ディーゼル車の燃料は軽油ですよね、”寒い場合灯油をを混ぜると凍らなくなる、ただ、潤滑が悪くなるので注意して”。 
 と言われたのですが、では灯油を入れた分の潤滑を補うために入れる潤滑剤の様なものは無いのでしょうか?また、どの程度入れれば軽油と同じように使えるのでしょうか? 
 

 

A 回答 (3件)

軽油は課税対象の燃料です。


この燃料に混ぜ物をすると、違法軽油になります。

寒冷地に行けば寒冷地用の軽油が給油されるようになりますので、そちらで給油してもらってください。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/oshirase/1999/1999 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすいません。
参考にいたしたいと思います。

お礼日時:2004/03/18 09:40

他の方が仰られているように脱税と言う違法行為になります。

もし捕まると道交法での違反ではなく刑法上の犯罪として扱われるのをご存知ですか?排気ガスのにおいで灯油が混合された軽油はすぐに判別がつきます。

また、確かにインジェクションポンプの潤滑の問題もありますが、潤滑の問題をクリアしたとしてもエンジンに悪影響を与えないかと言うと、けっしてそんなことはありません。現在の直噴ディーゼルエンジンは高品位な燃料が使用されるのを基準に設計されているので、灯油のようなセタン価の低い燃料では正常な燃焼を行えない可能性が高いのです。セタン価とはガソリンでいうオクタン価のような物で、ディーゼルノック(ガソリンエンジンのノックよりはるかに深刻なダメージをエンジンに与える可能性があります)に対する指標です。

凍結の心配があるような地方にいかれるのであれば、寒冷地までの燃料をこちらで給油(満タンにはせずに目的地までの必要量を給油)し寒冷地に着いてから寒冷地で給油すれば済む事です。寒冷地で販売されている経由は凍結に対して強く気化しやすいものが販売されています。これは凍結の危険性の少ない軽油以外の他の燃料でも同様です。軽油にせよガソリンにせよ単一の物質では無く複数の炭化水素の混合物ですので、使用状況に合わせた混合比率の物が販売されていますのでそれを購入し使用しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすいません。
参考にいたしたいと思います。

お礼日時:2004/03/18 09:41

ディーゼル車に燃料として灯油を入れると軽油にかかってる軽油税を


払わない事になるので『脱税』になります。
違法行為になるのでお止めください。

寒冷地では凍結温度の低い寒冷地仕様の軽油が販売されています。
なので 寒冷地でも凍結しないようになっています。
地域に合うような仕様の物が販売されてるのであまり気にされる事はないと思います。
寒冷地に行く場合は行った先で給油するようにすれば大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすいません。
参考にいたしたいと思います。

お礼日時:2004/03/18 09:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング