『天上天下唯我独尊』は「てんじょうてんがゆいがどくそん」と読むのですか?それとも「てんじょうてんげゆいがどくそん」と読むのですか? 両方聞いた事があるので、困ってます。 分かる方、ぜひぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

天下をてんげと読むのはどちらかというと、仏教用語的な読み方で(天上界、天下界というふうに)、天下というのは一般的な読み方でしょう。

ルーツは別として、仏教界に特別な思い入れがないのであれば「てんじょうてんがゆいがどくそん」と読んでも間違いではないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですか。 非常に助かりました。
ありがとうございました☆

お礼日時:2003/11/30 19:58

こんばんは。



三省堂の大辞林では『てんじようてんげゆいがどくそん』としています。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C5%B7 …

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C5%B7 …

この回答への補足

本当にありがとうございました。私もそこを見たのですが、「~尊いものはない。」のあとに「てんじょうてんがゆいがどくそん。」ってありますよね?
それで、どっちなんだろう・・・・?って思ったんです。

補足日時:2003/11/30 19:22
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天上天下唯我独尊を英語で

天上天下唯我独尊を英語で言う場合、
“I am my own Lord throughout heaven and earth.”
以外の言い方はありますのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

self-righteous です。

用法: I consider myself as self-righteous.
   (自分は唯我独尊タイプの人間だと思います。)

印象的にあまり良い言葉ではないので、状況によっては次の文章で何かしらの弁明・説明が必要になってくると思われます。

Q「加之」と「之加」は両方とも「しかのみならず」と読むのでしょうか

昭和12年頃に書かれた個人の手記ですが、「 」で括った漢字の読み方又は意味を御教示ください(大学卒の方です)。

1「加之」と「之加」は両方とも「しかのみならず」と読んでいいので  しょうか。
2 萬全たるを「保し得ば」・・・。
3 私は断じてそれを「不可」と思った。
4 日支の「楔を」なして死ぬなら・・・。
5 人触れば人を斬るの「慨に」・・・。
私の解釈は以下のとおりですが
1 しかのみならず これにくわうるに
2 やすんじえば
3 よからず
4 ささえばしらを
5 いきどおりに
 

Aベストアンサー

1「之加」だけなら「加之」の誤りでしょう。
2「保(ほ)す」は、保証、担保もしくは確保の意でしょう。
5「慨」は正しくは「概」ですが、「慨嘆」「慷慨」などの類推で「気概」を「気慨」と書くのと同様でしょう。
「人触れば人を斬る」は頼山陽の詩「前兵児謡」が出典で、
「人触斬人馬触斬馬」〔人触(ふ)るれば人を斬り、馬触るれば馬を斬る〕
ですから、「触るれば」と読みます。
http://www.yk.rim.or.jp/~smatu/henkan/alljapan/raisanyo/heko.htm
文語の「ふるれば」は口語の「ふれれば」に当たります。

既定条件「降れば」に対して仮定条件の「降らば」があるように、
「触るれば」に対する「触れば」があるとはいえ、
ここにそれを持ち込むのは妥当ではありません。

参考URL:http://www.yk.rim.or.jp/~smatu/henkan/alljapan/raisanyo/heko.htm

Q天上天下唯我独尊

『天上天下唯我独尊』は「てんじょうてんがゆいがどくそん」と読むのですか?それとも「てんじょうてんげゆいがどくそん」と読むのですか? 両方聞いた事があるので、困ってます。 分かる方、ぜひぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

天下をてんげと読むのはどちらかというと、仏教用語的な読み方で(天上界、天下界というふうに)、天下というのは一般的な読み方でしょう。ルーツは別として、仏教界に特別な思い入れがないのであれば「てんじょうてんがゆいがどくそん」と読んでも間違いではないと思います。

Q「なに」と読むか「なん」と読むか、の法則について

外国人へ日本語を教えていた時のことです。

「何」を「なに」と読む場合と、「なん」と読む場合の使い分けについて
以下のように説明していました。

================================

なん…後にタ行、ダ行、ナ行が来る場合 (例)なんで、なんだ、なんの
なに…それ以外

☆ただし、数字の答えを期待する場合の問いかけはすべて「なん」と読む。

(例)「私は日本人です。あなたは何(なに)人ですか。」
   「参加希望者は全部で何(なん)人ですか。」

================================

すると生徒から、
「あなたは何で帰りますか。」や「この机は何でできていますか。」
のように、手段や材質などを問う場合は
「なん」でも「なに」でも可能だが、どういうわけか?
と質問されました。

「手段の質問で「なんで」と読むと、理由と間違われることがある。」
とは答えましたが、
両方使えるというのは、上記の法則では説明できないので困ってしまいました。

どのように解釈すれば良いのか、教えてください。

Aベストアンサー

>手段や材質などを問う場合の
>「なんで」「なにで」両方使いについては、
>どのケースにあたるのでしょうか?

回答の

例外として「どちらでも意味が1つ」の場合は、「なに」と「なん」の両方を使う。

例:
何曜日ですか=なんようびですか、なにようびですか

どっちであっても意味が1つで誤解を生まない場合、「なに」では発音し難いので「なん」に音便化したと考えられます。

にあたります。

本来は「なにで帰るのか」「なにで出来ているのか」なのですが、発音し難いので音便化しただけです。

なお「なんで帰るのか」のように、手段なのか、理由なのか判断できない場合もあるけど、理由を尋ねる場合は「どうして帰るのか」と言い換えが出来ます。

誤解しそうな場合は言い換えればよいので、誤解しない場面では音便化して「なんで」も使うようになったと思われます。

日本語を外国人に教える場合は「通じれば何だって良いんだよ。どっち使っても通じればノープロブレム」って思って教えるのが良いです。

英語だって、ネィティブが喋ってるのは「通じればオッケー。文法なんかどうでもいいテキトーな言葉」ですよ。

とは言え、日本語は「世界三大難語」の1つなんで、教えるのは大変でしょうけど。

>手段や材質などを問う場合の
>「なんで」「なにで」両方使いについては、
>どのケースにあたるのでしょうか?

回答の

例外として「どちらでも意味が1つ」の場合は、「なに」と「なん」の両方を使う。

例:
何曜日ですか=なんようびですか、なにようびですか

どっちであっても意味が1つで誤解を生まない場合、「なに」では発音し難いので「なん」に音便化したと考えられます。

にあたります。

本来は「なにで帰るのか」「なにで出来ているのか」なのですが、発音し難いので音便化しただけです。

な...続きを読む

Q日本文化の中の七という数字の意味

聖書を中心とする西洋の文化の中で、7という数字が絶対性、完全性を意味する事に対し、日本の文化では七という数字が何を意味するものなのか教えて下さい。また、七転八倒、七転八起等の「教え」的なもののそれと、「七つ道具」や「七夕」等の物やイベントも、同じ意味として七を使っているのでしょうか?

Aベストアンサー

「七」という数字は主に中国から伝わった影響があります。
中国では奇数「一、三、五、七、九」を吉とする習慣があります。
これは数値が大きいほど吉なのですが、
「九」は恐れ多いので中国は元より一般では使われません。
そのため日本では「七」が最大の吉とされることもあります。
また日本は同じく「七夕伝説」の影響を強く受けている為
印象が強いのかも知れません。

七転八倒で次に訪れるものは何でしょう?
答えはそれより大きい幸せです。
それは八回目で起きた場合でも同じです。
それまでより大きい幸せが訪れることを予兆しています。

ちなみに七転八倒や七転八起の「七」と「八」はいずれも吉数です。
「八」は末広がりで、中国では「九」の次にめでたい数字とされています。
「八」は上下を除くあらゆる方向を指します(全てで十方)。

お釈迦様は生まれて七歩歩いて「天上天下唯我独尊」と言われたとあります。
日本仏教では、四十九日の死後を七日区切りで七人の裁判するような伝話があります。
実際、仏教では多く数字は使われていますが、
但しそれらに偏りは感じません。
二河白道、三宝印、四諦、五蘊、六識、七生、八大地獄、九品、十念
と様々な数字で表現されています。
よって仏教において七を吉数とする要素はないのです。

七福神は室町時代ぐらいに日本で作られたものなので、
余り参考にならないように思います。
七つ道具は仏教の七宝から由来しています。

また数字にまつわる伝説は数知れずですが、
日本の神話では特に奇数を吉と捉えていないように思われます。
(八百万神とか)

これらのことから実際は七が意味する
聖書のような(絶対的な)ものは無いように思われます。
神仏習合の精神と、中国の陰陽五行説の思想が織り交ざった、
日本独自の習慣ではないでしょうか。

「七」という数字は主に中国から伝わった影響があります。
中国では奇数「一、三、五、七、九」を吉とする習慣があります。
これは数値が大きいほど吉なのですが、
「九」は恐れ多いので中国は元より一般では使われません。
そのため日本では「七」が最大の吉とされることもあります。
また日本は同じく「七夕伝説」の影響を強く受けている為
印象が強いのかも知れません。

七転八倒で次に訪れるものは何でしょう?
答えはそれより大きい幸せです。
それは八回目で起きた場合でも同じです。
それまで...続きを読む

Q「続柄」は「ぞくがら」と読むのと「つづきがら」と読むのどちらが正しいか?

辞書を引くと続柄は「つづきがら」「ぞくがら」どちらとも読めるようです。
続柄とは親族間の関係という意味で使いますが、続柄はどちらの呼び名が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「続柄とは親族間の関係という意味で使いますが」は正確性を書いていますね。続柄は「つづきがら」が本来の読み方で「ぞくがら」は便宜的な読み方が定着したようです。私立と市立を区別するために後者を「いちりつ」と読むようなものでしょう。

続柄の記入欄はいろいろな書類にありますがもっとも
一般的なのは戸籍と住民票でしょう。

戸籍・・・両親と子供の関係を親から見た関係で表す。
住民票・・・所帯主と同居している人の関係を所帯主から見た関係で表す。
例。妻、長男、長女、祖母、弟など

Qゴータマが生は苦だと言ったのは どういう意味ですか?

生が苦だ・思うようにならない。とは どういうことか?

たとえば人間には《根本的な生存欲》があって・あるから これが無明≒煩悩≒渇愛となっ
て どうしても目覚めることを妨げているといった見方もあります。《苦》というのは そ
ういう意味なのだと。

ところが もし道をゆづってそこまでを認めたとしても そのときには 目覚めが けっき
ょくゴータマの編み出した方法によるしか無いのだということを言っており そのことをわ
れわれが認めたことにほかならない。のではないか。どういうことか?

つまり ひとびとよ この世に生きるには 誰もに苦という病いが俟っている。それを治す
薬は わたしが処方する目覚めの方式によるよりほかに無い。と言ったことになる。

つまり ふだん生が苦だと思わない人が 何かのきっかけで生は苦だと思ったとき ゴータ
マなる医師のもとに行ったら そのとおりだ 生は苦だ それを治すには そもそも全体と
して根本的に生という苦をみとめることから始めるのだ。と言われた。

これは ただのマッチポンプ商法にほかならない。蝦蟇の油売りである。まさに 天上天下
唯我独尊なる論理のグローバリズムである。

どういうことか?

ゴータマ病院に入ったら ゴータマ医師の診断が絶対であり その処方箋のみが有効だと言
われ それに従うよりほかに道はないということになっている。からである。そこを出るか 
それとも 患者になり実際には患者・兼・弟子と呼ばれる医師見習いになって一生を過ごす
かである。

けれども その《唯一の目覚めの方法》は ついに明らかにならなかった。

足場だけを組んで 家本体は築けなかった。幻想は 人びとのあたまの中に築けているかも
知れない。


《生は苦だ》は その苦からの解脱についてゴータマの示す中身の無いさとりをただ一つの
道とするほかに処方箋はない。――と読み取るしかないと考えますが ほかに解釈はありま
すか?

それとも 生が苦であるなどという命題は 捨てればいいのさとなりましょうか?

生が苦だ・思うようにならない。とは どういうことか?

たとえば人間には《根本的な生存欲》があって・あるから これが無明≒煩悩≒渇愛となっ
て どうしても目覚めることを妨げているといった見方もあります。《苦》というのは そ
ういう意味なのだと。

ところが もし道をゆづってそこまでを認めたとしても そのときには 目覚めが けっき
ょくゴータマの編み出した方法によるしか無いのだということを言っており そのことをわ
れわれが認めたことにほかならない。のではないか。どういうことか...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
苦(変化)が原点であるというより、それに伴う煩悩の問題になるのでしょう。
煩悩を消し去るもしくは、煩悩にとらわれない事が解脱に含まれていると思います。
残念ながら、私は煩悩の是非に対して、語る言葉も持ち合わせていませんし、それは生きていく上で必要な物と考えています。
したがって、仏陀がどのようにそれを捉えていたかを想像する事も不可能です。(想像できない事もないですが、解脱を求めていない以上、それを真剣に考える事は不可能です)
煩悩については、また別の質問を上げれば、有意義な回答が得られるのではないでしょうか?

Q『文』←の漢字で『たくみ』と人名や当て字等で、読む場合(読む事)もありますか?

『文』←の漢字で『たくみ』
『最』←の漢字で『かなめ』
『麗人』←の漢字で『れいと』
左側の漢字を右側の平仮名のように、人名や地名や当て字等で、読む場合もありますか?または、読む事はできますか?
是非教えて下さい!

Aベストアンサー

「文」の漢字の意味の中には「細かな模様」「きらびやかな」「美しい」という意味があります。「たくみ」という言葉の意味には「技巧や意匠」という意味があります。「細かな模様」と「技巧や意匠」を近い意味と考えれば、「文」を「たくみ」と読んでも、おかしくはないと言えるかもしれません。ただし一般的な漢字の読み、人名としての”読みぐせ”の中に「文」を「たくみ」と読ませるものはありません。

「最」で「かなめ」とは読みにくいと思います。「最」は状態をあらわす接頭語に使われ「最高」とか「最重要」といった「高」「重要」の中でも、もっともそうであるという意味を補強する文字として使われるので、「ものごとの中心」という存在そのものをあらわす「かなめ」という言葉とは少し違うように思います。

「麗人」は「容貌の美しい夫人」という意味で、「麗」と「人」のそれぞれの一般的な読みを組み合わせれば「れいと」と読んでもおかしくはないと思います。ただ、「麗人」は漢字としては女性を指すもので、これを男性名風の「れいと」と読ませるのは少し違和感があるかも知れません。蛇足ながら、中国皇帝の後宮にいるランクの低い妃たちを指して「麗人」と呼んでいたというような話を聞いたこともあります。

すでに現存する地名や人名の中に、このような組み合わせがあるかもしれませんが、それは先に読みの音があって、後から漢字を(何らかの理由で、あるいは適当に)当てはめたか、ごく個別的な理由でそのように当て読みをしたものではないでしょうか。

「文」の漢字の意味の中には「細かな模様」「きらびやかな」「美しい」という意味があります。「たくみ」という言葉の意味には「技巧や意匠」という意味があります。「細かな模様」と「技巧や意匠」を近い意味と考えれば、「文」を「たくみ」と読んでも、おかしくはないと言えるかもしれません。ただし一般的な漢字の読み、人名としての”読みぐせ”の中に「文」を「たくみ」と読ませるものはありません。

「最」で「かなめ」とは読みにくいと思います。「最」は状態をあらわす接頭語に使われ「最高」とか「最重...続きを読む

Q意味を研究する事って

こんばんは。
今、授業で「認知意味論」を学んでいます。私は「意味を研究する事に意味があるか」という質問に答える事になったのですが、意味が無いと言ってしまうと授業が成り立たないので意味があると答えるべきだと思いました。
しかし、その根拠となる事柄がなかなか思いつきません。「どんな語にも意味があり、言語活動は意味を伝達する事であるから」ということだけでは、意味を研究する意味の根拠としては乏しいと思うのです(語の持つ意味が重要だとしても、言語によって意味は違い、その全てを網羅するのは不可能に近く、また、ある一つの言語に限っても、類似した意味の区別をつけることは困難、つまり意味というものは曖昧なものだから。)
そのような訳で、意味を研究する事の意味はどこにあるのか、皆様の考えをお聞かせ願いたく、質問しました。
また、私は専門家ではないので難しいことは分かりません。もし上の私の考え方でおかしなところがあれば訂正頂ければ助かります。

Aベストアンサー

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられた意味が重要だからです。逆にいえば、ある駒を見つめていてもその駒の持つ意味というものは決して理解できません。

これと同様に、意味というものは全体の関係性の中で言葉に付与されるものですから、孤立した単語を眺めていても決して浮かびあがってくるものではありません。言葉の持つ意味とは、他の単語との関係の中に捉えられる、ある体系内の価値である、という風に認識できるでしょう。言語とは網のようなもので、意味とはその中の流動的なひとつのマスに過ぎません。これが意味論の根本的なスタンスと言って良いでしょう。
そう考えると、ご質問にある「言葉の意味を考える」ことは、すなわち社会制度としての言語の意味のネットワークを考える、ということに直結するわけですから、文化・社会・歴史全般にわたる広がりを持つという意義もわかるでしょう。裾野が大変に広いわけです。

言葉がご指摘のように曖昧な意味を担っていて、周辺のぼやけというかある幅を有することも事実ですが、先の意味から考えればこれは逆に、意味が他律的に周囲との関係の中で定まるものであるがゆえに、意味の中心が存在せず、せいぜい最大公約数的なものしか認識できない、という風に言えるでしょう。

要するに、明快な意味が定義できないから駄目なのでなく、そこをスタートとして、それなのに曲がりなりにも意味が通じ合うのはどういうことなのか、という風に意味の意義を求めてみてはどうでしょうか。
「言葉はモノの名称リストではなく、我々の世界認識の結果である」というのが、現在の言語観の基本です。

また、意味というものは意外と動的なもので、単純なものではありません。意味論の初歩でデノテーションとコノテーションを学ばれることと思いますが、例えば『ユダヤ人は所詮ユダヤ人さ』というせいりふの意味を考えてみると、最初のユダヤ人は「ユダヤ民族に属する人」という外示的意味(デノテーション)を指すのに対し、あとの方のユダヤ人とは「狡猾でずるいやつ」という共示的意味(コノテーション)を担っています。

これはひとつの些細な例にすぎないのですが、コノテーションを深く知れば、表現を通じて人間の意識というものを知ることにもつながります。言葉の意味は一定しないもので、常に既成の意味体系に限定されていく人間の意識が、言語の表現作用を通じて解放されていく様がコノテーションには見られるからです。
意味というのは世界の分節化であり限定性を本質的にもつものですが、それに抗って新しい意味生産を行うこと、つまり、言語の網の目の改変、という点で言葉の意味をたどることは人間の意識や思考方法そのものを見つめることに直結します。無意識のレベルで言葉の音と意味がどのように関わりひとつの語として紡がれるのか、というプロセスを研究する人達もいます。

さらに、認知意味論というのは特に人間が意味を認識する過程を問題にするわけですから、意味を考えること、ひいてはどうやってその意味が認識されているのか、ということは人工知能や認知哲学など広い分野に活用されるべき知識です。
例えば、海に浮いているメッセージボトルを見たとき、我々はすぐにそこに何らかの意味があることがわかるのですが、これはなかなか容易なことではありません。内部情報(中の紙に書かれている意味)を理解する以前に、外部情報(例えば「この文章が日本語で書かれている」といったこと)、さらにフレーム情報(つまり「このボトルの中には意味のある情報が入っている」ということ)が適確に理解されなければなりません。
「これは意味のあるモノである」という情報それ自体もメタ情報として意味を担っているわけで、実は語やモノの意味を理解することはそれ以前に多くの意味の解釈を必要としているのです。我々にとっては無意識の作業ですが、そういった事柄が我々の頭の中でどのように認識し処理されているのか、大変興味深い研究テーマだと思います。その困難さは、人工知能にこれらの行為を代替させようとした時にどれほどの困難が伴うことかを想像してみればわかることでしょう。

※少しご質問の内容とはずれがあるかもしれませんが、あまり意味論を理解していない回答が多いようなので、敢えて考え方のヒントとして書いてみました。ご参考までに。

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられ...続きを読む

Q【漢文の読む方法を教えてください】 漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか? 一ニレとかは読

【漢文の読む方法を教えてください】

漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか?

一ニレとかは読むための補助で実際の漢文には一ニレとか書いてないんですよね?

これは後で読みやすいように日本人が追加したものですよね?

最初から書かれているものなのでしょうか?

漢文の読むルールを教えてください。

日本語にない漢字が出て来ませんか?

日本語にない漢字が出て来たときはどうするのですか?

Aベストアンサー

>漢文の読む方法を教えてください

白文を読んで理解できるようになるには、漢文法、漢字の意味、固有名詞、中国の歴史等、全てを覚えてしまうしかないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング