色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

初めまして、世界で本当に残念ながら黒人が差別されていますよね、そして何故差別が起こるのかという事を話しており、友人が「白人の中でもブロンドで目が青い方が普通の白人より優遇される」という趣旨の話をしていたのですが、それは本当の話なのでしょうか?
海外では色が薄ければ薄い方がよいとされているのですか?

教えてくださいよろしくお願いします。「回答してくださいましたらお礼は12時間以内に必ずします」

gooドクター

A 回答 (2件)

一般的に言うと答えはイエスです。



日本人には白人コンプレックスがある、
と言う発言をする方もおりますが、
実際には欧米ではそれ以上の物があります。

アメリカでは(正確に言うとハリウッドではかな?)
「美人=金髪」であり、人為的に染めた金髪が
実に多いです。(モンローとか)

精子バンクでも、
「金髪、蒼眼、身長180cm以上のエリート大学生」
の精子が高額で取引されているそうです。

と言っても一般論にすぎず、
「色が薄ければ薄い方がよい」
と言うのはノーですね。

エルビスプレスリーは元々ブロンドですが、
髪の毛は常に黒く染めていました。
(太ってからは染めてないようです。)

エリザベステーラーは金髪にするよう、
映画監督に言われてもガンとして拒み、
結局、人気は上がりました。

北欧の方では金髪碧眼は当たり前すぎて
別に優遇はされません。

彼らの偏見をまとめると以下の如しです。
(白人同士の中で)

金髪:セクシーで生殖力あり。ただしバカ多し。
黒髪:知的だが、見た目の魅力はイマイチ。

就職の面接でどっちが有利なのか?
まではわかりませんが、そんな感じですね。

人種の差よりも、どこの世界でも
「見た目の良い」人が特をする(優遇される)
のは仕方の無い話で、それも差別と言うのは
どうか?と思います。

私が黄色人種以外の人間と接して思うのは、
「体臭がやたらキツイ人種」が多く存在する事で、
それが一番辟易します。
(日本人同士とはレベルが違う)

迷惑はおそらく人間お互い様なので我慢しますけど、
これも差別なんでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

どうも丁寧に教えてくださって本当にどうもありがとうございました、とても参考になります。

一般的には金髪、蒼眼がよいみたいですが、有名人とか超一流の人になるとそれは言えないみたいですね。
北欧はそういう人たちが多いんですか、勉強になります。
やっぱりアメリカでは優遇って少なからずあるんですね、、ですが髪が黒くて男前なら同じぐらいの扱いをしてくれるって事ですよね。

黄色人種でブサイクな僕はどうしたらいいんだろ。。
丁寧に回答してくださいまして、本当に助かりました。
No51さん、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/23 01:13

白人でもブロンドで目が青い方が優遇されるでしょう。



色素が弱い程良いということです 
ですからアメリカでは髪を染めている人がとても多いのもそういう事です。

黒人と白人を比べるような差別はないですけど ブロンド 
目が青い等色素が弱い方がより良いということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました、アメリカ人でも染めている人が多いというのを見てビックリしました。

アメリカ人の金髪は地毛ではないんですね、ずっとあれは地毛なんだと思いこんでいました、ご丁寧に回答してくださって助かりました、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/23 01:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング