スーツケースではなくいわゆる修学旅行カバンにタイヤ(キャスター)が付いた物を
旅行で使っているのですが、これを引いて歩くとゴロゴロとうるさいのです。
アスファルトでもそうなのですがタイルのような溝がたくさんある道では
ガタガタとなってカバン自体壊れそうで怖いし周囲の人も振り返ったりして
「あーこれはうるさがられているかも」ととても気になります。

別に不良品ではないでしょうがプラスチックのタイヤなのがいけないと思い、
(ゴム製か何かで静かなキャスターがある、と聞いたことがあるので)
買った店からメーカーに預けてみましたが
「現在うちで作っている部品には音の静かな物はないので交換もできない。
ゴム板を貼ろうにも隙間が狭いのでどうにもならない」ということでした。

解決方法としては上記のとおりタイヤを交換するかゴム板を貼るか
(隙間が狭ければタイヤを削るとか…)だと思うのですが
そのような修理をしてくれるお店はあるのでしょうか。できれば広島市内で…
もしくは幾らかの道具で自分でなんとかできるならしてもいいと思うのですが
よい方法があったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以前私も壊れた鞄を自分で修理したことがありますが。

。。。
D.I.Yショップ、ホームセンターなどで部品としてキャスターを売っています。別に鞄用として売っている訳ではありませんが、結構流用できる物もあります。これならドライバー一本で自分で修理できます。
問題はねじ穴の位置の違いです。オリジナルの位置と大きくずれている場合は問題ありませんが、微妙に違う場合ねじ込みの強度に不安があります。
また元の穴からの水の進入なども。この場合、強力なボンドを穴に埋め込んでしまうとか、パテやプラスチック片などで埋めて補強した方が良いです。
大きいお店なら加工方法や工作の相談に乗ってくれますからお聞きになってみてはいかがですか?
 材料費は5千円くらいかかると思います。人に頼むより遙かに安価ですが、最近では新しい物がディスカウントショップなどで買えてしまうかもしれません。物を大切に使うのも結構大変です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な回答ありがとうございます。
april21さんの所に補足した通りキャスターは半分埋まっていてなかなか
合う規格を探すのも難しそうですがDIYで解決する時には参考にします。

実は買った店とはハンズでして、カバンを返してもらう時に店員さんも色々と
知恵を絞ってくださったのですがこれという方法はでませんでした。
またその足で店内を探しましたがゴム製のキャスターすら無かったんですよね(泣)

>物を大切に使うのも結構大変です。

ホントにそうですね。せっかく買ったので多少修理代や手間をかけても
長く使いたいのに買い換えた方がマシということ多くて物を選ぶのも大変です。
なんとか地道に良い方法を探したいと思います。

お礼日時:2001/05/03 01:15

私も以前から同じ不満を持っています。

キャスターつき鞄のあるべき
姿は、大径で柔らかいキャスターができるだけ広い幅でついている
ことだと思いますが、なかなかそのような製品は見つかりません。

そして、キャスターに自動車のタイヤのような溝がついているものが
あります。自動車のタイヤは高速で走行するために雨水の排水が必須
ですが、鞄では必要ありません。また、車では動力はタイヤから地面
に伝えるので、トラクションを得るためにギヤのような溝を設けて
います。でもこれも鞄では不要です。

このキャスターの溝が余計な音を出していると思います。

そこで、効果は少ないかもしれませんが、キャスターの溝を埋めて
みたらどうでしょうか。隙間が少なくてもカバーがかかっていても
できると思います。

靴修理用のコンパウンド、例えばセメダインの「シューズドクター」
などをキャスターのトレッド面に塗ってみるのはどうでしょうか。
キャスターが溝無し(スリック)タイプだったら意味はないですが
もし溝つきなら多少は騒音低減になると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なんと…8年越しのご回答、ありがとうございます。
すみません締め切るのをすっかり忘れておりました…

その後質問の鞄は、騒音を我慢して大荷物の子連れ旅行に数回使うも
持ち手がよれて何度も歩行を邪魔すると言う不具合もあり、
現在は車で帰省するなど歩かない時の大荷物を運ぶ鞄となりました。
いつか良いスーツケースを買いたいです。
その際は「大径で柔らかいキャスターができるだけ広い幅でついている」
を参考にしたいと思います。

タイヤの溝という要因もあるのですね。
うちのを見たら、自動車のように掘り込んだ溝ではなく
中央から段々に低くなっていく形でした。これも音を出すのかな…

ともあれこれ以上放置する訳にもいかないので締め切らせていただきます。
ご回答くださった皆様、長い間申し訳ありません。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/15 01:01

あの大きな音は、キャスターが発生させた音をスーツケース本体が増幅しているような気がします。

(いわゆるスピーカーのような状態)スーツケースの本体部分の振動を抑えられれば、音も抑えられるかなと思いますが・・・結局、荷物の積め方を工夫するしかないかなと思います。

この回答への補足

確かにお店の人も似たような事を言っていました。
大きなカバンなので当然荷物が重くなるし、タイヤの半分カバーが
かかっているので余計にうるさくなっているそうです。

買ったからには大切にはしたいですが、カバンの寿命などで買い換える時には
今回の経験も活かしたいものです。

補足日時:2001/05/03 01:16
    • good
    • 0

ゴム製のキャスターが↓にありますが・・・。



参考URL:http://www.muratakagu.co.jp/erecta/supertype.opt …

この回答への補足

教えていただいたURLに行ってみました。
説明が足りませんでしたがキャスターはカバン本体に半分覆われています。
なので支えの全くついてないタイヤなのです。すみません。

補足日時:2001/05/03 00:59
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【台車のゴムタイヤの直し方】台車のゴムタイヤの直し方を教えてください。台車のゴムタイヤが捲れ上が

【台車のゴムタイヤの直し方】台車のゴムタイヤの直し方を教えてください。

台車のゴムタイヤが捲れ上がってそれを切ったらタイヤの表面がデコボコになって、台車を転がすごとにガッタンゴットン言います。

言うだけなら良いですが、タイヤの1/3くらいがない状態なので上に乗せた物が振動でガッタンで落ちてゴットンで落ちてまともに物が運べません。

台車の1/3無くなっているゴムタイヤの補修方法で何か良いアドバイスをください。

Aベストアンサー

ゴムの部分だけを直すのは、出来なくもないかも知れないが・・・

車輪は金具がビス留めされている形状だと思うので、ビスを外して金具ごとホームセンターなどへ持込み
同サイズ同形状のモノを探す・取り寄せると言うのが現実的な対処法ではないだろうか

Q蚊は歩いて狭い隙間を通り抜けられるのか?

蚊が網戸などの隙間から家の中に侵入してくる場合、羽を広げた大きさよりも大きい隙間があれば
当然侵入してくることが予想されますが、羽を閉じた程度の隙間しかなくとも、サッシなどに
一旦たかってから歩いて隙間をくぐり抜ける
(このときは羽をたたんでいると予想されます)ことなどがあり得るのでしょうか。
(体の最も細い部分が通過できる隙間があれば、蚊は侵入してくることになりますが...)
ご存知の方、ご教示お願いいたします!

Aベストアンサー

なかなか面白いご質問なので、つい立ち寄りたくなりました。
「歩いて隙間をくぐり抜ける」かどうかは分りませんが、狭い間隙に迷い込んだ蚊が、風流・風圧などで侵入してくることは考えられるのではないでしょうか。建物と外界との間の隙間は、思った以上に風速が速いので、蚊の意思とは関係なく侵入してくるような気がします。
以上、すべて勝手な想像です。
どこかの大学に「蚊博士」はいませんでしょうかね?

Qガラスの窓に貼るゴムの吸盤について

分かりにくかったらコレのことです↓
http://www.joaf.co.jp/kyuban/kyuban-.htm
ヌイグルミについているのですが、コレを車の後ろにくっつけたいのですが・・一応くっつくのですが、チョット時間が経つとはがれて落ちてしまっています(><)
くっつけるコツなんか知っていらっしゃる方お願いします。息を掛けて湿らしてからやってみたりもしましたが・・ダメでした。

Aベストアンサー

要は、引っ付いていたら良いんですよね?!(笑

友達がやってた方法に、感心したので♪

吸盤補助板て、ご存じですか?透明の円形の粘着プラスチック。

でも、これを貼り付けて、吸盤つけても、車の場合、極端な温度差で、吸盤内の空気が膨張したり、吸盤がのびてだめになるから。。。とのことで、吸盤はつけません!(友人談。)・・のだそうです♪♪

吸盤補助シートで、貼り付けます。

(1)ぬいぐるみの吸盤をはずす。
(2)補助板を直径三センチくらいの大きさに、小さくカット。
(3)補助板の直径上、中心付近にU型にカッターで切り込みを入れる。
(3)Uの真ん中に小さい穴をあける。
(缶ジュースのリップトップみたいな感じになると思います。)
(4)(3)であけた穴と、ぬいぐるみの吸盤が付いていた部分とを、適当ぉ~~に針と糸で縫いつける。
(5)好きなところに貼り付ける。

補助板を小さくカットするのは、いずれ剥がすときに、粘着部分を小さくしておくと、粘着剤が除去しやすいから、とのこと。

直接的なお答えにはなってないけど、これは良いアイデアだと思ったので、ご紹介させて頂きました。

要は、引っ付いていたら良いんですよね?!(笑

友達がやってた方法に、感心したので♪

吸盤補助板て、ご存じですか?透明の円形の粘着プラスチック。

でも、これを貼り付けて、吸盤つけても、車の場合、極端な温度差で、吸盤内の空気が膨張したり、吸盤がのびてだめになるから。。。とのことで、吸盤はつけません!(友人談。)・・のだそうです♪♪

吸盤補助シートで、貼り付けます。

(1)ぬいぐるみの吸盤をはずす。
(2)補助板を直径三センチくらいの大きさに、小さくカット。
(3)補助板の直径上...続きを読む

Q厚いゴム(タイヤ)にφ70の穴あけ加工を…

適正な工具を探しています。

用途は、タイヤに(厚いゴムなんですがワイヤーは入っていない)
直径70mm程度の穴を開けたいのですが、適当な工具が
見つけられません…。
ドリルで開けようと考えていて、ホールソー・自由錐、
このあたりは思い浮かびましたが、やはりうまくいきません。

図で言うと、(タイヤ)◎←(穴あけ加工)こんな感じ
で開けたいんですが、何しろタイヤの肉厚が100mm程度あるもので…

船用関係で、この加工が必要なんですが、どなたか良い案を
持っておられませんか?

もしよろしければ、お教えください。
お願い致します。

Aベストアンサー

初めまして、
 ゴムタイヤに丸穴開け特に厚さ100ミリはドリルだけでは無理でしょう、ホールソーをお持ちで試されたと言うことは、ホールソウプラス金切りノコの刃を
使い穴開けをします。
穴開けの順序ですが、
1.センター穴を開ける(これは2の両面からホール ソウを使い面を合わせるためです)
2.そこへホールソウで穴開けの両面から穴を開ける
  センターのゴムが残ったままになっていると思い  ます。
3.そのホールソウで開けた円の周辺部を金切り鋸の
  刃でゴシゴシとホールソウのΦ70ミリの穴に沿い
  切り取ります。切り取る場合円周部の切りとりし  ようとするところも、ドリルで穴を開けておく必  要があります、この場合カッターナイフは危険で  す。
4.注意として、鋸の刃はゴムに抵抗され切りにくい
  ので、油をさしながら切ると滑りが良く切れます
  綺麗に仕上げるには必ずホールソウで両面から
  切り込みを入れることです。
  これは、使用されるタイアにスチールが使用され  ていないと言うことが前提です。
  スチールが入っていなくて、アミラド繊維やケブ  ラー繊維も入っていない事を前提にしています。
多分船舶等の防舷材として、ロープを通してご使用かと思います。
もし、中心部分にケブラー繊維などがある場合は時間をかければ良いかとおもいます。
頑張って下さい

初めまして、
 ゴムタイヤに丸穴開け特に厚さ100ミリはドリルだけでは無理でしょう、ホールソーをお持ちで試されたと言うことは、ホールソウプラス金切りノコの刃を
使い穴開けをします。
穴開けの順序ですが、
1.センター穴を開ける(これは2の両面からホール ソウを使い面を合わせるためです)
2.そこへホールソウで穴開けの両面から穴を開ける
  センターのゴムが残ったままになっていると思い  ます。
3.そのホールソウで開けた円の周辺部を金切り鋸の
  刃でゴシゴシとホールソウ...続きを読む

Qスタッドレスタイヤのゴムでの冬靴は作られないのか?

冬靴を購入するのに常に気にしてしまうのが靴底です。
ゴム質、ミゾ、などなど・・・
しかし靴屋の店員は「この靴は本州仕様なので滑ります」って。

そこで冬用タイヤのスタッドレスタイヤには感心します。圧雪やアイスバーンでよく効くな~って思いますが、メーカーはそのスタッドレスのゴムをなぜ冬靴に採用しないのか?

コスト高?技術的に難しい?変わらないから?逆にすべる?履き心地が悪い?メーカの極秘?

どなたか知っている方いますか?

Aベストアンサー

「作れないか?」と聞かれたら、多分作れるでしょうね。

でも、タイヤって、駆動力や加重のバランスがあって初めて機能するモノであり、人の足が乗っても機能しないでしょうね。

過去に4輪駆動車でタイヤの面圧を測定した記事を読んだことがありますが、一番、面圧の低いジムニーにワイドタイヤでも、体重80kgの人が23cmのハイヒールを履いた時より面圧が掛かっているので、比較にならないようです。

実際問題として、30年以上前からスパイク付の長靴がありますが、これが全くと言っていいほど効きません・・・良く効くんだったらもっと普及していますねぇ・・・

車と人は面圧(加重)のかかり方も違うし、人によって癖も違うし・・・車用の設計とはかなり違うと思いますよ・・・また、靴底用としてアイスバーンには、生ゴムやビフラムソールが良く効くことが知られていて、わざわざ特許の絡む素材を靴に流用する(試験用に入手するにも問題山積みでしょう)必要もないでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報