多くの新聞で見られる
『○○で○○が…………○日、わかった。』という表記についての質問です。

なぜゆえに日付が最後なのでしょうか?
「○○日」を文頭に置いた方が良いと感じますし、
「○日、わかった。」という表現方法にどうしてか違和感を感じるのですが…
これは日本語の文法的に正しいものなのですか?
どうして違和感を覚えるのでしょう?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

u so funny! i love the way of ur talking.



by the way,
the fist answer is bullshit! just get outa here!

second one? u didn't get this guy's sense of question.

third one. u r cool!

anyway, languages are always imperfect. they are different from math.
    • good
    • 0

いつまでもぐるぐると環状線みたい内容になっているようです。


ここは質問に対して回答を得る場のはず。井戸端会議なんかヤメてしまえと言いたい。
しっくり行くか行かんかはあなたの勝手でしょ?
そんなこと考えてる暇あったら新聞記者にでもなって
修行して来たら答えは出るんじゃないですか。
    • good
    • 0

え~っと。

面白くなってきたんでもう少し。

結局、問題にしたいのは
1)読点を打つ場所(日付の前か後ろか) --なのか、
2)助詞(「に」)がないのはおかしい --のどっちなのかな?

No5さんへの補足が、
>~ことが10日、わかった --と
>~ことが、10日わかった --だったら1)だと思うんだけど、

>~ことが、10日にわかった --ってなってるでしょ。

ついでに。
>明確な答えが無いという事で宜しいか?

いいよ。事実だから。

文法を専門にしている「ホンモノの専門家」でも、「一定の目安」は提示できるけれど、「絶対的なルール」はないから、「明確な答え」は出せないと思うよ。
--という意味ね、念のため。
    • good
    • 0

日にちが後に文頭にこないほうが自然であるのは皆さんがかかれているとおりで・・・



「10日にAということがわかった」
という内容のAの部分がメインであること以外にも
単純に「長い」から文頭におかないと読みにくくなるだけだとだとは思います。
「10日に泥棒が入ったことがわかった」なら泥棒が日付をよりメインだけどおかしくないけど
「10日に泥棒が市役所に入りBさんの印鑑となんたらが盗まれたことでC市では大変な騒ぎになっていることがわかった」だとおかしいですよね。おかしい、というより文章がいきなし飛んでしまったような、Aの内容が理解しにくくなります。(みなさんのいってる、”強調されない”ってことだとおもいますが)


それで「、わかった」についてはやはり文法上正しく書くのなら「10日にわかった」のほうが適切なんでしょうが、それだと読みにくくなります。「に」だとか「の」だとかはそれまでのAの部分でさんざん使われているので最後くらい「10日、わかった」としないと読みづらいし聞きづらいし頭に入りづらいです。

先ほどの文章だと
「泥棒が市役所に入りBさんの印鑑となんたらが盗まれたことでC市では大変な騒ぎになっていることが10日にわかった」よりも
「泥棒が市役所に入りBさんの印鑑となんたらが盗まれたことでC市では大変な騒ぎになっていることが10日、わかった」のほうが聞き取りやすいし見やすいです。

「、」は視覚的に「に」の役割を果たしてますよね。でもこれを音にだして(または文字で」「に」にしてしまうと全体がぼやけます。

この回答への補足

泥棒が市役所に入りBさんの印鑑となんたらが盗まれたことでC市では大変な騒ぎになっていることが10日わかった

泥棒が市役所に入りBさんの印鑑となんたらが盗まれたことでC市では大変な騒ぎになっていることが10日、わかった

泥棒が市役所に入りBさんの印鑑となんたらが盗まれたことでC市では大変な騒ぎになっていることが、10日にわかった

私は3番目を指示したいのだが駄目なのか?

補足日時:2003/11/10 10:35
    • good
    • 0

>ようは国語の文法的にどうなんだ?


--なら、そう書いてくれれば良いものを。

>文法的に~
--と問われた場合、
1)日付は文頭に置くべき(語順の問題)
2)日付の後の読点が不要ではないか(読点の打ち方の問題)
--の、どちらが知りたいのですか? それとも他にも疑問点があるのかな。

いずれにせよ、「●●日、分かった」という書き方は問題ないと思います。
1)については、語順の入れ替えは一般的にもよく見られる話。新聞記事で使われる場合については、先の回答で触れた通り。
2)については「言葉の区切りに読点を打つ」「強調したい言葉の後ろに読点を打つ」あたりで説明がつくかと。

読点の場合は「目安」はありますが「コレが正解」という「正しい読点の打ちかた」はないんで、明確な根拠は示せませんが。

ついでに。No2さんへのお礼部分で提示されているニュースの例については、単に
・読む原稿と書く原稿の違い、あるいは
・原稿の書き方自体が適切ではない
--だけのことかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>--なら、そう書いてくれれば良いものを。
申し訳ございませんでした。
>読点の場合は「目安」はありますが「コレが正解」という「正しい読点の打ちかた」はないんで、明確な根拠は示せませんが。

結局の所、自称『そっち方面の仕事をしている』という君でも明確な答えが無いという事で宜しいか?

お礼日時:2003/11/10 10:40

そっち方面の仕事をしてます。



え~っとですねぇ。

要するに「重要度の差」なんですよ。
「5W1H」という言葉をお聞きになったことがあるかと思います。
1)When(いつ)
2)Where(どこで)
3)Who(誰が)
4)What(何を)
5)Why(何のために)
6)How(どうした)
--ってヤツです。

↑の6つの要素は新聞記事を書く時の基本ですが、当然のことながら、ニュースによって重要度が変わってきます。
場合によっては、6要素のうち、いくつかを省略した形で記事を書くこともあります。

で、質問文のような記事の書き方をするのは、
「その前提となることがすでに起きていて、そういう事実があったことが『●日』に判明した」
--ということを報道する時の書き方です。

この場合、事実が判明した日付よりも、そういう(=ニュースとして取り上げられる)事実があった、という事のほうが重要度が高いんですね。

例えば「高級官僚による不祥事が発覚した」
--な~んて記事の場合(あくまで例えです)、

・「不祥事があったことが発覚した日付」よりも
・「そういう不祥事があった」という事象

--のほうが、ずっと重要度が高いワケですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず能書きご苦労。
「言いたい事が前」それをしりたいなら社会系カテゴリなわけだが…

「○日、わかった。」
この表現技法はニュースを書く人間の常識なのだろうが、
ようは国語の文法的にどうなんだ?という事が知りたいだけです。

お礼日時:2003/11/07 13:50

強調したい事項を冒頭にもってきているのではないでしょうか。


○日に判明した、ということよりも
△△が××であったこと、ということの方が重要な事項だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足部分が伝わらなかったようで申しわけない。
「強調したい部分を冒頭に」本当ですか?

ニュースはどうです?
どうでも良い事から先に報道していませんかね?

昨夜未明、中央高速で乗用車と高速バスの接触事故があました。
事故があったのは中央高速上り線の猿橋バス停付近で、高速バスの乗客にけがはありませんが、乗用車に乗っていた2名が意識不明の重体となっております。
この事故により上り線は今もなお通行止めになっています。
警察によりますと高速バスの運転手が酒を飲んでいる可能性があるため、この運転手から任意で事情を聞いております。
とんでもない不祥事のはずだが
この場合、バス会社がテレビ局を拝み倒したとでも言うのですかね?

お礼日時:2003/11/07 13:44

例文を示しますね。


1「10日、消しゴムで字が消せる事が、わかった」
2「消しゴムで字が消せる事が10日、わかった」

1の場合、「消しゴムで字が消せる事」がわかったのか
「字が消せる事が10日に」わかったのかがわかりにく
いので2のような書き方になっているのだ、と思います。

この回答への補足

日本語の文法よりも句読点の打ち方に疑問を抱いています。
なぜゆえに「、わかった。」であるのかが気になるのです。

補足日時:2003/11/07 13:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い例えですね。
ではなぜ
「消しゴムで字が消せる事が10日、にわかった。」
なのですか?
「消しゴムで字が消せる事が、10日にわかった。」
のほうが句読点のバランスが良いと思うが…

お礼日時:2003/11/07 13:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤伝票や仕入帳など帳簿の書き方などが分かりやすく、書いてある本を探して

赤伝票や仕入帳など帳簿の書き方などが分かりやすく、書いてある本を探しています。

こんにちは、僕は26歳男子です。

入金・出勤伝票などの伝票や仕入帳・総勘定元帳などの帳簿の書き方などを分かりやすく書いてある本を探しています。

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一人で学べる簿記入門

西東社 定価1000円

簿記の基礎がわかりやすく解説してあり
練習問題もあって役立ちました。

Q「~~です。ですが、○○…」に違和感を感じます

最近耳にする事が多くなり、先日もプレゼンの際に「ですが」を連発され、とても違和感を感じました。

調べによりますと
「ですが」は、〔助動詞「です」に助詞「が」が付いた語から〕後続の事柄が反対・対立の関係にあることを表す。「だが」の丁寧な言い方。ですけれど。
・・・と言うことでした。

上述を読むと筋が通っていると思いますが、これは、文と文を繋ぎ合わせる接続詞的役目としての説明と解釈しました。
一つの文で内容を肯定した後に、「ですが、」で始まるのは変だと感じてしまいます。

例えば、こんな感じです。
「上述を読むと筋が通っていると思います。ですが、文と文を繋ぎ合わせる接続詞ではないのです。」

過去に受けた学校の授業でも、このような言い回しを聞いた事はありませんし、有名著書において、このような言い回しの文はないと思うのです。

この使い方は一般的なのでしょうか。

Aベストアンサー

日本語には、あまり聞きなれないものもあります。

一般的なのは
「~の予定ですが、~の場合中止となります。」
「接続したのですが、動きません。」
だと思います。


句点の後に「ですが、」が来るのは聞きなれないと思います。
その場合、しかしが一般的かもしれません。
「~となりました。しかし、~は変わりません。」

Q小論文〈400字〉の書き方が掲載されている本

小論文〈400字〉の書き方が掲載されている本、教えて下さい。
(学部は農学部です)

1問題提起
2反論を踏まえた意見
3例を出しながら論を深める
4結論
という方法で書いていたのですが、400字では収まりません。
誰かいい方法ご伝授下さい。

Aベストアンサー

本ではないですが…
質問者さんが大学生であれば、以下のサイトをご覧になってみて下さい。
http://www.shouronbun.com/index.html
概ね、参考になります。

大学の授業の最終目的は「研究し、論文を書く素養を身に付けさせること」ですから、学術論文を意識した小論文を書く必要があります。
学術論文には、明確な書き方が存在するわけでは無いです。
著者の好みや、ジャーナル毎の雰囲気があります。
だから、概ねです。

Q違和感を感じる

この言葉の使い方には、時には色々言われますよね。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1488568.html
http://watcher.moe-nifty.com/memo/2006/12/post_b96c.html


正しくは、「違和感を覚える」「違和感がある」とかになるのでしょうか?
私は特に「違和感を感じる」でもいいと思ってしまうのですが、確かに文字だけを見ると同じ感じを二度使うというのもどうなのかとも思ってしまいます。

似た質問はあったのですが、改めて皆さんの意見というか正しい使い方について知りたいので質問しましたことをご了承ください。
(議論するつもりはありませんので、その辺はよろしくお願いします)

Aベストアンサー

warwar111さんも、「責任感を感ずる」や「重圧感を感ずる」には違和感があるのではないですか?

「違和感を感ずる」もまったく同じです。
ただ、責任や不快は、「責任を感ずる」や「不快に感ずる」という言い方が一般的なのに対し、普通、「違和を感ずる」という言い方はあまり馴染みがないから「違和感を感ずる」と使ってもあまり抵抗がないのかも知れません。

しかし、「違和」だって、
1 からだの調子がくずれること。
2 周囲の雰囲気に合わないこと。
という独立した言葉なのですから、責任や不快と同じまずですよね。

なお、「違和感を覚える」は辞書にもある言い方ですが、わたくしの個人的には「覚える」も「感じる」もほぼ同意なので、「違和感を持つ」あるいは「違和感がある」の方がしっくりします。

Q目録カードの書き方がよく分かる本

図書館司書の勉強をしているのですが、目録カードの書き方がよく分かりません。
大学で使っているテキストは、説明文と演習問題(回答無し)だけで、記入例がほとんど載っていないので、分かりづらいです。
実際の記入例がたくさん載っている本を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。大学で資料組織法を教えています。
確かに,記入例の多い本はあまり見かけなくなりましたね。

昔は,日本図書館協会が自ら,標題紙や奥付のコピーとカードの実例が抱負に載った本を出したりしていたのですが。
(NCR87に従って書誌事項を書いておきます。)

日本目録規則1965年版実例集 : 岩淵泰郎編さん
東京 : 日本図書館協会, 1971
179p ; 27cm
¥2000
(標目指示は省略)

大学図書館などではもしかしたら所蔵しているかも知れません(NACSIS Webcatでみたら所蔵館数117と出ました)。
ただし,NCRの1965年版は基本記入方式ですので,現在の目録規則とは根本的な発想が違いますし,ISBD区切り記号も使われていません。
勤務予定の図書館(おめでとうございます)が,今日でも1965年版に従っているというのなら別ですが,そうでなければ,初心者は下手に見てしまうと混乱するかも知れません。

おそらく,いま学習中の目録規則は,1987年版改訂2版ですよね? だとすると,少なくとも1987年版改訂版に準拠したテキストを見るのがよいでしょう。
(改訂版と改訂2版との大きな違いは,第9章・電子資料の扱いですので,図書などに関してはほぼ同じと考えてかまいません。)

その条件を満たす本で,記入例が多いものをいくつか挙げてみましょう。

いわゆる司書課程に準拠したテキストシリーズのなかでは,

資料組織演習 : 吉田憲一編
東京 : 日本図書館協会, 1998
(JLA図書館情報学テキストシリーズ : 10)
ISBN4-8204-9725-1 : ¥1800

が比較的説明が丁寧です。しかし,標題紙や奥付のコピーは演習問題としてはたくさん出てくるのですが,解説文のところにはあまり出てきませんね。

それ以外では,

資料組織法 / 志保田務,高鷲忠美著. - 第4版 
東京 : 第一法規, 2000
ISBN4-474-00603-8 : ¥2524

があります。
この本は,説明の文章についてはいささか簡潔すぎて自学自習にはあまり向かず(教室で先生が説明を補う,という使い方をするのにちょうど良い),また時には専門的だったり妙に細かいこともありますが,別冊の目録実例集が便利です。
これには,目録の実例が実際の図書の標題紙や奥付などと共に掲載されており,これがなかなか便利で現場の人に愛好者が多いようです。
(ただ,それぞれの実例について,「なぜこういう書き方をするのか」という説明はありません。)

また,

和書目録法入門 : 柴田正美編
東京 :  日本図書館協会, 1995
(図書館員選書 ; 8)
ISBN4-8204-9427-9 : 1900円

は,B6判とコンパクトな大きさながら,実際の標題紙や奥付もかなり載っており,シリーズ名の通り,現場の図書館員向けの実践的な内容が詰まっています。

これをさらに発展させ,実例を豊富にして説明も詳しくしたのが,

目録作成の技法 : 植田喜久次著
東京 : 日本図書館協会, 1992
ISBN4-8204-9209-8 : ¥2524

です。これはおすすめです!
実際に目録をとる作業をやっていて,これは悩むだろうなあ,というような例がたくさん載っており,それに対して,答えをポンと載せるだけでなく,そんなときに「どういうふうに考えて記述するか」という根拠が丁寧に説明されています。
巻末の練習問題も,すべてに回答と説明がついています。

なお,
>J-BISCは個人で買って手元に置ける値段ですか?
置けるものなら置きたいなあ。(笑)

1948-68年版が241,500円。(48年版,49年版…と分かれているわけではなく,48-68年版で一つの商品です。)
1969-83年版が378,000円。
1984-91年版が241,500円。
カレント版(1992年以降のデータを収録)はリース制で,年間契約147,000円。契約すると,年6回,新しいデータを収めたCD-ROMが届き,古いものは返します。
発売は日本図書館協会です。

なお,このほかに「J-BISC 教材版」というものもあります。
これは,J-BISCのデータのうち,1994~96年の3年分をそっくりそのまま収録したものです。
お値段は31,500円と,本物に比べるとかなり安いですが,それでも個人で買うには…
また,目録規則は「日本目録規則 新版予備版」(1977年)に準拠しているので,ISBD区切り記号は使われていません。
現在のJ-BISCでは,原則として「1987年版改訂版」を使用していますが,完全にその通りではありません。
国会図書館には「日本目録規則 1987年版 改訂版」適用細則,という独自のルールがあるのです。
たとえば,図書に関してはこちら。
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ncr1.html

この規定をじっくり読んでいると,NCRの規定では曖昧だったり,判断に困るような事柄について,ルールを補充してあったり,注が付いていたりして,「さすがは日本中の本の目録をとっている国会図書館ならではだ」と感心させられたりします。多少専門的かも知れませんが,なかなか参考になりますので,一度ご覧下さい。

説明が長くなってしまいました。
No.3の回答者の方もおっしゃっているように,「なぜこう書くのか」と考えることが大事です。
そのためには,NCRを手元に置いて,規則本文をきちんと読んで考えるようにしましょう。
また,わからなければ,どんどん先生に(ただし目録規則に詳しそうな人に。先生によって得手不得手もありますので…)聞いてみて下さい。
勉強がんばって下さいね。

参考URL:http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ncr1.html

こんにちは。大学で資料組織法を教えています。
確かに,記入例の多い本はあまり見かけなくなりましたね。

昔は,日本図書館協会が自ら,標題紙や奥付のコピーとカードの実例が抱負に載った本を出したりしていたのですが。
(NCR87に従って書誌事項を書いておきます。)

日本目録規則1965年版実例集 : 岩淵泰郎編さん
東京 : 日本図書館協会, 1971
179p ; 27cm
¥2000
(標目指示は省略)

大学図書館などではもしかしたら所蔵しているかも知れません(NACSIS Webcatでみたら所蔵館数11...続きを読む

Q「○日現在」と「○日現行」

例えば「2009年11月25日時点の状態」を表す場合、「2009年11月25日現在」といいますが、「2009年11月25日【現行】」というのもよく目にします。

主に法規集で目にすることが多いのですが、この場合の「現行」は「時点」という意味なのでしょうか?それとも独特の意味があるのでしょうか?また、法規関係以外でも「現行」を用いる分野はあるのでしょうか?よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

多分ですが...

法律は改正などの内容が決まってから施行まで間があると思います。
「現在」だと、「現在施行されてる内容」か「現在決まっているけどまだ施行されてない新しい内容」か区別できないので、
前者を指す意味で「現行」と付記してるのではないかと。
「時点」でも同様だと思います。

法律関係だと「現行法」とも書きますね。

Q文章の書き方の本を探しています。

文章の書き方についてお聞きします。
国家試験用に、文章の作法のようなものを読みたいです。
私が読みたいのは、一文は短くしろ、短くする場合、どうすれば
いいか、とか、そういう基本的なことをしっかりとできるだけ
正確に書いている書籍を探しています。

こういう本は、あるのでしょうか?

ご存じでしたら、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お礼をありがとうございました。

こんな感じのタイトルの本がよいと思います。

http://www.amazon.co.jp/dp/4902156008/

http://www.amazon.co.jp/dp/483780084X/


私自身は、会社の教育資料として配られた単行本で勉強しました。
(諸般の事情により、書籍名は、ここに書けませんが)

Q○月×日をもって、○月×日をもちまして、という表現

今まで当たり前だと思っていたことが、実際には違うみたいだったので、質問させていただきます。

お店を閉じる際「○月×日をもって閉店しました」という事をよく聞きますが、例えば7月14日の夜8時に閉店した場合、
・7月14日をもって閉店しました
・7月15日をもって閉店しました
のどちらが正しいのでしょうか。(ちなみに私は前者だと思っていた)

ご回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 私自身、肝心の根拠の部分がよく分かっていなかったりします。

となると、「実際には違うみたいだった」わけではなく、「誰かが違うと言った」だけなのではありませんか?
kdm90000 さんは「私は前者だと思っていた」のですし、恐らくこのご質問の投稿前に辞書でも確認されたのでしょうから、もっとご自分の考えに自信を持ってください。世の中には何の根拠もないのに思い込みでキッパリと物を語る人が大勢いますから、しっかりしないとその都度振り回されてしまいますよ。

辞書を見ると分かる通り、「7月14日 “をもって” 閉店しました」は、「7月14日 “に” 閉店しました」と同じ意味です。まして「夜8時」が付けば、もはや14日であることは揺るぎないと言えます。
ちなみに、私が考えた特殊ケースは次のようなものです。

「○○○○祭りは昨夜をもってフィナーレを迎えました」
もしこのお祭りが日付を跨いで行われるものならば、実際に終わったのは「昨日の夜」ではなく「今日未明」になります。ただし、その場合でも「以って(もって)」の意味自体は何も変わりません。
なお、このようなケースでは誤解が生じないように「昨夜(今日未明)をもって‥」とカッコ書きで説明を付けるのが普通です ( ^^

> 私自身、肝心の根拠の部分がよく分かっていなかったりします。

となると、「実際には違うみたいだった」わけではなく、「誰かが違うと言った」だけなのではありませんか?
kdm90000 さんは「私は前者だと思っていた」のですし、恐らくこのご質問の投稿前に辞書でも確認されたのでしょうから、もっとご自分の考えに自信を持ってください。世の中には何の根拠もないのに思い込みでキッパリと物を語る人が大勢いますから、しっかりしないとその都度振り回されてしまいますよ。

辞書を見ると分かる通り、「7...続きを読む

Qレセプトの書き方について、よい本をご存知でしたら教えてください。

いつもお世話になっております。

掲題の通り、レセプトの書き方について、よい本をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
点数の計算などは、医科点数表の解釈と睨みあって、だいたいのことはわかるのですが、基本的な書き方が全くわかりません。
(診療実日数に往診は含むのかとか、特記事項欄には何を記載するのか、等)
特に労災、自賠責になると完全にお手上げ状態です。

医療事務の教室に通うことも念頭に置いていますが、時間がないこともあり、とりあえず独学で勉強できることはしておきたいのです。

Aベストアンサー

厚生労働省データベースシステム
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/

通知検索→本文検索で
「診療報酬請求書等の記載要領等について」で検索すると、表題の通知(昭和五一年八月七日)(保険発第八二号)が出てきます。
健保のレセプトはこの通知に従って作成します。

社会保険研究所 http://www.shaho.co.jp/shaho/
『レセプト作成テキストブック(医科) 平成19年4月版 』定価 3,360円
『新明細書の記載要領 平成18年4月版』定価 2,310円

医学通信社 http://www.igakutushin.co.jp/
『労災・自賠責請求マニュアル 2006~07年版』価格2,600円(税込2,730円)

労災情報センターRIC
http://www.rousai-ric.or.jp/

以上ご参考までに

開業医とその家族および従業員向けに、地元の医師会、保険医協会が主催する初心者のための医療事務講習会があります。もし該当するなら聞いてみられると良いです。教えてもらったほうが簡単ですよ。

厚生労働省データベースシステム
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/

通知検索→本文検索で
「診療報酬請求書等の記載要領等について」で検索すると、表題の通知(昭和五一年八月七日)(保険発第八二号)が出てきます。
健保のレセプトはこの通知に従って作成します。

社会保険研究所 http://www.shaho.co.jp/shaho/
『レセプト作成テキストブック(医科) 平成19年4月版 』定価 3,360円
『新明細書の記載要領 平成18年4月版』定価 2,310円

医学通信社 http://www.igakutushin.co.jp/
『労災・自...続きを読む

Qご興味、ご関心、違和感感じる

「ご在宅でしょうか」「ご都合はいかがですか」などは違和感が少ないのですが「ご関心」「ご興味」にはすこし違和感があります。特に「ご関心がおありの方は」となると。

私だけでしょうか。

「ご」は何にでもつけても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

敬語には尊敬語、謙譲語、美化語の3種類があり、ご質問の語は美化語にあたります。
美化語にはさらに付け足し型と言い換え型に分けられます。この場合は前者です。

美化語の役目は、尊敬や謙譲表現とのバランスをとってより自然な言い回しにすることですね。

美化語(付け足し型)の「御(ご)」には次のような規則があります。
・訓読みする漢語的な名詞につける
 ※ただし、「お電話」、「ごゆっくり」など例外多数
・外来語(バス、パソコン)、公共物(学校、駅)、病名などの悪い意味のものにはつけない
 ※これも「おトイレ」「おビール」など例外多数

これらのことから「ご関心」「ご興味」のどちらも間違った表現ではないといえるでしょう。

ついでに違和感の原因も探ろうとしたのですが、kaについても「ご加護」「ご感想」などありますし、音韻的にも「ご安心」と似ていたりと、よくわかりませんでした^^;


人気Q&Aランキング