SEO対策無双みう氏が執筆したレポート
『いまどきのSEO対策から発展。ウィキペディアを超えたSEO対策』
を読んだのですが、

そこに書いてあることは要約すると
・下位ページを作るとマイナス
・内部リンクを受けるとプラス
・内部リンクのリンク元に外部リンクを付けるとプラス
・上位ページに付けたリンクの効果は下位ページに波及している。
・下位ページに上位表示したいページを作ると良い。
・本物のトップページはサイトマップにして、人に見せるトップページを下位ページに置け
・階層が深いページほど上位表示に有利
と書いてありました。

参考までにこちらがSEO対策無双みう氏のサイトになります。
http://seo.seo-miu.com/
一般的なサイト構成とずいぶん異なりますが、SEO対策無双みう氏が言っていることは正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

みうさんが「被リンク」で順位が下がった原因についてつぶやいていたので紹介します。


https://twitter.com/creditcardmiu/status/2872481 …
    • good
    • 0

グーグルのマットという人がいっていましたが


被リンクを購入などはしても影響しないといっています。
逆にペナルティがかせられる場合も考えられます。

グーグルの人が認めていたのはソーシャルサイトなどのリンクは検索結果に影響するということでした。
原文はちょっとどこにあるかわかりませんが、ですから 海外の企業はフェイスブックやツイッターの集客に力を入れています。
    • good
    • 0

結果的に、このサイトは現在は順位を下げ


上位表示されなくなっています。
この人のいうことはいつも適当で行き当たりばったりで
あり、典型的なスパム業者といえるでしょう。

検索順位はごまかしがききませんと明言しながら
自分の順位が下がってしまいましたので、
こっそり対象サイトをtwitterに変更したようです。

この業者を信用してはいけません。
    • good
    • 0

そのノウハウは昨日twitterでみうさんがつぶやいていました。


現在、SEO対策無双のサイトは「被リンク」で2位なので、非常に信憑性がありそうですね。
    • good
    • 1

その人の記事は見る気もしないし参考にもしないけど、


競馬や野球の解説者や予想屋と同じで、ズバリ正しい解説や予測なんて出来ない。
この手のSEOコンサルは、ハズレも多い・・・ ごまかしも上手い。
自サイトが上手くいって、持論は強いから多少うけているだけ。

但し、その他の業者も含めて、素人よりは秀でている事は確かだし、
グレーな世界なので、それを利用している悪質業者も沢山いますが・・・
その辺を見極める目も必要かと。

--------------------------------

その要約は、矛盾しているじゃないか!
==========
>・下位ページを作るとマイナス
>・本物のトップページはサイトマップにして、人に見せるトップページを下位ページに置け
==========
じゃあ、下位ページをどうすりゃいいの? この矛盾に気付かないの?


>・階層が深いページほど上位表示に有利
アホかと思うw 例えば、「SEO対策」と検索して、
階層が奥深いページが上位を占めているの?
    • good
    • 0

正しいかどうか、氏のサイトを『重要と思われる語句』で検索してみれば、、、



結果が物語ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QモバイルSEO対策に相応しいタグは?

今回、モバイルサイトのSEO対策をお願いすることになりましたが、
その前にタグを整理したいのですが、モバイルSEO対策に有効なタグはどんなものでしょうか?
META
H
TITLE
ALT
B

いらないものは、削除していきたいので、お分かりの方、ご協力下さい。

Aベストアンサー

title、meta、h、altなどは入れておいたほうが良いと思います。
b、strongなどは今のところ必要なさそうです。
グーグルモバイルもヤフーモバイルも今のところ、内的SEOはあまり重視していないでしょう。

QいまどきのSEO対策・SEO無双・インゴットSEO

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/twitter/blog/musou/seo%E5%AF%BE%E7%AD%96.html
・料金:3~6万3000円
・無料ブログ200+α

インゴットSEO
http://millionmobile.biz/
・料金:4万9800円
・独自ドメインのブログから50

料金と提供被リンク数は明確ですが被リンクの効果がはっきりしません。この中でどの業者が上位表示の効果が高いと思いますか?

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/t...続きを読む

Aベストアンサー

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると圧倒的に
SEO対策無双が安いことがわかります。効果に関しては被リンクの数 に比例する
と考えられます。

被リンクは質より数だと言われていて、Googleも被リンクのペナルティを強化し
ていることはわかっていますが、それはGoogleが不自然な リンクと判断した場
合に限られます。自然なリンクと判断した場合は検索順位に大きな影響があるこ
とには変わりがありません。

もしGoogleが順位付けの要素から被リンクを外すのであれば、わざわざペナル
ティの強化はしません。だから被リンクはこれからも効果があると 考えるのが
自然です。

その点で3社を比較すると絶対的なリンク数が多いSEO対策無双が最も有利です、

最後に安全性の比較ですが、コンサルティングをしているからGoogleのガイドラ
インに違反しないという理由にはなりません。リンク売買と Googleが判断すれ
ばペナルティを受けるというのは3社共に同じリスクです。むしろ自社サイトを
上位表示し続けているSEO対策無双はペナル ティ回避の方法にも熟知していると
考えられます。

リンク付の作業には手を抜くといった余地はありません。特にリンク付けした
ページのURLを作業終了後に提出しているSEO対策無双は信用できると思いま
す。リンクURLのリストを提出しない業者は逆に信用できません。

トータルで考えても個別に検証してもSEO対策無双が最も効果が高く費用対効果
に優れていると判断できます。

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると...続きを読む

QSEO対策の技術的な意味を教えてください。

SEO対策の技術的な意味を教えてください。

良く検索エンジンの上位に表示させることとあるのですが、本来の意味はこれではないと聞きました。
本来はどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

SEO(Search Engine Optimization)を直訳すると検索エンジン最適化です。それ自体「対策」と言う意味を持っていますから、「SEO対策」では「馬から落ちて落馬して」になっちゃいます。(^^)
 SEOの意味とは・・
 Wikiの記事にも矛盾があるのですが・・本来は、本当に率直に、「検索エンジンにページの内容を正しく適切に理解されるようにHTMLをマークアップする作業」のことでした。
 ところが、似た様な内容のサイトがこんなに沢山増えてしまうと、【ずばり表現すると】「如何に検索エンジンを騙して上位に持ってくるか」になってしまいました。

 Googleが
・ウェブマスター向けガイドライン( http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35769 )
 で言っているように、このページでもふたつの意味で書かれています。ひとつは{SEO業者}というフレーズでのSEO、そしてこのページで説明している純粋な意味でのSEO

品質に関するガイドライン - 基本方針
 ・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
 ・ユーザーをだますようなことをしない。
 ・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
 ・どうすれば自分のウェブサイトが独自性、価値、または魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。
 ⇒品質に関するガイドライン( http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35769#3 )
 より・・


 

SEO(Search Engine Optimization)を直訳すると検索エンジン最適化です。それ自体「対策」と言う意味を持っていますから、「SEO対策」では「馬から落ちて落馬して」になっちゃいます。(^^)
 SEOの意味とは・・
 Wikiの記事にも矛盾があるのですが・・本来は、本当に率直に、「検索エンジンにページの内容を正しく適切に理解されるようにHTMLをマークアップする作業」のことでした。
 ところが、似た様な内容のサイトがこんなに沢山増えてしまうと、【ずばり表現すると】「如何に検索エンジンを騙して上位に持っ...続きを読む

QVALID SEO vs SEO対策無双。この差は

VALID SEOとSEO対策無双は、どちらも料金は一回払いでブログから被リンクを付けてくれる業者ですが、以前はVALID SEOとSEO対策無双はどちらも提供被リンクは100本でした。

久しぶりに両者を見比べたら被リンクサービスに大きな差がついていたのでビックリしました。

現在の被リンクサービスは

SEO対策無双は
200+αリンクで3万円
http://seo.seo-miu.com/news/twitter/blog/musou/seo%E5%AF%BE%E7%AD%96.html

valid seoは
10リンク+秘密の被リンクを1本で5250円
http://www.valid-seo.biz/service/one_time_charge_seo.html

となっています。どうしてここまで差が付いてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

SEO対策無双とvalid seoは、どちらも提供被リンクは100本だったときは、被リンク媒体はドメインはすべて分散していましたがIPが重複していたと記憶しています。

googleのスパム対策に対応するために、SEO対策無双とvalid seoはブログのIPも全部分散させた結果、提供被リンクが少なくなったようです。しかし、そこからSEO対策無双は100%ドメイン分散かつ100%IP分散の被リンク媒体を200+αまで増やしています。

さて、どうしてここまで差が付いてしまったかについてですが、SEO対策無双はみうさんとryouさんが二人で運営しています。二人とも独身らしいので、かなり仕事に専念しているように見受けられます。一方、valid seoは一人で運営しています。valid seoのtwitterで拝見する限りでは兼業農家で、子供の面倒を見るのに時間を取られているようです。

つまり、SEO対策無双とvalid seoでは労働力や労働時間に雲泥の差があると思われます。差が付くのは必然だと言えるでしょう。

QSEO対策とW3C準拠ページに関して

ロボット型検索エンジンにて自分のサイトを上位に表示させるためには、SEO対策と呼ばれる対策を講じる必要性があると聞きました。しかしSEO対策を密かに、裏技的に行うのであれば他のサイト(ライバル)との間に差を付けることができると思うのですが、これだけ“SEO対策”という言葉が浸透している現在、それでもSEO対策は効果があるのでしょうか?

また、W3Cに準拠したページ作りもSEO対策のひとつと聞きました。しかし例えばホームページビルダー等の作成ソフトを使うことでしかページを作成できない場合は、作成ソフトを使う時点でSEO対策の観点からすると不利な状況になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

検索エンジンへの対策はないよりはあったほうがいいですね。
適切な処置を施しておけば、直接的な要因で検索HIT率が下がることもないと思います。
他サイトのアクセス数が増えるなど間接的な要因には対処できませんが…。

W3C準拠となれば、SEOだけでなく相手の環境を限定しないことにもなりユーザーを失う問題を解消できると思います。

ビルダーを使うとW3C準拠にはならない部分の出ることが多いし、
どこでも配置モードなどを使うと環境によって表示崩れの問題が起きるため、
一人でも多くユーザーを欲するという姿勢から背くことになります。

ビルダーを使うならば一旦作ったページのソースを手作業修正することでW3C準拠のページを比較的簡単に作成できると思います。
もちろんW3Cに準拠したページ作りに関する知識や技術は求められますが…。

Q会社のホームページでSEO対策をする際に役立つSEOツールを教えてくだ

会社のホームページでSEO対策をする際に役立つSEOツールを教えてください。

Aベストアンサー

さっとサイト全体のSEO状況を確認するなら以下の2つがおすすめです。

・itomakihitode.jp http://itomakihitode.jp/

・ピタゴラス http://www.pythagoras.bz/

・SEOチェキ http://seocheki.net/


キーワードの調整はキーワード出現率チェックツールをよく使います。

・キーワード出現率チェック http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

参考URL:http://itomakihitode.jp/

QNAVERまとめにのったツイッターは削除可能か?

よくNAVERまとめに一般の人と思われるツイッターのコメントが載っていますが、NAVERまとめっていろんな人に見られると思います。
事前に使っていいですか?とかNAVERの人から連絡があって乗せているんでしょうか?
もし、NAVERまとめから削除してほしいならしてくれるんでしょうか?

Aベストアンサー

>事前に使っていいですか?とかNAVERの人から連絡があって乗せているんでしょうか?

いいえ。

「まとめている人」も一般人です。

NAVERは、単に「場所を貸し出しているだけ」です。

「まとめている人」は「自分で収集した情報を、日記のように掲載しているだけ」です。

なので、元ネタを書いている人に掲載許可なんか取りません。好き勝手に自由に掲載しています。

>もし、NAVERまとめから削除してほしいならしてくれるんでしょうか?

NAVERは「単に場所を貸し出しているだけ」なので、削除依頼は受け付けていません。「NAVERに削除する権限も権利もない」からです。

消して欲しい場合は「情報を収集して掲載した人」に、直接お願いするしかありませんが、削除依頼に応じる人は皆無です。

ツイッターでの発言は「公共に向けての発言」なので「一旦行った発言は、発言者が死ぬまで責任を持たなければならない」です。

「ツイッターから消して、無かった事にする」は、許されないのです。なので、どこかのまとめサイトに掲載されてしまったら「消して」は通用しません。

まとめを行った人は「公開された物を拾って来ただけ」なので「削除する責任も義務も無い」のです。

なので「一旦どっかのまとめサイトに載せられたら、二度と消して貰えない」と思って、ツイッター等では慎重に発言しましょう。

>事前に使っていいですか?とかNAVERの人から連絡があって乗せているんでしょうか?

いいえ。

「まとめている人」も一般人です。

NAVERは、単に「場所を貸し出しているだけ」です。

「まとめている人」は「自分で収集した情報を、日記のように掲載しているだけ」です。

なので、元ネタを書いている人に掲載許可なんか取りません。好き勝手に自由に掲載しています。

>もし、NAVERまとめから削除してほしいならしてくれるんでしょうか?

NAVERは「単に場所を貸し出しているだけ」なので、削除依頼は受け付...続きを読む

Q逆SEOって普通のSEO対策の応用でできますか?

SEOとは逆の目的で、悪意あるホームページのランクを下げて人々の目にふれにくくする逆SEOというものがあるそうです。
この技術は普通のSEOの技術のある人ならできますか?それとも完全に特別な方法が必要ですか?

参考までに逆SEOできる会社はこちら

http://www.diamondmedia.co.jp/Webmarketing/Reverse_seo/

こちらもご覧ください

http://www.mauijp.com/reverse_seo.html

どんなもんでしょうね。

私はSEO初心者なものでして、上記の逆SEOが、いままでの普通のSEO対策ができる人ならばすぐ応用できることなのか
それとも、まったく別に上の会社でしかできないような難しいことなのかを知りたいです。

聡明なる皆様、素人の私にどうか知恵を授けて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「逆SEO」は通常のSEOと同じなので、SEOができる人ならば可能です。ただし、少し特殊なSEOになります。逆SEOは通常のSEOよりも難易度が高いといえます。それは通常のSEOが1つのサイトを対象としているのに対して、逆SEOは1ページ単位(10サイト分)が対象となります。そのため対策に使うリソースの量は10倍になりますし、難しい相手(サイト)が出てくる可能性があります。できれば、やはり専門家にまかせるほうがいいと思います。以下補足です。

(1)よくいわれるようなスパムのリンク(検索エンジンにとってマイナス評価のリンク)をかけることで、悪評サイトの順位を下げることは、Yahoo!では可能ですが、Googleでは難しいといえます。しかしYahoo!でも以下(2)の方法を使ったほうが簡単です。
(2)悪評サイトより上位に多くのサイトを入れ込むことで悪評サイトの順位を落とすことは、SEOの応用でしかありませんので可能です。しかし、通常のSEOの作業の約10倍のリソースを使うことになるので、料金も高くなってしまいます。また新規にサイトを大量に作成しなければならないので、手間がかかります(料金が高くなってしまうのはこのためで、ぼったくりをしているわけではありません)。
(3)ブログ(無料)をそのリソースに使えば安くなる、ということは一理あります。しかしYahoo!ではブログはフィルターをかけられて上位にあげることは難しいですし、Googleでも新規ブログが上位にくることも難しいでしょう。ただし、やり方によってブログは逆SEOの有効な手段として使えます。
(4)一般的にYahoo!よりもGoogleのほうが逆SEOは難しいです(もっとも通常のSEOもそうですけど)。Googleでは「2ちゃんねる」「ミルクカフェ」など上位表示の常連の掲示板に悪評を書き込まれた場合はとくに難しいといえます。簡単なキーワードでもGoogleで2位、3位にもってくることは意外と難しいものなのです。
(5)関連検索の削除も同様に、Yahoo!は比較的容易でGoogleは難しいといえます。
(6)健全な逆SEO業者は、マッチポンプ商法をする必要はないと思います。ご質問者の方と同じように、WEB上では関連検索の悪評ワードでお困りの方は多いので、わざわざそのような方法で需要を喚起することはないでしょう。ほんとうにお困りの方が逆SEO業者に依頼するのであって、悪評ワードを気にしない方も大勢います。

「逆SEO」は通常のSEOと同じなので、SEOができる人ならば可能です。ただし、少し特殊なSEOになります。逆SEOは通常のSEOよりも難易度が高いといえます。それは通常のSEOが1つのサイトを対象としているのに対して、逆SEOは1ページ単位(10サイト分)が対象となります。そのため対策に使うリソースの量は10倍になりますし、難しい相手(サイト)が出てくる可能性があります。できれば、やはり専門家にまかせるほうがいいと思います。以下補足です。

(1)よくいわれるようなスパムのリンク(検索エンジンにとって...続きを読む

Qgoogleのページランクがグレーのページは、SEO対策しても無駄でしょうか?

とある理由により、URLが、"hppts://..."のサイトがあります。このページではgoogleページランクがグレーになり、検索エンジンリスト未登録となってしまいます。ですが、このサイトの検索結果上位表示のためにSEO対策を検討しています。
ページランクの表示がグレーの場合は、SEO対策としていくらキーワードを選定しようが、画像のALTタグを記入しようが、何をやっても検索結果を上位表示させることは無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

しっかりとしたSEOを行えばもちろん上位になるよ。
経験談

ただし、半年前の話で、
Httpsのアドレスにまだページランクがあった時の話です。
そのサイトは現在も上位中だけどね。

Altもいいが、リンクを集中させるべし。詳細下記。

参考URL:http://www.seo-sem.net/seo_manual/

QSEO対策について

CSSで美容室のHPを作製しています。
メニューリストのliにtitleをつけたいと考えてます。
例えば「○○町 美容室 ホームへ」or「○○町 美容室 メニューへ」とつけたほうがSEO対策になるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です(お礼を見てからの回答)先の回答のキーワードとは、
meta Keywordsだけではなく、文章内のキーワードの方が重要です。
------------------------------
titleとは、もしかしてツールチップとして表示させる為のtitleですか?
liへのtitleは邪道。使う場合はアンカーtitleだけにしましょう。
一般的にはbody内でtitleは使わない(重要なアンカーポイントで使う)

考え方が逆。デザイン的だけならどちらでも良いが、SEOを求める言葉なら
<li id="tn1"><a href="index.html">美容室  店名</a></li>
emに画像をつける意味がわかりません。
emも重要ですが「トップページ」や画像に使うのももったいない。
アンカー aに対してemに書いたCSSを書く。アンカーポイントは結構重要なので、アンカー内を「トップページ」にするのではなくキーワードに。

「メニューページ」を作るくらいなら、小さくてもいいから全ページにメニューを表示(あ、#で誘導だけかな? それならtitle=不要)

スペースは半角でも全角でもOKです。/・はスペースと同じ扱いで無意味な物で、一般的にも見栄え的にもスペースが良いでしょう。

と言ってもデザイン的に譲れない事や言葉的にトップがいい場合も多々あります。回答は、あくまでSEOの話ですからご容赦を。
#2さんも書いてますが大事なのは中身の重要性です。
--------------------------------
ツールチップって事なら
<a href="#" class="aa"><span>ツールチップ</span></a>
a:hover {background:#fff; text-decoration:none;}
a.aa span {display:none; padding:2px; margin-left:6px; width:100px;}
a.aa:hover span{background:#fff; display:inline; position:absolute; border:1px solid #999; color:#999;}

#1です(お礼を見てからの回答)先の回答のキーワードとは、
meta Keywordsだけではなく、文章内のキーワードの方が重要です。
------------------------------
titleとは、もしかしてツールチップとして表示させる為のtitleですか?
liへのtitleは邪道。使う場合はアンカーtitleだけにしましょう。
一般的にはbody内でtitleは使わない(重要なアンカーポイントで使う)

考え方が逆。デザイン的だけならどちらでも良いが、SEOを求める言葉なら
<li id="tn1"><a href="index.html">美容室  店名</a></li>...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング