今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

100V600W程度のエンジン発電器のことで教えて下さい。停止保管中に、エンジンキャブレター吸気口付近から液漏れがするので、ボディの化粧板を外してみました。キャブ吸気口のスポンジフィルターも油が付着していました。スポンジフィルターを外して数時間放置しておいたところ、キャブの方からじわじわと油が出てきます。エンジンは調子よく一発で掛かります。漏れの原因は何が考えられますでしょうか。方法がわかれば、自分で修理して見ようと思いますのでよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そうですか、なかなか手こずっているようですね。


文面からするとキャブレターの下部の容器(フロートチャンバー)をウォーターポンププライヤーで直接緩めようとしているようですがその容器の下部に10、12mmのスパナで緩めるようなボルトはついていませんか?それを取り外しても外れないのであればおそらくパッキンが張り付いている為と思われます。
そのような時はプライヤー等でねじるよりもプラスチックハンマー若しくはドライバーの枝側で横方向から軽くショックを与えると取れることがあります。
しかし取れたとしてもパッキンが張り付いているので最悪パッキンが破れる可能性もあります。
尚且つ先の回答で書いたように非分解式ニードル部もあります、以上のこと踏まえ判断してみてはいかがでしょうか、ちなみに今の時代修理業をやっていると分解修理よりもキャブレターASSYで部品交換をしたほうが確実にしかも安く直るということもあります。
余談でした(-^^-)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

バカなことをしていました。スパナで緩めましたら、簡単にとれました。フロート、ニードルを分解して見ましたが、なんの欠陥も見いだせませんでした。組み立てなおしましたところ、以前より多く漏れるようになってしまいました。Assy.で新品に取り替えることに致します。同じ部分で今回ほど苦労したことはありませんでした。本当に色々とアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 22:30

文面からすると、フロートがニードルバルブを押す力が弱いためです。

昔のフロートは金属なので、バルブを押す部分を少し(加減が大事)強く押す方向に曲げればそれで良かったのですが、今は、プラスチックなのでなかなか難しいと思います。でも少し力を加えただけでも止まる可能性があります。それでも止まらない場合は、フロートを交換すれば大丈夫です。もちろんバルブが減ったり、傷ついたりしていたら話は別ですけど。  それとフロートがはずれない場合、燃料コックが必ず付いているはずですから使用していない場合コックは必ず締めて下さい。それだけで漏れは止まります。ちなみに、現在エンジンの始動に問題が無いようですが、そのままにしているとだんだん始動しにくくなる可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみませんでした。フロートでニードルを押し上げる方式ですが、調節することはできない構造でした。悔しいけどキャブをそっくり取り替えることにいたしました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 22:34

 キャブを分解した経験があるなら補足ですがキャブレターの種類によってはフロートを止めているピンが抜けないタイプのものが有ります。


分解に際しては欲を言えばエアブローする為にコンプレッサーがあると便利です。(なかなか一般家庭にはありませんが)無い場合にはキャブクリーナーもしくはブレーキクリーナーのようなケミカル用品を用いてチャレンジしてみてください・

この回答への補足

重ね重ねすみません。キャブ分解に挑戦しましたが、肝心な容器と上の部分が分割できませんでした。ウォータープライヤーで容器を加えて左に回そうとしたのですが、全く動きません。つぶれると悪いので分解は諦めました。そこで穴という穴からエアーを吹き付けてみたのですが、結果としてはだめでした。仕方ないので、キャブの手前にあるコックを90度動かして閉じましたら、ぴたりと油は止まりました。特に支障がなければ、不本意ですがこの状態で終わりとするしかないかな、と考えています。

補足日時:2003/11/10 05:55
    • good
    • 0

ティッシュで拭き取ってジワーッと出てくるとのことですが(確認ですが当然エンジン停止中ですよね)見ている間に明らかに染み出てくるようならキャブレターの液面が何らかの原因で高すぎ染み出てきていると思います。


この程度だとエンジンの調子に影響がないことがありますが、やはり燃料漏れですのでキャブレターのO/Hをお勧めいたします、自分で修理できるかは何ともいえません。
文面からすると機械に興味があるようですがもし身近にバイクや農機具等のキャブレターO/H経験者がいれば一緒にO/Hしてみると良いと思います。
直ったときの快感は病み付きになるかもしれませんよ。

この回答への補足

再三すみません。エンジンは停止中のことです。キャブはバラした経験がありますので、やってみようと思います。先ほど発電機を大きく揺すって、今は結果待ちです。フロートあたりは、キャブを割るとすぐに正常か否かの判断がつきそうな単純構造だったと思います(違ったかな?)。面倒がらずに、挑戦してみたいと思います。

補足日時:2003/11/06 22:56
    • good
    • 0

2ストロークエンジンでしたか、勝手に4ストロークと決め付けて回答してしまいました。



補足に書かれた穴と言うのは、おそらくキャブレターのフロートチャンバーにつながっているエアの通路でしょう。この通路はたとえばエアクリーナーが目詰まりしてしまった時などに混合気が異常に濃くなるのを防ぐ(キャブレター入り口の負圧が大きくなるとそれと同じ負圧をフロートチャンバーに導き、結果として燃料に働く負圧はベンチュリーで発生した負圧だけとなるように働く)ためのもので、フロートチャンバーに接続されているため、燃料中の潤滑油が内部に残留(燃料そのものは蒸発してしまうので、オイルのみが残る)し、少量にじみ出る程度であればまったく問題ありません。むしろオイルで湿っていて当然の部分です。混合比が必要以上にオイル分の多い物を使っているのでなければ実用上問題が起こるとは思えませんし、スポンジ式のエアクリーナーはオイルが染みていない状態ではエアクリーナーとしての役目をほとんど果たしませんので、これもオイルが付着していて正常です。

もしも、エアクリーナー部分からボタボタたれているような状態であれば#2の方の言われるオーバーフローと言うことも考えられますが、そのような状態でエンジンが正常に動作することは考えられませんので、今回のようにエンジン自体が好調である場合は除外して考えてよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぼたぼたたれ落ちる状況です。買ったばかりのときは、こんなことはまったく有りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 22:24

液漏れと言っているのはおそらくキャブレターのオーバーフローと思われます。


キャブレターを外しO/Hが必要と思われます。
キャブレターの中には水洗トイレの水タンクのように液面が一定量になると止まるようにフロート(浮き)とニードルバルブ(弁)があり、一定の液面になるとフロートが浮き上がりニードルバルブを押し上げそれ以上燃料がキャブレターの中に入らない構造となっていますが、何らかの原因で(おそらくニードルバルブのところに異物が挟まり)燃料を完全に止める事が出来ないと思われます。
完全に治すには先に言ったようにキャブのO/Hが必要ですがうまくいけば発電機を揺すって(キャブを揺する)止まるかも知れません、いずれにせよ燃料漏れは危険なので普段も使用しないときは燃料コックを閉めておくことをお勧めします。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。さらに確認しましたところ、吸気口の隅っこに、2~3ミリ程度の丸い穴がこちら向きにあり、そこから油がにじみ出ていました。ティッシュで拭き取っても、ジワッーと時間を掛けて出てきます。混合油を燃料としている発電機のため、エンジンオイルは使っておりません。

補足日時:2003/11/06 06:59
    • good
    • 0

エアクリーナーにオイルが付着しているのは異常ではありません。

この種のエアクリーナーはスポンジのような目の粗い素材にオイルを染み込ませて、オイルの粘性により細かなチリを補足する物ですから、乾燥している方がむしろ異常です。この種のエアクリーナーをビスカス式と呼びます。

油というのがエンジンオイルのような油であれば、オイルクリーナーエレメントのオイルが多すぎたなどの理由により、キャブレター内部に付着したか、この種のエンジンに良く見られるブローバイガス(シリンダーとピストンの隙間からクランクケースに吹き抜けてしまうガス)の処理のためのホース(大方はエアクリーナーケースにつながっているホース)からの過剰なオイルの吸い込みです。前者の理由による物であればマニュアル等を参照し適正な量のオイルをフィルターエレメントに染み込ませる。後者の状態であれば、エンジンオイルの入れすぎは無いかどうかの点検をしてみてください。ちなみにエアクリーナーケースの内部に多量のオイルが付着しているようであれば後者の可能性が高いでしょう。

ただし、この種のエンジンではブローバイガスの影響で多少のオイルがエアクリーナー周りににじむのは異常であるとは言えません。ブローバイガスの制御が細かくなされていないことも一因ですが、ここから供給されるオイルでフィルターエレメントに常にオイルを染み込ませておく目的も兼用しているからです。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。さらに確認しましたところ、吸気口の隅っこに、2~3ミリ程度の丸い穴がこちら向きにあり、そこから油がにじみ出ていました。ティッシュで拭き取っても、ジワッーと時間を掛けて出てきます。混合油を燃料としている発電機のため、エンジンオイルは使っておりません。

補足日時:2003/11/06 06:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QキャブからエアフィルターBOXにオイルが流入?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8053100.htmlで質問したのですが、早計に閉じてしまいましたので再質問です。申し訳ありません。

前回ブローバイガスという回答を頂きましたが、再度車を確認しましたらオイルが出ている所はキャブと繋がっているホースでブローバイガスホースではありませんでした。

キャブからもブローバイガスなる物が発生しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ブローバイはブローバイホースだけを通過する訳では有りません。
サービスホールからエンジンを見下ろすと分かりますが
エンジンのカムカバーからスロットルボディの先に
ブローバイホースが繋がっていて
ブローバイの一部はエアクリーナーケースにまで行ってから
再びエアクリーナーを通過します。
ブローバイがエアクリーナーを通過する時に
オイル分はエアクリーナーに付着して、気体だけが通過します。
そのため、アクティのエアクリーナーは
ホコリで汚れるよりも、ブローバイのオイル汚れが付着するのです。
これは過走行のアクティだからブローバイが多い
と言う事では有りません。新しくてもブローバイは結構出ます。
写真の状態からすれば、ごく普通の状態と言えます。
わたしが整備した10万キロ超のアクティなどは
写真の状態どころではなくて、エアクリーナーケースの
下面いっぱいにブローバイのオイルが付着していて
それはもう汚い状態でしたが、エンジンは調子良かったです。
走行距離からすれば、写真のはまだマシな方です。
エンジンがダメだからブローバイが多くて汚れる
と言う事では全く無いので、気になるのであれば
パーツクリーナーその他で掃除すれば良いですし
ブローバイを減らすのであれば、オイルを固めのもの
例えば5W-40とかのマルチグレードにすると
汚れにくくなります。汚れなくなる訳では無いですが
一つの対策として、そういう方法も有ると言う事です。

ブローバイはブローバイホースだけを通過する訳では有りません。
サービスホールからエンジンを見下ろすと分かりますが
エンジンのカムカバーからスロットルボディの先に
ブローバイホースが繋がっていて
ブローバイの一部はエアクリーナーケースにまで行ってから
再びエアクリーナーを通過します。
ブローバイがエアクリーナーを通過する時に
オイル分はエアクリーナーに付着して、気体だけが通過します。
そのため、アクティのエアクリーナーは
ホコリで汚れるよりも、ブローバイのオイル汚れが付着するのです。...続きを読む

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qガソリンの処分方法

バイクを長期間乗らずに保管するため、
ガソリンタンクにはガソリンを満タンにしておきました。
この度復活させて乗り出すことになったのですが
古いガソリンをどう処分しようか困っております。

ガソリンはおそらく有料で処理してもらえると思うのですが、
どこにお願いすればよいのでしょうか?
処理費用はいくらぐらいなのでしょう?

ちなみにガソリンは1年ほど前のものです。
捨てずに再利用する方法があればいいのですが。
それとも1年前ぐらいのガソリンだったら、
そのまま使っても平気なものなのでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

 実はガソリンスタンドでは廃ガソリンは原則として引き受けてはもらえません。スタンドには2キロリットルほどの廃油タンクが設置してあるところが多いのですが、これがいっぱいになる頃を見計らって廃油屋さんが回収にきます。で、この廃油を再生して重油として売るわけですが、このときガソリンが混ざっていると処理ができません。また廃油ローリーに油を移すとき、一種の真空ポンプを使いますがガソリンが混ざっているとまずいのです。

 そこまでわかっているスタンドなら廃ガソリンの受け入れはしてはもらえないのが普通です。私は車やバイクの部品を洗うのに使い、残りは焼却設備を備えた業者に引き取ってもらいました。タウンページで調べると容易に見つかるはずです。処理費用はまちまちだと思いますが、数年前の私の場合は20リッターのジョリ缶(携行缶)で2000円くらいだったと記憶しています。ちょっと高いですが、どっか流して地下水汚染漁業被害でもおこした日にはどえらい騒ぎになります。

>それとも1年前ぐらいのガソリンだったら、そのまま使っても平気なものなのでしょうか?

 キャブが詰まる程度のことで自分で対処できるならいいと思います。ただし朝晩の湿度の日格差などでタンク内の油の液面から上の部分で結露が発生することがあります。これがたまって結構な量の水が入っていることもありますのご注意ください。また、ガソリンはいろいろなものを溶かしますし、いたずらされて砂糖やコーラでも入れられていたらそれこそエンジンはおシャカです。大事をとってきちんと処理した方がよいかと思います。

 ちなみにガソリンはわずかな蒸気含有率でも発火源があれば爆発引火しますし、蒸気の比重は空気の4倍以上あります。まったくにおいを感じなくても、引火爆発可能な蒸気が足下周辺にあることがあります。取り扱いには十分お気をつけください。

 実はガソリンスタンドでは廃ガソリンは原則として引き受けてはもらえません。スタンドには2キロリットルほどの廃油タンクが設置してあるところが多いのですが、これがいっぱいになる頃を見計らって廃油屋さんが回収にきます。で、この廃油を再生して重油として売るわけですが、このときガソリンが混ざっていると処理ができません。また廃油ローリーに油を移すとき、一種の真空ポンプを使いますがガソリンが混ざっているとまずいのです。

 そこまでわかっているスタンドなら廃ガソリンの受け入れはしてはも...続きを読む

Qキャブは綺麗にしたがエンジンが掛からない

実は車のエンジンではなく、農機具(管理機・・・ガソリンエンジン)ですが、中古品を1年半ほど前に購入しました。購入後一年ほど経ってから、エンジンが掛からなくなりました。その後キャブレターをクリーニング、エアーエレメントを交換しましたが、たまにはエンジンが掛かりますが、しばらくするとスロットルが自動的にブルーン・ブルーンと動いて、やがてエンジンが止まります。ちょうどフューエルコックを止めてしばらくするとエンジンが止まりますが、その前に起きる現象と同じです(アナログ人間でそのような表現しか出来ませんが)。変な話ですが、プラグを抜いて、はめなおしてエンジンをかけるとすぐ掛かります、しかしそのエンジンも長くは動かず上に述べたようにして、やがて止まります。どこに原因があるかどなたか教えて下さい。畑の管理に使うため時期的な問題もあり回答を急いでおりますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農機具屋です。

その症状からすると燃料供給の問題かと思われます。
キャブにつながる燃料ホースを外し、コックを開けると勢い良く燃料が出ますか?
チョロチョロ程度だとタンク~コック経路の詰まりが考えられます。

他に考えられるのは、キャブ内のフロート、フロートバルブの組み付け不良。
金属製フロートの場合だと、バルブとの接点が簡単に曲がってしまいますので、油面が変わってしまったとか。

燃料タンクキャップの空気穴が詰まっていてガソリンが流れていかない場合もありますので、キャップを緩めて様子を見るのも良いと思います。

他に電気系統の不良も考えられますが、まずは燃料系から見ていきましょう。

Qチョークを引けばすぐにエンジンは掛かるけど戻すと駄目

またお世話になりなす、先日モンキーのエンジンが掛からないと相談した者です。自分なりにやってみました、キャブを外して灯油で穴と言う穴を洗ってエアークリーナも変え、もちろんプラグもいい奴に変えました。エンジンは掛かったのでが、チョークを戻すとすぐに止まってしまいます、自分なりに考え、気になる所は一つです、専門用語は分からないので、長ったらしい説明になりますが、キャブのフロートが入っている部分のネジを外しました、そして、スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なものを外しましたその部品には、かなり細い穴が空いている様な感じでした洗浄後そのネジをしっかり締めてキャブを組みなおして掛けてみたのですが、掛からなかったので、もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが、チョークをもどすと止まります、何かそれに関係があるのでしょうか?状況は簡単に言ってチョーク引けば掛かるけど、戻した時点でまったく駄目なんです、チョークを引いていなければプラグも濡れている気配は無いと思います、ばいく屋に持っていけば早いのですが、金銭の余裕が無いものですから、お願いします教えて下さい、これが頼りです。 お願いします。

またお世話になりなす、先日モンキーのエンジンが掛からないと相談した者です。自分なりにやってみました、キャブを外して灯油で穴と言う穴を洗ってエアークリーナも変え、もちろんプラグもいい奴に変えました。エンジンは掛かったのでが、チョークを戻すとすぐに止まってしまいます、自分なりに考え、気になる所は一つです、専門用語は分からないので、長ったらしい説明になりますが、キャブのフロートが入っている部分のネジを外しました、そして、スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒...続きを読む

Aベストアンサー

>スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なもの
 メインジェットと言います。

>もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが
 ジェット類はパイロットスクリューを除き緩めてはいけません。 また、緩める事で始動したならそのジェットは詰まっています。

 50ccクラスのジェットは穴が小さく清掃すると言っても限度があります。 メインジェットは何とかなるとしてもスロージェットはほぼ不可能なので交換しかありません。 メインとスロージェットは交換する事をお勧めします。

 店によっては部品のみの発注を断る所もあるりますが、車体番号と部品名称、ジェットの番号などを書き留めて行くと間違いが起きにくいですよ。
 値段的には1000円もあれば十分足りる筈ですが、事前に調べてもらうのもいいですね。

■---------------------------------------------■
 各部品の名称なども解りやすいページがあったので参考URLに貼っておきます。

 礼儀としてトップページもこちらに貼っておきます。
 http://www.ctb.ne.jp/~data/index.htm

 この手のページはgoogleのイメージ検索で「モンキー キャブ」と指定すれば直ぐ見つかりますよ。
 d(^^)グッ 

参考URL:http://www.ctb.ne.jp/~data/resutoa_cub1.htm

>スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なもの
 メインジェットと言います。

>もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが
 ジェット類はパイロットスクリューを除き緩めてはいけません。 また、緩める事で始動したならそのジェットは詰まっています。

 50ccクラスのジェットは穴が小さく清掃すると言っても限度があります。 メインジェットは何とかなるとしてもスロージェットはほぼ不可能なので...続きを読む

Q刈払機のキャブ不調に詳しい方教えて下さい。

刈払機のキャブ不調に詳しい方教えて下さい。

一般的なUハンドル型刈払機を使用しているのですが最近不調に悩まされています。

症状はスロットル全閉の時にプラグがかぶるというものです。
燃料の調整はできています。

草刈作業を終えてエンジンを切ると再始動はプラグを外して10回位クランキングをして
シリンダー内、キャブ内の燃料を飛ばしてやらないとかかりません。

スロー時、およびエンジン停止後に多めに燃料が吸い込まれているようです。

燃料タンクのキャップを緩めて内圧を下げる等も試してみましたが代わりないようです。

どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないので、この問題は解決される場合もありますが、パイプ内、気化器内の燃料が矢張りエンジン内に流れ込むので、解決できない場合もあります。特に刈った草等がエンジンのシリンダ・フィン、冷却フアン入り口、出口等に詰まっていると多分この現象は起こるでしょう。きれいに掃除して草等の塵は取り除く事が必要です。また熱間再始動の場合は、エンジンを止めるときにしばらくアイドリングで回し、エンジンを冷却してから止めると解決される時もあります。
逆に、燃料系のオーバーヒートがあれば、燃料系のパイプ内でガソリンが気化し、気体となり燃料が流れなくなりエンジンンがかからない場合もあります。これも熱間再始動時のトラブルになります。この問題は今回の場合の原因でないかもしれませんがーーーーーー。

他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないの...続きを読む

Q農機キャブエンジンの不調について

エンジンの不調に悩んでおります。
スロットルを開き、回転を上げていくとグゥーン、グゥーン、グゥーンと息継ぎをしたような感じで不調になり、2分位するとエンジンが停止してしまいます。またアイドリング状態で放置していると、1分位経った頃からだんだん不調になり3分位でエンストしてしまいます。エンジンが停止した際は再始動しようとしてもかかりません。その際プラグを外してみても燃料で濡れておらず白く焼けている状態になっています。その後5分位でしょうか暫くしてから始動を試みるとかかります。そしてまた同じ状態でエンストします。キャブをオーバーホールしても特に詰まっているジェットはありませんでした。また、キャブとフローとチャンバーとの合わせ部から滲みがありました。
考えられる原因やその他点検してみるべき個所がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もちろん燃料ラインのゴミ詰まりが無くても同じ症状ならタンクのキャップを外すなどしてタンク内が負圧に成っていることが原因か確認もしましょう、農機具などでは埃などが原因でエヤーベントの詰まりは結構経験してますよ(大抵タンクキャップに有るはず)

後はメーカーにも夜かも知れませんがキャブ自体にフロート室内の空気が自由に出入りできるようにキャプに大気解放の為に下向きなどにゴムやビニールのホースが取り付けている場合がありここが詰まるとスムースにキャブに燃料が来ません(有るメーカーのゴルフカートも同じような構造でした)耕耘機などでも見ています。

従って上記の様な事が無いか今一度確認しましょう・・・

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もち...続きを読む

Q発電機のエンジンが1秒で止まる

ホンダEM550 という発電機ですが、エンジンがかからないので、キャブレターを分解してみたら、フロートの上のニードル弁が燃料のカス?で固着していたので、取り外し穴と共に清掃し、キャブの他の穴もエアコンプレッサーで掃除して、元通り組み立てたところ、エンジンはかかるようになったけど、約1秒くらい勢いよくダァーッと動いて、すぐプスプスと止まります。
続いてスターターロープを引いてもエンジンはかからず、数分おいてから掛けると掛かるけど又1秒くらいで止まります。
プラグは新品でスバークは良好です。
原因と対策をご存じの方ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

オイルは適正量入っていますか?
少ないと焼き付き防止のため、エンジンは強制的に止まります。

後は、燃料に水かゴミ、サビなどが混入しているかも・・・
一度きれいなバケツに燃料をすべて抜き取ってチェックしてみたらいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング