ちょっと変わったマニアな作品が集結

現在、有名人の名前が出る小説を書こうとしています。
自分の中で上手く書けたら出版などではなくサイトに載せたいと思っています。
その様な小説をサイトに載せたら著作権侵害?などの著作権問題は発生するのでしょうか?

詳しくないので分かる方いましたら教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

なぜ「有名人の名前」が必要なのでしょうか?


逆に問うと,その有名人の名前に何らかの価値があるからでしょう.

まず,名前には著作権が認められませんので,著作権侵害にはならないでしょう.
しかし,名前は,時に商標登録されることもあります.その場合に無許可で使うと商標権を侵害します.

一般に,とくに有名人の場合に,肖像権の一環でパブリシティ権が判例で認められています.たとえば,その中で,氏名は,肖像と同様に人と人を識別するために使用され,人格の表れであり象徴となるので,みだりに他人の氏名を冒用することを拒否する権利や利益を「氏名権」ということがあります.これは人格権の一部として最高裁が述べています.人格権は憲法がいう個人の尊重からきています.

特定の個人を意味する著名人の実名,のみならず,ある文脈での使用は,十分に名誉棄損の可能性があり,また損害賠償請求の可能性も出てきます.つまり,本人が意図しない小説になる可能性があるのです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですねm(__)m

今は大変価値があると思います。
商標権というのもあるんですか…
それに氏名権というのも…

でもやはり回答を見させていただくと勝手に使うのはまずいですよね。

自分がわからない事を詳しく教えていただきありがとうございます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/07 14:34

※この回答は、“締め切られた質問への回答追加”として、2018/11/02 20:40に回答者の方よりご依頼をいただき、教えて!gooによって代理投稿されたものです。


---
名前を出す程度なら問題ないでしょう。
ただし実在の人をキャラクターとして無断で出すのは問題があると思います。
商標権は、言葉や文字だけの使用の場合は通常は影響しないので、誹謗中傷でないならこちらは気にしなくて良いです。
    • good
    • 0

著作権問題は発生しないけれども、別の問題で損害賠償請求される可能性はあります。



スポーツ漫画などでは、架空の選手として使った名前でも、後々同姓同名の実在する人物がプロ選手で活躍してしまったような場合、漫画の方が先で実在選手の出生が後でも、名前の差し替え等を行うようです。

有名人(又はその権利関係者)に個別の許可を取れば問題ないかもしれません。
死後数百年経過している歴史上の有名人ならば、歴史解釈の問題なので大丈夫だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

著作権侵害というよりやはり他の権利の問題が発生しそうですね。

やはり許可をとらないとまずいですよね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/07 14:43

有名人の名前は著作物ではありませんので著作権の問題は発生しません。


しかし、実在する人物の名前を使用するとパブリシティ権を侵害することになるので、使用差止めや損害賠償請求を受ける可能性があります。

よく小説などで「本作品はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係ありません。」などと書かれているのはパブリシティ権への配慮からです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後にその文が出るのはそういう事だったんですか。

という事は書かない方が良いという事ですよねm(__)m

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/07 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芸能人の名前やドラマ名に著作権(肖像権?)はある?

著作権や肖像権に当たるのかは分からないのですが、
権利関係の法律について質問したくて、投稿しました。

有名人(海外/国内)や、ドラマのタイトル、曲のタイトルのみを
商用利用目的で使用すると、権利関係の問題はどうなるのでしょうか?

例えば、クイズなどで、
「◎◎という映画に出演していた主演女優は誰でしょう?」
「◎◎を歌っていた歌手は誰でしょう?」
「◎◎が出演していたドラマのタイトルはなんでしょう?」
「◎◎が歌っていた歌の名前を次の中から選んでください」

といった、有名人の名前、映画やドラマのタイトル、
曲の名前を答えさせるようなクイズを、本や有料コンテンツとして
販売したり、

「海外ドラマ検索アプリ」「ハリウッド俳優検索アプリ」みたいな
芸能人やドラマの名前、曲の名前を検索できるような商品を
開発して販売したり…とか、そういったものは、違法になるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

著作権は文化的な創作物を保護するための権利なので関係ありません。まぁ、最近の親は子供に極めて個性的な名前をつけてますが(笑)創作物にしてもキャラクターの名前のような極めて短いものには創作性がないので著作権はありません。曲名も同じく。
肖像権は普通顔や姿に関する権利のことをいうでしょう。氏名となると氏名権と書かれた本もありますが、こちらは普及していません。肖像権も法律に規定されているものではないので、定義がわかれますが。氏名と肖像含めて、有名人の知名度に関する財産権をパブリシティーの権利といわれ、これも明文化されてませんが、判例にて認められている権利です。商品の広告やCMに有名人を使用すれば商品の売り上げもあがるでしょう。有名人の蓄積された知名度やカリスマ性に財産価値を認めるということです。うらやましいですが、その代わり人格権としての肖像権はあまり認められません。私達パンピーでは普段の顔を勝手に撮られてネット上に晒されるだけでも嫌な気分がしますが、テレビに出演している有名人は常に全国民から視線を浴びているのですから、顔を晒されたくらいではなんとも思わないでしょう。

ただ、氏名に関するパブリシティー権を強く保護したら、うかうか芸能人の名前もいえませんし、広告的な使用でなければ問題ありません。もし広告で「あの○○もお勧めする」と宣伝目的で勝手に名前を利用したならば訴えられる可能性がありますが、クイズの内容として使用するくらいであれば問題ないでしょう。

商標ですが、中国で登録されている商標は中国でしか通用しません。また、商標は万能ではなく、何の商品またはサービスの商標であるかによります。商標の機能はいくつかありますが、ひとつに出所を示すためのもので、たとえ印刷物の商標として登録されていたとしても、本の内容の一部にその商標が使用されたからといって出所を混同することはないでしょうから、クイズで使用して商標権侵害はありません。

著作権は文化的な創作物を保護するための権利なので関係ありません。まぁ、最近の親は子供に極めて個性的な名前をつけてますが(笑)創作物にしてもキャラクターの名前のような極めて短いものには創作性がないので著作権はありません。曲名も同じく。
肖像権は普通顔や姿に関する権利のことをいうでしょう。氏名となると氏名権と書かれた本もありますが、こちらは普及していません。肖像権も法律に規定されているものではないので、定義がわかれますが。氏名と肖像含めて、有名人の知名度に関する財産権をパブリシ...続きを読む

Q小説を書くに当たっての著作権問題。

最近、趣味で小説を書きはじめました。
リアリティを出すために、実際に存在する人物名やアーティスト名や楽曲名やブランド名などを作品中に出す事は違法でしょうか?

例えば…
「僕はマイケル・ジャクソンのスリラーが好きで、ipodに入れてよく聞いてるよ」
「私はルイ・ヴィトンのバッグが欲しい」
などの様に会話の流れの中に出したいのです。

よく漫画では、実在するブランド名を一文字変えて登場させたりしていますが、たまに実名で登場してくる場合もあります。小説などではほとんど実名だったのですが、それは違法とは見なされないのでしょうか?

そして一度、ネット検索して調べたところ歴史的人物は登場させてもいい様な事が書いてあるサイトがありました。更に、その人物を主人公にしてもいい様な事も書いてありました。
最近では戦国・幕末などの歴史ブームで実在した歴史人物を主人公にする漫画や小説も沢山ありますが、一体どこまでが許される範囲なのでしょう。

今はまだ趣味で小説を書いているレベルですが、今後もっと沢山の人に読んでいただきたいと恐れ多くも思っています。ですので、ある程度の著作権に関する知識を知ろうと思い質問投稿させていただきました。
よろしければ回答、又は質問内容に該当するサイトがあれば是非教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

(過去に同じ質問があったら大変申し訳ないです。)

最近、趣味で小説を書きはじめました。
リアリティを出すために、実際に存在する人物名やアーティスト名や楽曲名やブランド名などを作品中に出す事は違法でしょうか?

例えば…
「僕はマイケル・ジャクソンのスリラーが好きで、ipodに入れてよく聞いてるよ」
「私はルイ・ヴィトンのバッグが欲しい」
などの様に会話の流れの中に出したいのです。

よく漫画では、実在するブランド名を一文字変えて登場させたりしていますが、たまに実名で登場してくる場合もあります。小説などではほとんど実名だったので...続きを読む

Aベストアンサー

明らかに著作権に触れるのはすでに発表された作品の引用、盗作であり、例にあげられた表現はその限りではありません。
小説は常にギリギリのところで表現の自由と闘っているもので、プロの作家の作品でも何度も何人もの人で校正を重ねるのはそのためです。
著作権に触れなくても倫理に反する表現があったり個人や企業の名誉を傷つける可能性のある表現は改められて出版されます。
そこにあえて挑戦する小説家も現にたくさんいます。
山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」などは現に実在の企業や個人をモデルにしたノンフィクションに近いフィクションで、日航から抗議文を受けたり訴訟寸前になりましたが、結局映画は日本アカデミー賞を受賞するに至りましたね。

今では差別用語となっている表現を、時代背景のリアリティをもたせるためにあえて使う場合もあります。
それについて注釈を入れるか入れないか等という細かい事も作家と編集者の間で十分に議論が交わされます。
読者からの抗議をある程度承知で書く作家も多いです。もちろんフォローは出版社や編集者が行います。
それが表現というものへの挑戦でもあるのでしょう。
固定された観念や決まりがあるわけでなく作家は常に挑戦を続けるわけで、受け入れられたものだけが文学と認められるというものでしょう。

明らかに著作権に触れるのはすでに発表された作品の引用、盗作であり、例にあげられた表現はその限りではありません。
小説は常にギリギリのところで表現の自由と闘っているもので、プロの作家の作品でも何度も何人もの人で校正を重ねるのはそのためです。
著作権に触れなくても倫理に反する表現があったり個人や企業の名誉を傷つける可能性のある表現は改められて出版されます。
そこにあえて挑戦する小説家も現にたくさんいます。
山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」などは現に実在の企業や個人をモデルにしたノ...続きを読む

Q実在する商品や人物名を著作物に登場させる事について

創作活動を始めてみたいと思うのですが、
登場人物による会話の中で実在する商品名や著名人の名前を出せたら
リアリティや親近感をより強く出せることができるかと思いました。

漫画などで実在するミュージシャンの名前が登場したりするのをみかけたことがあるのですが、
後述することは、権利的(著作権や商標権など?)には、何の問題もないのでしょうか?


1,著名人の名前(例:野田佳彦、タモリなど)
2,ミュージシャン、バンド名(例:北島三郎、ザ・ビートルズなど)
3,著作物のタイトル(例:七人の侍、与作など)
4,著作物に登場する架空の人物名(例:野比のび太など)や用語(例:どこでもドアなど)
5,商品名(例:うまい棒、カップヌードルなど)


このようなことに詳しい方は、分かる範囲で結構ですので是非ご教示下さい。

Aベストアンサー

権利としては特に問題ないです。著名人の名前がちょっとでてくるくらいでは知名度を利用したとまではいえないでしょう。いちいち名前を出すたびに本人の許可が必要ならニュースも作りにくいですよ。野球ゲームに球団の選手名すべてを利用する場合はパブリシティーの権利がかかわりますが。
著作物のタイトルは普通著作物ではありません。「七人」「の」「侍」分解して考えても侍の数を説明しているにすぎず創作性のあるタイトルとはいえません。人物名も同じです。極めて短い文字列には著作権は多くの場合与えられません。
商品名も同じ。商標登録されているとしても区分があり、販売する似たようなお菓子の名前に「うまい棒」とつけたら商標権侵害になる可能性が高いでしょうが、本の文章中に書くことは商標を使用したとはいえません。

ただ、実在する名前を使用するとフィクションなのかノンフィクションなのか誤解する人がでてきます。もし小説中で実在する店舗の名前を使い、殺人事件が起きたなどと書き、それが事実であると勘違いした人がうわさを広めてお店の評判を悪くする恐れがあります。テレビドラマでは殺人事件の舞台となった旅館の周辺や同じ県に住んでいる人からよく苦情がくるそうです。イメージが悪くなるって。

フィクションならば避けた方が無難です。

権利としては特に問題ないです。著名人の名前がちょっとでてくるくらいでは知名度を利用したとまではいえないでしょう。いちいち名前を出すたびに本人の許可が必要ならニュースも作りにくいですよ。野球ゲームに球団の選手名すべてを利用する場合はパブリシティーの権利がかかわりますが。
著作物のタイトルは普通著作物ではありません。「七人」「の」「侍」分解して考えても侍の数を説明しているにすぎず創作性のあるタイトルとはいえません。人物名も同じです。極めて短い文字列には著作権は多くの場合与えられ...続きを読む

Q小説に商品名や会社名などの固有名詞を出すこと

私は趣味で小説を書いてるのですが、その時に迷うことがあります。
それは、小説に商品名や会社名などの固有名詞を出していいのかどうか、ということです。
例えば「佐藤はそう言ってポッキーを食べた」とか「犯人の乗った車はトヨタカローラらしい」とか「小田急線に乗って成城学園前駅に行ってください」とか言う文です。
趣味で書いてるんだから、別にいいだろう、と思いもするのですが、人に見せることを考えると、こういう固有名詞を小説に出すことはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

「趣味の小説書き」という範囲でしたら、結論から言ってしまえば何の問題もありません。

参考情報として違った側面を書いてみます。

著作権や意匠、商標、という面から考えた場合、商品と小説とでは形態が違うので、権利の侵害とは考えないことがほとんどです。

例えば、自動車の外観や、機構の権利は、当然メーカにあり、他社が模倣品を製造、販売すれば、権利の侵害です。
しかし、写真を撮影し、公表するだけなら、権利の侵害にはなりません。
「自動車」という商品と「写真」で、本質的に別のものだからです。

観念としては、本質的に異なるものであれば、権利の侵害にあたりません。

ただ、現実的な商習慣としては、会社のロゴマークなど、重要な商標が自動車の外観に含まれますし、自動車メーカ自身も、様々な形態の商品を販売しますから、自動車に関連して多くの商標を登録しています。
実際には、自動車の外観写真をポスターなどにして販売するとなると、ライセンス契約が必要になります。

現実社会では、多くの契約が必要でしょう。

こうして考えてみると、小説で商品名が扱われる事自体は、なんの侵害にもなりませんが、雑誌に掲載する場合などは、雑誌は広告収入が重要ですし、事実上、使えない場合もあるはずです。

「趣味の小説書き」という範囲でしたら、結論から言ってしまえば何の問題もありません。

参考情報として違った側面を書いてみます。

著作権や意匠、商標、という面から考えた場合、商品と小説とでは形態が違うので、権利の侵害とは考えないことがほとんどです。

例えば、自動車の外観や、機構の権利は、当然メーカにあり、他社が模倣品を製造、販売すれば、権利の侵害です。
しかし、写真を撮影し、公表するだけなら、権利の侵害にはなりません。
「自動車」という商品と「写真」で、本質的に別のもの...続きを読む

Q創作における実在人物の名前の無断使用について

タイトルは失念しましたが、以前に読んだ小説の後書きに「登場人物の名前として知人の名前を無断で使用した」ということが書かれていました。

流石に嘘だと思いますが、もし実際に作家や漫画家が、自身の作品の登場人物の名前として身内や知人の名前を無断で使用した場合、勿論その相手とのトラブルにはなると思いますが、それ以外に法に触れたり、何らかの権利の侵害に当たったりしますか。

調べてみても今ひとつわかりませんでした。どなたか詳しい方、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

知人の名前を使ったってだけなら法的問題はないんじゃないですかね
その結果として知人の名誉なりプライバシーなりを侵害するなら
それによって法的問題になる余地が発生するでしょうけど

知人の名前をそのまま使った例ではありませんが、
知人をモデルにしたキャラを登場させた結果
その知人から名誉毀損とプライバシー侵害で訴えられた例として
「石に泳ぐ魚」という小説のケースがあります

Q歌手など有名人の名前や曲名は肖像権や著作権があるの??

すみません。
基本的なことなのかもしれませんが、歌手など有名人の名前やその曲名は肖像権や著作権があるのでしょうか。
と言いますのは、あるガイドブックを作成するにあたり、例として、某歌手名とその人の代表的な曲名を掲載したいと思っています。
歌手の写真や歌の歌詞は掲載しません。
これって、違法でしょうか。
どういう法律にもとずいてだめなのでしょうか。
ご存知の方、至急教えて下さい。

Aベストアンサー

JASRACのサイトに、そのものズバリがありました。
曲名や歌手名だけなら、通常は問題ないようです。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/network/contents/faq/jacket.html

Q小説のなかに既存の映画のタイトルを出すのって著作権的には問題になりますか?

趣味どまりのものではなく出版社に投稿するものだと想定した場合、個人が書く小説のなかに既存の映画の題名を出すというのは、著作権の問題はありますか?

著作権についてのサイトなどで調べたのですが具体的な例が少なく、解りませんでした…。(検索不足でしたらすみません。)

また、邦画と洋画で著作権法なども多少違うと思うのですが、特に洋画の方で、ハリウッド映画やディズニー映画などについてが気になります。

宜しければご回答お願いします。

Aベストアンサー

まず、題名に著作権はありません。
同じ題の映画はいくらでもあります。
ディズニーやアニメが著作権で問題になるのは、おもに絵です。絵は著作権がうるさいです。小説なら絵は使わないでしょう。
文章で問題になるとしたら、台詞です。台詞には著作権があります。だから、長々と台詞を引用すると、著作権に触れます。しかし、短いなら、引用の範囲内として許される場合もあります(出典を明記すればいい)。
もう1つ、うるさいのは歌の歌詞です。これはどんなに短くても引用する場合はその筋の協会に許可を得ることになってます。

なお、応募した小説が出版される場合、編集者と内容について協議するのが普通です。その際、編集者が著作権法に触れるところについては、書き直すか、許可を取ってくれるかするはずです。なので、応募する人は何も心配はいりません。余計なことを考えずに、想像力の翼を広げてください。

Q小説の登場人物や団体の名前について

カテがわからないのですが、よろしくお願いします。
小説の登場人物名や団体名は著者が自由に設定していいものだと思いますが、実在の人物や団体などの名前は使用してもいいものなのでしょうか?読者は、あたかもその人物が実際にその小説に書いてあることに関係していると錯覚することも考えられると思いますし、そのことでその人物のプライバシーを傷つけるかもしれないのでは、というのは考えすぎでしょうか?中には非常に多いと思われるお名前もあり、それらは偶然に実在の人物名と一致することも当然考えられますが・・・。

又、団体(会社、公益組織、学校、病院など)や乗り物(船、電車など)や地名などについては如何でしょうか?
私は、地名や不特定多数の人が集まる病院名や不特定多数の人が乗る電車などは問題ないのではと思いますが、特定の職業やグループの人が乗る船の名前や団体名は他の架空の名前に代えるのがマナーかなと思いますが、以上は勝手な思い込みなので、実際にはどう考えるべきか教えて頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

丸っきりのフィクションまたは悪く書く場合は実在の人名や団体名は使用しませんね。
訴えられる可能性があるからです。

公共の乗り物や地名の場合、リアル感を出すために使うことはあります。
個人や法人が所有する船の名前なども実名は避けた方が良いと思いますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング