ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

明治以前ならいつの時代のものでもOKです。
男女どちらにつけるものでも構いません。
どういう身分の人につけて呼んだかなど、色々補足があると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

●院 = 皇族において、天皇を引退したものが「院」となり、政治に対し助言する役目をした


・鳥羽院 ・白河院 など

●上皇 = 皇族において、院をやめた者が更に上の「上皇」になり、実質的に権利を握っていた
・後鳥羽上皇 ・後白河上皇 など 

●御所 = 皇族、大臣、将軍、その直系または傍系の子弟・子孫のことを指す
・花園御所 ・大倉御所 など

●大御所 = 御所の更に上
・足利義満 ・足利義政 など

●お屋形様 = 室町時代に成立した屋形号を免許された大名につけた。後に戦国時代には織田信長も「お屋形様」と呼ばれた。「親方様」と間違えられるが「お屋形様」が正しい

●室 = 大名の妻。正式な妻は「正室」。そうでない者は「側室」

●大夫(たいふ) = 江戸時代は参勤交替の折、江戸に下った殿様に変わり国元の政治を司った「家老」に付けられた称号
・大石内蔵介 ・千坂兵部

●~の方 = 戦国時代、安土・桃山時代に戦国大名の妻に対し付けられた敬称
・お市の方 ・北の方

●北政所 = 親王、従三位以上の公家の家政を担当する機関。 摂政・関白の夫人を北政所と称するのも、夫人が家庭内の家政を統括していた事に由来している(その住まいは邸宅の北側に設置される事が多かったから)
・おね(ねね) ・茶々

●御前 = 平安時代末期の武将・或いは武将の妻に付けられた敬称
・巴御前 ・静御前

●法師 = 仏教、及び仏教の教義が説かれている経典に詳しく、人の師となるほどの学識・経験を備えた僧侶に対する敬称
・玄奘三蔵(三蔵法師) 

●大師 = 偉大なる師という意味で、仏などに対する尊称。また、高徳の僧への敬称として使われる
・弘法大師空海 ・伝教大師最澄

●~守 = 江戸時代、諸国の殿様に対し、従~位により様々な敬称が付けられた。国の名前を付けられた殿様は位が高い
・浅野内匠守長矩 ・柳沢出羽守吉保 


こんなところで宜しいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多く挙げていただきありがとうございます。
説明も丁寧で非常に分かりやすく助かりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/11 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安時代の庶民の名前

 執筆中の小説に平安時代のキャラを出そうと思っているのですが、当時の庶民(貴族以外)がどんな名前だったのが全然わかりません。

 部曲の廃止とかで名字は勝手に名乗っていたらしい、とか、庶民の女性は「~女」が流行っていた、男性は「~右衛門、~左衛門、~兵衛」がほとんどだった、までは調べられたのですが、そこで行き詰まってしまいました。

 直接教えていただけなくても、参考となるサイトのURLを貼っていただくだけでも構いませんので、ご助力の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、初めまして。
中古文学&平安時代にハマって◎◎年の専業主婦です。
平安時代の庶民の名前・・・との事ですが、まず女性名については
『日本の女性名』角田文衛著を読まれると大変参考になると思います。
皇族貴族から遊女まであらゆる階層の女性の名前を紹介しています。
ある程度の規模の公立図書館もしくは大学図書館に蔵書されているかと思いますので、確認してみてください。ちょっと前に復刊されたのですが、それは大変高価で豪華な装丁がされています。20年ほど前に刊行されたものは上下(上巻ですよ)に分かれていて手頃で読みやすいので、こちらをお薦めします。(ネット検索できる図書館はたくさんありますよ)
男性名に関してはこれといってご紹介できる専門書は知らないのですが、「~右衛門、~左衛門、~兵衛」は少しばかり年代が下るのではないでしょうか?(室町時代以降位かな・・・と。専門家ではないので余り適当な回答を差し上げてはいけませんが)貴族といっても天皇周辺の大貴族から六位以下の下人や位官を賜っていない者まで様々です。また庶民にも平安京に住む下層の貧民もいれば、京より遙か遠くの地方在住でも実際は大規模な土地保有者で非常な富豪である者(負名・田堵といいます)もいます。
角田文衛氏の『平安人物志 下』の<大春日兼平>という章に、長徳二年(996年)に京で強盗を働き逮捕された者の名簿の一覧がありました。そこには<藤井国成><田辺延正><伯耆?吉><津守秋方><能登観童丸>などといった名前があげられております。仰るところの<庶民>かどうかは確認できませんが、位官については明記がないので官人では無いと思われます。
余り詳しい資料をご紹介できなくてすみません。

こんにちは、初めまして。
中古文学&平安時代にハマって◎◎年の専業主婦です。
平安時代の庶民の名前・・・との事ですが、まず女性名については
『日本の女性名』角田文衛著を読まれると大変参考になると思います。
皇族貴族から遊女まであらゆる階層の女性の名前を紹介しています。
ある程度の規模の公立図書館もしくは大学図書館に蔵書されているかと思いますので、確認してみてください。ちょっと前に復刊されたのですが、それは大変高価で豪華な装丁がされています。20年ほど前に刊行されたものは上下(...続きを読む

Q戦国時代の服装

戦国時代~安土桃山時代の服飾に触れている資料を探しています。武士だけでなく、女性、庶民や僧侶などまで網羅しているものはないでしょうか

Aベストアンサー

やっぱり、このサイトじゃないでしょうか・・・
有名なので、もうご存知かも知れませんが・・・

http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=0000100

Q江戸時代の書状。「殿」と「様」の使い分け。

目上の人には「様」だと思っていたのですが、大名が老中に出した書状には、○殿としている例が複数あります。
例えば、弘化4年(1847)備中鴨方藩は、池田信濃守政善が重病のため「急養子願い」を提出していますが、阿部伊勢守殿(他の老中3名も殿)としています。

「殿」としている他の例
横浜市歴史博物館 (金沢藩米倉家当主米倉丹後守忠仰が出した書状)
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/news/news15-6-1.html

「殿」「様」の使い分けについては、大名家ではそれほど厳密ではなかったのですか。
あるいは、約束事にはいくらでも例外があって当然ということですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再度、失礼致しますm(_"_)m

宗家と伊達家だけでは、偏りもありますので、
家格・官位・伺候席などの差異を求め、
WEB上で他家の養子願等の宛所「様付」にアプローチを試みていますが、
私には荷が重く、なかなか纏まった文書類には巡り会えず、
残念ながら現時点では下記程度に過ぎません。

〇上田城と仙石氏史料アーカイブズ
政明の養子縁組願/貞享元年(1684)5月9日/幕府老中宛仙石政明養子縁組願書(案)
http://museum.umic.ueda.nagano.jp/hakubutsukan/story/sengoku/cont_sengoku/doc_sengoku/096.html

そんな中、「挨拶状」ではありますが、下記に出会しました。
「仙台藩主から朝廷・公家・幕閣や主要役人に挨拶状を出す際の例文集。」
再び、既に御存知なら笑って許して下さいm(_"_)m

・東京大学史料編纂所>編纂・研究・公開>所報>
『東京大学史料編纂所報』第29号(1994年)p.66
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/syoho/29/saiho_NAGOYA~1.HTM
〔武家羽林格〕一冊 141・4
仙台藩主から朝廷・公家・幕閣や主要役人に挨拶状を出す際の例文集。
奥書には、右一秩者久保金左衛門橘正貞為仙台少将之綴之、然而予与之後又親炙、
而令目録於追加改焉畢、以往卒に莫伝之人云、恭、
正徳三巳年仲春祥辰 大橋小伝次
とある。
宛所により一格~九格(実際は一五)に分け、さらにその中でも脇付を細分している。

□禁裏、院中、公方、仙洞、本院御所、新院御所
 飛鳥井前大納言、正親町前大納言は、参人々御中
 酒井雅楽頭、阿部豊州は人々御中
 稲葉美濃守、久世大和守、土屋但馬守は、人々御中・貴報
 なお、1は様付で、2以下は殿付である。

※上記□が1のようで、2~15の□は、
必要に応じ原本画像にて御確認いただければ思います。

以上 現状報告まで

再度、失礼致しますm(_"_)m

宗家と伊達家だけでは、偏りもありますので、
家格・官位・伺候席などの差異を求め、
WEB上で他家の養子願等の宛所「様付」にアプローチを試みていますが、
私には荷が重く、なかなか纏まった文書類には巡り会えず、
残念ながら現時点では下記程度に過ぎません。

〇上田城と仙石氏史料アーカイブズ
政明の養子縁組願/貞享元年(1684)5月9日/幕府老中宛仙石政明養子縁組願書(案)
http://museum.umic.ueda.nagano.jp/hakubutsukan/story/sengoku/cont_sengoku/doc_sengoku/096.html...続きを読む

Q公家、実際の呼称について

武家ではなく、公家の世界での敬称・呼称について教えてください。

公家ではその家の長を殿様とか、その家の長男や次男を若さま、
のように呼びますか?

また、武家ではお姫様の読みが、将軍家とその他の家では違うそうですが、
公家のお姫さまは、なんと呼ばれていたのでしょうか?

※よく、ひいさんとかひい様という呼び方を聞きますが、
これは関東でもお嬢様、のような感じで使われていたようですね。

Aベストアンサー

例えば、「レファレンス協同データベース>レファレンス事例詳細」では、
「江戸時代に公家・公卿が使用していた言語(特に口語)に関する資料はあるか。」の
質問に対しては、下記URLのとおり
「御所言葉(御所詞、女房詞とも。)に関する資料はいくつかあるが、
江戸時代の公家・公卿の使用していた言葉(口語)について
まとめられた資料は見つからなかった。」とあります。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021684

そこで、ネット限定ではありますが、
上記URLの参考資料を手懸かりに少し調べてみますと、

〇「門跡の言語生活からみた女房詞の研究(I):御所ことばを訪ねて/井之口有一・堀井令以知」
『西京大學學術報告. 人文 9/京都府立大学/1957-11-15』(115-84頁)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000412544
※要注意、前後逆順※<32/32→1/32>
<6/32>(110頁)&<5/32>(111頁)
『公家言葉集存』
(一)敬称(二)人称 公家衆の自称及その家中よりの称呼
(三)小児語 敬称
の「1~64」の語などが見出せます。

<32/32>(84頁)~<30/32>(86頁)の冒頭文からは近世から引き続き使用されていたとの
様子も伺えますが、明確ではありません。

続いて、下記URLでは、
「ここに収めた語彙は尼門跡で現用されている御所ことばを、
尼門跡の言語生活の録音や方言調査表などによって調査するとともに、
従来の女房詞文献所収のものを広く集成したものである。」とあって、
近世を含む情報ではあるようです。

〇「<資料>御所ことば語彙の調査研究:続編,食物を除く/井之口有一・中井和子・堀井令以知」
『京都府立大學學術報告. 人文 15/1963-11-25』(52-22頁)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000057145
※要注意、前後逆順※<31/31→1/31>
<20/31>(33頁)
V 人倫・官職
914/うえさま/上様。天皇
915/うもじ/お内儀様。妻の敬称。
[915-2/おおもじ/915-3/おかもじ/916/おまえさま/917/かかさま/918/かもじ/]
919/おうらさん/お裏様。武家から降嫁の室、清家以上で用いる。
920/れんちゅうさん(御簾中様)
921/おかみさん(御督様)/一般公家の家庭で用いる。
922/おおごっさん/大御所様。摂家・清家・大臣家以上のご隠居
923/おおじご/領主殿。先祖。女または子供の言

<19/31>(34頁)
930/おおとのさん/大殿様。諸家殿上家の主人のご隠居
931/おおみやさん/大宮様。皇太后宮。
932/おかたさん/お方様。方領米を拝受する公家の息
933/おかた(お方)
934/おかみ/お上。天皇
[935/きんちゅうさん(禁中様)/937/しゅしょう(主上)/938/とうぎん(当今)]
938-2/おかみがた/宮様方
941/おこたち/子供たち
[942/おさない(子供)/943/こたち/944/とりとり/945/わかご]
946/おごりょう/女。御御料は御御料人の略
949/おそもじさま/「あなた」の敬称。「おまえさま」「そなたさま」より
身分の低い人にいう。なお書くときは「おそもじさま」。
950/おたたさん/御多々様。宮中・宮家・摂家・精華・大臣家で、
母君をいう小児語
/おたあさん/「おたあさん」諸家・堂上家・賀茂の社家で使用する小児語。

<18/31>(35頁)
962/おちごさん/諸家・諸上家の子息
966/おもうさん/父。宮中・宮家・摂家・精華・大臣家で父を称する小児語。御申様。御孟様。
967/おでえさん(お出居様)/諸家・堂上家で父を称する
宮廷では「サン」、武家では「サマ」を用いた
969/きみさん/君様。皇太子妃。皇族の妃、宮様からご降嫁の室
[970/みやすどころさん(御息所様)]
971/~きみさん/皇族の妃殿下または摂家・清家の子息及び子女。
975/ごしょさま/御所様。天皇・上皇・法皇をはじめ、宮門跡にもいう。
なお、摂家・清家のあるじにも用いることがある。
[976/ごっさん(御所様)/977/いんごしょさま(院御所様)]

<17/31>(36頁)
997/(だい)さま/(大聖寺)様。頭文字だけをとり後を省略する呼び方が、
公家社会ではよく用いられる。
1001/とおさん/諸家・堂上家の子息・子女。特に父母から子を呼ぶ時に用いる。
1002/とのさん/殿様。諸家・堂上家の主人。
1007/はるのみやさん/春宮様。皇太子
1008/ひもじ/姫
[1009/おひもじ/1010/ひめ/1011/ひめご/1012/むらさき/
1013/~ひめさん(諸家・堂上家の子女)]

<16/31>(37頁)
1106/~まるさん/丸様。諸家・堂上家の子息の元服までの呼方
1019/みだいのかた/御台の方。貴人の妻の敬称。
1025/わかごっさん/若御所様。摂家・清家・大臣家以上の若主人
[1026/わかとのさん/若殿様/1029/わかさん/若様。諸家・堂上家の子息]

以上 「女房詞」の断片情報に過ぎませんが

少しでも 疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

例えば、「レファレンス協同データベース>レファレンス事例詳細」では、
「江戸時代に公家・公卿が使用していた言語(特に口語)に関する資料はあるか。」の
質問に対しては、下記URLのとおり
「御所言葉(御所詞、女房詞とも。)に関する資料はいくつかあるが、
江戸時代の公家・公卿の使用していた言葉(口語)について
まとめられた資料は見つからなかった。」とあります。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021684

そこで、ネット限定ではありますが、
上記URLの参考資料を手懸...続きを読む


人気Q&Aランキング