『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

小3の娘がいます。
学校で育てていたマリーゴールドの鉢を持ち帰りました。
が、ほかの子供は伸びているのにもかかわらず、発芽さえもしていなくてビックリ。
夏休みの観察の宿題も2学期の観察もできないと困っています。
担任の先生に種余っていたらくださいと連絡しましたが、まきどきを完全に過ぎてしまいました。
今から種をまいてふつうに育つのかよくわからないので、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

マリーゴールドは暖かければ


いつでもいいですよ。

日の当たる所
初めはマメに水を与えて
株がそこそこになったら
雨風当たる所で充分育ちます。

1ヶ月程度で花咲きますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

えっ、そうですか。
こんな高い気温になってからでもOKなんですね?
どうしようか悩んでいたのでフゥ~っと一息。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/07 15:07

>今から種をまいてふつうに育つのか


育ちますが7月に種まきですから
つぼみが出来るのが9月以降になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
ガーデニングの知識もあまりないまま、担任の先生に連絡をしてしまったなぁと。
ふまえて連絡し直します。

お礼日時:2011/07/07 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペチュニアの挿し芽

ペチュニアとかサフィニア(一般的なタイプ)を挿し芽する時の、コツを教えて下さい。

赤玉土の中粒で、花芽を取った4~5センチの先を、ポットにさして、部屋に置き、時々霧をふきかけてるのですが、どれも根づきません。
2週間ほどもって、大丈夫かなと思ってたら、やっぱり、葉が黄色くなってきて、挿したところが、くさってきてました。

一度、使用した後のポットを使うのがいけないんでしょうか?
同じ方法で、ゼラニウムだったら、たいてい、根付くのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
花芽が付いてる枝ではなく花芽の付いていない枝の先端で葉は上の方の葉を1~2枚だけ残し他は鋏などでカットして挿します。
挿し木は前もって水を含ませた土に1時間ほど水揚げをした枝を割箸等で穴を空け全体の2分の1から3分の2を土に差しぐらつかないようにして半日陰で1~2か月すると発芽発根しますので定植しますが、その際込み合って植えている場合は細根を切らないように一寸水遣りを控えて乾かし気味にして隣の根と絡まないようにしますが、そうでなく離れている場合は湿った状態で多少広め深めに根を切らずにシャベルで取り出して植付けます。
ペチュニアは春と秋に挿し木ができますので再度チャレンジしてみた下さい。
下記参考URLにペチュニアの育て方のHPを添付しましたのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/he_00001g.htm

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
花芽が...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q種をパーっと蒔くだけで育つ花

花を育ててみたいなと思っているのですが、
一つ一つ種を植えていくような方法ではなく、
種をパーっと蒔くだけで育つものはありますか?
(矢車草は、その方法で育つと聞きましたが、本当でしょうか?)

Aベストアンサー

好光性種子の話でしたら、
トルコキョウやバジル、プリムラビアリーミラクルなどなど。


矢車草って、丈夫で作りやすい早春の花!花径4~5cm、草丈80~100cmで、
花色は青が主体で、紫、赤、桃、白などの花色があり、非常に丈夫で、
やせ地でも作れる草花です。切花は水あげがよく、蕾でもよく開花するあれですか?
直まきOKです。

Qマリーゴールドの葉の色が変わってきてしまいました

6月にマリーゴールドを二種類植え、花もたくさん咲いて順調でしたが、
最近、気づきました。

葉っぱが変色している上に、ほんの少しですが食害にあったように欠けています。
葉の裏も見てみましたが、虫らしい虫は見つからず・・・

ちなみに花は咲いていますし、枯れている感じはしません。
両方八重咲きのようにこんもり丸いお花だったのですが、二種類の内、一種類は八重でなくなって
ショボイお花が咲くようになってしまいました。
ネットで色々検索しましたが、どれにも当てはまるような当てはまらないような。
何の病気なのでしょうか?
対処法はどうしたら良いでしょうか?
お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは 

この時期乾燥が続くと葉ダニ被害が出てきます

こうなってはもう蘇ることはないので込み合っている部分をカットしてしまいましょう

こんもりしすぎてムレるとなおさら被害が拡大します

マリーゴールドは結構強いので新しい芽を伸ばしてあげた方が良いと思います
(被害の出ていない部分を探してそこを伸ばすようにしてみる)
(挿し木という手もあります) 

今度は葉水をたっぷりとあげて葉ダニがつかないように手入れしてあげることとちょっとした薬剤を散布してあげることも考慮されると良いかもしれません

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qカーネーションを種から育てたい

これまで、簡単な花(パンジーなど)と野菜は種から育てていますが、次にカーネーションを育てたいと思っています。
よく難しいと聞くのでアドバイスお願いします。

関東で戸建てに住んでいます。冬に霜がおりることは時々ですがあります。
最終的には地植えしたいですが、カーネーションの場合、ポット苗状態で屋内か軒下で越冬させるほうが安全と聞きました。

お伺いしたいのは、

(1)カーネーションを種から育てるのが難しいというのは、1番にどの段階ですか?(芽が出ない、病害虫被害が多い等)夏の暑さに弱いのは存じてますが、正直な所、母の日周辺にキレイな状態でいてくれたら、以降は全部残らなくてもいいかな、と思っています。

(2)10.5cmのビニールポットなら大量にあるんですが、芽だし後の育苗&越冬にこのサイズでも大丈夫ですか?

(3)地植えよりプランターを推奨される記事を見たことがあるんですが、これは夏場の管理のし易さからでした。他にもプランターのほうが良い理由はありますか?

その他、ポイントやコツがあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)何が一番難しいのではなく意外と気を付ける点が多いので難しいといわれているのかもしれません。
普通に種まきすれば発芽率は結構いい方です。
水はけよく、日当たりよく、肥料は結構多め、根腐れしないように水は控えめ、
花(蕾)に水をかけない、アブラムシ、ナメクジの防除、
耐寒性はあまりない、種まきは遅めになど注意点が沢山あります。
ちなみに当地では今頃から10月初旬に種を蒔きますが
開花は母の日が終わって暫くしたころなので母の日には間に合いません。
品種にもよると思いますが。

(2)大丈夫です。当地は雪も30cmほど積るので、
ポットに移植後は小さなビニール温室にいれて外で管理してます。

(3)地植えにすると雨で花が病気になりやすくなります。
プランターなら移動も可能ですので便利ですね。
あとは水はけが大事なので水はけの悪い花壇よりはいいです。

難しいからと尻込みするよりまずは挑戦です。
頑張ってくださいね。

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q花の種の取り方

※ガーデニングはほば初心者です。

とっても気に入っているお花など、種を取れたらうれしいなぁと思います。
可能であれば・・・

種類によるとは思いますが基本的にどうやって取ればいいのでしょうか。

あと、ミニトマトの種はどうなのでしょうか。
切った時に中の種をとっておいて乾燥させれば、市販品のように育つのでしょうか。

お恥ずかしい質問ですみません。
まったくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは^^
自分で育てた植物からタネを採って、それをまた育てる・・・
そうやって咲いたお花の愛しさは、格別です。

採種の方法は、種類によっても違いますが、大事なのは
「よく晴れた日の午前中に採る」事でしょうか。
天候不良で水分が残っていたりすると、カビが生えたり
腐ったりしやすいので、十分に乾燥させてから採種します。

種がはじけたり、飛び散ったりしやすい種類などは、
「そろそろかな?」という時期になったら、お茶や
ダシを小分けにする時に使う、ティーバックをかけて
首を緩くしばるか、ホチキスで留めておくといいです。
種が自然にはじけて、袋の中に散ったところを袋ごと採れば簡単です。

ミニトマト、他の方も言われるように、発芽しやすいようです。
ただ、市販のミニトマトの多くは、品種改良されたものです。
病気になりにくかったり、実が付きやすかったり、甘みが強かったり・・・
そういった特性は、種から育てる場合は期待できません。

これは、お花にも言えるのですが、一代交配種(F1)の場合、
種をとって蒔いても、親と同じものは出てきません。
さらに、自家採取の場合は、近隣に植えられている別の花
(もちろん、同種・別品種など)の花粉で自然交配する場合も多いので、
そのような交雑がある場合は、どんな子供が育つかは未知数です。
それもまた、一つの楽しみですが・・・。

有名なところでは、ピーマンや唐辛子。
同じ仲間なので、交雑してしまい、からいピーマンや
辛みのない唐辛子・・・などが育ってしまうことがあるそうです。

そういう事も、また楽しみになるのが、自家採取&実生です。
おもしろそうだと思えるようでしたら、是非、チャレンジしてみてください^^

こんにちは^^
自分で育てた植物からタネを採って、それをまた育てる・・・
そうやって咲いたお花の愛しさは、格別です。

採種の方法は、種類によっても違いますが、大事なのは
「よく晴れた日の午前中に採る」事でしょうか。
天候不良で水分が残っていたりすると、カビが生えたり
腐ったりしやすいので、十分に乾燥させてから採種します。

種がはじけたり、飛び散ったりしやすい種類などは、
「そろそろかな?」という時期になったら、お茶や
ダシを小分けにする時に使う、ティーバックをかけて
首...続きを読む


人気Q&Aランキング