【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

携帯電話の充電器を使用後、携帯に繋ぐ方のコネクタを外し
布団やじゅうたん等の上に置いたまま、
反対のプラグはコンセントに挿したままの状態です。
この様な状態は火災の危険があると思うのですが、この考え方は
間違っているのでしょうか?
電気に詳しい方教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

携帯に繋ぐ方のコネクタを外し布団やじゅうたん等の上に置いたままでも大丈夫ですが、反対のプラグはコンセントに挿したままの状態は、携帯電話の充電器が通電状態なので、火災の危険を心配されるなら使用後はプラグはコンセントから抜いておく方が安全です。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

有り難う御座いました。

お礼日時:2011/12/08 19:41

充電器の出力電圧は5V程度です。

プラグ側では、シヨートさせたり、尿などで濡らしたりしない限り発火に至る事はまず無いでしょう。

どちらかと言うと、充電器の方が誤接続や製造上の欠陥があった場合に発火の恐れがあります。
↓誤接続による火災の例。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20111006_8.pdf
↓携帯電話ではありませんが充電器の火災の例。
http://www.fdma.go.jp/ugoki/h2201/2201_25.pdf
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難う御座いました。

お礼日時:2011/12/08 19:42

濡れたりしない限りは問題有りません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。

お礼日時:2011/12/08 19:43

特に問題はありません



が プラグは抜くほうが望ましいです(つまずいたりしないように)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。

お礼日時:2011/12/08 19:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q充電器をコンセントにさしっぱなしは通電してる?

母からスマホの充電器を指しっぱなしにするなといつも注意されます。
スマホを外したあと、充電器だけつけていても通電しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 ある程度回答は出揃っていますが、問題はお母様への説得材料でしょうから、それを踏まえて説明します。

 まず、結論としてはアダプターはつけっぱなしでいいということです。理由は「現在のACアダプタはほぼ全てがスイッチング式だから、つなぎっぱなしでも電気をほとんど消費しないから」です。

 ACアダプタは昔ながらのトランス式と最近のスイッチング式とがあり、トランス式はたしかにコンセントに挿しっぱなしでも電力を消費しますが、スイッチング式は全くといっていいほど消費しないのです。試しに家にあるiPhoneの充電器をデジタルクランプメーターで計ってみましたが、わずか0.001アンペア(0.1ワット)に過ぎませんでした。400円で買ったどこぞと知れない中国メーカー製のものですら0.003アンペアです。

 0.001アンペアとは、月額の電気代が1.8円程度でしかなく、冷蔵庫(最新式でも40ワット程度)や浄化槽のモーター(35~75ワット)などと比較すれば誤差程度のものでしか無いのです。これを気にするのはあまりにもナンセンスという感じでしょう。確かにごく微量でも節電できるのならとは言えますけれどね。どうしてもということなら個別に差込口の電源が切れるスイッチ付き電源タップなどを使用すると足先などで一発で電源断ができるので便利なのではないでしょうか。ただ、こういうのにはLEDランプが付いているので、逆にアダプタの待機電力よりも電気を消費するでしょうけどね。お母様の説得用としては使えるかも。
 http://www.google.com/search?q=%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E4%BB%98%E3%81%8D%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97&num=100&lr=lang_ja&safe=off&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=lS6kUaeoE8SWkwXo54DoCA&ved=0CAoQ_AUoAQ&biw=1051&bih=900

 ACアダプタを抜いたほうがいいというのはトランス式が一般的だった20~30年前によく言われていた時代の名残です。「なぜ抜いたほうがいいのか?」ということに疑問を持たないマスコミが未だに繰り返し言い続けているだけです。トランス式は現在ではごく一部のマニア向けオーディオ機器くらいにしか採用されていない形式ですので、一般家庭ではまず意識しなくて大丈夫です。

 トランス式とスイッチング式の簡単な判断基準は機器を外してアダプタのみをコンセントにつないで1時間ほど放置し、触ってみて熱くなっているようならトランス式、なってないならスイッチング式です。見た目も異なり、トランス式は低出力の物でもずっしりと重く巨大な本体をしています。そしてスマホのアダプタは確実にスイッチング式と言い切れますので、確かめる必要すらないでしょう。たかだか充電器に高価で非エコなトランス式を採用するとは思えません。

 ある程度回答は出揃っていますが、問題はお母様への説得材料でしょうから、それを踏まえて説明します。

 まず、結論としてはアダプターはつけっぱなしでいいということです。理由は「現在のACアダプタはほぼ全てがスイッチング式だから、つなぎっぱなしでも電気をほとんど消費しないから」です。

 ACアダプタは昔ながらのトランス式と最近のスイッチング式とがあり、トランス式はたしかにコンセントに挿しっぱなしでも電力を消費しますが、スイッチング式は全くといっていいほど消費しないのです。試しに家...続きを読む

Qコンセントに電源コードだけつないでいる状態は危険?

コンセントに電源コードだけつないでいる状態は危険でしょうか?
例えば、携帯電話の充電コードをコンセントに差しっぱなしで、充電するときだけ携帯電話機を取り付けるといったことをすると、ふだんは電源コードの先が開放(?)されたままで放置されている状態になりますが、電磁波や火事の危険性などが高いのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問にあるような、小型家電用の充電器の端子電圧は、乾電池(数V)と同等なので、

乾電池を放置している状況に等しいです。

この程度の電力なので、発火する可能性はありません。


また、電磁波に関しても、電流が流れてはじめて、電磁波が発生するので、
その心配もありません。
(※端子が開放されたままなので、電流は流れない。
  ただし、ACコンセントに接続している部分は、変圧器が内蔵されているので、
 若干の電磁波は発生しています。)

Qコンセントを入れっぱなしでも火事にならない?

ポットのコンセントを入れっぱなしです。

このようにコンセントを入れっぱなしでも
火事にならないのでしょうか?

旅行とか行くときはもちろん抜いた方が
よいでしょうが、どの程度大丈夫だといえるの
でしょうか?

もちろん何十年も使ったポットなら火事に
なりそうな気がしますが、そこまで古いものでは
ありません。

Aベストアンサー

4番です。
>ほこりをかぶらないキャップも買ってきました。
私の場合には.長期間指したままのコンセントは天井面に張りつけるようにコンセントを取りつけているので構造上ほこりが入らないのです。
あるいは.工作物規定の「点検用」設備としてボックスの中にあります。

キャップの使用経験がありません。

Q携帯をずっと充電しっぱなしにしたら。。。

ずっと家において使っている携帯があります。

で、約1週間くらいで電池が切れるので充電をしているのですが、電池は、充放電を繰り返すと、1~2年くらいで、だんだん使用可能時間が短くなってきますよね。

家にずっと置いてある携帯に関しては、ずっと充電用のコンセントを指したままにしておいたほうがよいのでしょうか。
そうすると電池の寿命は長持ちしますか。
この携帯は使う頻度はかなり低いのですが、必ずONにしておかないといけないのです。


たまに、この携帯も外へ持ち運ぶこともあるのですが、外出用は基本的に別にあります。

充電用のコンセントをずっと指しっぱなしにした場合の利点、問題点、あれば、教えてください。

ちなみに、普通の電話の子機とかは、ずっと充電スタンドに置きっぱなしですよね。

同じ理屈で大丈夫なのかな?

Aベストアンサー

>で、わたしが期待しているのは、充電用コードを差しっぱなしにした場合、そのまま携帯を使うときは、バッテリーの電気が使われるのではなく、100Vからの電気が使われるのでは、という期待です。
→残念ながら、其れはありません。(ずっと以前なら有りましたけれど)
 と言うのも、最近の携帯電話は「最小化」・「軽量化」を図る為、余計な回路は
 搭載していません。
 その為、2系統の電源を確保せず、必ず、電池側からの電気を使用する事に
 なっています。
  #電源直接に繋ぐ為には、途中に整流回路を組む必要がある為。
 ですので、電源を挿しながら使用しても、電気はバッテリーから取られる為、
 必ず、消費→充電→消費が短いサイクルで発生します。

 確認は、電池パックを外して充電器を挿し、電源がON出来るかどうかで
 確認出来ますね。
  #最近の機種で有れば、電源ON出来ないと思います。

Q火事対策 コンセントを抜くのは意味ある?

先日家の近くで火事があり、火事に敏感になってしまいました。

私は一人暮らしのワンルームに住んでいます。
タバコは吸いません。
キッチンにはIH100Vが一つあります。

外出する時は、冷蔵庫以外の電源を抜いて出かけています。
たこ足になっていて、
・パソコン
・モデム
・モニター
・掃除機
・アイロン
・ドライヤ
・スピーカー
等が刺さっています。

これ以上対策することはありますでしょうか?
そもそも
コンセントを抜くことは対策になるのか教えてください。

コンセントをさしっぱにしていても家事になる確率が低かったり
意味がなかったらやめようと思っています。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

毎日コンセントを抜き差しすると、コンセントが痛みぐらぐらになります。
数年後壁のコンセントの取り替えをしたほうが良い。
ぐらぐらになると接触不良で加熱することがある。

頻繁に抜き差ししている場合、埃が溜まることはないと思うためトラッキング火災にはなりにくい。

素人や自分で作ったような、タップは使用しない。

コードは極力短い物を使用し、まとめて結束しない。

週1回程度なら抜いた方が確認もできて良いと思う。
毎日抜くなら、少しでも緩くなったコンセントは取り換えてもらうべき。

Q充電製品は過充電に注意ですか?

 先日、充電電池は過充電によって劣化が早まるという話を聞きました

 てっきり充電製品は充電が完了したら、自動的に充電が止まるようになっていると思っていたんですが、ちゃんと時間を計ってコンセントから抜いたり、タイマーを付けたりしたほうがいいのでしょうか?

 パソコンや携帯などのハイテク製品も自動で判断して勝手に充電が止まってくれるわけではなく、自分でコンセントから抜いたりするべきなんでしょうか?

Aベストアンサー

産業用の機器だと、自動で充電が止まらないものがたまにありますけど、民生機器では故障でもしていない限り、それはあり得ません。なので過充電を気にすることはないです。

民生機器の場合は過充電よりも、満充電付近での充放電を繰り返すことが最もバッテリーを痛める最悪の使われ方です。ノートPCをコンセントにつなぎっぱなしで使うと、バッテリーはどうしても自然放電するのでちょっとだけ減り、それで充電がかかって満タンになる、という繰り返しパターンになりますが、まさしく最悪の使い方をしていることになります。これは、バッテリーの種類がニッカドでもリチウムイオンでも同じです。

なのでPCの機種によっては、充電を80%とかで止めてしまう設定ができるものもあります。そうした設定がなければ、普段はバッテリーを外しておくとかの工夫が必要です。

Qスマホの充電器は使用していない時はコンセントから外さないと火災の危険などあるのですか?

スマホの充電器は使用していない時はコンセントから外さないと火災の危険などあるのですか?

Aベストアンサー

なくはないというところです。
火災の可能性は2つ。
1つは、コンセント部分に埃がたまっていて、そこから火災。
もう1つは充電器内で断線等していてショートして火災。

コンセントをきれいにして、充電器は高温になることがあるので燃えやすい布団などのうえには放置しないことです。
数円ですが電気代もかかるので、さしっぱなしでなくそのたび抜けば心配は減ると思います。

Qコンセントってまめに抜いたほうがいいんでしょうか

こんにちは。

実家では掃除機などはもちろん、テレビなども使わないときはコンセントを
抜いています。そのほうが節電・電気製品も長持ちする、と信じているよう
です。
私もそのような親に育てられて、そう信じてきました。

でも実際にはどうなのかな? と思って書き込みします。
節電はできるかもしれませんが、電気製品の寿命についてはどんなもんで
しょうか。

Aベストアンサー

節電と電気製品も長持ちとでは異なります。
また、電気器具によっても異なります。

まず寿命ですが、コンセントを抜き差ししない方がコンセントの寿命は長くなります。また、機械的に動く部分を持っていない電気器具は一般的に常時通電した方が長持ちします。
電灯、蛍光灯やテレビ等は電源オンオフ時にかかるストレスが一番寿命を縮めます。電源オン時に通常の10倍~40倍の電流が流れます。(突入電流と言います)その為、20~30分後に再び通電する事が分かっていればそのまま通電した方が長持ちします(電球製造会社は電球が壊れないと商売になりませんのでこの突入電流を利用してある程度使用すると壊れる様に設計しています)。テレビも同様で、電源オン時にテレビから「チリチリ」とか「ジジー」とかと言った音が聞こえると思いますがこれは高電圧を発生する際に生じる静電気の影響ですが、これが大きなストレスを与えます。

洗濯機や掃除機、ミキサーをはじめとするモーターが内臓されている機器はモーターの寿命がありますのでこまめにオンオフを繰り返した方が賢明です。トースターや電熱器等ヒーターが入っているものもこまめなオンオフをお勧めします。

節電と言う点から考えますと2つに分類できます。
一つ目はACコンセントに直接スイッチが入っており電源オフ時に完全に電流が遮断されるもの。
二つ目は電源スイッチをオフしてもタイマーとかリモコン回路が動作して微弱な電流が流れているものです。

後者を見分ける基準は、電源オフ時でも何らかの表示(時計とか小さなランプ)が付いているもの、リモコンで電源のオンオフが可能なもの(テレビやビデオ、石油ファンヒーター等)、時間が来れば自動的に動作が開始するもの(炊飯器、洗濯機)です。また、充電器やノートパソコンもこれに分類されます。エアコンや扇風機等もこれに分類されます。別な見方をすればマイコン内臓機器はほとんどこれに分類されます。

前者はほとんどの掃除機や台所のファン、単純機能のトースターやオーブンレンジ(時刻表示なしものの)ですが最近は少なくなりました。

つまり、後者の製品が増加して来たので待機電力が話題になって来た事と思います。

コンセントの抜き差しですが、電源をオフにした後に抜き差しする事をお勧めします。また、コンセントは(壁に取り付けてあるコンセントを含みます)定期的に抜き差しの際に必要な力を確認して下さい。圧力が弱くなったり壊れかけたコンセントはコンセント自体が熱を持ち火災の危険があります。
つまり、コンセントは頻繁に抜き差しすると良くないし、接続したままだとホコリ等の問題で火災の危険性が大きくなります。適当な掃除が必要と言う事でしょうか。

節電とエコロジーはことなります。
電源スイッチ付のコンセントを製造・使用する際に使われるエネルギー(プラスチック製造、成形、梱包、輸送、販売)と待機電力を押さえた際のエネルギー量をエコロジー的立場から考えますと決して省エネとは考えられません。
また、価格も2,000円前後しますので電気代を2,000円も節電するとなると使い方にもよりますが数年~10年くらいはかかると思います。

余談ですが、太陽熱温水器や太陽熱発電もそれを作る際に費やしたエネルギーとそれで節約できるエネルギー量を比較すると決して省エネにはなっていません。政府やメーカーの解説には落とし穴がある事をしっかり?んでおいて下さい。

節電と電気製品も長持ちとでは異なります。
また、電気器具によっても異なります。

まず寿命ですが、コンセントを抜き差ししない方がコンセントの寿命は長くなります。また、機械的に動く部分を持っていない電気器具は一般的に常時通電した方が長持ちします。
電灯、蛍光灯やテレビ等は電源オンオフ時にかかるストレスが一番寿命を縮めます。電源オン時に通常の10倍~40倍の電流が流れます。(突入電流と言います)その為、20~30分後に再び通電する事が分かっていればそのまま通電した方が長持ちし...続きを読む

Q壁のコンセントからの火災について

壁のコンセントにプラグが刺さっていない状態なら、火災が発生することはないのでしょうか?

今、放置されていた部屋の大掃除をしていて、壁にタップがいくつかあるので、
ほこりで火災が発生するのではないか不安になっています。
一応、コンセントの穴をふさぐキャップを購入したので、使わない場所にははめてしまおうと思っていますが…ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>壁のコンセントにプラグが刺さっていない状態なら、
>火災が発生することはないのでしょうか?

はい、有りません。
安心して、大丈夫です。

コンセント火災の大きな原因の一つは、コンセントの配線自体が適切ではなく
それに繋がれた電化製品の電力使用量が大きな場合に、だんだんと過負荷状態
が蓄積されて進み、高熱を持つ状態になり、ついには発火すると言う現象が一つ。

これは、配線の不適切と、繋ぎっぱなしのコンセントの点検をしなかった為に
起こります。

もう一つは、これも点検をしなかった為に起きる場合ですが、こちらは、配線も
適切で、電気容量が大きく無くても、起こり得る場合が有ります。

この発火に至る現象を「コンセントのトラッキング現象」と呼びます。

コンセントに挿しっぱなしのプラグに「ホコリ」が溜まり、「湿気」などで、ホコリ
が電気を通す、「導通線」の役割になり、プラグの両端をショートする格好に成ると、
大きな熱が発生して、発火に至ります。

しかし、一年に一回でも、コンセントやプラグの点検(掃除)をしていれば、この
トラッキングは防げます。

よく有るのが、冷蔵庫や洗濯機といった、日頃抜き差しをしないコンセントで、
目に付き難い場所の物です。

この二つが、コンセント火災の大きな原因です。

つまり、幾らお部屋が汚れていて、ホコリっぽくても、コンセントに何も繋がって
いなければ、発火の心配は有りません。

もし、そうでなければ、世界中至る所でコンセント火災が発生します。

コンセントのキャップは、小さなお子さんの悪戯防止(感電防止)が、目的かと
思いますが、使用されても不都合も有りませんね。

>壁のコンセントにプラグが刺さっていない状態なら、
>火災が発生することはないのでしょうか?

はい、有りません。
安心して、大丈夫です。

コンセント火災の大きな原因の一つは、コンセントの配線自体が適切ではなく
それに繋がれた電化製品の電力使用量が大きな場合に、だんだんと過負荷状態
が蓄積されて進み、高熱を持つ状態になり、ついには発火すると言う現象が一つ。

これは、配線の不適切と、繋ぎっぱなしのコンセントの点検をしなかった為に
起こります。

もう一つは、これも点検をしなかった為に起...続きを読む

Q充電器に差しっぱなしはダメでしょうか。

半年前にミノルタDimageXtを購入しました。2週間に1回程度使用しているのですが、使わない時は充電器に差しっぱなしです。
 最近、急激にバッテリーがもたなくなり、先日海外にいった時はわずか40枚程度でバッテリー切れになってしまいました。
 新しくバッテリーを購入するしかないのでしょうか。また、差しっぱなしが原因でしょうか。
 教えてください。
  

Aベストアンサー

2週間に1回程度の使用では、専用のチャージスタンドBC-300に挿しっぱなしでも自己放電は少ないので充電は、その間1回しか行われないでしょう。
(満充電で充電は停止する)

上のサイクル寿命もありますが、リチウムイオン2次電池は、今のところ、まだデリケートで化学的性質で高い電圧での保存が寿命に影響します。
取り扱い説明書の21P4行目にもありますように保存は、ほぼ使い切った状態がお勧めです。

充電の仕方は、同じページの1行目にありますように、ご使用の直前か前日くらいにすると良いです。
そうすることでサイクル寿命と保存寿命の両方を長くすることが出来ます。

充電しても撮影可能枚数が少ないときは、電池の寿命で回復の方法は有りません。

この電池はスペアとして、電池を新しく購入して、カメラにバッテリ切れの表示が出るまで使って、前の電池をスペアにすると、あと40枚撮れることになりますね。
こうすることで、ほぼ理想の充放電サイクルにすることが可能になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング