dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

至急】中3国語の「間の文化」についてです。 「間の最も重要なはたらきは異質なものどうしの対立を和らげ、調和させ、共存させること、つまり和を実現させることである。」 「日本人が昔から尊重し、培ってきたこの和が誕生するために、なくてはならない土台が間なのである。和はこの間があって初めて成り立つ。」 という筆者の主張に対して、賛成か反対かとその理由を書く という課題が出ました。 いくら考えても分からず、質問しました。 提出期限も近くて焦ってます… どなたか代わりに書いてくれませんか。 賛成か反対かはどちらでもいいです。 お願いしますm(_ _)m

A 回答 (2件)

あえて、反対派から。



1,日本における、和は、人種、民族が均一的
 だからこそ発展したきたものではないのか。

2,異質なモノを共存させるためなら 
 多民族国家、米国で発展しそうなもの。 

 そもそも、米国などには間の文化は
 ないのか。
 著者は、それを調べたのか。
    • good
    • 4

お急ぎとのことですので、とりあえずPerplexityに答えてもらいました。


https://www.perplexity.ai/

筆者の主張に賛成である。日本人が昔から尊重し、培ってきた「和」は異質なものどうしの対立を和らげ、調和させ、共存させることで実現されるものであり、その土台が「間」である。異なる文化や考え方がある中で、お互いを尊重し、調和的な関係を築くことが大切である。このような和を実現するためには、異質なものどうしをつなぐ「間」が必要である。異なるものを共存させることで、新しい文化や価値観が生まれ、社会が発展していく。
1:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …
2:https://honto.jp/netstore/pd-review_0603132122.h …
3:https://jp.china-embassy.gov.cn/jpn/jzzg/202111/ …
4:https://online.flippingbook.com/view/563724592/
5:https://core.ac.uk/download/pdf/293166073.pdf

中学校の教員にしか成れなかった、国語教師程度なら、このくらいで誤魔化せます。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!