塾で教えている中学生が、
「部落差別についての勉強があった。僕はそんな事知らんかったし、知りたくもなかった。知らなければ差別する事もないのに、知ってしまったら、ついそんな目で見てしまう。僕はそんな差別とかしたくないのに。知らないほうが良かった」
と言いました。

私もそう思います。私は別の県から引っ越してきて、今住んでいる県の部落地域は知りません。あることすら想像しませんでした。
知らない人が増えれば、自然となくなったりはしないのでしょうか?私のように、外部から来た人間は部落地域を知らないし、この中学生のように10何年間この県で生きてきて、それでも知らないのです。やはり、「部落差別」教育は必要なのでしょうか?

見てそれと分かるハンデを持った人を差別してはいけない、と教育するのは分かります。しかし、部落は、ここから部落地域ですという看板も何もなく、知っている人だけが分かるものですよね。

未だに差別意識を持っている人はいるでしょう。しかし、一般的な「差別はいけない」という意識を持った今の子供たちは、その差別意識を持った人に「部落差別」を言われても、はねのける事ができるのではないでしょうか。

私は、前記の中学生の発言に、どう答えれば良かったのでしょうか?また、「部落差別」教育は、必要なのでしょうか?

A 回答 (158件中1~10件)

あった方がいいと思いますがもう少し内容を減らしてもいいと思います

    • good
    • 0

必要です


知ることでその考え自体がうまれたのだから
    • good
    • 1

必要ありません。


なぜなら、そもそも教育とゆうもの
があるから差別が生まれるからです。
    • good
    • 4

差別を傘にやりたい放題やっている人たちもいるので、個人的には必要ないと思います。

    • good
    • 4

同じ過ちを繰り返さないためにも教育は必要だと思います


スルーしてはいけない問題、歴史だと感じます
    • good
    • 2

歴史上の失策、封建制度が今だに災ってるわけで。

部落差別が無くならん限りは仕方ないね。大学では教職過程の必修科目です。私もなんでこんな事勉強せんなアカンね?と目茶苦茶疑問でした。でも結局、綺麗事では差別は駄目!とか口先だけで言う。でも昔から免除された税金や公務員枠の確保、ゴミ収集等の利権等 優遇されたものは以前変わらず。差別を逆手に取る行為に糾弾行為等問題が山積みと聞いてますよ。差別て何なんですかね?一部の人間だけの為に全部そう決めつけられてるんですかね?
    • good
    • 2

中学生には、キング牧師が暗殺されてからオバマ大統領が就任するまでの話でもしてやるといいです。



基本人権とか教科書にもあるでしょうから、その辺を話してあげるといいと思います。


部落差別自体は、今現在、暴力団の資金源であり(お前は差別をしている→賠償金を払え.部落差別を理解するためにここの団体の雑誌を定期購読しろとかそういう類)
部落差別を解消するための運動自体、運動が継続するため、ないし部落差別解消の名目で支出されている公金目当てに、差別を煽るという悪循環におちいっているのが現状です。
自作自演の差別事件があまりに続き忘れられた対象となろうとしています。
現在も差別に潜在的なプレシャーを感じる人はいるとおもうが、人権団体とか市民団体という看板のヤクザの下流ビジネスのターゲットになっており、その意味で救済の手を差し向けられるべき対象です。

差別うんぬんより、差別を利用した恐喝にどう対処するかという話は学校じゃ無理だろうから.ご家庭で頑張ってくれるように親にでも相談したらよいと思います。
    • good
    • 1

いらないですね。


「差別・偏見がある限り必要」という人がいますが逆ですよ、
教育するから差別と偏見が生まれるのです。
外見的特徴が無い以上、部落民を見た目で判断することはできません。
じゃ、何故部落差別が生まれるのか。

部落という存在と、その人達は歴史上差別されてきたことを知ってしまうからですよ。
知識は時に人に偏見を与えます。
あの人達は差別されてきたんだと思ってしまえば、色眼鏡で見てしまう人がいても不思議じゃないです。

ってことは部落差別を闇に葬って、無かったことにしてしまえば差別など生まれようがありません。

未だに差別が無くならないのは、解放同盟をはじめ部落差別を日本中に吹聴している連中のせいです。
    • good
    • 6

 過去の差別に関する知識普及は時系列的に考えると害悪である部分が逐次増大していると考えられます(開始当初は相応の意味があったとは思います)。



 これからは「差別」に関する教育ではなく「差別利権」の仕組みと撲滅を教育することが将来の「差別」を予防する最大の教育になるはずです。現代の「差別」は利権に絡むための宣伝部分も大きくもはや存立すること自体が「新差別」と考えられます。昨今問題になっている「人権侵害救済法案」も「差別利権」と不可分の問題です。これが万一成立すると「新差別」が発生することが確定してしまいます。

 小中学生には難しい分野になるかもしれませんが、「差別はいけない」というスタンスは無意味。なぜ差別が生成されるのか考えるほうが差別撲滅になると思います。差別発生原因を考慮する時、はじめて民族性や特徴、歴史を大きく俯瞰することになり広く教育的価値が高まると思います。

 少なくとも「教師」が「差別」とは何かを教えてあげるスタンスでは意味がありません。ましてや証拠あってのことかどうか考えない小中学生に対して捏造の可能性すらある資料を展開して感情に訴えるやり方は最悪です。害悪以外のなにものでもない。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/hiro7532/archives/331251 …
    • good
    • 3

必要ないと思います。



私は学校でいじめを受けましたが、先生ははるか遠くの部落差別はダメだといいながら目の前のいじめは放置していました。

教えている先生も他人事のようでしたし、やるだけ無駄です。
    • good
    • 2
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同和地区ってわかりますか?

昨年、結婚して同一県内の他市で賃貸して住んでいます。駅から近い、収納、広さ、買い物などを考えて賃貸を決めました。私も妻も同和地区のない市で育ったので賃貸を探すとき、特に意識していませんでした。

今住んでいる地域を知るにつれて、もしかしたらここは同和地区では???と思うのです。同じ地区に人権センターがあって、周辺は古い団地や低層住宅があります。周辺自治体を調べても人権センターがある地区は同和地区のような雰囲気があります。同和地区でも新築マンションがあったりして差別とかありそうに思えないですが、部落差別は今でも根強く残っている、と聞きます。子供が生まれて成人して就職、結婚するとき、戸籍に同和地区が残っていたら不都合でしょうか?

Aベストアンサー

 私は同和地区の多い京都に長年住み同和地区の変遷もまじかで見てきました。知人も沢山いました。今も多少の名残をとどめているところもあります。けれども、現在では、元の同和地区に住んでいるから、というだけで差別を受けることは、まずありません。安心してください。
もとの「部落者」の住居は地域外にどんどん拡散し、差別意識もほとんど失われてきています。
 むしろ、「おかしい?」と思うのは、既得権意識を持っ変な解放運動をするから多少目立つことにあるような気がします。

Q部落差別教育

1.歴史的な差別を考える時間、としての意義はあると思います。その他に意義があるなら教えてください。また、教育なさっている方で、独自の工夫、考え方がある方は教えてください。

2.私はあらゆるデメリットがあると思います。
 (1)部落地区の子供がかわいそう
 (2)逆に差別やいじめをうむ
 (3)一部の人間、団体に利用されている
これらに対してはどういう対策が練られているのでしょうか?

3.また、わからないことがあります
 (1)どうして「歴史」の時間にやらないのか?「道徳」なんて「部落差別」の時間みたいでなんか「道徳」じゃないよね。
 (2)どうして「解放同盟」がつくる教科書を使うのでしょうか?また、他の会社(団体)は作っていますか?
 (3)本来は、教育などやめても大丈夫な状態にするのが、ゴールのはずです。まだ、その段階にはきていないのでしょうか?すくなくとも、進学率、就職率に差はなくなりました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、昔の部落出身者ですが、都市で生活しておりますが、就職、恋愛において、一度も聞かれたことがありません。差別だ、差別だと叫んで役所へ圧力をかけて利権を得ている団体が、あることに大変悲しくなります。仮称 右翼で金を出さないと凱旋車を出すぞ脅して金を巻き上げる団体と私は同じと思っております。

Q同和地区出身であることは娘らに伝えるべきか

ここ数日悩み悩んでどうにもできずここに来ました。
この質問で気分を害される方がいらしたら申し訳ありません。
私は20数年前に、同和地区の男性と結婚しました。
両親にも祖母にもおばにも猛反対され罵られ、でも差別する方が間違っているんだと、半分駆け落ち状態で結婚しました。姉たちからはなんの罪もないのにそれで悲しみ苦しむのは産まれてくるあんたの子供たちなんだよ。と言われ続けました。そしてその生まれた娘二人も大きくなり、今は彼氏もおりいつ結婚してもおかしくない年頃となりました。
私たち家族4人は同和地区から数十キロ離れた同和地区のない地域で一戸建てを構え暮らしてきました。結婚するまではなんとも思わなかった同和地区に対して、関わりたくない、同和地区に嫁いだことを知られたくない、できれば地区には近寄りたくないという自分になっていました。
そして未だに娘二人には父親が同和地区出身であることを伝えていません。
父親の実家にはもちろん出入りしていますが、娘ら二人は同和地区であることは知らないと思います。
主人には娘らが大きくなって同和ということで破談になり苦しみ悲しむ前にきちんと話をしてと伝えてきましたが、そんなこと言わないでも知ってるだろ。それで破談になるなら離婚してやるわ。
というので、じゃあ、三人とも私の姓にさせてもらうから。と言うと一切口を開かなくなりました。
今はなぜこの人のことを好きになったのかわかりません。今回のことだけでなく、少しでも気にさわるようなことをいわれるとすぐに切れる主人にはひとかけらの愛情もありません。
私一人で娘らに告げるべきでしょうか。
将来愛する人との結婚が、地区であることが原因で破談になる・・・十分ありえることです。娘らは相当なショックを受けると思うのです。そして私たち親を憎むでしょう。全く知らせないでこのまま行くわけには行かないと思うのです。

ここ数日悩み悩んでどうにもできずここに来ました。
この質問で気分を害される方がいらしたら申し訳ありません。
私は20数年前に、同和地区の男性と結婚しました。
両親にも祖母にもおばにも猛反対され罵られ、でも差別する方が間違っているんだと、半分駆け落ち状態で結婚しました。姉たちからはなんの罪もないのにそれで悲しみ苦しむのは産まれてくるあんたの子供たちなんだよ。と言われ続けました。そしてその生まれた娘二人も大きくなり、今は彼氏もおりいつ結婚してもおかしくない年頃となりました。
私たち...続きを読む

Aベストアンサー

現在、政治家をはじめ著名な人物や成功者と言われる人にも同和地区の出身である方がいます。
それゆえに問題や軋轢を産んだりと未だ根強く未解決問題として残る差別意識があるのも事実。
どう捉えるかは本当に個人それぞれに託されています。

あなたは、今までその事から逃げるようにしてフタをして生きてきたと思います。
でしたら今こそ正しく学ぶべきなのではないでしょうか。
それがどんなにつらく苦しい事でも。
長い歴史があり歴代の研究者や学者やジャーナリスト達が関わってきています。
知りたくない事実もたくさん知ることになるかも知れない。
それでもあなたがこの問題について学び、正面から受けとめて行こうとする姿勢が肝心ではないでしょうか。
それがいつか娘さん達に告白をする時のための重要な準備だと思います。

実はお父さんは同和出身だったのよと、ただ事実だけを打ち明けて娘さん達に丸投げするつもりならそれこそが親として無責任極まりない行為だと思います。
その時期がいつであろうとです。
いろいろな考えがある。いろいろな歴史的事実がある。誰も答えを出せない問題である。
娘さん達に聞かれた時に、あなたは堂々と自分の考えや見解を述べる覚悟はありますか?
その時のあなたの態度次第で、娘さん達の意識や生き方は大きく変わると思うのです。

今はその時のための準備を進めることに邁進してはいかがでしょう。
あまり時間はないものと思った方が良いです。
そうするうちに、娘さん達に打ち明けるべきか否か、打ち明けるとしたらいつが妥当なのか、そうした事にもあなたなりの答えを導き出せるかも知れません。
こればかりは他人が決められる事ではないのは確かなのです。

現在、政治家をはじめ著名な人物や成功者と言われる人にも同和地区の出身である方がいます。
それゆえに問題や軋轢を産んだりと未だ根強く未解決問題として残る差別意識があるのも事実。
どう捉えるかは本当に個人それぞれに託されています。

あなたは、今までその事から逃げるようにしてフタをして生きてきたと思います。
でしたら今こそ正しく学ぶべきなのではないでしょうか。
それがどんなにつらく苦しい事でも。
長い歴史があり歴代の研究者や学者やジャーナリスト達が関わってきています。
知りたくない事...続きを読む

Q社員教育での部落差別問題の意図について

30年ほど前、中堅社員教育で、部落差別問題のビデオ(昔だから8mm映画だったか?)を見せられ、とくに会社としての説明もないまま(うちは差別をしていないとか、言動にきおつけるようにとか)、感想文を書かされました。「差別はいけない」ようなことを書いたと思いますが、いまいち会社の意図がよくわからず、狐に包まれたような気分でした。

考えるのは思想調査や部落関係者の調査などの目的があったのでしょうか?
会社は関東地方の大手です。

Aベストアンサー

少し勘ぐりたくなりますね。
30年前というと、部落問題の啓蒙活動が盛んだった頃ですね。
私も、学校で、ビデオを見させられたりしました。
「燎原の火」だったかな。本を読んで感想を書けと、言われたこともあります。
そういう一環だったんじゃないんでしょうか。
今、現在でも、おや?と思うことがあります。
本籍をフルで、書かされる。
宗教、支持政党を書かされる。
などです。

Q同和地区

同和地区というのは、どういうものですか?

Aベストアンサー

同和地区というのは

被差別部落があったところ

のことです。

Q部落差別と就職差別

高校時代、部落差別を習ったときに先生がこう言われました。「君たちの中には、自分には関係ないと思っている人もいるだろう。でも、部落差別がある限り、君たちの給料も上がらないんだ。」と言われて、その後5分ほど理論的な説明。 私は、この手のLOHはボーとしていて、半分上の空、今になって気になって気になって仕方ありません。部落差別、就職差別と給料の高低が関係するのか教えてください。

Aベストアンサー

手っ取り早くいうと,こういうことです。
部落の人たちは,会社から排除されるため,就職できにくい。でも,働かないと食べていけないので,低賃金のところに就職せざるを得ない。低賃金で働く人たちがいる間は,それを基準として,他の業種も賃金の引き上げはできない,しない。 「社長,給料を上げてください。」「不満なら,やめていいんだよ。給料低くても,働きたい人はいっぱいいるからね。」ということになるのです。 単純化していますが,こういうことです。大学で,経済学を習うと,よくわかります。

Q同和地区の方との付き合い(結婚)について。

同和地区の方との付き合い(結婚)について。

今、付き合い始めて1ヶ月ほどの彼がいます。
お互い28歳で、結婚も視野に入れての付き合いです。
今まで付き合った人とは違う感情で、「この人とずっと一緒にいたい!」と心から思える相手です。
二人共、結婚願望があるので、このまま付き合っていけば結婚の話も出てくると思います。
ただ一つ気がかりなのが、彼の実家が同和地区と言う事です。
彼本人から聞いた訳ではありませんが、彼の実家の場所や苗字が当てはまります。
母親に「今、付き合っている人がいる」と話したところ、「どこに住んでる?名前は?」と聞かれ、彼の事を話すと、「付き合うのと結婚は別!」と結婚に関しては反対され、姉に相談すると「この事に関してだけは協力できない」と言われました。
「出逢いはいくらでもある。このままズルズルいかない内に別れた方が良い」とまで言われました。

私は、彼が同和であろうが関係ないと思っていて、同和を理由に彼と別れるつもりはありません。
同和地区以外の人と結婚しても離婚する可能性はあるし、結婚するなら本気で「この人!」と思った人としたいです。
もしこのまま結婚の話が出たとすれば、私の家族に反対されるのは目に見えています。
だからといって、家族と縁を切る事も考えたくありません。
彼は長男ですが「結婚したら家を出る」と言っています。
彼本人に「同和地区なの?」と聞くわけにもいかず、どうすれば良いのかわからなくなりました。

私としては『彼と別れたくない,できる事なら結婚したい』のですが、私の家族に納得してもらえる方法とかあるんでしょうか?

同和地区の方との付き合い(結婚)について。

今、付き合い始めて1ヶ月ほどの彼がいます。
お互い28歳で、結婚も視野に入れての付き合いです。
今まで付き合った人とは違う感情で、「この人とずっと一緒にいたい!」と心から思える相手です。
二人共、結婚願望があるので、このまま付き合っていけば結婚の話も出てくると思います。
ただ一つ気がかりなのが、彼の実家が同和地区と言う事です。
彼本人から聞いた訳ではありませんが、彼の実家の場所や苗字が当てはまります。
母親に「今、付き合っている人がいる」と...続きを読む

Aベストアンサー

彼が同和地区出身であるかどうかはこれからの時代、全く問題ではありません。
しかし彼が同和利権と関わりがあるかどうか、これだけをはっきりしておく事です。

同和問題を利用していい思いをしている、あるいはそれで飯を食っている
ゴミのような連中がいつまでたっても存在するのは厳然たる事実です。

連中は差別が無くなっては困るのであり、そのためにわざと差別が残るよう活動しており
現在残る部落差別はすべて彼らが撒いたメシの種というわけです。これに乗ってはなりません。
同和利権の連中こそ、やっていることの反社会性から実際に排斥されてしかるべき寄生虫です。

彼はおそらくこういった団体とは無関係だと思います。
無関係であることが直接的または間接的に確認できるなら、
もう何も気にすることはありません。

悪いのは同和の地などではなく、利権でしかないこと、
彼はそれとは無関係であることを説明すれば、ご家族もきっと納得されるでしょう。

Qネットに在日差別や部落差別を最初に持ち込んだのは誰?

素朴な疑問なんですけど、ネット掲示板などに在日朝鮮・韓国人に対する差別的な書き込みや、部落問題などを最初に持ち込んだ人達というのは、どういう人達だったのでしょうか?

それともパソコン通信時代から、上記の書き込みとか議論がされていたのでしょうか?

パソコン通信世代やネット第一世代である30代・40代前半の人達が、上記の問題に積極的に興味を持ってたとは思えないので、すごい不思議なのです。

Aベストアンサー

まだパソコンに、ハードディスクが無いころからパソコン通信をやっていましたが、当時の掲示板に既に有りました。

パソコンができる前から有ったものですから、かなり初期段階から有ったでしょう。
当時も、部落問題で喧々囂々議論しました。
朝鮮・韓国問題でも、歴史解釈に関していろいろ討論しました。

Qニュースなどで同和問題、とか同和地区などという表現をしますが、

ニュースなどで同和問題、とか同和地区などという表現をしますが、

「同和」っていったい何の事を指すのでしょうか?

Aベストアンサー

まだ思い出したので書いておきます。

差別は原因や歴史とは無関係に加害者が悪いだけで
単純なことです。
マラソン大会で優勝するのが難しくてもルールは簡単で
前者むずかしいは後者かんたんを覆せない。
構造論と実行論は別であり実行のために構造認識が
先決なのだから実行がむずかしいからといって
構造論を妨げることはできない。

「高校の教師に「差別がなくならなければ君たちの給料は上がらない」と
言われた」で始まる作り話パターンがあります。
これは報告者がその時現場でどう対応したか問いただしても
答えられないのでインチキです。また、差別があっても第三者の給料は
経験や能力によって上がるし、その話は第三者の給料の変化と差別の是非を
組み合わせているのだから「上がる場合は差別はあってもよい」と
なってしまう。こういうねじ曲がった話を自分から持ち出して、
否定しないというのはうっかりした間違いではなく意図的な洗脳でしかありえない。

「非差別地域が近所にあることを知って落ち込む人がいるから
あきらかにするべきでない」は、落ち込むのは加害者なので考慮する必要なし。
差別感情がなければ被害地域が近所でもなんともない。
また、加害者・第三者の都合を優遇して被害者を冷遇するのはおかしい。
逆が正しい。

出身地差別の長い歴史を説明したがる者は加害者です。
差別すなわち組み合わせに必然性のないことでまちがった区別をしている
ことは単純に完全に説明できます。人種差別を批判する場合に長い歴史を
持ち出すのは無用で人種無関係と言えば足りる。
学問的に人間社会を論じるのは有意義でも実用的に差別を批判するときに
それをやってはならない。生物学者にとって生きて動いている恐竜が
いたほうが面白いのと同じで、学者にとっては差別が現代に生きている方が
都合がよく、実用とは相反しているからです。

まだ思い出したので書いておきます。

差別は原因や歴史とは無関係に加害者が悪いだけで
単純なことです。
マラソン大会で優勝するのが難しくてもルールは簡単で
前者むずかしいは後者かんたんを覆せない。
構造論と実行論は別であり実行のために構造認識が
先決なのだから実行がむずかしいからといって
構造論を妨げることはできない。

「高校の教師に「差別がなくならなければ君たちの給料は上がらない」と
言われた」で始まる作り話パターンがあります。
これは報告者がその時現場でどう対応したか問いただし...続きを読む

Q部落差別について

私は東京生まれで東京育ちの40代男性です。
先日9月13日・14日・15日の連休を利用して、家族を連れて和歌山へ世界遺産めぐりをしてまいりました。
 早起きをして「熊野本宮大社」→「那智大社」「那智大滝」を見た後「熊野速玉大社」と立て続けに観光し、そして宿泊先の南紀白浜にもどるべく「熊野古道」ルートを通ろうと思い、熊野街道を下って帰りました。
その途中何度か『差別をなくそう』という看板を見かけ、中辺路あたりに差し掛かったときだったと思いますが、川の流域に何とも現代では表現しがたい(安藤広重の絵に出てくるような)スラムなたたずまいの家が数件軒を連ねていたのです。それはそれは何とも不気味で一瞥すれば誰でも「この地域には何かあるに違いない」と感じさせずには入られない雰囲気で、一体この地域で何が起きているのだろうという違和感を感ぜずにはいられませんでした。
 私は高校生の頃から島崎藤村の「破壊」などを読んだり、大学の講義などでも「差別」について触れたりしましたが、何とも掴み所がなく実感がないまま「部落差別」を語っていたというのが正直なところです。おそらく関東出身の方は私のような人間は多いと思います。

○よく「事実は小説よりも奇なり」と申しますが、一体あそこの地で何が今現在でも起きているのでしょうか?
○なんであんな人権無視の集落が世界遺産の近くにまだ歴然と存在しているのでしょうか?

○『差別をなくそう』と言う前になぜあのスラム地区を撤去して和歌山県の福祉施設や厚生施設などに保護しないのでしょうか?(ある意味では東京のホームレスの方たちのほうが自由な印象を受けてしまうのがそれはそれでまた怖い)

○あの家に住んでいる方たちは一体なんであのような雨漏りし放題、隙間風が入り放題のようなボロボロの家にすまなければならなくなったのでしょうか?あの方たちの何世代も前の先祖の方に何か起因しているのでしょうか?(例えば江戸時代の身分制度や村八分などの名残など)

正直東京に住んでいる私にとって関西圏で部落差別がまだ根深く残っているという人伝の話はよく耳にいたしますが、平成の世になってもこの日本国内でまだあのような形で存在するとは思いもよりませんでした。

あの地域に住んでいる人の意識レベルまたそこを基盤として活動している政治家や行政の資質も疑わざるを得ません。

この質問事態が部落差別を誘引するものであってはなりませんが、あまりにも人権後進地域をみて胸が詰まってしまいました。この地域に限らず現在でも起きている被差別部落の実態を良く知る方は教えていただきたいと思います。

私は東京生まれで東京育ちの40代男性です。
先日9月13日・14日・15日の連休を利用して、家族を連れて和歌山へ世界遺産めぐりをしてまいりました。
 早起きをして「熊野本宮大社」→「那智大社」「那智大滝」を見た後「熊野速玉大社」と立て続けに観光し、そして宿泊先の南紀白浜にもどるべく「熊野古道」ルートを通ろうと思い、熊野街道を下って帰りました。
その途中何度か『差別をなくそう』という看板を見かけ、中辺路あたりに差し掛かったときだったと思いますが、川の流域に何とも現代では表現し...続きを読む

Aベストアンサー

私も質問者さんと同じ感想を持ったことがあります。
決して
>「汚いから無くせ」と言いたいのですね。
と思ったのではなく、ただたんに「なぜ?」と思ったのです。

なぜ、今時の日本にこういう建物が?
なぜ、行政は手を差し伸べないの?
なぜ、部落ということだけで差別されてるの?
なぜ、こんなことがまかりとおってるの?
なぜ?????

と思いました。
被差別部落と言われても、中学か高校でちらっとならったきりです。
「インドにはカースト制度があり、最下層のスードラと呼ばれる人は差別をうけ迫害されています」と習うのと同じ感覚です。
遠い出来事ですし、習ったときは「へー」としか思いませんでした。
気にもせず生きてきました。
そのため西日本に行って、本当に驚いたのです。

>これも「汚いから無くせ」と言っている訳で、そこに住む同和関係者の人権を完全に無視した思想、意見です。
大変申し訳ないのですが、わからないのです。
ただ単に、今にも崩れ落ちそうな家に住むよりも、行政が用意した快適な公的な福祉施設や厚生施設、または県営市営のアパートに入居したほうがいいのではないのか?と思ったことがあります。
もちろんそこに住んでいる方が、動きたくないと思っておられるなら別です。
選択肢があって、そこに住むのを選んでいるのか、住まざるをえないのか、わからないんです。

多分質問者さんも同じことを感じたのではないかと思い、回答ではないのですが、記載しました。

私も質問者さんと同じ感想を持ったことがあります。
決して
>「汚いから無くせ」と言いたいのですね。
と思ったのではなく、ただたんに「なぜ?」と思ったのです。

なぜ、今時の日本にこういう建物が?
なぜ、行政は手を差し伸べないの?
なぜ、部落ということだけで差別されてるの?
なぜ、こんなことがまかりとおってるの?
なぜ?????

と思いました。
被差別部落と言われても、中学か高校でちらっとならったきりです。
「インドにはカースト制度があり、最下層のスードラと呼ばれる人は差別...続きを読む


人気Q&Aランキング