そうは問屋が卸さない という言葉ですが
これの由来とか 使われるようになったのは
いつごろなのか とか そういう事が
わかりましたらお願いします

A 回答 (2件)

そうは問屋が卸さぬが正しい表現かと思います。


念のため、意味は「問屋はそんなに安く卸してはくれない」ということで、ものごとはそう期待どおり進まないことを表しています。獲らぬ狸の皮算用をするなということでしょう。

問屋制度は中世にもあったようですが、このような表現が一般化したのはある程度流通網が発達し、庶民でも問屋制度が理解できるようになったと思われる江戸時代(中期)以降ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答をどうもありがとうございます。

お礼日時:2001/05/07 00:58

(お約束で)(広辞苑第五版)(アドバイス)




然うは問屋が卸おろさない
(そんな言い値どおりの安い値では問屋が品物を卸さないの意) そう注文どおりに応じるわけにはいかない。そんなに思いどおりになるものではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/07 01:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング