十代の重大犯罪が話題になって久しくなります。
そのなかで、「殺人の経験がしたかったから」という動機で殺人に走る子供たちがいます。

こういう動機は今までになかったのではないかと思います。従来の殺人の動機は「怨恨、異性関係、金」の3つが主なものでした。
ストレスが動機となる通り魔とも違う気がします。

「殺人の経験をしたい」という心理はどこから生まれてくるのでしょうか?
インターネットなどの残虐なシーンを見るとそういう気分になるものなのでしょうか?
それとも殺人をしたいというのは人間の本能なのでしょうか?
歴史を見ても戦争が絶えることがありません。
殺人は人間の心をとらえる何かがあるのでしょうか?

感じたことなど、なんでもいいですから、書き込みお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

殺人への憧憬。

確かに有ると思います。

とても稀な例ですが、ハンニバルなどに代表される人肉への傾倒。他者の命や意志を弄ぶSM的な快感。死姦など猟奇的な世界観に抗えなくなった方々もいるようです。

そして、ご質問の「経験したかった」と言う最近の子供達による殺人の動機は、ある種、自己表現なのだと思います。

それは、臆病な子に多いと思います。臆病な子は、未知の体験を恐れます。失敗を恐れます。だから、教えてもらおうとします。よく子供がこんな事を言うと思います。「習ってないから出来ない。」「やった事無いから判らない。」

こんな子に対して、「何事も経験」とやらせるのが当然だと思います。しかし、今の世の中は何事も経験出来ないのです。特に死に関しては。昔は、葬式もその家でしましたから、年に何回かは隣近所で葬式があったのです。昨日まで家の前を掃除していた隣のばあさんが死んだ。よく叱られた頑固じいさんが死んだ。よく目にしたり会話をした方々が動かなくなる。そんな経験を通して、死を身に付けていくのだと思います。

更に、今は人を敬わなくなりました。年長者にたいしては、ただ長く生きているだけじゃん?政治家などの役職に対しては、運が良かったんでしょ?有名になりたいだけでしょ?権力の亡者?などと全てを覆す雰囲気があります。

こんな中で、人とかかわりの少ない状態で、人を信用しない大人ばかりの中で育った子供たちは、人になれるでしょうか?自分の存在すら曖昧な霧の中の影のよう。です。

だから、殺してみたいのです。人を殺す事で自分が生きていると感じていたのだと思います。彼らにとって、人を殺す経験とは、生きてみたいと言う欲求の自己表現なのではないでしょうか?

いずれにせよ、自分の価値観だけが唯一のものと考える、自己中心的な人間が引き起こしているのだと思います。自分は、周りの方々や大いなる時間の中で生かされていると感ずる事が出来ればこんなことにはならないと思います。

だからこそ、普通はそれを感ずるために、人はたまにリゾートと言う名の自然とのふれあいや観光と言う名の非日常の世界へ自分を置く事でバランスをとっているのだと思います。子ども達は自分でバランスをとる術を知りません。

子供たちには、日々の生活の中で生きている自分を感じる場所や時間を作ってあげて、他者を敬う大人の世界を見せる事が肝要だと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「人を敬わなくなった」ということと、生命を尊重しないということは関係がある気がします。
今は両親さえも心から尊敬できなくなっているのでしょう。
実際に仕事をしている姿を見てませんから。

「人を信用しない」というのも関係がありそうです。
人間同士のつながりが薄いということでしょうか。
今はマスコミの発達により、悪いニュースを毎日シャワーのように聞かされますね。
これが子供の心に悪影響を与えているのかもしれません。

そして「自分の価値観だけが唯一のものと考える、自己中心的な人間」になってしまうのでしょうか。
「生きている自分を感じ」てもらうためには、大人も本気になって子供たちと濃い人間関係を築くようにしないとだめですね。

「殺人への憧憬」をもつのは「臆病な子に多い」という説は新鮮な発見でした。

お礼日時:2003/12/17 01:36

10代の犯罪件数は減少傾向にあり、切れやすい年代は50代だというデータもあるなか、インターネットやゲームなどを一因とするのは視野が狭いと思います。

また、メディアの表現は暴力や性的なものを含め、規制が激しくなっていってます。報道されないだけで、昔からあった犯罪心理なのだと思います。

--記事引用--
少年は「インターネットで殺人サイトを見ていたら、人を殺したくなった」と供述。居間でテレビを見ていた妹の背後から殴りかかったらしい。
--引用終わり--

これが言葉のマジックですが、「人を殺したくなった自分」より、「インターネットで殺人サイトを見ていた自分」の方が脳裏にインプットされやすくなっております。
不思議な書き方ですね。私もそういうバカなサイトを見る趣味があるのですが、人を殺したいと思ったことは一度たりともありません。件の中学生は物真似しか出来ないような想像力に欠けたバカです。言い訳としても苦しいと思います。そして「またインターネットか!」とメディアが触れ回ったりするわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。

>切れやすい年代は50代

 たしかに50代も殺人をしています。しかし十代の殺人は最近の傾向なので注目度が高いわけです。

>インターネットやゲームなどを一因とするのは視野が狭いと思います

 原因がほかに見当たらないということでしょう。ヴァーチャル世界が心にどのような影響を与えるかの研究は始まったばかりです。
 本当の原因は他にあるのかもしれません。マスコミは短絡的に発表する傾向がありますから。また少年犯罪に関してはマスコミも少ない情報から発信するしかありません。

「殺人サイト」を見るのは、好奇心からだと思います。しかし、精神的に未成熟な人の場合はその世界にどっぷりと入り込んでしまうのではないでしょうか。
 テレビゲームも一度始めたら飲食を忘れてずっとやっている人がいます。心を奪われてしまったかのように。

「物真似しか出来ないような想像力に欠けたバカ」に育った原因を究明する必要がありそうですね。

お礼日時:2003/12/17 17:02

#1さんのように、ある程度は好奇心かもしれません。

「死」に対しての興味もあるかもしれません。

悲しいですね。

先ほど自分の妹を金属パイプ(?)で頭を殴ったとありましたが・・・・・・やるせない気がありました。


殺人=かっこいい? もしかしたら、そんな方程式があるのかもしれません。


「幼いときに、大切(大事)な人(動物)を亡くす」という、体験がほとんどないのかもしれません。
都市化というものが、かかわっているのかもしれません。
ちょっとでも、「死」を、わかっていれば、そんなことはしないと思います。

「人を殺すは、自分も殺す」

家族や親戚は白い目で見られ、惨めになるでしょうね。


なんか、回答になってないですね。参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>「幼いときに、大切(大事)な人(動物)を亡くす」という、体験がほとんどないのかもしれません。

 死に直面する経験というのは大切なのでしょうね。都会、核家族、マンション暮しなどでは経験する機会が少ないと思います。
 それで漠然と「死に対する歪んだ好奇心」がふくれあがってゆくのでしょうか?

>殺人=かっこいい

 うーん。そんな風に思っているのかもしれませんね。知らないことに対するあこがれのようなものでしょうか。
 殺人は悪いことだと授業で教育する必要がある時代になっていまったのでしょうか?

お礼日時:2003/12/16 23:05

自分が感じたことです


やったことをやりたくなるのは自然だと思いました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

我慢するという経験が少ないのでは?
欲しいものがすぐ手に入る環境に慣れると、自分の感情をうまく管理することができない人間に育ってしまうのかもしれません。

お礼日時:2003/12/16 23:15

実の妹でしたっけ あの事件は 事情を知らない私など


では想像するしかないですが 身内だからこそ
鬱積した感情があったのかもしれません
例えば妹ばかり可愛がる親に対する反感などですね

学生時代先生に叩かれたり 親に叩かれて育ってきたり
喧嘩をしてきた私たちの世代は
「痛み」というのを知っています。
一方現代っ子はゲームの世界でバーチャルでの暴力を
当たり前のように育ってきています。

後は家庭環境や 受験などのストレスなども
要因の一つになってるのかもしれませんね
「愛」に対する教育が足りないような気がしますね現代は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>例えば妹ばかり可愛がる親に対する反感などですね

 強い親に反抗できなければ、その鬱積が弱い妹に向く可能性はありますね。

>ゲームの世界でバーチャルでの暴力を当たり前のように育ってきています

 やはりゲームやインターネットなどのヴァーチャル世界の影響が大きいのでしょうか。ゲームは気持が発散できると同時に鬱積もしますね。
 子供の頃に暴力を見すぎると、暴力のとりこになってしまうのもしれません。
 性的虐待を受けた子供が大きくなって性的虐待をするようになることがあるそうです。(虐待の連鎖というらしいです。)

>家庭環境や 受験などのストレスなども要因の一つになってるのかもしれませんね

 ストレスということであれば、親が期待をかけすぎるのでしょうね。「一流大学をでなければ人間として失格だ」というような教育をされたらとても窮屈です。

 キャンプや林間学校、ボーイスカウトなど、人間と自然とにじかに触れあうような教育を多く取り入れたほうがよいのかもしれませんね。
 「ゆとり教育」はうまくいっていないようです。

お礼日時:2003/12/16 22:59

人間は好奇心がわくと、同時に実感を求める動物なんだと思います。

好奇心がわいた対象でも犯罪に関わるようなよくないことなのだと判別する理性を養えなくなってきているのではないでしょうか?特に最近周辺の子ども達に接していてそういう感を受けます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重な意見ありがとうございます。

好奇心が殺人動機になりうるということですね。

>実感を求める動物なんだと思います。

 生きている実感がないからなんでしょうか?
 「殺す=生を確かめる」ということでしょうか。
 「命の大切さを教える」という言葉をよく聞きますが、これって言葉で教えられるものではないと思うのですが。

お礼日時:2003/12/16 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彼女の前髪をあげる男性の心理って?

今まで私が付き合ってきた男性はみんな(といっても3人ですが)私の前髪をあげようとしてきます。
私は常に前髪を下ろしているのでおでこを見せたりするのは嫌なので手を払いのけていますが、どうしてみんなそういうことをしたがるのだろうと不思議に思ってきました。本当にまったく理解できないのでどなたかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

自分の選んだパートナーを自分の視点でいろいろ確認してみたいという好奇心・興味関心と、髪の毛やおでこを触ってスキンシップを図りたいということだと思います。

前者は、「自分の視点で」ってのがミソでして、ご自身は前髪を下ろすのが好きでも、男側の視点でかわいらしさとかを追求してみたくもなるわけでして。それを押し付けるか否かはまた別ですが、もっとかわいくきれいにしてみたい、そのためにいろいろ見てみたいという気持ちの現れでしょうね。

後者については、スキンシップを図りたいときに、TPOに応じた範囲では、髪の毛をいじってみたりおでこをぺろんと触ってみたり等が適切なものだと判断しがちなんでしょうね。

Qどうして、日本人は通り魔に憧れるのでしょうか?

近年、池田児童連続殺傷事件や秋葉原通り魔事件の犯人を崇拝したり、憧れる人が多くいます。古くは、津山事件の都井を題材にした小説や映画もあります。

どうして、日本人は彼らのような短時間で大量の人を殺害した人間に憧れを抱くのでしょうか?

疑問に感じた理由は、欧米で人気のある殺人犯はシリアル・キラー(連続殺人)や残虐な方法で犠牲者を苦しめるサディストであるのに対して、日本ではスプリー・キラー(上述したような、短時間で大量の人を殺害する。通り魔的な犯罪を行う人)に人気があります。

日本も連続殺人犯は数多くいますし、残虐な方法で犠牲者を苦しめた事件もあります。しかし、何故か人気がありません。例えば、神戸児童殺傷事件の犯人を崇拝する人が少ないです。海外なら、こういった殺害中に射精したという快楽殺人者の方が人気です。

何故でしょうか?

Aベストアンサー

う~ん、
それだけの事象で「日本人は~憧れを抱く」は少し早計のような気がしますが。
群集心理を量るにサンプリングが偏っていませんでしょうか?

Q心理学的に

女性に話をしてるときに、目があったら、前髪を触る男性。
こういう仕草はどういう心理の時に出るんでしょうか?

Aベストアンサー

男性が前髪に触れるのは「緊張」のあらわれです。

・自分をよりよく見せたい。
・顔に何かへんなものがついていないか不安。
・その女性を気に入っている。
・女性と間近で話すことになれていない。
・マザコン。
の場合などに見られる行動です。

Q通り魔が人を襲う時

通り魔が襲う時

襲う相手に「殺すぞ!」「殺してやる!」と言いながら襲いかかる場合、

無言でいきなり襲わず、そのように言ってから襲うのはどんな心理からなのでしょうか?

ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

>言う→ 阻害 言わない→ 不満
そうです。

Q前髪を触る

女性と話している時に前髪をくしゃっと触る男性。
こういう仕草はどういう心理の時に出るんでしょうか?

Aベストアンサー

マジでそう思ってる?わたしなんか可愛くない!って。可愛いってなんだかわかる?こいつ俺のことわかってる。が可愛いんだよ。滝川クリステルが可愛いとは、次元が違うことを理解してほしい。ただ、可愛いのということに、お互いに理解できる人間の差ってあるんだよ。お互いに理解できることって愛とよびます。カテを違うほうにいってしまいました。
難しいかもしれないが本当だよ。

Q残虐な心理行動の名前

以前、湾岸戦争の時、イラク人捕虜に対してアメリカ兵が、裸にしたり、屈辱的というか非人道的行為を行った写真が公開されて話題になりましたが、
その時に、人間が絶対的優位なというか、支配的立場になったときに、誰しもが不利な立場の者に対して、傲慢なというか残虐な心理状態になるという現状が起きるというような事をテレビで言っていました。
それが、アメリカだったかの研究者が提唱した現象で、何やら名前が付いていたような気がするのですが、思い出せません。
どなたか、ご存知の方は教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ミルグラム効果のことですかね

映画「エス」のもととなったスタンフォード監獄実験っていうのがありますが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93

アイヒマン実験
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%AE%9F%E9%A8%93

Q心理

女性は男性とすれ違う際に前髪付近に手をやり整えている人たまにいますがあれはどのような心理なのでしょうか?

Aベストアンサー

特に…。(´⊙ω⊙`)
わたしは無意識か、あとは、風が吹いて直す時はあります!

Q十代後半女性のコミュニケーションについて

高校生程度の女性が交わすコミュニケーションについて。
私は高校生です。年をとるごとに友人との関わり方の難易度が高くなっているように感じます。中学の時から、同年代の成長?変化?に置いてきぼりにされているような気がして、孤独感を抱いています。彼女らの行動は理解できないことだらけです。
一部その例を挙げますので、彼女らの行動の理由と対処法を教えて頂けると幸いです。

(1)嫌な時でも常に笑顔であることを強いられ、笑わない=つまらない(怒ってる、拗ねてる)と勝手に判断されること。私はつまらないのではなく、別に面白くもないから笑っていないだけです。面白いときは笑います。
(2)嘘を平気でつくこと。例えば、可愛いと思っていないのに平気で人に「可愛い」と言える神経が私には理解できません。社交辞令といいますが、根拠もなく有り得ないことを讃えているのを聞くと、褒めているのか馬鹿にしているのか解らなくて混乱します。
(3)「一緒にトイレ行こう」「パン買いに行こう」…何故彼女らは少しでも単独になることを避けるのですか?それに、尿意のない人をトイレに連れていったところで、トイレが混雑するだけです。パンにしてもそうです。
(4)「一人で何処かへ行くなら行き先を言って」と怒ること。何故?と聞くと「寂しいから」だそうです。意味不明です。
(5)接触過多なこと。千歩譲って服の上から触るのは許せたとしても、頭を撫でたりやたらと他人の髪を結んだり、手を繋いだりと腕を組んだりと、直接的な接触を求めるのは何故ですか?特に高体温の相手だと、皮膚に接触するだけで気色悪くて仕方ないです。
(6)常にフランクで、調子の弾むような会話を求めること。彼女らの会話を聞いていると、まるで下手な芝居を観ているようで疲労が溜まります。自分にもそれを求められるのでよけいしんどいです。
(7)化粧すること。顔に粉を塗って何が面白いんですか?皆同じような顔になって見分けがつきにくくなるだけなのに。一部の人などまるで義務のような雰囲気です。何故女だけ化粧がいるのか?と親に聞くと、顔が綺麗に見えるからと言われました。じゃあ男の顔は綺麗でなくていいの?なんで?と聞くと、答えてもらえませんでした。よくわからん…。

私自身、「グループに所属していないとダメ」という風潮に無理して乗っかってしまったところはあります。小学校の同級生がグループに誘ってくれたのもありますが。
小学校迄は友達関係もサバサバしていて楽しかったのに、思春期になるとほぼ皆別人になりました…。

高校生程度の女性が交わすコミュニケーションについて。
私は高校生です。年をとるごとに友人との関わり方の難易度が高くなっているように感じます。中学の時から、同年代の成長?変化?に置いてきぼりにされているような気がして、孤独感を抱いています。彼女らの行動は理解できないことだらけです。
一部その例を挙げますので、彼女らの行動の理由と対処法を教えて頂けると幸いです。

(1)嫌な時でも常に笑顔であることを強いられ、笑わない=つまらない(怒ってる、拗ねてる)と勝手に判断されること。私はつ...続きを読む

Aベストアンサー

私も中・高生の頃、似たような経験があります。ずいぶん前の話ですが、時代が変わっても変わらないんですね、そういうことって(苦笑)。

私の経験上、女同士でつるむのって、もしかしたら日本独特の風潮かもしれないと思います。アジア諸国のことはよく知りませんが、少なくとも欧米の女性はそういうことをしないですね。
なぜ日本人はそうなのかを考えてみると、一つには教育や社会の意識の問題でしょう。昔よりはかなりマシになりましたが、まだまだ日本の社会では女性の地位は高くありません。なので自信を持てる女性の割合が低いというのが、一人で行動するのが苦手な女性が多い理由の一つだと思います。自分が一人で行動するのが苦手ということは、一人で行動する人がいると、劣等感が潜在意識の中に芽生え、逆に一人で行動できる人でも仲間に取り込もうする、一種の防衛本能ではないかと思います。

しかも常につるんだり群れたりするためには、ささいなことで意見の相違があってもそれを我慢しなければいけないということにつながり、フランクな会話を求めることになるんだと思います。無理に笑うというのも、同じことだと思います。
また接触を増やすことで、親密さを増したいと思うのでしょうね。嘘をつくというのも、本人たちはそこまでの意識はなくても、社交辞令を言うことでお互い気持ちよく付き合いたいという気持ちの表れだと思います。

ただ、こうしたことは社会に出れば少し変わってきます。
場合によってはもっとひどくなったりもしますが、社会人は自分のことは自分で責任を持たなければならないので、いちいち他人に付き合ってる暇がなかったりします。トイレにだって一人で行くのが当たり前で、もしつるんだりしたら先輩や上司に叱られるかもしれません。
高校時代は、その時は長く感じると思いますが、終わってみればあっという間です。今は多少つらくても、周りに合わせて適当に付き合い、勉強や部活など、自分のすべきことを納得いくまでやりましょう。そして一人でも行動できる、自信の持てる大人の女性になってください。

社交辞令だけは別で、日本の社会では必要な「処世術」ですね。でも、それも適切に言えなければ意味がないので、その件に関しては、今は訓練をしているのだと割り切ってはどうでしょう?

最後に化粧の話ですが、自分がしたくないなら、高校生のうちはこれだけはしない方がいいと思います。友達に何か言われたら、化粧をするとニキビがひどくなるとか、最近アレルギーっぽいなど言ってごまかしましょう。本当のことは言わなくていいんです。「嘘も方便」という言葉もありますから。
なぜ化粧をしない方がいいかというと、歳を取るとどんどん必要性が増すからです。私は高校生が化粧をしてるのを見て「もったいない」と思います。だってそのままで十分キレイだったり、かわいかったりするんですから。でも大人になると、そうも言ってられなくなるんですよ(トホホ)。

化粧だけでなく、ファッションにしても、どうして「男の人はこんなことしなくていいのに、女だけ…」って思ったことが、私もありました。でも、大人になると、結構楽しくなりますよ。今はむしろ、化粧も自由なファッションもできない男性は気の毒で、そういう面でも女性に生まれてよかったと思うようになりました。こういうことに対する考え方は、個人でも歳や環境と共に変わることもありますから。まあ、今は化粧はしない方がいい、とだけ言っておきます。

最近は「おひとりさま」という言葉が定着したように、社会に出たら女性一人でも行動するようになりました。だから高校を卒業するまでの我慢だと思って、ある程度は友達に合わせているといいと思います。自分が嫌だと思うことでも我慢するというのも、一つの勉強です。どういう形かはわかりませんが、いずれそれが役に立つことも出てくると思いますよ。

私も中・高生の頃、似たような経験があります。ずいぶん前の話ですが、時代が変わっても変わらないんですね、そういうことって(苦笑)。

私の経験上、女同士でつるむのって、もしかしたら日本独特の風潮かもしれないと思います。アジア諸国のことはよく知りませんが、少なくとも欧米の女性はそういうことをしないですね。
なぜ日本人はそうなのかを考えてみると、一つには教育や社会の意識の問題でしょう。昔よりはかなりマシになりましたが、まだまだ日本の社会では女性の地位は高くありません。なので自信を持...続きを読む

Q 5年生の娘が前髪をたらしたままです。

 5年生の娘が前髪をたらしたままです。
私が髪をきったら?と言うと 「絶対にいやだ!」
と言って 髪を切ろうとしません。
 前髪は鼻の下あたりまでのびていて、後ろ髪はかたより10センチほど下まであります。
見た目はお化けかオタクか根暗にしか見えません。
「前髪 結ぶか とめるかにしたほうがかわいいよ。
 このままじゃ~おかしいよ。根暗にみられていじめの対象に
なるかもよ」
 と言っても 全然聞こうともしなく、このままでいいといいます。
お友達に切るように娘を説得して頂戴と頼んだのですが
全然効きません。先生にも言われているようですが、
本人は全然気にせず、前髪を垂らしたままです。
このままだと 本当のオタクかひきこもりになりそうで
親としてもとても心配なのですが、
はっきり言うと 見たいると気味悪いです。
 どういう心理なのでしょうか?また、どうすれば
髪をむすぶか切るかさせるよう法がありましたら
教えてください。
 よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

> どういう心理なのでしょうか?

(失礼ながら)ご質問者様のお嬢様なのですから、
ご質問者様にそっくりということなのでしょう。

もし、お嬢様がここにご質問を書き込まれるとしたら、
「母が髪のことをとやかく言わなくなる方法がありましたら教えて下さい」
といった感じでしょうか・・・
要するに、お2人とも非常に頑固でかたくなな性格なところがあるのでしょうね?!
ご自分でこうと思ったところは、絶対に譲らない・・・

そのことを逆に考えると、
「自分(ご質問者様)なら、誰にどう説得されたら、子どもの髪のことを言わなくなるだろう?!」
と考えてみると、
お嬢さんの心理や思考も読み取れて、
解決策も見つかってくるかも知れませんよね?!


男の子の場合は母親の子ども時代を重ねて子育てしにくいですが、
女の子の場合はそれが可能です。
ご質問者様が子どもの頃、似たような状況がありませんでしたか?!
そして、それはその後どうやって解決されましたか?!

--------------------------------------------------------------

あとは、
お嬢様のお年頃を考えると、
お嬢様が(ご自分の気持ちとして)社会と接するためには、
「長い前髪」 という 『鎧』 によって武装することが必要なのかも知れません。

たとえば、
10代の子が、(肌には不必要に)お化粧を濃くしないと外を歩けなかったり、
若者に特化した極端なファッションで外を歩く等というようなことも、
 『「素の自分」 にまだ自信が持てない』
 『自分探しの途中で、自我がまだ確立していない』
といった不安定な年頃に必要な、一種の 『精神的武装』 です。

考えようによっては、
その武装(長い前髪)があるから、今は普通に人と接することが出来るのであって、
無理に短く切ると、そのことでかえって人と接することが出来なくなってしまうこともあり得ます・・・

--------------------------------------------------------------

もうひとつの可能性として・・・

ある意味で、
お嬢様は、お母様(ご質問者様)に反抗している限りは、
「母親に関心をもってもらえる」 わけですよね。
つまり、すべて母親の言うとおりにすると、今度は逆に、
「手のかからない子」 として、母親の関心を失うことにもなりかねません・・・

(人間に限らず)まだ1人では生きていけない子どもが最も恐れることは、
「親から見捨てられる(無関心)」 ということです。
それに較べれば、怒られることの方がよっぽどまし・・・

そういった、生き物の本質的な心理もあるかも知れません。


いずれにしても、ご質問の文面からだけの推測ですので、
あくまでもご参考までですが・・・

> どういう心理なのでしょうか?

(失礼ながら)ご質問者様のお嬢様なのですから、
ご質問者様にそっくりということなのでしょう。

もし、お嬢様がここにご質問を書き込まれるとしたら、
「母が髪のことをとやかく言わなくなる方法がありましたら教えて下さい」
といった感じでしょうか・・・
要するに、お2人とも非常に頑固でかたくなな性格なところがあるのでしょうね?!
ご自分でこうと思ったところは、絶対に譲らない・・・

そのことを逆に考えると、
「自分(ご質問者様)なら、誰にどう説...続きを読む

Q休日に外に出る人間と出ない人間の違い

休日などで、外に出る派と出ない派がいると思います。インドア派かアウトドア派。
なぜわかれるのでしょうか?何か生物学的な違いでしょうか?

Aベストアンサー

ずっと以前にテレビで見たものですが、休日の過ごし方で休養の取り方には2通りあるそうです。1つは家の中にいて、じっとして静養するタイプです。もう一つは、休みになると活動するタイプの2通りだそうです。
静養タイプが活動すると、ストレスが溜まるそうです。その逆もあります。そのテレビを見て、私は活動タイプかなと思いました。休日などに家にじっとしていると、「何か1日無駄に過ごしたよう」に思えてしまいます。休日に活動しても、休日明けには疲れが出ません。逆に何もしなかった方が疲れたようなきがします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報