。

128で良いか、最大の320にするか、、、これは、今は違いが判らないけれど、将来、オーディオ環境やその他が違った時に、差が感じられるかもしれないから、とにかく良い方法で保存しておこう、という考え方も有りますし、もっと本格的なオーディオ環境が整う将来は、その時になってからハイレゾ音源等の高品位音源を入手するから、いまは低いビットレートで充分、と考えるか、、、こればかりは、人それぞれの判断でしょう。

余談ですが、Q&Aの連携サービスはたくさん有りますので、眺めるだけでしたらID取得なしでも、本体側から眺めてみてはいかがでしょう?
http://okwave.jp/

(私は、Appleエキサイトという場所から利用を始めたのですが、この場所が無くなって、エキサイトウーマンという場所に引き継がれました、しかしコチラの部分でもQ&Aサービスが終了したので、運営本体のokwaveに登録し直した、という経緯が有ります。
眺めていますと「おしえて!Goo」からの参加者がかなり多いですね。最も多い!? かもしれません。)

 

解答 #6の iBook-2001 です♪

お礼の欄への書き込み、感謝致します。

さて、WMA-MP3/128kbpsで、将来の劣化も、、、、
いやいや、取り込んだ時に変化が有るだけで、そのあとは劣化なんかしませんよ。

どの方式でも、再生時には圧縮された状態からデータを展開、(解凍と言う場合も有りますね。)しながら、「通常の、デジタルオーディオ信号」として、アナログに戻す変換ICにデータを渡します。

デジタル to アナログ コンバーター ってことで、頭文字でDAC(ダック)と呼ばれますが、この部分に入る前...続きを読む

QMP3とWMA?の違いについて

最近、通販でMP3の機器を販売していて,欲しいなあと思っていたのですが、今日量販店に行ったところ、MP3は時代遅れ?的であってWMA(何のことだかさっぱり解りません)より音質が劣るというような広告を見ました。これって本当なのでしょうか?素人の私がヘッドフォンで聞いてもはっきり解るほどの音質の違いがあるのでしょうか?それにWMAって何なのでしょうか。お教えください。

Aベストアンサー

>WMAとMP3とでは録音出来る時間にとても差があるのでしょうか?
録音できる時間というかファイルの大きさが関係しています。
例えば5分くらいの歌を(音質は別として)mp3にすると約8Mくら必要です。
これがwma形式のファイルですと約5Mくらいになります。

mp3,wmaが聞けるプレイヤーを買うとほとんどに●●MBと書いてあると思います。
これが例えば128MBのものですと上に書いた音楽を収録すると128÷8=16となり16曲保存して聞けます。
これがwma形式のファイルですと128÷5=25となり25曲聞けることになります。

mp3も音質を下げればwmaのファイルサイズに近くなりますがwma形式で作成したほうが多くのファイルをプレイヤーに保存できる傾向にあります。

ちなみに自分は256MBのmp3プレイヤー(wmaも聞ける)使ってますが購入した時は9000円でした。
ラジオやボイスレコーダーなどの様々な機能も付いています。
お店で買っても256MBのタイプで1万円くらいだと思います。
自分だけかもしれませんが電池の消費がかなり激しいので買うのでしたらこの点も気をつけて選んだ方が良いと思います。

>WMAとMP3とでは録音出来る時間にとても差があるのでしょうか?
録音できる時間というかファイルの大きさが関係しています。
例えば5分くらいの歌を(音質は別として)mp3にすると約8Mくら必要です。
これがwma形式のファイルですと約5Mくらいになります。

mp3,wmaが聞けるプレイヤーを買うとほとんどに●●MBと書いてあると思います。
これが例えば128MBのものですと上に書いた音楽を収録すると128÷8=16となり16曲保存して聞けます。
これがwma形式のファイルですと128÷5=25となり25曲聞けることになります...続きを読む

Q128 Kbpsは音質としては悪い?

CDからPCに音楽を録音する際、Windows Media Playerを
使っているのですが、音質は最初は初期設定されているまま
128 Kbpsにしていました。
途中から「どうせなら最高音質というのにしよう」と
単純に考えて変更しました。192 Kbpsとなっています。
私はさほど音楽を聴きなれているわけではありませんので
どう違うのかよく分かりませんが、やはりそのぐらいの
差でも聴く人によってはかなり違うものなのでしょうか。

先日デジタル・オーディオ・プレイヤーを購入し、
192 KbpsでCDから録音した音楽のデータを転送したのですが、
時々ノイズが入るのです。
取扱説明書を読んだどころ「録音時の音質は128 Kbps以下に
して下さい。重要」と書かれていました。

実は今度レストランでパーティに音楽を使うのですが、
その際にCD-Rなどに音楽を用意します。
人がワイワイいる中でBGMとして流れるものと、静かな中で
大々的に流れるものがあるのですが、やはりノイズは困りますし、
一方でなるべく綺麗な音のほうが良いとも思います。

1.デジタル・オーディオ・プレイヤーだけでなくCD-RやMDに
録音する時にも128 Kbps程度にしておかないと、ノイズが入りやすくなるものですか?

2.だとしたら128 Kbpsにしようと思うのですが、その場合、
音質が悪すぎないでしょうか?

長くて分かりづらいかも知れませんが、よろしく
お願いいたします。

CDからPCに音楽を録音する際、Windows Media Playerを
使っているのですが、音質は最初は初期設定されているまま
128 Kbpsにしていました。
途中から「どうせなら最高音質というのにしよう」と
単純に考えて変更しました。192 Kbpsとなっています。
私はさほど音楽を聴きなれているわけではありませんので
どう違うのかよく分かりませんが、やはりそのぐらいの
差でも聴く人によってはかなり違うものなのでしょうか。

先日デジタル・オーディオ・プレイヤーを購入し、
192 KbpsでCDから録音した音楽の...続きを読む

Aベストアンサー

>1.デジタル・オーディオ・プレイヤーだけでなくCD-RやMDに
>録音する時にも128 Kbps程度にしておかないと、ノイズが入りやすくなるものですか?

MP3プレーヤーによっては、処理速度、能力に限界があるためと思われます。
MP3データをデコードする速度が追いついていないのでは?

>2.だとしたら128 Kbpsにしようと思うのですが、その場合、
音質が悪すぎないでしょうか?

これは、どこまでこだわるかでしょうが、128kbpsでMP3をエンコードした場合、エンコードソフトにもよりますが、大体、15000Hzを境にそれ以上の高い音がカット(破壊)されます。
15000Hz以上の音がカットされて影響があるのは、シンバル、スネアドラムなどの楽器や、サ行(さしすせそ)の人の声など、非常に高い周波数成分をもつ音声です。

QMP3やwav、WMAの違いは?

MP3形式やWMA形式やWAV形式など、色々ありますが、どう違うのでしょうか?
なぜ、こんなに複雑にするのでしょうか?

Aベストアンサー

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

WMA:音楽の圧縮形式の1つ。MicroSoftが作成した形式。WMVの音声部分にも使われている。
MP3より高音質とされる。MP3と同じようにデータは劣化する。
MP3と同様に、設定によるがWavを10分の1程度くらいに圧縮できる。
MP3ほどではないが対応している機器もあるので、利用しやすい。

ほかにもいろいろな音楽の圧縮形式がありますが、それぞれ圧縮率や音質に差があるという違いがあります。
こんなにたくさんあるのは、これで1発当てようとする会社がいろいろ開発していたり、
より高音質で、かつ高圧縮に圧縮できるようにいろいろ改良され足りしているからです。

つまりWavは音楽CDのデータそのものですが、データが大きすぎ利用しくいのです。
たとえばメモリカードを使ったプレイヤーでは、512MBのメモリカードを用意してもCD1枚分も入りません。
しかしMP3やWMAにすると、8枚分くらいは入ってしまいます。
また音楽をネット配信するにも、容量が大幅に少なくできるこれらの圧縮形式は有用です。

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

...続きを読む

Qヘッドフォンとインピーダンスの関係

インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが、そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?
そしてインピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?
その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)、SPを外しても出力は8V(=出力0W)ということです。

したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。

> そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?

同じ電力を伝送する時に

ローインピーダンス:電圧低め・電流多め
ハイインピーダンス:電圧高め・電流少なめ

となります。

> インピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?

「音の善し悪し」というよりは、むしろ経済性の問題です。
例えば仮に(実際とは異なりますよ)、
「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」
としたら
「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」
ということです。

現在、SPのインピーダンスは6Ωの物が多いですが、これは
「6Ωだと理想的なSPが設計出来る」からではなくて
「6Ωだともっとも割安にパワーアンプが設計出来る」からなのです。

これが25年くらい昔だと、8Ωが当たり前でした。パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。

更に昔の真空管時代になると16Ωが標準でした。これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。

では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。
要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。

> その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。
ラインケーブル(出力側のインピーダンスで1kΩ前後)よりSPケーブルの方が、音質に対する影響が大きい(・・・と言われている)のはこのためです。

インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。したがって負荷(10~500kΩ)に電流を流す必要のないライン出力でも、出力インピーダンスは1kΩ位まで下げておいて、高域減衰を防いでいます。

とはいえ、インピーダンス1kΩと8Ωでは大差が生じますが、6Ωと8Ωではどうという程の差はありません。
(パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです)
通常使用では気にする必要もないと思います。

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)...続きを読む

Q音質で、本体はどの程度影響を与えるのでしょうか?

いつもお世話になっております。ipodを買うかshuffleにするかで迷っていまして、音質の差がなければshuffleにしようかと思ってます。そこで質問いたします。音質はイヤホンでほとんど決まるらしいのですが、本体はどの程度影響を与えるのでしょうか?
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一般的にオーディオはそれぞれ”ある程度”のものなら音の出口であるスピーカー・イヤホンに変えた方が効果が大きいです。
たとえば合計金額がほぼ同じshure E2+kenwood HD30GB9とshure E4+ipodを比べてみると圧倒的に後者の方が良い音にきこえます。
つまり費用対効果でいえば圧倒的にイヤホンの方が大きいのです。(もっとも三万程度を越えてくるとイヤホンのコストパフォーマンスは落ちてきます。)

またipodとsonyウォークマンの音質比較ならまだ理解できますがipodとshuffleの比較はあまり意味をなしません。
なぜならnano、無印、shuffleはそれぞれ用途が異なり、音楽を聴くスタイルによって違うものを選ぶ必要があるからです。

音響的には液晶などのノイズ源がないshuffleの方が優れていますが微々たるものです。
持っているすべてのCDを入れる&動画をみるなら無印、使いやすさと有る程度の容量をとるならnano、手軽さを求めるならshuffleを選択すればいいでしょう。

ちなみに個人的な感想ですが本体はkenwood>>>>sony>>ipodの順によくなります。
ipodは最近ましになってきましたがまだアンプ部分の作りの甘さが否めません。
ただhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa3065907.html​に書いている方がいるようにもともと味付けをしない音作りなのでその点は当たっています。

対称的にsonyは”造って”いるような音が特徴です。
これは安いイヤホンを使っている場合、素人にはどうしてもそちらの方がよく聞こえてしまいます。
ただ高音質イヤホンを使っているとかえってその造っている音がじゃまになるので自分はあまり好きではないです。(もっともipodに比べればましですが)

まずはイヤホンに二万円ほど投資してshure e4やetymotic research er-4などをかって、それにある程度の本体をつなげば後悔することはまずないと思います。

最終的に音の判断は個人の主観に依存します。
質問者さんもこれらの回答を鵜呑みにせず自分の耳で試聴してみることをおすすめします。
他人がなんといっても本人が気づかなければ問題ありませんし、先入観が植え付けられてかえって判断を誤ることもあります。
購入した後に「買ってよかった」と思えるものに巡り会えるといいですね。

一般的にオーディオはそれぞれ”ある程度”のものなら音の出口であるスピーカー・イヤホンに変えた方が効果が大きいです。
たとえば合計金額がほぼ同じshure E2+kenwood HD30GB9とshure E4+ipodを比べてみると圧倒的に後者の方が良い音にきこえます。
つまり費用対効果でいえば圧倒的にイヤホンの方が大きいのです。(もっとも三万程度を越えてくるとイヤホンのコストパフォーマンスは落ちてきます。)

またipodとsonyウォークマンの音質比較ならまだ理解できますがipodとshuffleの比較はあまり意味をなしませ...続きを読む

Qmp3 のビットレート (kbps) のおすすめ

SONY のHDDコンポ「NETJUKE NAS-D70HD」を買いました。利便性を考えて CD→HDDの取り込みは mp3 にしようと思っています。

HDDが実質60GBしかないので、圧縮率を 128, 160, 192, 256 kbps のどのあたりにするかを迷っています。

192kbpsを超えると、ふつうの人間の耳では劣化が区別できないとも聞いたこともあるのですが、実際のところどうでしょうか?また、皆さんが mp3 を作るときのビットレートはどのくらいか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

自分は192にしていますが、よほど高級なアンプやスピーカーで耳をすませて聞くのでもない限り160で十分だと思いますよ。ミニコンポやヘッドフォンでは192はいらないと思います。

Q256kbps以上のMP3やATRAC3と、WAVの音質の差は?

256kbps以上のMP3やATRAC3と、WAVの音質の差は?

最近、SONYのNW-A847を買いました。
元はSシリーズを買う予定でしたが、音質がやはり良かったこと、容量が大きかったこと、何より型落ちで安くなっていたための(予算ちょっとオーバーの部分で)衝動買いです。
Sシリーズのつもりだったときは、どうせ携帯プレイヤーなのだし……ということでMP3で統一しようと思っていたのですが、うっかりAシリーズを買ってしまったため、多少の音質向上が見込めるのではないかと欲が出てしまいました。

そこで俄か勉強でネットの情報を漁ってみたのですが、どうにもわからなくなってしまい、ご相談させて頂きたく書き込ませていただきます。

今現在の私の認識としては、
・音質追求ならWAV(但し容量は食う)
・MP3もATRAC3もWMAも、ビットレート256kbps程度まで行けば音質に大きな差はない。
 (此方のサイトより http://aok3.web.infoseek.co.jp/enco_matome.htm )
・ATRAC3はPC間コピーなどの自由度が低いので、複数PCでの運用に難あり。
という感じです。

購入当初はATRAC3を基準に、クラシックやヒーリング系の歌メインのもののみ、ATRAC3losslessにすればいいや、と軽く考えていたのですが、上記のコピーの自由度の低さでちょっと引っかかってしまいました。
ならばWAVにすれば……と思えば、今度はSONYの管理ソフトのXアプリがWAVに対応はしているのですが、Walkmanとの同期に難ありという情報をみつけてしまい……。(転送の際に拡張子が変わってしまうらしく、同じ曲と認識されず何度でも同じ曲が転送されてしまうらしい)
また、64Gとはいえ、WAVでは少々容量を食い過ぎるかな、と思うところもあり、動画などもそれなりに入れたいので、容量を食うのはできれば避けたいと考えています。


そこでご相談なのですが。

まず、上記サイトの検証結果は正しいのでしょうか?
サイトによると、MP3もATRACも256kbpsまで行けばCD音質と言っても差し支えないレベルとのことなのですが……。(その分容量も大きくなりますが、それでもWAVよりは小さいようです)
また、256kbps、或いはそれ以上のビットレートのMP3やATRAC3は、WAVに比べてどの程度音質が落ちますか?
もしWAVに比べてあまり大きな差がなく、サイトの結果が正しければMP3の256kbpsで統一してしまおうと思います。


本当は自分で聞き比べて、容量か音質か自由度かの妥協点を決めるべきなのでしょうが、本体を購入したばかりでまだヘッドフォンまでは購入できずにおります。付属のイヤホンで聞き分けができる自信はありません……(ヘッドフォンは予算2万弱程度のそこそこのものを買いたいと思っています。いまのところ第1候補はBOSSです)


最後になりましたが、使用する状況ですが、基本は室内使いです。
外にも出しますが、そのときはそこそこのイヤホンで済ませるので音質は気にしません。
室内の際、ゆくゆくは上記の通りそこそこのヘッドフォンを使用するつもりなので、そのときに再取り込みをせずにすむように、ここで決めてしまいたいのです。
(ちなみに、現在コンポ等のプレイヤーの類がもろもろ全損しており、PCでしか音楽が聴けない状況です。コンポの買い換えは、マンション住まいでどうせヘッドフォンになるため見送りました。今はPCでしのいでいますが、サウンドカードも入っていないPCですし、PC上で他の作業をするときに主にメモリ的負荷がきついのと、音楽を聴きたいときだけのためにPCを立ち上げなければならないのが面倒で、今回の購入計画に踏み切りました)


長文で上手く伝わらなかったかもしれませんが、質問への回答の他、どういう運用が私に向いているのか、ご意見を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

256kbps以上のMP3やATRAC3と、WAVの音質の差は?

最近、SONYのNW-A847を買いました。
元はSシリーズを買う予定でしたが、音質がやはり良かったこと、容量が大きかったこと、何より型落ちで安くなっていたための(予算ちょっとオーバーの部分で)衝動買いです。
Sシリーズのつもりだったときは、どうせ携帯プレイヤーなのだし……ということでMP3で統一しようと思っていたのですが、うっかりAシリーズを買ってしまったため、多少の音質向上が見込めるのではないかと欲が出てしまいました。

そこで俄か勉強でネッ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です
この解釈であっているとして・・・まではそうです

>LAMEと比べて使い物にならないレベルでしょうか?
以前VBRですので比較は出来ませんが同じ様なレベルと思います
(VBRは容量の節約の為にコメントしました)

>・ドラッグ&ドロップの場合、ジャケット写真や歌詞表示
Macで使ってる人(iTunesからコピペ)
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-490.html

>歌詞については自分でも試せるので
WAVだとカラオケの様に自動表示される歌詞表示は無理です(iPodは手動)
作り方(自作では無料・・・当たり前ですね)
http://www.sony.jp/support/walkman/products/sync-lyrics/index.html?spdir=A840S&spdata=menu

Lyrics Master (歌詞取得)
http://www.kenichimaehashi.com/
参考サイト(歌詞関係とLAME)
http://kkkkk.net/
Transcendのサイト
http://www.transcend.co.jp/support/faq/JP/FAQ_510_jp.htm

WAVで取り込みは別としてエンコーダにも左右されると言う事です
音質はWALKMANが正解・・この下のスレはiPodから乗り換えた人です
(イヤホンも高価なのを使ってたみたいです)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6295696.html
高級イヤホンでiPodとの違い(WALKMAN借りて試した人)
http://blogs.dion.ne.jp/109nissi/archives/8979920.html

X1000シリーズもホワイトノイズが多めとWikiでありますが
BOSEのイヤホンとヘッドホン共に見受けられません

それとiTunesでも使うAACはSONY(5社)の特許です
その特許を有する企業はAT&T、Dolby、Fraunhofer IIS-A、SONY、NOKIAの5社
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060605/dal238.htm

ジャケット画像、当方はAmazonからです(大きさは300x300)
http://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF-CD/b?ie=UTF8&node=561956

ジャケット写真を登録
http://www.sony.jp/support/pa_common/x-appli/howto/artwork.html

>ネットにデータのあるものはxアプリが自動でセットで取り込んでくれるようなので……。

なので既に取り込み終了してるので
Xアプリ(iTinesやWMP)の保存先からドラッグです
(要は楽曲本体に画像は埋め込みされてますから)ID3タグ
それとWAVファイルはどのソフトでも無理です

#1です
この解釈であっているとして・・・まではそうです

>LAMEと比べて使い物にならないレベルでしょうか?
以前VBRですので比較は出来ませんが同じ様なレベルと思います
(VBRは容量の節約の為にコメントしました)

>・ドラッグ&ドロップの場合、ジャケット写真や歌詞表示
Macで使ってる人(iTunesからコピペ)
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-490.html

>歌詞については自分でも試せるので
WAVだとカラオケの様に自動表示される歌詞表示は無理です(iPodは手動)
作り方(自作では無料・・・...続きを読む

Q16GBに入る、MP3とWAVの容量

PCで16GBのSDに曲を入れたいのですが、音質の良いWAVにしようと思ったのですが容量が大きいと聞きました。

MP3だと音質も普通そうだったり、劣化したりするみたいでした。






1曲、4~5分だとして
16GBに入る曲はそれぞれ何曲くらいかわかるでしょうか?
教えて頂けると、助かります!!(T_T)

Aベストアンサー

waveは一曲当たり40~50MBです。1GBを1000MBとすると16GBで16000MBですから、約300~400曲入る計算になります。

MP3に関してはビットレート(音質)によって容量は違います。ipodなどの携帯プレイヤーで一番多く使われているであろう128kbpsでは約4~5MBです。ですからwaveの十倍入る計算になります。


音質はipod等では殆どわからないと思いますが、ちゃんとしたスピーカがついているPCであれば音の迫力が全然違います。最近ではPCオーディオといって、PCにオーディオ機器をつないで音楽を楽しむ方法もあります。既存のCDをファイル化してPCで管理している人もいるようで、そのようなことをするならwaveかロスレス方式で取り込むことをお勧めします。MP3をオーディオ機器で再生すると聴くに堪えません。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較