はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

めちゃくちゃ壊れると聞いたことがありますが・・
実は欲しいと思ってもう30年経ちます。

どこが壊れるのですか?
部品は豊富にありますか?

メカに弱い人間が乗るのは無理ですか?

プラスティックバンパーのものでいいです。
あまり高いのを買う余裕はありません。

A 回答 (1件)

 初めまして。

MGBを3台25年に渡って乗り継いでいるCorkey.Oと申します。
 Bにせよミジェットにせよ、動かなくなるような重大な故障というのはそう起こらないと言って良いでしょう。何しろ構造自体が単純で、しかもコンピューターを駆使した限界設計以前の代物ですから余裕代は現代のクルマとは比べ物にならないほど大きいですから。
 ただし艤装品やアクセサリィの類については樹脂の質が良くないようで、「点かない」「鳴らない」「動かない」などというのは日常茶飯事です。そもそも最期のMGBがアビンドン工場のラインを離れてから30年以上経っているのですから、どんな樹脂類ゴム類でも経時劣化が免れようはずもありませんが。それも含めて「壊れますか?」というご質問なら、お答えは「YES」という事になります(^_^;)
 ただし部品については、ご希望ならばパーツを買い集めて新車を作り上げる事さえ可能(費用を度外視すれば、ですが)と申し上げておきます。何しろボディそのものさえ、当時のプレス治具を再利用した再生産が行われているほどですから。
 そのパーツを購入する方法はインターネットによる本国のショップからの通信販売という便利な方法がありますし、お急ぎの場合や面倒な手間をお金で処理したい場合には、東京の飯田橋にあるBRGという老舗のパーツ・ショップが強力な味方になります。
 メカに弱い方であっても、むしろ強くなってゆくための勉強も兼ねて所有する、という考え方もあります。Bもミジェットも、そのためにはこの上ない素材です。僕は最初のMGBを購入したその日から、作業用のツナギと布ガムテープと針金、それに大手自動車部品屋で500円で買った安いが種類は豊富な工具をラゲージ・ルームに放り込み、それに救われたことも1度や2度ではありません。それでもMGBを買う前には、自動車をいじることなどした事はありませんでした。
 もちろん素人の手に負えなくなる事もない訳ではありませんので、そもそも購入する時には修理部門を自社に持つ、クラシック・ミニなどの英国旧車を継続的に取り扱っているような店を選ばれることを強くお勧めします。そこがあなたのホーム・ドクターになるのですから、売り物の価格が少々高価だったとしても購入後も面倒を見てもらうための保険料だと考えてください。
 プラスティックバンパー(「ウレタン・バンパー」「ラバー・バンパー」「ブラック・バンパー」などと呼ばれます)のモデルはMGBでは1974年秋~1980年秋(ミジェットは各々これより1年前になります)で、日本には正規輸入で1600台、ミジェットは同じく1300台ほどが輸入されました。
 現在でも出物を探すのにそう難しくはないですが、個体差は相当大きいと思ってください。実際にお選びになる時には、旧車、できればMGB/ミジェットそのものに詳しい知人の方に一緒に見てもらうのが望ましいのですが。

 よりよいMGライフを過ごされることをお祈りいたしますm(_ _)m
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMGミジェットの幌が閉まりません

MGミジェット1500が我が家に来たのですが、幌のサイドが閉まりません。
30年以上前の車なので、そうシビアには見ていないのですが、サイト上の他の
ミジェットはもっときちんと閉まって見えます。
ショップは「こんなものですよ」、「ドライヤーであぶって引っ張れば少しはましになるが、
2~3ヶ月でもとに戻ってしまいますよ」と言っていますが、本当でしょうか?
それとも張り方がダメなのでしょうか?

画像を添付しているので、心当たりがある先輩がいらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 この種のクルマに乗っていたのは20年以上前なので、かなり記憶がアイマイですが・・・決め手となる御回答がない様なので。

※このめくれた部分、MKIIIまではもう一つホックがあってそこでビシッと幌が張れたのですが・・・1500は幌骨が変わり、ホックが廃止されちゃったんですよ、確か。

※ここから記憶が怪しいところで・・・ん~どうだったかな~幌骨のベース側に引っ掛けるんだったかな~
 とにかく、幌側にホネ(スチールの板)などが入ってません?
 何れにしろ画像の構造では、めくれた部分が幌骨側(車体側)に固定出来ないと、幌の縮みを解決しても走行風でまくれあがってしまいますよ。この部分を固定する構造が、何かあったはずですが・・・記憶がアイマイ・・・

※『ショップは「こんなものですよ」』・・・どんなショップですか?
 そもそも多くの方がイメージとか伝え聞きだけで思いこまれている様ですが、最終型のMGBとミジェットは、同じく最終型のトライアンフTR7DHCやスピットファイアと並ぶ『乗りっ放しOK』なオープンスポーツですよ。幌の作りも、ケイターハムやロータス・エランとは別格です。
 ま、確かに走っていても停めてあっても雨は容赦なく漏りますが、画像の様なスキマが『こんなもの』というほどひどいクルマではありません(これじゃちょっと古くなったモーガンのフロントウインドウ左右に匹敵するスキマですね。これでは雨の日には全く乗れないでしょう)。
 もしホントに前年に貼り替えたのなら、1年かそこらでこれほど縮むとは考え辛いです。(よく考えてみてください。クルマは30年以上前のモノでも、幌は殆ど新品なワケですよね?それがウマく閉じないというのは全く妙な話です。とても『こんなものですよ』で片付けられる話ではないと思いますが。)

※幾つか疑問があるとしますと。
(1)昨年幌を張り替えたとのことですが、その時に使った幌は純正(若しくは純正コピーの社外品)でしょうか?(古い英車の多くは、当時の純正部品や正確なコピー部品の入手が可能です。それが、今日英国製太古車だけが大量に生き残っている理由でもあります)
 もしコピー品などでなく、そこらのテント屋で張り替えたモノなら(オープンカーではそういう修理の方法もフツーにあり、特別珍しい方法ではありません)、寸法がタイト過ぎたということの他、必要な部品(めくれる部分を固定する金具など)を取り付け忘れた、という事は十分考えられます。
(2)もしかして・・・この部分を固定出来そうなフックは付いているが、幌が縮んで届かない、という事でしょうか?すると皆様御回答の様に、単に幌が異様に縮んだ、という事になりますが。
 上述した様に、1年程度でそれほど縮むとはどうしても思えませんが、試しにリヤウインドウ周りのホックを一旦外し、まずこのドア側のフックから止めてみてください。(破けない程度に)ムリヤリ引っ張って止めてしまって構いません。古くなって縮んだ幌では、斯様に幌を固定する手順を変えることにより解決することがあります。
(3)あまり考えたくないことですが・・・幌骨は大丈夫でしょうか?
 この種のオープンカーでは、幌骨もある種の『消耗品』です。幌骨が変形していたら、骨ごと交換が必要になります。(骨が変形していたら、どれほどオリジナル形状の幌でもきれいに張れません。)
 幌を張って車外・車内からよくみて、骨が左右で違う角度や違う曲がりになっていませんか?
 もし明確な変形がみられたら、とりあえず『チカラずく』で矯正してみて(残念ながらチカラずくで元通りに治るケースは稀ですが)、ダメなら幌骨を一旦解体して矯正するか、ゴッソリ交換となります。

・・・っというワケでダラダラ打ちましたが、結論としては『色々理由は考えられるが、よく判らん』という事です。
 『サイト上の他のミジェットはもっときちんと閉まって見えます』とのことですが、MGミジェットのオーナー氏のブログなどを見つけられているなら、直接メールを打って相談するのがイチバンでしょう。

 この種のクルマに乗っていたのは20年以上前なので、かなり記憶がアイマイですが・・・決め手となる御回答がない様なので。

※このめくれた部分、MKIIIまではもう一つホックがあってそこでビシッと幌が張れたのですが・・・1500は幌骨が変わり、ホックが廃止されちゃったんですよ、確か。

※ここから記憶が怪しいところで・・・ん~どうだったかな~幌骨のベース側に引っ掛けるんだったかな~
 とにかく、幌側にホネ(スチールの板)などが入ってません?
 何れにしろ画像の構造では、めくれた部分が幌骨側(車...続きを読む

QSMITHS タコメーター配線について

1980年 MGBにスミスタコメーター(中古)の取り付けをしたところ、アイドリング程度の回転数に針が動きますがアクセルを吹かしても回転数が上がりません。アース端子上部の穴の黄色のつまみは時計回りにいっぱいです。反時計回りにすると回転数が0になります。
エンジンを切って再度エンジン始動しません。セルは回りますが点火してないようです。アースをはずしてエンジンがかかります。
配線に誤りがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず。
 ネガティブアースとは、ネガティブ=マイナスがアースになっているという意味で、マイナスアースです。(戦前設計の英車で標準だったプラスアースは、ポジティブアースといいます。)

 さて。
 ‛80年式ということは、ウレタンの最終型ですか・・・あの年代は、電線がグチャグチャでワケわかめ、なんですよね~。
 実のところ最終型MGBのWiring Diagramが手元に無く、決定的な回答が出来ずナリを潜めていましたが、よく見たらSmithの方は何気に見慣れたヤツぢゃないか?っということで御参考まで。

※御質問の画像を見る限りスミスの汎用パルスタコの様なので、もしそうならWiring Diagramはコレ↓

http://mk1-performance-conversions.co.uk/smiths_impulse_tacho.pdf

 NEGATIVE EARTHと書いてある方の図を見て下さい。(ガスパッパ様の御回答№4で『なんだろ?』と書かれているピンはネガティブ6V信号です。Smithのパルス型はアースがネガでもポジでもOK、更には6V車にも付けられる文字通りの『汎用』なので、この様な産業遺産的コネクタが残っています。12V車に装着する時は、何も接続しなくてOKです。)
 車両側から来ている電線がこのWiring Diagramに合っているかどうか、確認してみて下さい。

※『クルマやバイクで判らないことがあったら英国人に聞け』とは太古車マニアの間で昔から言われていることですが(英車は勿論、イタ車でも仏車でも更には日本車でさえ、太古車の事は英国を中心に英語圏のヒトに聞くのが確実、と言われています)、試しにUK.Yahooで検索したら・・・例えばコレ↓MGBのタコメータの配線について議論してます。

https://www.mgexp.com/phorum/read.php?1,2372664

 ここは『MGフォーラム』として有名なサイトの一つですが、『自動車史上もっとも有名なスポーツカー』であるMGのファンサイトは、世界中に沢山あります。
 まぁ全編英語なんですけど・・・英語圏で検索すれば、恐らくMGBなら調べられないことは無いと思います。この御質問も、英語圏のサイトに貼れば速攻で的確な回答が付くでしょう。

まず。
 ネガティブアースとは、ネガティブ=マイナスがアースになっているという意味で、マイナスアースです。(戦前設計の英車で標準だったプラスアースは、ポジティブアースといいます。)

 さて。
 ‛80年式ということは、ウレタンの最終型ですか・・・あの年代は、電線がグチャグチャでワケわかめ、なんですよね~。
 実のところ最終型MGBのWiring Diagramが手元に無く、決定的な回答が出来ずナリを潜めていましたが、よく見たらSmithの方は何気に見慣れたヤツぢゃないか?っということで御参考まで...続きを読む


人気Q&Aランキング