OCNのモバイルに新コース登場!キャンペーン続々開催中

読書が好きです。
恋愛ものよりはこの頃
孤独や絶望を題材にした小説が読んでみたいと思っています。

孤独や絶望によりダメになってしまったり
克服し立ち向かったなど

これらをテーマにした話があればぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私個人のお気に入りではありますが、


ミヒャエル・エンデ作「鏡の中の鏡」「はてしない物語」がおすすめです。

哲学的な風はありますが、
彼の作品はそこはかとなく絶望かつ孤独を感じさせます。
前者は短編集のようなもので、後者は長編のファンタジー小説です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2011/11/07 14:07

レアード・ハント 『インディアナ、インディアナ』


マーガレット・アトウッド
『オリクスとクレイク』 『昏き目の殺人者』
コニー・ウィリス 『航路』 『ドゥームズ デイ・ブック』
チャーリー・フレッチャー
『ストーン ハート』 『アイアン ハンド』 『シルバー タン』
イスマイル・カダレ
『誰がドルンチナを連れ戻したか』 『夢宮殿』
パスカル・キニャール
『舌の先まで出かかった名前』 『めぐり逢う朝』
クリストファー・プリースト
『双生児』 『奇術師』 『魔法』
ジェフリー・フォード
『白い果実』 『記憶の書』 『緑のヴェール』
スティーヴ・エリクソン 『ルビコン・ビーチ』
スティーヴン・ミルハウザー 『マーティン・ドレスラーの夢』
マイケル・カニンガム 『星々の生まれるところ』
ル・クレジオ 『調書』 『砂漠』
ポール・オースター 『幽霊たち』 『偶然の音楽』
『最後の物たちの国で』
アレックス・ガーランド 『コーマ 昏睡』
ドン・デリーロ 『ボディ・アーティスト』
ジョナサン・キャロル 『犬博物館の外で』
マイケル・マーシャル・スミス 『みんな 行ってしまう』
ジェラルディン・マコックラン 『ティムール国の象使い』
アレックス・シアラー 『スノードーム』
エリザベス・ムーン 『くらやみの速さは どれくらい』
アリス・シーボルト 『ラブリー・ボーン』
スーザン・パルウィック 『いつもの空を 飛びまわり』
ジャン・エシュノーズ 『ぼくは行くよ』 『ピアノ・ソロ』
パトリック・ドゥヴィル 『花火』
オーガスト・ダーレス 『淋しい場所』
ジョン・バンヴィル 『海に帰る日』
W・G・ゼーバルト 『目眩まし』 『土星の環』
梶井 基次郎 『檸檬』
水森 サトリ 『でかい月だな』
などは、いかがでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2011/11/07 14:07

絶望的な状況に立ち向かって奇跡的な生還というハッピーエンドの物語



○アポロ13 関係
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83 …
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83 …
宇宙空間で致命的な事故に遭遇した宇宙船の乗組員が生還する話です。

○シャクルトン 関係
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83 …
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83 …
南極海で遭難、救援も得られないまま1年半も彷徨って全員が生還

両方とも実話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2011/11/07 14:07

絶版なので手に入れるのは難しいですが...



ジュゼッペ・M・スコテーゼ/上条由紀「奇跡の詩」集英社コバルト文庫・集英社ノベルス
ジャングルに墜落した飛行機の生存者の少女がひとりで生還する実話(同名映画のノベライズ)

若桜木虔「白球を叩け!」集英社コバルト文庫
心臓病の患者が卓球大会に出場し優勝する話。実話モデル(崔正淑)がいます。
※映画「きらめきの季節」の原作

若桜木虔「白球よ輝け!」集英社コバルト文庫
難聴の患者が卓球大会に出場し優勝する話。実話モデル(竹島春美)がいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2011/11/07 14:07

アラン・シリトー『長距離ランナーの孤独』。


吉村昭『漂流』。
トランボー『ジョニーは戦場に行った』。
三浦綾子『泥流地帯』。
大岡昇平『野火』。
高野和明『幽霊人命救助隊』。
奥田英朗『最悪』。
小松左京『日本沈没』。
遠藤周作『沈黙』。
車谷長吉『赤目四十八滝心中未遂』。
デュマ『巌窟王』。
ガラード『世界最悪の旅』。
新田次郎『八甲田山 死の彷徨』『強力伝』『怒る富士』。
佐木隆三『慟哭』。
ドストエフスキー『罪と罰』。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2011/11/07 14:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虚無感に苛まれてる人におすすめの小説は?

ありますでしょうか?
現在、原因不明の虚無感に襲われています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3437189.html

何故、自分が虚無感を感じているのか?
虚無とはそもそも一体難なのか?
私はどうすればよいのか?

今は何もする気が起きません…。
いえ、だいぶ前からずっとこんな調子です。
しかし、仕事があるから、付き合いがあるから、生活があるから、こんな調子で毎日動いています。
その一方で、この人生がどこかで終止符が打たれないかと待ち望む自分がいます。

こんな自分に、虚無とは何か、どうすればよいのか、気づかせてくれる小説はありますでしょうか?
現在、 滝本 竜彦先生の超人論、NHKへようこそ、上遠野浩平先生のブギーポップを知人に薦められ読んでいます。
他におすすめの御本はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

私がかつて人生のドン底にあったとき…絶望と苦悩で発狂寸前でしたが…立ち直らせてくれた本がありました。

『自我の終焉』(J・クリシュナムルティ著/篠崎書林)

小説ではないので恐縮ですが、著者のジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986)は日本では知る人ぞ知るといった程度の認識度ですが、世界的には超有名な孤高の思想家で、20世紀最大の思想家とまで賞賛され欧米では非常に評価の高い人です。彼から絶大な影響を受けた欧米の超一流各界人(作家・思想家・芸術家・科学者等々)は枚挙にいとまがないほどで、彼の死は世界的ニュースとなりインド政府は国葬を行って(彼はインド系アメリカ人)偉大な生涯を讃えました。

日本では宗教家と勘違いしている人もいるようですが、彼は神や霊魂といった形而上的テーマにはまったく触れず、人間の精神の根底にある虚無感・孤独感・恐怖とは何なのか、果てしない苦悩に終焉はあるのか、といったテーマで世界中を語り歩き続けた人です。
そのスタイルや思想の類似性から現代の仏陀とも称されましたが、多くの著作も書き残しています。上記の本は数ある著作の中でも定番中の定番で、彼の思想のすべてがが比較的わかりやすく網羅されています。

この本は幸福で満ち足りている人より、苦悩している人にこそオススメしたい本です。私自身、彼の言葉が絶望で打ちひしがれた私の心に真綿が水を吸うように浸透していき、この人は極限の苦悩を体験した人に違いないと思ったものです。
ライト・ノベルのように気軽に読める内容ではありませんが、かといって難解で理解に苦しむという内容でもありませんし、もちろん宗教嫌いの人(私もその一人)にもまったく抵抗ないと思います。

私はこの本との出会いがきっかけで人生観が激変しましたが、あくまで私の個人的体験なので質問者さまのお悩みの解決につながるかどうかはわかりませんけれども…もし興味を持たれましたらお暇なときでもご一読されてみてはいかがでしょうか。

はじめまして。

私がかつて人生のドン底にあったとき…絶望と苦悩で発狂寸前でしたが…立ち直らせてくれた本がありました。

『自我の終焉』(J・クリシュナムルティ著/篠崎書林)

小説ではないので恐縮ですが、著者のジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986)は日本では知る人ぞ知るといった程度の認識度ですが、世界的には超有名な孤高の思想家で、20世紀最大の思想家とまで賞賛され欧米では非常に評価の高い人です。彼から絶大な影響を受けた欧米の超一流各界人(作家・思想家・芸術家・科学者等々)は...続きを読む

Q他人や世界を憎む孤独な男が主役の文学作品を教えて下

僕は親の支援で大学に通い何不自由なく暮らしています。
趣味も勉強もあるし友達もたくさんいて毎日充実しています。
しかし常に過剰な憎しみや嫉妬や妬みが自分の中に渦巻いているのを感じます
これらは古い失恋と、過剰な孤独感から来ています。
自分が周りの人たちと全く異質なものに思えるのです。
そして研究や価値観で自分を理解してくれない連中をいつか分からせてやりたいという願望があります。

そこで先日このような詩を見つけ衝撃を受けました
http://www.uta-net.com/song/10985/
http://www.uta-net.com/song/146530/
まるで自分ではないかと思いました。
ロックバンドの詩ですので、
過去の文学作品にはもっと自分がもとめるようなものがあるのではと思います。
(自分はあまり本を読みません)
人間失格は読んだことがありますが、自分が異質に感じるという点で深く共感できました。


たくさん本を読んでいる方で、君に良い本があるよという方はどうかお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるほど、そうなんですか。
とりあえず、
人格障害か、パーソナリティ障害かで
検索して、該当する記述がないか、
精密、丁寧に、読み込んでみませんか。
因みに、
太宰治さんは、NPDであるという人がいますが
私は、彼はBPDではないかと思っています。
ということで、NPDとBPDの複合型かもしれません。
彼の言葉では
Anyway, you can be sure of one thing,
a man's got to fake just to say alive. (太宰治『斜陽』:Donald Keene訳)
が好きです。

読書は、素晴らしいのですが……考えながら
読むことが大切ではないでしょうか。
私のお勧めは、ドストエフスキー、アルベール・カミユ、
魯迅、アースキン・コードウェル、ロマン・ロラン。
フランツ・カフカ等の作品を読んでみてください。

憎悪や妬みの根源にあるのは、質問者さまの才能を
理解してくれない人や
理解しようという姿勢すら見せてくれない人たちへの
怒りの感情なのでしょうね。
人は、不幸な出来事によって不幸になるのではない。
そのことを不幸だと思うから不幸になる。   (Viktor・E・Frankle)
という彼フランクルの『夜と霧』も、お勧めです。

〈ふろく〉
一番悲しい熱情とは憎悪である (Benedictus de Spinoza)
怒りは常に愚考に始まり悔恨に終わる。  (Pythagoras 古代ギリシャの数学者)
人を憎んでばかりいると、いつか、自分が鬼になるぞ。  (佐伯俊道)
弱者は決して許すことができない。
許しとは強者の態度である。 (Mahatma Gandhi)
許すには、心の部屋を1つだけ増やせばいい。 (『私の頭の中の消しゴム』)
質問者さまが許すことができたときが、新生の
始まりなのではないでしょうか。

The joy of living is the joy of giving. (『Lover Come Back』)
いまいま可能なことで、お役に立ちこと、
与えることを展開できれば魂の救いになるでしょう。

外界は自分の心の鏡である。   (Orison Swett Marden)
Good Luck!

なるほど、そうなんですか。
とりあえず、
人格障害か、パーソナリティ障害かで
検索して、該当する記述がないか、
精密、丁寧に、読み込んでみませんか。
因みに、
太宰治さんは、NPDであるという人がいますが
私は、彼はBPDではないかと思っています。
ということで、NPDとBPDの複合型かもしれません。
彼の言葉では
Anyway, you can be sure of one thing,
a man's got to fake just to say alive. (太宰治『斜陽』:Donald Keene訳)
が好きです。

読書は、素晴らしいのですが……考えながら
...続きを読む

Q孤独な人向けの本

孤独から逃げる、孤独を癒す安易な本では無く孤独と向き合う人の為の本で
お奨めの本が有りましたら教えて下さい。

エッセイ、孤独な主人公が登場する小説等何でも結構です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

村上春樹 風の声を聴け 講談社文庫
村上春樹 1973年のピンボール 講談社文庫
村上春樹 羊を巡る冒険 講談社文庫
太宰治 斜陽 集英社文庫
太宰治 人間失格 集英社文庫
太宰治 走れメロス 集英社文庫
太宰治 女生徒 角川文庫
志賀直哉 清兵衛と瓢箪・小僧の神様 集英社文庫
本谷有希子 腑抜けども悲しみの愛を見せよ 講談社文庫
本谷有希子 生きているだけで、愛 新潮文庫
本谷有希子 江利子と絶対 講談社文庫
大江健三郎 取り替え子 講談社文庫
大江健三郎 さようなら私の本よ! 講談社文庫
三田誠広 いちご同盟 集英社文庫
三田誠広 春のソナタ 集英社文庫
三田誠広 永遠の放課後 集英社文庫
恩田陸 光の帝国ー常野物語 集英社文庫
恩田陸 蒲公英草紙ー常野物語 集英社文庫
恩田陸 エンドゲームー常野物語 集英社文庫
栗田有起 お縫いっ子テルミー 集英社文庫
栗田有起 オテル・モル 集英社文庫
栗田有起 マルコの夢 集英社文庫
東野圭吾 白夜行 集英社文庫
東野圭吾 幻夜 集英社文庫

Q哲学的な考えさせられる深い小説を教えてください

村上春樹の世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドの「世界の終り」や(ハードボイルド・ワンダーランドはあまり好きではないです)

アニメの灰羽連盟、Lainような世界観のような物で考えさせられる小説を探しています。

ジャンルとしては哲学、量子力学、並行世界、精神世界、幻想的な世界観の物が好きです。
考察など入っていると良いです。宗教や神話なども少し混ざっていてもOKです。

ラノベなどでも構いません。

友人に森博嗣の百年シリーズを借りたのですが世界観は好きです。
でも考えさせられるか?というのとは少し違った感じでした。

詳しい方よろしくお願いします。

それとドストエフスキーの罪と罰やカラマーゾフの兄弟も少し興味があるのですがこちらは人間の心理などを描いた物なのでしょうか?

Aベストアンサー

パスカル・キニャール 『舌の先まで出かかった名前』
『アプロネニア・アウィティアの柘植の板』
イスマイル・カダレ 『誰がドルンチナを連れ戻したか』 『夢宮殿』
ジョン・バンヴィル 『ケプラーの憂鬱』 『コペルニクス博士』
ミロラド・パヴィチ 『ハザール事典(男性版)(女性版)』
コニー・ウィリス 『航路』
ケイト・ウィルヘルム 『杜松の時』
ドゥニ・ゲジ 『ゼロの迷宮』
スカーレット・トマス 『 Y 氏の終わり』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』
キアラン・カーソン 『シャムロック・ティー』 『琥珀採り』
ヘルマン・ヘッセ 『ガラス玉演技』
クリストファー・プリースト 『双生児』 『逆転世界』
J・M・G・ル・クレジオ 『海を見たことがなかった少年 モンドほか子供たちの物語』
アーシュラ・K・ル=グウィン 『ラウィーニア』
『ギフト』 『ヴォイス』 『パワー』
アレックス・シアラー 『青空のむこう』 『スノー・ドーム』
チャイナ・ミエヴィル 『都市と都市』 『ぺルディード・ストリート・ステーション』
スティーヴ・エリクソン 『ルビコン・ビーチ』
ドン・デリーロ 『ボディ・アーティスト』 『白い部屋』
アレックス・ガーランド 『昏睡 コーマ』
コードウェイナー・スミス 『鼠と竜のゲーム』 『ノーストリリア』
オースン・スコットカード 『エンダーのゲーム』
ジョー・ホールドマン 『終わりなき戦い』
ブルース・スターリング 『スキズマトリックス』
ボブ・ショウ 『眩暈』 『去りにし日々、今ひとたびの幻』
フィリップ・K・ディック 『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』
『暗闇のスキャナー』 『流れよ我が涙、と警官は言った』
ロバート・チャールズ・ウィルスン 『時間封鎖』『無限記憶』『連環宇宙』
などは、いかがでしょうか

パスカル・キニャール 『舌の先まで出かかった名前』
『アプロネニア・アウィティアの柘植の板』
イスマイル・カダレ 『誰がドルンチナを連れ戻したか』 『夢宮殿』
ジョン・バンヴィル 『ケプラーの憂鬱』 『コペルニクス博士』
ミロラド・パヴィチ 『ハザール事典(男性版)(女性版)』
コニー・ウィリス 『航路』
ケイト・ウィルヘルム 『杜松の時』
ドゥニ・ゲジ 『ゼロの迷宮』
スカーレット・トマス 『 Y 氏の終わり』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』
キアラン・カーソン 『シャムロック・テ...続きを読む

Q救いの無い小説ありますか?

どうしようもないくらい救いの無い小説。
軽く鬱になるような小説探してます。

ジャンルは問いませんが、舞台は現代のほうが感情移入がしやすくていいです。
単に残虐な殺され方をされるだけや、陵辱はご遠慮願います。
また、作品自体が救い様の無い駄作とかは無しです。

読んだ感想なぞも添えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米澤穂信「ボトルネック」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4103014717
残酷な青春小説です(残虐殺人・陵辱は無し)。
主人公の「僕」が今生きている現実とは微妙にずれがある別世界へ入り込んでしまう話なのですが、全くの異世界ではないのでSF嫌いの人でも抵抗はないと思います。
ずっと暗いまま話は続きますが、読み終わった後の辛さが格別な作品です。
アマゾンのレビューでも評判がいいようですね。

Qおすすめの暗い小説。。

とても暗くて、重く、狂気の世界で後味が悪い。
救いようのないほど酷いもので、しばらく(気持ちが)重くなり憂鬱になる
小説を探しています。
小説だけでなく、映画でも良いものがありましたら教えて下さい。
初めから最後までずっとただ暗いだけのものでもいいです。
具体的でなくてごめんなさい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ノンフィクションです。

○津山三十人殺し~日本犯罪史上空前の惨劇  筑波昭

昭和13年、一夜にして30人の村人を惨殺した空前絶後の事件です。

○子供たちは森に消えた  ロバート・カレン/著 広瀬順弘/訳

ロシアの「ロストフの切り裂き魔」アンドレイ・チカチーロの事件。

当時のロシアの社会問題、50人以上を殺害した犯人の犯行を読むと 暗くなる事、請け合いです。

○サイコ  ロバート・ブロック/著 福島正実/訳

ヒッチコックの映画「サイコ」はこの事件をネタに作られたそうです。

殺人者エドワード・ゲインの狂気と犯行を書いてます。



救いの無いただただ暗く陰惨な事件は、小説より現実の世界に多い様です。

私はノンフィクションの犯罪小説が好きで、結構沢山読みますが 本当、世界には物凄い事件がありますよ。

お好みの内容でなかったら、申し訳ありません。

Q渋くて、ニヒルで、虚無主義的な小説を教えて下さい!(できるだけ最近の)

こんにちわ、hanbulkerと申します、自分は今、
渋いとかニヒルとか虚無主義とゆう言葉に、興味があるのですが、
辞書を引いても、たとえばどんな感じなのか、
そういったものが具体的にどういった状況を指すのか、よく分かりません。
なので小説に詳しい方ニヒルといえばこれ!とか、虚無的といえばこれ!、
みたいな作品がありましたら、是非教えて下さい!。

また、ハードボイルドというのも、興味があるのでよろしければ、
そのような作品も教えて下さい!。ただし、
北方謙三先生以外でお願いします。
(できればここ15年以内に出版された作品でお願いします。)
↑色々質問が多くてすみません。

Aベストアンサー

藤原伊織さんの作品なんかどうでしょうか。
江戸川乱歩賞を受賞した「テロリストのパラソル」(講談社文庫)が有名ですが、初期の作品を集めた「ダックスフントのワープ」が私は好きです。
その他、文庫化されているのは「蚊トンボ白髭の冒険」(ちょっとファンタジー?)、「ひまわりの祝祭」(甘党主人公のハードボイルド)、「雪が降る」(短編集)、「てのひらの闇」(元やくざのリーマンが活躍)など。

エンターテイメントが多いかな…。

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Q孤独感・虚無感のある本

こんにちは。
音楽制作を趣味としているものです。
今度、孤独・虚無を感じるような曲を作りたいと思っていますが、
何か作品を読んでから、その世界観にそって作曲を行おうかと思っています。

そこで、皆様の知恵をお借りしたいのです。
もし以下の条件に当てはまる作品(コミックでも可)がありましたら、
教えていただきたいのですが・・・。


■孤独・虚無が大きなテーマとなっているもの
■現実的なものであれば、極端に内容が重くないもの
■ファンタジーであれば、重くても可
■印象派絵画のような世界観(これは必須ではない)
■キャラが立ちすぎておらず、出来れば全体的にもや~っとした感じ(必須ではない)
■切なさや悲しみが胸に響くような、そしてその余韻も長く残るようなもの


上の条件に当てはまるものの例として、
ゲームですが『ico』という作品があります。
世界観や設定(虚無感が特に)がドンピシャな作品でした。
宮部みゆき氏の同名の小説はちょっとアレでしたが・・・。


少しワガママになっているとは思いますが、
お暇な時にでも回答いただけると幸いです。
つたない文章ではありますが、よろしくお願いします。

こんにちは。
音楽制作を趣味としているものです。
今度、孤独・虚無を感じるような曲を作りたいと思っていますが、
何か作品を読んでから、その世界観にそって作曲を行おうかと思っています。

そこで、皆様の知恵をお借りしたいのです。
もし以下の条件に当てはまる作品(コミックでも可)がありましたら、
教えていただきたいのですが・・・。


■孤独・虚無が大きなテーマとなっているもの
■現実的なものであれば、極端に内容が重くないもの
■ファンタジーであれば、重くても可
■印象派絵画のよ...続きを読む

Aベストアンサー

うーん・・・
なかなか、暗すぎる作品は売れないので、作品自体が少ないのでは。。

アニメ
「NIGHT HEAD GENESIS」
http://ja.wikipedia.org/wiki/NIGHT_HEAD_GENESIS
強力な超能力のために、研究所に隔離されていた霧原兄弟。
その二人が、研究所を脱出することから、物語は始まる。
物質文明に溺れる人間に、破滅と希望を投げかける。


悲しいというより、荒廃的な感じです・・。

参考までに。

Q重い小説探してます

重くて暗い内容の小説を探しています。
今まで読んで、重いけど好きな小説は、
「永遠の仔」「沈まぬ太陽」「氷点」がトップ3という感じです。
こういう系統のものでお勧めがあれば教えてください。
グロテスク、狂気すぎるのはちょっと違うかなと思います。

上記以外で最近好きな作家は、雫井修介、三浦しをん、奥田英朗、市川拓司

ほとんど読破しているので避けて欲しい作家は、宮部みゆき、東野圭吾、重松清、高村薫、貫井徳郎、貴志祐介、恩田陸

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遠藤周作の「海と毒薬」はどうでしょうか?
かなり前に読んで、重い気持ちになったのを憶えています。
あなたのトップ3がすべて文庫で2冊以上の大長編だから、「海と毒薬」は薄い本なので、少し物足りないかも・・・。
でも、重厚な雰囲気は充分味わえます。
あと、大岡昇平の「野火」や、系統は違いますが、安部公房の「砂の女」なども、最後に感慨深いものがありお勧めです。
やはりどれも、文庫1冊分の小説ですが、気になったら読んでみてください。


人気Q&Aランキング