プロが教えるわが家の防犯対策術!

「理由と道理」、「理由と筋道」、「理由と論理」、「理由と理屈」について。それぞれ辞書で調べると意味が非常似ていますが、理由と一体何が違うのですか? どういう所が違って、日常生活上どう使い分けていますか? 皆さんの個人的な解釈でも構いません。口語的に噛み砕いて説明して下さると大変ありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原因と結果があるとして,


「理由」は原因のこと。
「筋道」は原因から結果にいたる過程のこと。
「論理」も「筋道」とほぼ同じ。
「道理」は「筋道」とほぼ同じだが,原因が正しいときに限る。
    • good
    • 0

口語的に、ということですので。



「理由と道理」
 「なんでそうなの?」と「ああそういうことだからか。(合理性要)」

「理由と筋道」
 「なんでこうなるの?」と「これがこうでこうだからこうなってるの。(合理性要だが非合理な場合もあり)」

「理由と論理」
 「なぜですか?」と「これこれこういうことがもとになっているからです。(正当性もしくは合理性要)」

「理由と理屈」
 「どうして?」と「なんとかがなんとかだからなんとかなのさ。(必ずしも正当性・合理性があるとは限らない)」

こんな感じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」

「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか?

辞書で調べると、「物事の筋道」とかなっていましたが、物事の筋道って何??って感じです。

Aベストアンサー

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。

「おまえは物事を頭の中だけで操作、処理してこねくり回しすぎる。もうすこし現実に沿って簡単に考えられないのか!」というような意味でしょう。この言葉自体は中間的な可もなく不可もないもの(発言者が悪いのか言われたものが悪いのか、これだけでは判断できない)です。

>「理屈で物を語るな」

これも上記と同様でしょう。理屈というのは言葉の世界ですから、物とは相容れないところがあるのは当然です。しかし、物はあくまで物に過ぎません。これをうまく転がし処理するのに言葉は不可欠のツールです。これがわかっていない、頭の固い、言葉を扱うのが不得意なひとが連発する苛立ち、悲鳴のような言葉である場合もよくある事例です。

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。...続きを読む

Q論理用語の意味の”違い”が全くさっぱりです。

頭が非常に悪いので助けて下さい。具体例を挙げて言葉を解説してくれたり、言葉のもっとわかりやすい口語的な定義(話す上で、書く上で自分の中でこういう意味だととらえている独自の定義でも構いません)や違い、そして例文を噛み砕いて教えてくれると助かります。
日本人ですが、いつまでたっても全く理解できません。

そのため、下記にあげる訳のわからないといっている言葉を一切使用せず解説でお願いします。
(論理、筋道、理屈、道理、条理、つじつまなど)

 Ex. 条理=道理。 ←× 道理という言葉の意味がわからないので申し訳ないですが、説明の際に                 は道理という言葉は使わないでください。他の言葉も同様です
 
   条理=「これは~みたいな意味で、こういう時に使うよ」みたいなやさしい説明 ←○

   理屈=物事の筋道 ←× 筋道という言葉の意味がわかないので申し訳ないですが、説明の                     際には筋道と言う言葉は使わないでください。他の言葉も同様です

   理屈=「これは~みたいな意味で、こういう時に使うよ」みたいなやさしい説明 ←○





まず、論理の意味を調べてみると、

論理=考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立て。思考の妥当性が保障される法則や形式
    例文:「筆者の論理を追え」「彼の論理は正しい」

思考の妥当性が保障される法則や形式って何?
なんだ、筋道って? 調べてみよう・・・


筋道=物事がそうなっているわけ(理由)。事の条理。道理。
    例文:「筋道を立てて話す」「筋道を追う」


なんだ条理って? 道理って?
だけど、世間でよく使われる筋が通っているって、「考えや気持ちがブレずに首尾一貫していること」だよな。でも定義の意味から考えると、筋が通っている=理由が矛盾なく人にも分かる?
意味がわからん。


※通っている=矛盾がなく内容が理解できる

条理=物事の筋道。道理。 例文:「これは条理に合っている」


明らかに文章じゃ筋道とか道理の意味合いとは異なるような・・・。
また、道理とか筋道が出てきたぞ。じゃあ道理ってなんだ?


道理=(1)物事の正しい筋道。また、人として行うべき正しい道。理。
     例文:「道理をわきまえる」「道理にはずれた行為」
     (2)筋が通っていること。正論であること。
     例文:「言われてみれば道理な話だ」「道理であいつがバカなわけだ」

人として行うべき正しい道っていうのは理解できるけど、物事の正しい筋道って条理と似たような定義だ。わけわからん。それから正論ってなんだ?


正論=道理にかなった正しい意見や議論  例文:「君の言うことは正論だ」

※適った=ぴったり合った、当てはまった


なんか意味が全て同じようで訳が分からなくなってきた。
所で矛盾ってなんだ?


矛盾=2つの物事が合うべき所が食い違っていて、つじつまが合わないこと
    例文:「二人の話が矛盾している」

※食い違う=(何か)と違っている、合わない


なんだつじつまって? 


つじつま=合うべき所がきちんと合う物事の筋道
     例文:「話のつじつまを考える」

また筋道って言葉に逆戻り・・・・。つじつまと筋道って何が違うの?
んじゃあ良く聞くつじつまが合うって?


つじつまがあう=筋道が通っている。理屈に合う。
         ※「証言はまるでつじつまが合わない」

※合う=ぴったり合った、当てはまった



もうわけわからない。
気を取り直して、今度は理屈の意味を調べてみよう


理屈=(1)物事の筋道。道理。 ←また同じ意味が出てきた。口語的な解釈だと筋道と道理と何が違うんだ。この意味からだと同じにしか見えない。
     例文:「君の理屈が正しければ成功する」「理屈で物を語るな」
     (2)無理につじつまを合わせた論理。屁理屈。 ←つじつまと論理って言葉が出てきた。論理とつじつまの意味と何が違って、どういうところと関連しているんだ?
     例文:「理屈をこねる」

道理。筋道。論理。だの訳のわからない言葉ばかり。
物事の道理とか物事の筋道とかなんでもっとわかりやすく説明できないんだ・・・。



って感じで調べてたんですけど、各々の言葉が似たような意味で違いが分からず、書く言葉の意味合いが全く何も見えません。しかし世の中では、明らかにこれらの言葉は使い分けられて使われています。私も頭が馬鹿以外にもなんか理解できない原因があるのかもしれません。

頭が非常に悪いので助けて下さい。具体例を挙げて言葉を解説してくれたり、言葉のもっとわかりやすい口語的な定義(話す上で、書く上で自分の中でこういう意味だととらえている独自の定義でも構いません)や違い、そして例文を噛み砕いて教えてくれると助かります。
日本人ですが、いつまでたっても全く理解できません。

そのため、下記にあげる訳のわからないといっている言葉を一切使用せず解説でお願いします。
(論理、筋道、理屈、道理、条理、つじつまなど)

 Ex. 条理=道理。 ←× 道理という言葉の意...続きを読む

Aベストアンサー

1、辞書で言い換えられている言葉はすべてほぼ同じ意味です。無理して違いをほじくる必要はありません。だいたい辞書に何を期待しているのですか? 辞書なんて言葉の言い換えを集めた本にすぎませんし、言葉で言葉を定義することは元々限界があります。「右」=左の反対、「左」=右の反対。これ以上定義のしようはないと思いませんか?
2、「道理、筋道、論理、条理」これすべて道。あなたが駅へ行きたいが道がわからない。人に聞いたら「まっすぐ行って、曲がって、つきあたりを…」と教えてくれた。その通り行ったら駅に着いた。そういうことです。
3、とはいってもニュアンスの差はある。それは「説明」で得られるものでなく、「用例」で得られるものなのです。ていうか、言葉の意味ってみんなそうです。多くの本を読み、その中から自分でつかみ取っていくものだと思います。

Q論理と道理によるより他に どのように対話するのか

1. さすが 日本人は物分かりがよいようなのですが その道理だけで話し合いを
しているといったことがあるのではないでしょうか?

2. つまり論理が無いと言いますか 議論の筋道が示されない。

3. 道理なら 人間としての筋道なのだから ただちに分かり合えるはずだという
向きには その場合の道理とは いわゆるジョウシキなのです。と言わねばなりませ
ん。

4. すなわち その場合のジョウシキというのは よいもわるいも一般のナラハシ
です。それは 必ずしも倫理的な推論や学問一般による裏づけがあるとは限らないと
来ています。そういう場合が多い。

5. となると このような場合の日本人の対話というのは けっきょく自分自身の
考えは打っちゃっておいて相手のそれに合わせたりする。それが むしろ対話のおも
な内容となる。

6. こんなことをするなら 自己に対してはウソをついているのだし 相手に対し
てはあたかも物分かりだけは一人前だが思考回路はまだ子どもの段階にとどまってい
るからというので よちよち いい子だね そのとおりだよと言って けっきょくは
相手をバカにしている。のではないだろうか? 

7. こういうやり取りしかおこなっていないのではないか? 日本人の対話一般の
多くは。

8. そうこうする内に この日本人式対話の《約束》に合わせなかったり・あるい
はつまり 相手の発言内容についてふつうに論理と道理とで批評し批判をすると そ
の態度は 《ひとの心を大切にしていない》とか《心を傷つける振る舞いだ》とか
ぶつぶつ ぐづぐづ 言っている。

9. 果たしてこういう日本人は 人間であるのか? まだ人間に成っていないので
はないか?

1. さすが 日本人は物分かりがよいようなのですが その道理だけで話し合いを
しているといったことがあるのではないでしょうか?

2. つまり論理が無いと言いますか 議論の筋道が示されない。

3. 道理なら 人間としての筋道なのだから ただちに分かり合えるはずだという
向きには その場合の道理とは いわゆるジョウシキなのです。と言わねばなりませ
ん。

4. すなわち その場合のジョウシキというのは よいもわるいも一般のナラハシ
です。それは 必ずしも倫理的な推論や学問...続きを読む

Aベストアンサー

おじさんです。
bragelloneさん、いい質問ですね。
そのテーマは、私もライフワークにしています。

1. その通りだと思いますよ。

2. そうかもしれません。

3. 常識、そうでしょうね。言葉を変えると、つまり形ということでしょう。

4. 御意。

5. その通り、それもつまりは形、形式です。

6. そのような捉え方もありますね。 

7. 御意。

8. そうです。
   私がそういう生き方をしてきました。
   そのために、いわゆる組織人という学校教師、企業幹部などにはなじみませんね。

9. これが島国根性というものでしょう。
   つまり、狭い閉鎖された国土で”もめごと”を起こさない方法だったのでしょう。
   逆に云えば、余計なことは考えない、云われたことしかできない、という日本人が作られてきたのでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング