「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

ホームシアター選びで迷ってます。先日、家電量販店でBOSE321と同じ金額を出すのなら、国産メーカー(例えばパイオニア)の方がいいよとアドバイスを受けました。BOSEがすべて!と思ってたのですが、説明を聞くうちに気が変わりそうです。なんでもいいのでアドバイスをお願いします。それから国産メーカーだとお勧めはどんな機種でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

BOSEでも画面側壁掛け一体型(サブウーファー別箱も込み)出てましたね。


標準30万(HDMI対応)と18万は。でもDTS対応です。

BOSEの3-2-1ってこだわってらっしゃる処が心配です。
http://kakaku.com/item/20451010408/
現行店頭は標準価格通り13万円台、初期版オークション概要3万、

http://kakaku.com/item/K0000061072/
光入力でDTS不対応な、CineMate GS Series II(前2本は基本同じ箱)
現行通販は1万円割安の8万5千も多数。

お持ちのディスクタイトルでDTSや7.1フォーマット収録があるなら、
国産モデルのほうが格段に安くセッティング出来そうですから。
    • good
    • 10

聞き比べて音の違いが分かるなら気に入った方を


人それぞれですが多分あんまり判らないと思いますよ

音の聞こえ方は年を取っていくほど変わるから
    • good
    • 20

すでに適切な回答が出されていますので


タイトルに対して回答するなら

だれもホームシアターならBOSEとは言ってません。
ファッション雑誌にですら広告を出すメーカですので
ブランドネームだけが先行している感もあり、
基本性能は決して高くないです。
趣味の品として見るとメインシステムに据えるメーカーではないですね。


ただし
BOSEでなければいやだ、
とか
友達呼んだ時にBOSEのロゴネームで見栄をはりたいとかなら
大いに贔屓にしてやってください。
    • good
    • 4

”BOSEがすべて!と思ってた”ということでしたら、BOSEが良いと思います。



ホームシアター、何を聴くかにもよりますが、非常に広い範囲の、いろんな音を出す可能性が高いですね。であれば、たとえば音楽中心、などと絞れないですし、再現性よりも聞いて楽しい音の方が良いとも思えます。BOSEはその点では良いと思います。
また、こういう趣味の製品はブランドイメージもとても重要です。デザインもそうですね。だとすると、BOSEは良いとおもいますよ。私も一部使っていますけど。


なお、お店は、悪い品でなければ利益率の良い商品とか、在庫が余っている商品とか、売りたい理由のある商品を薦める可能性もありますね。もちろん、変なものを売ってしまうと次来てもらえないから、ある程度良い品を薦めると思いますけど。
    • good
    • 10

その手の質問をする場合、まず予算が解らないと困るし、また画面と部屋の大きさを書いた方がいいです…というより、欲しくないもの、あるいは物理的に置けないものを勧められるのを防ぐために、ぜひそうしてください。

もし100インチのプロジェクターで専用シアタールームですなんて言う人に2.1chは勧めちゃいけないし、27インチのパーソナルテレビを6畳間に置いている人に、9.1chはダメでしょう。

ただ、もしBOSEの音が好きなんだったら、別に店員がなんと言おうがBOSEを選ぶべきです。スピーカーは各社別個のキャラクターがあるんですが、BOSEは本当に独特です。量感と生っぽい空気感で押してくる傾向なので、好きな人にはこれ以外に考えられないし、反対に合わない人は徹底的に嫌うという、好き嫌いが非常にはっきり分かれるメーカーになります。あとBOSEはとにかく頑丈です。だから業務用に最適。ヤマハはきれいで精密な音が出てくる傾向で、BOSEとは性格が反対になりますかね。

ホームシアターで再生するものが映画ばかりだったら、量感が出やすいBOSEの方が向いていそうな気はします。ただし音楽も聴くよってことになると、もうちょっときれいに聴けないの?っていう不満も出てきそうなので、他社と比べておいた方がいいでしょう。
    • good
    • 6

Roland と並び Boseシステム社の

http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/promotions/entr …

ちなみに 僕は音楽を35年していますけど BOSEのマイクロキューブシステム5.1サラウンドこれに勝てるメーカーは 今のところないと思います

何故ならば 世界最高のイヤホーンと補聴器もBOSEシステム社が作っていますし・・

家電量販店の方たちは、大きな音を普段聞いていらっしゃいますので、耳が難聴になられていると思います

BOSEシステム社のスピーカーは YAMAHAに劣るという方もいらっしゃいますけど、ならば何故からおけBOXのスピーカーは BOSEシステム社のばっかりで部屋が作られているのでしょうか?

パイオニアや DENONなど音楽レコード会社と関係の深い業者が製造したスピーカーは、ソニーにしてもそれなりの音質は期待できます。

しかし 周音デシベル16ビット 800KHZ(キロヘルツ)を主軸とした各日本のメーカーの再生可能音域は、ソニーで言えばアトラックスリーパルス方式を採用していますし、YAMAHAで言えばスタンダードXG音源(世界基準)です。

Roland社と BOSEシステム社の スタンダード音源 XS音源で再生されるマイクロキューブの音域は、F分の1揺らぎ派を再現するには最高のアナログ音源化となります。

人間の聴覚デシベルは、10デシベル~18000デシベルです

通常 会話は3000デシベル~4000デシベルの範囲です 7000デシベルを聞こえないと難聴と言われるようになります。

BOSE システム社のマイクロキューブは、耳にすこし感触のいい音源に加工されている音源ですから、作られた音源は良くないと批判するひとも多いです。

でも スピーカーと音源の質を考えた場合 やっぱり BOSE(楽器メーカー)のシステムと電気メーカーに移行してしまった企業のスピーカーの品質には明らかな差があります。

液晶テレビやDVD機器本体を初め パソコンを含めて収音デシベル(より小さな音を感度良く捕らえる技術)をもった3.5Φイヤホーン端子の機能をBOSEシステム社は持っています。

他のメーカーは ジャックの基準が多少、違いますこの点で後々ノイズを拾い易くなります

BOSE 3・2・1GSX フロントサラウンド DVDホームエンターテインメントシステムは拡張性が高く、どのメーカーのテレビの端子にも対応しています

いちばんわかりやすい選び方は、音響機器ですので 波の音のCDを鳴らして聞いてみてください。

目をつぶって聞いたときに、聴覚から刺激を受ける冷気を感じ取れた効果音で聞けたのは BOSEシステム社のものでした

ここに 購入された方のレビューがあります。ご参考までに
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B0000X45 …
    • good
    • 8

BOSEは独特の設計思想、誰が聞いてもわかりやすい音作り、小型スピーカーが得意と、どちらかというとオーディオに詳しくないユーザー層に人気のメーカーですが、値引きがほとんどなく、割高感はありますね。



ホームシアターもオーディオも趣味の世界なので、単純にメーカーはどこがよい?と聞かれても、機種によっても違いますし、どのような場所に設置するとか、どういう大きさがいいとか、その人の環境と好みで千差万別に変わってきます。
なので、実際お店でいろいろ聞いてみて選ぶのが一番です。
もちろんBOSEの音が好きならBOSEでしょう。好みの話なので。ただイメージで何とかくBOSE、というなら、やはりいろいろなメーカーのものを聞いてみるべきです。
BOSEは宣伝がうまいというか、あらゆる雑誌に広告を載せてオーディオマニア層以外の顧客を多く獲得していますが、その分値引きが渋くてもユーザーは買ってしまうんですよね、他を知らないので。

BOSEの3・2・1シリーズはフロントスピーカーのみ(2.1ch)でサラウンド感を出すシステムですが、センター・リアスピーカーのある5.1chに比べると、臨場感では劣ります。
また、このシリーズはブルーレイのサラウンド(マルチチャンネルPCM・DTS-HD・ドルビーデジタルHD)には対応していません。今となっては、国内ブランドに比べてやや設計の古さが目立ちます。
Lifestyle235だとブルーレイのサラウンドも対応ですが、価格は倍近いですね。
ブルーレイを楽しむなら、3・2・1は選択外になりますよ。

例えばパイオニアなら http://pioneer.jp/hometheater/ のサウンドウイングシリーズが似たような構成です。
    • good
    • 7

BOSEなりの厚みのある設計思想、鳴らし方、というのがあるので


染まってらっしゃるなら、聞き比べして確認いただかないと。
バランスは合ってるけれど、真っ平らな周波数特性じゃないですよね。

「小型サラウンドセット」なので設置や音源ソース影響も大きいし。
また子供が出入りする世帯でしたら、BOSEの極小型サテライトスピーカすら、
倒されたりいじられて、配置がむづかしいとなれば
国産各社の「画面下の一基で壁反射活用」も有りかも。
    • good
    • 2

テレビ、ビデオを中心とした利用ですか。



私は、SACDを中心に(妻クラシック、ピアノ、私JAZZ,クアルテット)
、時々ビデオ利用です。

スピーカーは、ヤマハにし、AVアンプはDENONで、ピアノの音は
矢張り、幾つも聞いて決めました。(ピアノの演奏で、スピーカーを決めました。)
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBOSE AM-10について

現在アンプはドルビーデジタル、DTS対応の物を使ってAM-10を繋げています。アンプにはウーハ-用と5ch分のスピーカー端子がありますがAM-10は5ch分のスピーカー端子にのみ接続し一度ウーハ-部で受けそこから各スピーカーに音を振り分け、低音部分はそのウーハーから出すようになっています。しかしDVD等を再生した時、アンプはウーハー端子へ低音の出力、スピーカーへは各役割の音のみを出力しているのではないかと思います、そうなると現在の使い方では低音部分は繋げていないので本当の5.1chとは違うのでしょうか?最近は安い5.1chスピーカーも出ているのでそちらに買い換えてウーハーの接続も使えた方がいいのか迷っています。どなたかわかりましたら教えて下さい・・・。

Aベストアンサー

 morecrestさんに補足して・・・

 AM-10のウーファー部には「アンプ」が内蔵されていませんので LFE用(0.1ch)としての アンプからのピンコードによる接続では 使用できません。 よってもちろんウーファー部にも それ用の入力端子は付いていません。   最新のAM-10/3では仕様が変わりましたので 対応してきています。 AM-15/16と仕様が同じになりました。

 お手持ちのアンプの記載が無いので「確実」ではないかもしれませんが AVアンプには「スピーカーコンフィグ」という設定項目が必ずあります。 一度ぐらいは見たことがあると思いますが・・・   内容は「お使いのスピーカーの有無」 「同じく大小(ラージ/スモール)」 「同じく視聴ポジションからの距離」等の設定項目です。  

 特に 前者の2項目は必ず設定をする事が必要です。 syunsuke2003さんの場合は次のようになります。 「お使いのスピーカーの有無」・・・  〔フロント・リア・センター〕これらは全て「有り」 サブウーファー(スーパーウーファー)は「無し」となります。  「お使いのスピーカーの大小(ラージ/スモール)」・・・  全チャンネル〔フロント・リア・センター〕とも「大(ラージ)」としてください。 

 この設定では LFE信号は 左右のフロントスピーカーへ送られます。  また「リンゴ大」の大きさのスピーカーにも関わらず「小(スモール)」としない訳は 専用のベースモジュールが存在するからです。(*余談だが サブウーファーの使用が無く 全チャンネルを小(スモール)に設定する事は出来ない。) 

 完全な5.1ch再生を構築したいのなら スーパーウーファーの追加が必要になりますが AM-10は完成度が非常に高く サラウンド再生を楽しまれるのであれば ベストなスピーカーです。 もちろんスーパーウーファーを追加しなくてもです。  スピーカーの配置/向きを突き詰めて配置すれば スピーカーの存在が消え 雄大な音場空間が実現されます。 頑張ってみてください。  また BOSEのスピーカーは アンプのグレードが上がるほど その「凄さ」が出てきます。 末永く使えるスピーカーですから 簡単には諦めず 末永く楽しんでください。 

  

 morecrestさんに補足して・・・

 AM-10のウーファー部には「アンプ」が内蔵されていませんので LFE用(0.1ch)としての アンプからのピンコードによる接続では 使用できません。 よってもちろんウーファー部にも それ用の入力端子は付いていません。   最新のAM-10/3では仕様が変わりましたので 対応してきています。 AM-15/16と仕様が同じになりました。

 お手持ちのアンプの記載が無いので「確実」ではないかもしれませんが AVアンプには「スピーカーコ...続きを読む

QBOSEのスピーカーで101MMは音質は良いのでしょうか??

BOSEのスピーカーで101MMは音質は良いのでしょうか??口コミ等を見るとみんな音質が良いと書いてありますが本当でしょうか??

Aベストアンサー

私はBOSEキライ派です(^^ゞ
でも、101MMは4発持ってます(^^ゞ

あくまでも「キライ派」ということを前提として…ですが、このサイズ&似た価格帯のスピーカを、スピーカ単体の音質のみで「キライ派の耳」で比較の限りでは、例えばJBLのControlシリーズやYAMAHA等の方が、低域高域とも延びが違い、断然音が良いと思ってます。この手の10~12センチウーハ+ツィータの2WAY構成の小型スピーカと比べれば、101MMは高域は寸詰まりだし低域は出ないし…で、高音質オーディオ指向の人が絶賛するのは、個人的には信じられません(^^ゞ

ただ…その「高域低域寸詰まり」な範囲でのバランス感は、BOSEキライ派でも認めざるを得ない絶妙さはありますねぇ。
また、セッティングによる出音の差が非常に少ない…どんなへんてこなセッティングしても、「101です!」という音でしっかり鳴る…という点は、他メーカーではあり得ない特徴ですね。
また、私のような「BOSEキライ派」が、BOSEを嫌う「定番物言い」である『BOSE特有の音のあざとさ』は、101系が一番少ないと思います。

繰り返しですが、スピーカ単体の音質性能だけで「物言い」するなら、101MMは全く大したこと無いスピーカだと思います。同サイズ同価格帯なら、私なんかはYAMAHAのS15なんかの方が段違いに音が良いと思っています。
でも、そんなBOSEキライ派の私でも、「こいつだけは持っておこう」と思わせる、絶妙な魅力のある音のスピーカなのも、認めたくないけど事実ですねぇ(^^ゞ って、結局101だけは手放さず持ってるし(^^ゞ

ただ、「自称:高音質オーディオ指向」なのに、101系2発だけをメインに据えるようなことを推奨している記事等(それも、多分No.3さんなら「なんじゃそら」と言われそうなショボAVアンプをセット推薦とかね(^^ゞ)は、ちょっと詐欺の臭いがすると思いますけどね(^^ゞ

私はBOSEキライ派です(^^ゞ
でも、101MMは4発持ってます(^^ゞ

あくまでも「キライ派」ということを前提として…ですが、このサイズ&似た価格帯のスピーカを、スピーカ単体の音質のみで「キライ派の耳」で比較の限りでは、例えばJBLのControlシリーズやYAMAHA等の方が、低域高域とも延びが違い、断然音が良いと思ってます。この手の10~12センチウーハ+ツィータの2WAY構成の小型スピーカと比べれば、101MMは高域は寸詰まりだし低域は出ないし…で、高音質オーディオ指向の人が絶賛するのは、個人的には信...続きを読む


人気Q&Aランキング