Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

家族旅行のなれの果てといいましょうか、今では年に2~10回ほど近場・遠方限らず登山をしています。それで趣味は?と聞かれた時に登山と言って決まって聞かれるのが、

「本格的な登山ですか?」です。


【質問】登山をしない一般人の言う「本格的な登山」とは何を示しているのでしょうか?


かれこれ20年以上登山はしていますが、登山のために持っている物は長年履き続けている現役の登山靴と数年前に購入したストック、ジョギング兼用のタイツ(cw-x)くらいなもので、最近山ガールとかアウトドアブームで若い人も増えてきていますが、彼らのようにゴアテックス製のレインウェアも無ければ、軽くて丈夫なリュックを持っていませんので見た目はさも平凡といいますか、スーパーで買った作業用レインコートをユニクロの上に着ているような恰好で登山しています。

個人や家族で登山をしているだけでも自然とアウトドア仲間や先輩などの知り合いができているため(中にはエベレストに登った人も何人か)、「本格的な登山」と聞くと、アイゼンとピッケルで冬山に登山したり、崖を登って行くアルピニストのことかな?と思っているので、自分が本格的な登山をしているのか聞かれる度に悩むわけです。

映画化した「剱岳」「岳」の影響もあって聞かれることは多くなってきました。もちろん、岳の舞台にあるようなことはとてもできませんし、剱岳に登るのも未熟だと言いつつも密かに登ってやろうとは思っています。ちなみに、登山は百名山20座、富士山なら全ルート登ってます。7月の夏休みはスイスに登山しに行ってきます。

A 回答 (3件)

学生の頃は南アルプスとか行きましたが、今は「山歩き」や「ハイキング」を嗜む程度です。

「山が趣味」と言われた場合、確かにそのレベルは気になることがありますね。

自分の感覚では、年に何回か3000メートル級の山に登っていれば、登山が趣味と言ってもいいと思いますし、もし冬山も経験していれば、本格的と言ってもいいと思います。

「ええ、偶に冬山も行っています」と言えば、その辺の山ガール、山オジサンは3歩下がるでしょうね。

山登りのレベルとして、一つは普段上る山の高さ(1000m以下、1300m前後、3000mクラス)で見当がつきますし、「冬山」でもう一つ別の世界というように感じます。

まあ、趣味は他人がどう思うと自分が楽しめればいいことであって、それぞれのレベルで楽しさがあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!ためになりました

国内の3000m級の山は少ないので3000mと言ってわかってもらえるかはわかりませんが、幾つかの区切りという概念での説明ですね

お礼日時:2011/07/15 12:08

一般人の言う本格的な山は「一般人は登らない山」なんてどうですか?



高さで行くと富士山はスニーカーの人や一般人がゴロゴロいます。
乗鞍岳や御嶽山や雄山も3000メートル級ですが一般人をみかけます。
飯豊山や平ヶ岳は2000メートルですが山頂で一般人を見た事がないです。
もちろん、季節は外せないファクターで真冬の富士山には一般人は来ないので本格的な登山になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冬山登りたいですね。
ぱっと思い浮かぶのは、冬山か、岳などのように岩登りが本格的なのかなと思ってしまいます。

お礼日時:2011/07/15 22:56

こう言えばどうですか?



「山歩き」、「山登り」

「登山」と言うから、「本格的な・・・」という質問をされるのではないですか?

私も「登山」というと、同じ反応を示しますね。(知らないので・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な言葉が飛び交っておりますし、理解度も様々なんですよね

ウォーキング、ハイキング、トレッキング、アルペンなどなど
お互いに知ってる言葉で理解できるように話すのはやっぱり難しいですね

お礼日時:2011/07/15 12:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!