片脳油の成分及び使用状況等 を教えて下さい。

A 回答 (1件)

樟脳を単離した後の副生油は樟脳油、さらに精製したものを樟脳白油、片脳油


と呼び主に消臭芳香剤として利用されていたが現在は香水調の香りにとって
代わられあまり使用されていない。
                  「香りの百科 日本香料協会編」より

成分は樟脳(d-カンフル)以外にα-ピネン、カンフェン、β-ピネン、
リモネン、1,8-シネオール、p-シメン、リナロール、テルピネオール、
ボルネオール、カルボン、ネロール、ゲラニオールなど

とのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとう ございました。

取引先の質問でしたので、大変たすかりました。

また、宜しく お願い します。

お礼日時:2001/05/14 12:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】フライパンに油を張って揚げ物をしていて油が発火してフライパンの油が火の海になった時に 中性洗

【化学】フライパンに油を張って揚げ物をしていて油が発火してフライパンの油が火の海になった時に

中性洗剤のJOYをフライパンの油に向けて噴射したら界面活性剤の働きで火が鎮火すると思ったんですが、

JOYを噴射したら油が爆発してもっと大惨事になりますか?

JOYを丸ごとフライパンの中に投げ入れたら油が飛んで飛び火する気がしますが、消化剤の中には火の中にボトルを投入して鎮火する消化剤もあるのでJOYの中性洗剤の場合は油の表面を界面活性の力で鎮火するのとJOYボトル投入後にボトルが溶けて一気に中性洗剤が鍋の表面に流れるのかペットボトルの一部に穴が空いてJOYボトルが爆発してその衝撃でフライパンも吹っ飛んで油が飛び火してってことになるのかそもそもJOYで鎮火出来るのか教えてください。

Aベストアンサー

結論から言うとJOYで油の火災は消火出来ません、
間違ってもそんな事はしないように、

界面活性剤の泡は出ません、
第一ね、中性洗剤の大部分は成分が水です、油に入れた途端に沸騰して油を周りに撒き散らす結果になります、当然炎(火)と共に、

良く泡立ててと考えるかも知れませんが、泡も成分は水です、

ボトルごとなどは言語道断です、内部圧力が上がると容器は破裂しますから、
ボトルを投込んだ時に火の着いた油が鍋から飛び散りますよね、
家一軒完全に全焼するのは請け負いますよ、

絶対にやらないようにね、

蓋を被せてやれば火は消えます、
但し、嬉しそうに消えたかなとばかりに直ぐに蓋は上げない事、
再度高温の為に着火しますよ、
開けるのは油の温度が十分に下がってからです。

Q【化学】油の分子が1番小さい油脂を教えてください。 あとどうやったら皮膚に油を浸透させることが出来る

【化学】油の分子が1番小さい油脂を教えてください。


あとどうやったら皮膚に油を浸透させることが出来るのか教えてください。

保湿クリームって皮膚の表面でテカってるだけで実際には皮膚に浸透していませんよね?

それなのになぜ人々は美容液を買い続けているのでしょう。

美容液というか油が皮膚に浸透するなら毒液も浸透してしまうので注射とかでない限り、表皮に幾ら油を塗ったところで保湿は出来ないと思うんです。

美容業界の美容液はどうやって皮膚に浸透させているんですか?

分子が小さい油はどれですか?

例-----
グリセリン
白色ワセリン
馬油
サラダ油

Aベストアンサー

美容液と保湿クリームを混同してますね
保湿クリームは単純に表面に油分を補給することで皮脂の代わりをして水分の蒸発を抑えてるだけですよ

美容液とはまた別物です

Q油のテカリの成分?

顔にでる油のテカリ、このテカリの成分は何でしょうか?
また、なんでテカルんですかね?

油がテカルなら、例えばサラダ油(アマニ油)と混ぜてある固体のものを作って、テカリが発生した場合、そのテカリの成分が何であるのか、分析できる機械はありますか?

回答、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

テカルのは、成分のせいではなくて、表面がいかに平滑かどうかによります。

油は、表面がつるつるになるので、てかっているように見えるだけなのです。

ざらざらした物体の表面に油を塗ってもてかるし、油を塗らずに細かいコンパウンドという磨きクリームで磨いただけでもてかるようになります。

なので、てかりを分析できる機械があったとしても、結果はその物体の材質がわかるだけなんです。

Q工学実験で油の性質変化に関して,酸化温度や成分変化がわからず困っています

工学部所属の大学生ですが,実験で使用する油について調べている最中で,困っています。

成分のほとんど(80%以上)が鉱油で,その変質具合を調べるために加熱したり,プラズマを照射したりしています。
そのときに,加熱温度によってどのような変化が起こるか,また,ラマン分光測定によってどんな変化が起こったか,参考となる資料が見つからず,困っております。

特に,”油の酸化温度”や”性質の変化(変質前後のラマンデータ)”などの情報が欲しいです。
宜しくお願いします。


また,実験で使用しているものの一つは,切削油で以下のURLのものです。
http://www.az-oil.jp/goods/04.html

Aベストアンサー

一般的な「酸化温度」は見つけ難いでしょう。
工業製品は「混合物」だから。
そこで皆さん色々な方法で「苦労して」いるようです。
同じく工学部の卒業研究、
http://www.kochi-tech.ac.jp/library/ron/2000/env/1010001.pdf
装置関係、
http://www.jalos.or.jp/main2/shiken/souti4.htm
抗酸化剤の劣化、
http://www.chuden.co.jp/torikumi/study/library/news/pdf/list079/N07923.pdf
これも劣化の例、
http://www.osakagas.co.jp/rd/sheet/159.html

Q油固化剤の成分

天ぷら油などを固めて捨てるときに使う油固化剤、
これってどんな成分で、なぜ固まるのでしょうか?
化学の知識がない人にもわかるように教えて下さい。

Aベストアンサー

よく言われる「粉末の油脂ゲル化剤」は主な材料を「高分子ポリマー」としています。
油の成分だけに反応するものですが、その「高分子ポリマー」を電子顕微鏡で拡大してみると、多くの「孔」が空いていて、その中に油が入り込んで高分子ポリマーを溶解して固めてしまうものです。効果的な作用と状態の安定および保存等のために必要な添加剤も混合しています。

主成分の高分子ポリマーが油分を取り込み組成内に封じ込めて流動性を制限する性質を利用し、油を捕捉する機能が進行してゲル化油(この場合は固まった調理油)が生成されます。

この機能は油分についてのみ作用し、水には反発するので油と水が混在する状態から油だけを分離してゲル化が進みます。ただ、表面に付着した水まで排除することはできませんので、生成したゲル化油には多少の水分が含まれることも有りますね。

油脂ゲル化剤の使用量は、ゲル化させたい油の温度、量にも拠りますね。
使用上の注意書きをよくお読みください。 (笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報