アルゼンチン代表メッシは、バルセロナでは大活躍だが、代表ではイマイチだ。
地元マスコミからは”諸悪の根源”のように批判されている。
なぜメッシは代表では活躍できないのか?

A 回答 (4件)

まず基本的に代表と所属するクラブチームでは根本的に違うもの


クラブでは、シーズン通して長期間トレーニングをしているから、
チームメートとのコミュニケーションも取れているし連携や意思疎通の面でも
障害は少ない。。

対して代表は、公式な国際大会や国際Aマッチデーぐらいしか選手が集まって
練習する機会がなく、世界各国にいる選手が集まるにも移動による疲れもあるだろうし
クラブや監督によって戦術やポジションが違うなかで、いきなり集まってすぐに
(代表)チームとして完成されたパフォーマンスを出せと言われても難しい

代表監督は、選手と選手のコンビネーションや相性を短期間で見極めないといけない非常にシビアな仕事だからね。。

日本でもセレッソ大阪の西澤-森島のコンビネーションは文句なしに凄かったけど、代表では中々一緒にプレーする機会がなく活かされていなかった。。
でも親善試合で、あのジダンのいたベストメンバーのフランス代表と対戦した時には西澤と森島が同時に試合に出て、セレッソで魅せる素晴らしいコンビネーションを発揮して2-2で引き分けている。。
(得点したのは、森島と西澤)

それと、メッシについては特別な事情もある。。
それは少年時代から才能は見せていたけど持病があってプロとしてプレー出来ない可能性があり、メッシの才能に惚れたバルセロナが病院にかかることも含めてメッシと契約したこと。。
メッシはアルゼンチンのリーグではプレーしていない、メッシはアルゼンチンの国籍を持っているけど人生の大半はスペインで過ごしている。。
だからアルゼンチンのスター選手達との接点が少ない、コンビネーションやコミュニケーションといったところをフィットさせる時間が必要なんだと思う。。

代表レベルなら優秀な才能を持った選手ばかりだから、コンビネーションが嵌れば凄いチームになるはずなんだけど、相性とかは実際に一緒にプレーしてみないと解らないものだから。。

逆にメッシがスペイン国籍を取っていたなら、スペイン代表として活躍していると思うよ。。
    • good
    • 0

先日、マラドーナがメッシを擁護する発言をしてました。



彼にしては、とても的を得ている発言でとても感心しました。

参考URL:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/copa/headli …
    • good
    • 0

ハッキリいえばメッシにアルゼンチンは頼りすぎ。



メッシ自身に2~3人マークがついていて何故他のFW、MFが決めきらないのか?

バルサではメッシをおとりにして、イニエスタなど他のFW,MFが決めまくっています。

そこでメッシのマークが緩み、点を決めるのです。

以前日本戦でもあったように今回メンバーが悪いのも原因となっています。

メッシばかり悪者にしては成長できないと思います。
    • good
    • 0

シャビやイニエスタがいないからじゃない

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルゼンチン代表の事ですが、自国開催で初優勝する以前、W杯では不本意な

アルゼンチン代表の事ですが、自国開催で初優勝する以前、W杯では不本意な成績しか残してないですけど、そのころは強くなかったんでしょうか?
それほど有名な選手も思い浮かばないですし、代表の得点ランキングの上位はブラジル代表と比べてゴール数は少ない人ばかりなので。
20年代や30年代は強かったみたいですけど。

Aベストアンサー

アルゼンチンに住んでいたので友達から聞いた話からお答えします。
もしかしたら勘違いの部分もあるかもしれませんが・・・


30年のウルグアイではスタービレなどの活躍で準優勝してましたが、
そのあとは不参加だったりしましたね

町の人たちにマラドーナが好きか聞いたことがありますが、
意見は大体半々だったんです。

ところがその理由は、
好き「W杯で優勝できたのは彼のおかげだから好き」
嫌い「マラドーナがまじめだったらもっとたくさん優勝できた。問題児だから嫌い」

と、好きな人も嫌いな人もマラドーナがいた頃が絶盛期だったと答えます。

その前の話をおじいちゃんたちに聞いたら
「全然だめだよ。とても弱かった」
「その時はサッカー興味なかったからなぁ」
でした。

あまり参考にならなかったかもしれませんね、すみませんでした

Q(2002/11/20)の日本代表vsアルゼンチン代表の予想

こんばんわ。

とうとう今週の水曜日にアルゼンチン戦が行われますね。
今年、ワールドカップでトーナメントに上がれなかったアルゼンチンは、リケルメ、サビオラといったメンバーを加えた新布陣でやってきます。ベロン、クレスポなんかもヨーロッパで元気なようですね。
(個人的にはケーブルテレビを解約したので、去年ほど、ヨーロッパサッカーの情報がないのが残念です。頼りは、フジの月曜スポルトのみ、といった感じです。)

それに対して日本代表は、中田ヒデ、小野、稲本を召集せず、と若干力が落ちるのではないかと思われる布陣です。中村は結局来れるようですが。

当日の、結果予想、及びキープレイヤーは誰になるかなどの、あなたなりの予想を教えてください。

私はアルゼンチンの勝利(3対0)3点に抑えれば日本代表もよくやったな、と思うと思います。折角、メンバーがメンバーなのでアルゼンチンに3点ぐらいとって貰わないと消化不良になりそうです。

サビオラ君が、代表でも大ブレイクするのでは?と考えてますが。どうでしょう?

Aベストアンサー

2-1でアルゼンチンじゃないですか?
日本は、中田、稲本、小野こそいませんが、前線が爆発すると手ごわいのは確かです。つまり、スタメンで名を連ねるであろう、中田、鈴木、高原が前線でどのような動きをするかによっては、日本にも得点する機会が十分あると思います。高原は、Jリーグで相変わらず、絶好調で完全制覇に向けて、最ものっている時期です。また、鈴木もやっとゲンクでスタメン機会を得て、また、ベルギーリーグだけでなく、チャンピオンズリーグにも出場し、それなりに経験を積んでいます。持ち前にファイティングスピリットが、爆発すれば、あの2人のFWは、爆発する可能性大ではないでしょうか?また、今回、トマソンの抜けた穴を埋めるFW獲得に向け、小野のかわりに、フェイエノールトのスカウトが来日します。勿論、目的は、高原ですが、それが、FW陣に良い刺激になるのは確かです。それに、司令塔の位置には、俊輔がいます。ヨーロッパで今回のメンバーで最も名前を売っている選手です。勿論、激しいマークに合うでしょうが、その中から、4,5本決定的なパスを出せば、十分得点に結びつきますし、また、FKと言う世界でもロベカロ、ジダンと並ぶ威力の飛び道具を持っています。ある程度、前で俊輔がボールを持てば、ファールでとめてくるでしょう。その中で産まれたFKのチャンスを生かせば、点になります。つまり、FW陣か俊輔のFKのどちらかで1点は取れるでしょう。それに、高原はジャマイカ戦不発のうっぷん晴らしを狙っているでしょうし。

ただ、DF陣に少しの不安があるのもまた事実ですが、ここは山本監督代行がトリシエ時代、アジア大会などの経験を生かして、ジーコよりもうまくやってくれるのではないでしょうか。(ジーコは、母が急死のため、緊急帰国。よって、アルゼンチン戦は、指揮を取りません。)ジーコは、攻撃的な選手ですから、攻撃に関する知識はあっても、守備に関する知識が薄いと思います。それに、比べて山本コーチは、長い事代表を見てるだけに、日本人選手の特徴をかなりつかんでいて、守備に関してはジーコよりうまく采配できるのではないでしょうか。(ちなみに、個人的な予想ですが、ジーコの次の監督は、山本コーチだと思います)よって、2点位で抑えるのが妥当だと思います。

キープレーヤーは、勿論日本は、俊輔でしょう。彼が今回の日本代表を代表する選手です。なんせ、キャプテン不在の日本代表では、彼の展開力にかける以外方法はないでしょう。アルゼンチンは、個人的な趣味でリケルメと言いたいのですが、スタメンは難しいので、ベロンではないでしょうか?クラブでは、去年の優勝を逃したA級戦犯とされるなど、歓迎されてないだけに、代表でと言う思いが最も強くまた実力では申し分も有りません。
また、スタメン予想は、
日本
   鈴木  高原
  中村    小笠原
   中田浩 福西
中西 松田  秋田 名良橋
     楢崎

アルゼンチン
     クレスポ
C・ロペス      オルテガ
     アイマール
キリゴンザレス    サネッティ
      ベロン
サムエル  アジャラ  ソリン
      カバジェロ
でしょう。
サビオラですが、代表でブレークは、難しいと思います。同じポジションには、オルテガがいるので、スタメンは難しいと思います。ですので、リケルメとともに途中出場ではないでしょうか?ですから、大ブレークは、今回の所はないと思います。ただ、2年後などのスパンで考えると確実にブレークすると思います。ただ、途中から出てきてもアルゼンチン代表選手として、しっかり名前を刻めるくらいの働きは出来ると思います。ただ、僕個人的な意見としてですが、サビオラはしばらく、スーパーサブとして定着する気がします。ちょうど、かつて日本代表にスーパーサブとして働いていた鹿島の本山のような仕事がメインになるのではないでしょうか。本山も十分スタメンで行ける能力がありますが、スーパーサブとして流れを変える働きが本当に良く出来る選手です。しばらくは、そのような形になると思います。(今で言うと、三都主ですか…でも、三都主(FW起用時)とサビオラがプレー的に似てる気がするのは僕だけでしょうか?

2-1でアルゼンチンじゃないですか?
日本は、中田、稲本、小野こそいませんが、前線が爆発すると手ごわいのは確かです。つまり、スタメンで名を連ねるであろう、中田、鈴木、高原が前線でどのような動きをするかによっては、日本にも得点する機会が十分あると思います。高原は、Jリーグで相変わらず、絶好調で完全制覇に向けて、最ものっている時期です。また、鈴木もやっとゲンクでスタメン機会を得て、また、ベルギーリーグだけでなく、チャンピオンズリーグにも出場し、それなりに経験を積んでいます。持ち前...続きを読む

Qバルセロナのメッシ選手について

メッシ選手は成長に関する病気を抱えていたので、少年時代から成長ホルモンの投与などの治療を受けていたと聞きました。
そこで質問なのですが、その治療のおかげでメッシ選手のサッカーの能力が大きく上がったという可能性はあるのでしょうか?
確かに、幼い頃から上手かったという話は聞くのですが、成長過程でホルモンを投与することでさらにプラスアルファの能力を得たという面はあるのでしょうか?
もしそうなら、優れたスポーツ選手を作り出すためには成長ホルモンを投与すればいいのではと単純に考えてしまいます。
メッシ選手はすごい選手だと思いますし、批判するつもりはまったくないのですが、単純に疑問に思ったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

メッシは成長ホルモンを投与されてやっと標準の成長ホルモン量に近づいたのです。
いわばマイナスをゼロに近づけただけでプラスにはなってないでしょう。

>もしそうなら、優れたスポーツ選手を作り出すためには成長ホルモンを投与すればいいのではと単純に考えてしまいます。
低身長症などの病気治療目的以外で成長ホルモンを投与した場合ドーピング規定違反です。
また過剰な成長ホルモンは先端巨大症の原因となり四肢以外の筋肉発達を阻害したり
骨をもろくしたり糖尿病やアレルギーを誘発したりと成長に悪影響を与えるだけです。

Q29日のU-23日本代表vsU-23アルゼンチン代表

今月29日のU23日本代表対U23アルゼンチン代表の試合を見に行きます。
生のサッカー観戦は初めてで、よくわからないことがいっぱいあるんです。
席はカテゴリー2の17入口の後段L列です。
国立競技場で行われる代表戦は韓国戦を除いて360度、見渡しても日本代表サポーターで埋め尽くされると聞いたのですが、
やはり私の席でも日本代表サポーターが集まるのでしょうか?
また、アルゼンチンサポーターはどこの集まるのでしょうか・・・。
教えてください。よろしくお願いします。

あと、これ以外でもなにか試合観戦にわたってアドバイスがあれば、なんでもいいので教えてください!よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんばんは

最近回答した質問で
ウルトラス(日本代表サポーター)がアウェイ12番ゲートの自由席に陣取る
のがわかりましたので

当日ほとんどアルゼンチンサポはいないと思いますが・・
カテゴリー2ならサポは混在するとおもいますよ

アウェイ自由席の1つところに固まると思いますけど

Qアルゼンチンのメッシは何が違うのでしょうか?

アルゼンチンのメッシは何が違うのでしょうか?
アルゼンチンのメッシのプレーを見て思ったのですが、体系も日本人とそれほど変わらないのに、何が日本人とちがうのでしょうか?なぜ日本人にあのプレーはできないのでしょうか?
センス、周りの選手のレベルの高さなどと言われればそれまでですが、倒れない、取られない秘訣などあるのでしょうか?すごすぎてまね出来ないのは分かっているのです、サッカー詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

今日のお昼のワイドショーでメッシの映像が流れていましたが、大したものという言葉じゃ言い表せないくらい凄すぎる。
165cmで60kgくらいでしかないとはいいますが、センスの塊ですね。

南米という日本には無い環境が生み出した逸材と思います。
ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドもそうですが、ドリブルでの速さや想像性豊かなフェイントは子供のころからの遊びから積み重ねた経験がそうさせているのではないかと考えます。
以前に、テレビCMでボールを塀に当てたりして遊ぶように蹴りながら街中を通学する様子を流したものがありましたが、実際のプレーを見ては「本当なんだろうな」と思わずにはいられません。

強豪国のすごいプレーは、個人の資質にあると思います。資質の育つ環境でしょうか。
日本では、ドリブルで持ち込んで「一人でも決めてやる」とした意気込みはなぜか「和を乱す」とされて嫌われますが、向こうにあってこちらに無いものの一つはこの類と思います。
安易なパスだのみではなく、一人で持ち込めるのはその修練あってこそでしょう。
12日の朴智星のゴールをみました? 日本チームだったら、横に走ってきた選手にパスを出して「点は入らない」だったと思います。

こうした個人の楽しみが修練にあって、驚異的なプレーの基だと思います。要は最高の個人技こそ最良のチームプレーです。
よほど好きじゃなきゃ出来ませんよね。

今日のお昼のワイドショーでメッシの映像が流れていましたが、大したものという言葉じゃ言い表せないくらい凄すぎる。
165cmで60kgくらいでしかないとはいいますが、センスの塊ですね。

南米という日本には無い環境が生み出した逸材と思います。
ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドもそうですが、ドリブルでの速さや想像性豊かなフェイントは子供のころからの遊びから積み重ねた経験がそうさせているのではないかと考えます。
以前に、テレビCMでボールを塀に当てたりして遊ぶように蹴りながら街中...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報