柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

鉄工用とプラスチック用のドリルビット刃先の違いについてお教えください。できれば画像あるいはイラストもお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

プラスチックは、かけやすい・・特にアクリルやスチロール樹脂・・


 そのため、すくい角(特に周辺部)を小さくしておく必要があります。これは薄板鋼板用の刃にも求められるので、薄板用のドリル刃でも併用できます。
 先日発売され始めた、 薄板用六角軸ドリル すぱっとドリル ( http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/web/pdf/2257.pdf )などがそれに当たります。
 自分で研ぎなおすときは、
ガウスの加速器(強力型)The Gauss Rifle : A Magnetic Linear Accelerator ( http://iruka.la.coocan.jp/science/GaussRifle/ind … )のページの「アクリル板への穴あけ」とか・・
 また、チゼルポイントを小さくするための、シンニングがされている場合もあります。鋳鉄や鋼にはシンニングの必要はありませんが、ステンレスやプラスチックの場合はシンニング処理されているほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/28 07:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報