最新閲覧日:

課題で芥川龍之介の作品を読んで感想を書けと言われました。
そして本を一冊渡されました・・・。
新潮文庫の 羅生門・鼻とかいうやつです。
中を読んでみたのですが、意味が全く分かりません。
僕はあまり頭が良くないのです・・・。どうも、こういうものは
理解に苦しむのです・・・。
だから、芥川龍之介の作品についての”あらすじ”が書いて
あるホームページなどを教えてください。時間もないのでお願いします!!

A 回答 (3件)

HPはわかりませんが「国語総覧」の中に「羅生門」のあらすじが載っていた


ので抜粋&捕足しておきます。

時代は平安期の終わり頃。ある夕暮れどき 主人から解雇され途方にくれた
下人が荒廃した羅生門の前で雨やみを待っていた。
彼は一晩身を寄せるところを探そうと門の楼上へあがる。
門の上は捨てられた死体だらけ。その中に、女の死体から髪の毛を抜いている
老婆を見つける。
捕まえて聞いてみると髪を抜いてかつらにするのだという。
生きるために自分の悪行を正当化している老婆の言葉を聞き、
下人の心にも悪を肯定する勇気がわいた。
俺もそうしなければ餓死する身なのだと言い、老婆の衣服をはぎとって
真っ暗な闇夜の中を逃げ去ったのであった・・・。


この時代は保障も何もないから、リストラされたら行くあてもなく
のたれ死にする人も多かったのです。
    • good
    • 0

羅生門は高校生の教科書に載るくらいですから


対象年齢としては高校生以上になるのかなあ???
羅生門・鼻の文庫を持っていないので
それ以外にどんな作品が載っているか分かりませんが、
「白」という短編が私は大好きです。
あらすじは男の子と女の子のきょうだいが
白(体が白い)と言う犬を飼っていたのですが、ある日白は
体が黒くなるんです。
で、急にきょうだいから見放され、悲しみに暮れます。
だけど、白が善い行いをしたとき、
体が元の白に戻り、またきょうだいと楽しく暮らしましたとさ…。
ってな感じです。
ちゃんと読んだらなぜ白の体が黒くなったか、
白がとった善い行いとは何かがわかります。
どちらかと言うと、児童文学的な短編なので、すぐに読めますよ。
でも、感想文となるとどうかなあ…。
    • good
    • 0

読んでみて、どのへんがわからなかったでしょうか?


その本に収載されている短編は一通り読んでいるので、「意味不明」だった箇所を具体的に指摘してもらえれば、
何らかの説明ができると思います。
「理解に苦しむ」ことそのものをうまくまとめられれば、いい感想文になると思うんですけど…。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ