ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

割と規模の大きな会議で、社長が社員に経営状況等を話をしました。
社長の話が終わり、社長に「席に戻ってね」という意味の言葉を司会者が言う場合、「ありがとうございました。お席へお戻り下さい」と言うのは、正解でしょうか?

「お席」の「お」と「お戻り」の「お」が重なって、おかしな感じがするのですが、私だけでしょうか?

なんだかすっきりした感じもしません。
どなたか教えていただけませんか。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「席に戻ってね」をそのまま敬語に直そうとするから


「席に」→「お席に」
「戻ってね」→「お戻りください」
ん、なんか変???となるのです。
「お席へお戻りください」は文法的には間違いではありませんが
直に変換したような敬語は、ぎこちない、とってつけたような、
場合によっては慇懃無礼な印象を与えます。
そのため質問者さまがおっしゃるように、すっきりした感じがしないのでしょう。

この場合は「ご着席ください」で良いです。
シンプルにいきましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
シンプル イズ ベストですね。

正確な文法と耳障りは紙一重のような気がして、いつもその線引きで悩んでしまいます。

これを機会に勉強しないとですね。

お礼日時:2011/09/09 14:08

「お席」は、例えば「洋服」に「お」を付け「お洋服」と言うのと


同様で、「お席」と敬語を使います。

社長の「席」なので「お」を付ける必要があります。
「戻る」は社長の動作に対する敬語なので「お戻り」になります。

つまり、両方に「お」は必要です。
http://www.koakishiki.com/sekkyaku/scene-3.html

次のような言い方は、二重敬語になり、誤用です。
「お戻りになられる」→「お戻りになる」で良い。
「お越しになられました」→「お越しになりました」で良い。
http://www.akya7.com/manners/bk9.html

「お戻りください」も、「ください」に命令の意味が入っているので、
良くありませんが。
http://web.hc.keio.ac.jp/~matsuoka/keigo.htm

丁寧に言うなら「お席にお戻りいただけますか。」などが良いと
思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

恐る恐る、という感じで敬語を使っているので、いざっ!という時に自信がないです。ちゃんと勉強しないといけませんね。

お礼日時:2011/09/09 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q300名参加の会社主催の司会をすることになりました。そこでご教授いただきたい。

会社で主催する ある会の司会をすることになりました。
会の概要は弊社社員がお客様に対し開催するスタイルです。
そこで教えていただきたいのですが
・弊社社員の「挨拶」「発表」「総評」を紹介する際、
 どのように紹介したらよいか?スマートな言い回し方ができなく、
 はずかしながら困っております。
 恐縮ですが、どなたかご教授いただけないでしょうか。。

「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」?
「続きまして、担当の○○より、・・・についての発表を」?
なかなか上手い言い方が見つからず。。。

Aベストアンサー

初めての司会経験なら不安があって当然です。どんな内容の会なのか想像も出来ないのでたいした助言は出来ませんが、いくつか。

>「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」
これは間違いです。あなたは司会者ですが、会を主催する側の方ですから、お客様に会社の会長を紹介するときに「頂戴する」は不適切です。あなただけが挨拶を受けるなら「頂戴する」でもOKですが、会長が挨拶する相手はお客様。そのお客様に対して謙譲語の「頂戴する」はダメ。
「当社(弊社)会長の○○(必ずフルネームで)より皆様にご挨拶を申し上げます」が適切な表現です。

お客様が聴衆だからといってバカ丁寧、かつ過剰な敬語を使う必要はありませんが、主人公はお客様と考えればそう難しいことではありません。

数時間の会でも一番大事なのは事前準備、特に登壇者との事前打ち合わせです。発言、発表時間をしっかり決めておき、話す内容についても司会者は頭に入れておくことが余裕を生みます。進行は時刻とともに表にして手元に常に置いておきましょう。暗記する必要はありませんが、進行全体の把握はとても大事です。

そして
1.司会の自己紹介
来場に感謝し、氏名、役職、担当業務などを伝え、会の目的を再度明確にして聴衆に進行への協力を求めます。
2.会の進行概要
会長さんの挨拶が終わったら、登壇者のプログラムを簡略に説明する。途中休憩や質疑時間の有無についても説明する。これで聴衆も全体の流れをつかめ、安心に繋がります。
3.質疑
質疑の時間を最後に取りますが、「どなたかご質問を」と司会者が呼びかけても手が上がらないことが多いですね。2,3人ほど聴衆の中から事前にお願いして、司会者が呼びかけた時に質問をしていただくことも大事です。これを「仕込み」と呼びます。
4.締め
終了時間はきちんと守りましょう。
「本日の会はこれにて終了と致します。皆様におかれてはご多用のところ、また遠路ご来場をいただき主催者として厚く御礼を申し上げます。」
そして会社への支援、ご愛顧をお願いし、最後に「拙い司会でしたが、皆様のお陰で滞りなく進めることが出来ました。ありがとうございました」と締め括ります。

あなたのお年が分かりませんが、最近は司会者でなくても過剰なまでの敬語表現、くどいまでの謙譲語が溢れています。先日、ある会議で「私は今日の司会をやらさせていただく○○です」と言う人がいました。これはまったくの誤り。「私は本日の司会を務める○○です」で十分。その違い、分かりますか?

ご成功を祈ります。事前準備を丹念に、ね!

初めての司会経験なら不安があって当然です。どんな内容の会なのか想像も出来ないのでたいした助言は出来ませんが、いくつか。

>「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」
これは間違いです。あなたは司会者ですが、会を主催する側の方ですから、お客様に会社の会長を紹介するときに「頂戴する」は不適切です。あなただけが挨拶を受けるなら「頂戴する」でもOKですが、会長が挨拶する相手はお客様。そのお客様に対して謙譲語の「頂戴する」はダメ。
「当社(弊社)会長の○○(必ずフルネー...続きを読む

Q祝電の披露の仕方

司会者の立場での祝電の披露の仕方について教えてください。
この度、ある団体の総会の司会を務めることになったのですが、何通か祝電が来ることが予想されます。
そこで祝電の読み上げ方についてですが、

(司会コメント)
ここで、祝電を披露させていただきます。
「本文」
「○○県議会議員 名前」
-以下、何通か同様に読み上げる-

以上、祝電をいただいております。

というような披露の仕方で失礼がないでしょうか?(名前に様をつけた方がよいでしょうか?)

それとも、本文を読む前に
「誰々様から祝電をいただいております。」と前置きして読む方がよいのでしょうか?

司会経験のある方など、どなたか、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

>名前に様をつけた方がよいでしょうか?

当たり前じゃないですか、他人の名前を呼ぶのに呼び捨ては失礼ですよ。
特に目上の人だったら、後でクレームが来るでしょうね。

>「誰々様から祝電をいただいております。」と前置きして読む方がよいのでしょうか?

ないです。
ただ、会の雰囲気にもよりますが、披露する祝電の数が多い場合は、マンネリ化を防ぐために工夫が必要です。アレンジしてください。
祝電の関係者をグルーピングして紹介するのも良いと思いますし、同じような文面やメンバーが続く場合は本文を省略して差出人名だけを羅列する場合もあります。

「関連会社の方からもたくさんの祝電をいただいております。
会社名だけご紹介させていただきます。
○○建設様、△△工業様、・・・・」

「○○商店街関係者様からも頂戴しております。
”本日の総会を・・・・。  ■■花店様”
”無事に総会を迎えられ・・・。 ◇◇商店様” 」

といった感じですかね?

Q式典における来賓の紹介方法

 式典のシナリオを至急つくらなければいけないのですが、来賓の紹介方法がよく分かりません。

 代理が出席された時は、どう紹介するのでしょうか。
(来賓本人を紹介?、または代理出席者を紹介?)

 また、そもそも、代理が出席された時、紹介自体が必要なのでしょうか?
(国会議員の秘書が代理出席した場合、秘書の紹介が必要?)

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本として、紹介する側は代理と言う認識は一切持ってはいけません。
胸のバラも名票も席の名札も全て来賓本人のものです。
○○様代理○○様などという紹介もいけません。
祝辞を読むときに代理なら自分で代理と名乗るだけです。

来賓紹介も上に述べた基本の通りです。
代理であろうが無かろうが、本来の来賓の序列、名前で紹介します。
秘書だから紹介しないなどとなると代理を出した方のメンツ丸つぶれです。
紹介されたときに、代理の場合「代理」と名乗るかどうかは、出席者の決める
ことです。(普通は、「代理の○○です」と自分でいいます。)

くどいですが、主催者はとにかく代理も来賓本人と思って扱えばよいです。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q表彰式で表彰される人は、何といいますか?

表彰式で表彰される人は、何といいますか?

表彰式の際に、表彰される人に対し、司会の人が何と呼びかけるかを調べています。

賞を受ける人なら「受賞者」だと思うのですが、では表彰される人は?

「被表彰者」という言葉があるようなのですが、「ひひょうしょうしゃ」と聞いて、表彰される人が自分のことと思ってくれるでしょうか…

Aベストアンサー

こういうものは和語よりも漢語の方がいいと思います。
ウィキペディアで調べたところ、次のような記事がありました。

受彰…顕彰・褒彰・表彰及び顕彰状、褒彰状・表彰状を受けること。

被表彰者…表彰を受ける者。表彰の性格により功労者・受章者・受彰者・受賞者・表彰選手などと称することもある。

以上から【被表彰者】もしくは【受彰者】が適当と思います。
私は【受彰者】をおすすめします。

小さい国語辞書にはないかもしれませんが、変な言葉ではありません。立派に通用します。

(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E5%BD%B0

Q保育園の謝恩会の進行について

 保育園の卒園式後の謝恩会の企画委員になりました。お昼時なので軽食をとったあと、ちょっとしたゲーム、思い出のスライド、先生への花束&記念品贈呈など、内容についてはある程度考えているのですが、どんな式次第で進めていけばよいものでしょうか。たとえば園長先生や担任の先生の挨拶、保護者代表のお礼の言葉など、どのような順番でどのタイミングで入れればよいか、経験された方、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

2年前に私も謝恩会の司会、進行を体験させて頂きました。
簡単ですが参考になると嬉しいです。

(1)代表の子供達と両手をつないで先生一人ずつ入場
(2)開会の言葉
(3)父母代表の挨拶
(4)園への記念品贈呈(目録)
(5)園長の挨拶
(6)会食
(7)ゲーム
(8)先生への記念品贈呈
(9)子供達からのお礼の言葉
(10)思い出の歌合唱
(11)閉会の言葉
(12)先生達との思い出を読み上げながら先生退場
(13)生徒退場

こんな流れでした。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。


人気Q&Aランキング