ものすごい野望なんですが、日本の歴史を小説で読みまくりたいと思います。
もともと歴史小説は好きで、作家では永井路子を愛読しています。
古くは古代聖徳太子の時代から、歴史小説といってもいいかわからないほど最近の物まで、皆さんが読んで面白かった本のタイトルと時代、そしてその本の魅力を教えてください。
年代の古いものから順番に片っ端から読んでみたいと思います。
今年1年で終わるか心配です・・

A 回答 (9件)

井上靖の「額田女王」「おろしや国酔夢譚」


打ちのめされます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「額田女王」ずいぶん前に一度読みました。
この機会に古本のダンボールから引っ張り出したいと思います。
再び打ちのめされたいです。

お礼日時:2004/01/18 16:38

海音寺潮五郎の


「将門記」「海と風と虹と」をお薦めします。
昭和の時代に放映されたNHK大河ドラマ
「風と雲と虹と」の原作です。

時は平安時代、承平天慶の乱の首謀者を描いた
物語です。
貴族全盛の時代、新しく勃興してきた武士階級との
軋轢を描いています。
乱は結果的に潰されてしまいましたが、成功していれば
1192年(鎌倉幕府創立)を待たずして、武家政権が
成立したでありましょう。

以上、2冊セットでお読みになれば、より理解が深まり
引き込まれるでありましょう。

司馬遼太郎、山本周五郎、池波正太郎、永井路子も
いいですねぇ。

歴史の世界へようこそ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
「海と風と虹と」は実家の父が持っていたので、一度手にしたことがあります。
が、当時高校生だったので、時間もなく内容も難しかったのか途中で挫折してしまいました。
それから20年たっているので、さすがに理解出きるとは思うのですが。
今度実家で借りてきます。

お礼日時:2004/01/18 16:36

   chibooさんこんにちは。

歴史小説では、江戸時代の武士を描いた「新吾十番勝負」(新潮文庫 川口松太郎著)がありますが、古い本で古本屋でもなかなか出てこない本です。地元の図書運にあったので借りて何度も読みました。

 将軍の息子であるが権威を嫌い、一人放浪しながら剣の腕前は達人であると痛快時代劇ファンにはたまらないものがあります。ある意味、水戸黄門に通じるところがあります。

 図書館などで探すとあるかもしれません。これはオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
先ほど地元の図書館で検索したのですが、残念ながらありませんでした。
とはいうものの我が家は転勤族のため、いつになるかわかりませんが、次の転勤先の図書館でも探してみたいと思います。

お礼日時:2004/01/18 16:32

chibooさん、こんばんは。



歴史小説ですか。日本史がお好きなのですね。
chapaはどちらかというと、日本よりも世界(特に中国)のが好きであまり詳しくはないんですが、、

吉川英治「新平家物語」(全10巻)は読まれましたか?
源平の戦い、平家の栄華、滅亡をつづったものです。
吉川英治の作品は文がとてもきれいです。ときには力強く、時には上品に、壮大なロマンを感じさせてくれます。

そしてやはり司馬遼太郎は必須ではないでしょうか?
「竜馬がゆく」「翔ぶが如く」が有名ですが、いずれも幕末、明治維新の時代です。
この時代の他の作品では、土方歳三を主人公にした「燃えよ剣」、明治維新の軍隊の基礎をつくったとされる兵法家大村益次郎を主人公とした「花神」などがあげられます。

わたしの姉が司馬作品で好んで読んでいたのは「城塞」です。大阪の陣、豊臣氏の滅亡を書いたものです。豊臣方から書いているので、真田幸村をはじめとする、豊臣方の武将たちの戦いぶり、その最期は心うちます。
幸村(真田一族)に関しては「真田太平記」(池波正太郎)もありますね。

この回答への補足

みなさんありがとうございます。
改めて自分の読書の偏りを感じてしまいます・・・
こちらでご紹介いただいた本は、時間はかかると思いますが必ず読んでみようと思います。

補足日時:2004/01/14 17:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
司馬遼太郎と吉川英治は歴史小説のバイブルですね。
まだまだ読んでいないものがたくさんあるので、どんどん読み進めていきたいと思います。

お礼日時:2004/01/14 16:59

近代になるのかな?


日清・日露戦争を描いた「坂の上の雲」(司馬遼太郎)をおすすめします。

国とは? 戦争とは? 人の命とは?

いろいろと考えさせられます。
と言っても別に説教くさくはなく、小説としても面白いですよ。
(戦争が面白い、といっているわけじゃありません^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
坂の上の雲が日清・日露戦争を描いたものだとは知りませんでした。
近代の戦争ものは歴史的なものより、体験を小説化した物ばかり読んでいたので、これを読んでぜひ時代背景を勉強したいと思います。

お礼日時:2004/01/14 16:58

“時代小説”ファンですので、ご希望のような“歴史小説”で推薦できるものというと、ちと悩んでしまうのですが・・・



杉本苑子『孤愁の岸』(講談社文庫)

 これなどはいかがでしょう。
 江戸時代、御三家のひとつである尾張徳川家が支配する濃尾三川(木曽川・揖斐川・長良川)の治水工事を幕府から言いつかった薩摩藩が、すさまじいばかりの人的・財的負担をこうむりながら、奉行・平田靫負(ひらた・ゆきえ)の指揮のもと、任務を遂行してゆく長大な歴史小説です。
 江戸幕府が外様大名をどのように扱っていたか、という面も描写されている骨太の力作です。
 昭和39年に直木賞受賞をした作品で、書かれた時代は古いのですが、今でも新鮮な魅力に満ちていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとございます。
杉本苑子さんは何冊か読んだことがあります。
どうしても私は女性ということもあり、女流作家の女性を描いた小説を選んでしまいがちです。
歴史の表舞台には登場しないことも、日本の各地のドラマを当時の時代の流れと共に知ることが出きるのも歴史小説の魅力ですよね。

お礼日時:2004/01/14 16:56

高橋克彦さんの「火怨」が出ていますが、高橋さんの主な歴史小説は3つあります。

書かれた順はNHK大河ドラマの原作「炎立つ」「火怨」「天を衝く」で、時代は「火怨」(坂上田村麻呂)、「炎立つ」(前九年の戦い~藤原三代の滅亡)、「天を衝く」(豊臣秀吉の時代の南部家の話)。どれもお勧めですが、最初に書かれた「炎立つ」が、やはり一番力がこもっているので、私はこちらをお勧めします。テーマはすべて東北人の中央からの侵略への対抗。感動的ですが、結末の付け方がワンパターンなので、何回も読んでいると飽きてきます(^^;)。また、このあたりの時代は資料が少ないので、作者の想像もかなり入っています。

ちなみに高橋克彦の「時宗」は鎌倉時代の話で、小説としての面白さはちょっと足りないけれど、この時代の歴史小説は少ないので読んでみてもいいのでは。

司馬遼太郎さんはなんでもお勧めですが、戦国時代の斎藤道三から織田信長を描いた「国盗り物語」と、明治維新の新撰組を描いた「燃えよ剣」がお勧め。

斎藤道三では、宮本昌孝「ふたり道三」もめちゃ面白いですが、やはり想像部分が多いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとございます。
高橋克彦の3部作は早速手にしたいと思います。
私実は○部作物が好きなのです。
司馬遼太郎は定番ですよね。
竜馬は行くは定番中の定番で読んだのですが、今年話題の新撰組もリストに入れなくては。

お礼日時:2004/01/14 16:53

ども、前に電車通勤してた頃は結構読んでました。



好きな作家さんが違うので、合うかどうか判りませんが吉川英治氏の小説には、歴史物(よりも戦国物の表記がいいのか・・・)が多く有ります。

平家合戦、太閤記、南北朝もの、武将個人を扱った短編小説など・・・。

太閤記、三国志なんかは、2~3回繰り返し読んでいますが、まだあきません。描写が細かく情景をリアルに思い浮かべることが出来そうなくらいで、ついのめりこんでしまいます(笑)。

そういえば、昨年の大河ドラマの原作も吉川英治氏のものでしたね。昔の言い回しのまま再出版されてるのも魅力の一つと感じますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
通勤電車は読書には最適ですよね。
私は育児の合間か、あっという間に寝てしまうのですが布団に入ったからです。
もちろん思うように読み進めることができません。
吉川英治は難しそうな先入観があったので、今まで手をつけたことはありません。
まず短編に挑戦してみようと思います。

お礼日時:2004/01/14 16:49

高橋克彦さんの「火怨(かえん)」上・下


もう読まれましたか? (私は5~6回読みました)

陸奥の蝦夷と朝廷の長い戦い。
辺境の地である陸奥に住む蝦夷は、長い間朝廷の支配を受けずに暮らしていました。
しかし、朝廷は陸奥の金を目当てに、陸奥制圧に乗り出します。(寺の建立するため金が大量に必要だった)
それから長い戦が続きます。
蝦夷軍は、朝廷の大軍を相手に勝ち続けます。
朝廷は蝦夷を「人」とみなしていないので、和議など有り得ない。
いつまでも続く戦さを終焉するために、蝦夷軍のリーダー「アテルイ」が採った策とは・・・。

感動、涙、涙、涙。
読み出したら止まりません。
これを御覧の皆さん、是非一度お読み下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
高橋克彦さんはまだ読んだことがありません。
私の中での歴史での東北というと、まず浮かんでくるのが藤原家と義経です。
以前平泉を訪れ、なぜかとても感動したことを思い出します。
実は旅行で何度も東北を訪れてはいるのですが、その歴史的背景にはいまいち通じていなかったので、是非ご紹介いただいた本を読んで涙したいと思います。

お礼日時:2004/01/14 16:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q歴史・時代小説といえば?

 最近歴史小説や時代小説を読みたくなったのですが、皆さんで
「歴史小説、もしくは時代小説といえばこの人しかいないでしょ!」といった作家さんといえば誰ですか? もしくは
「歴史・時代小説といえばこの本!」みたいなオススメはありますか?

Aベストアンサー

作家と、特に好きな作品を。
池波正太郎『鬼平犯科帳』『剣客商売』『梅安』シリーズ
永井路子『北条政子』
高橋克彦『火怨』『炎立つ』『天を衝く』『時宗』
山本周五郎『さぶ』『赤ひげ診療譚』
柴田錬三郎『御家人斬九郎』
藤沢周平『密謀』
隆慶一郎『一夢庵風流記』

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qマザーテレサの本を、読んだ事がある人に聞きます。 自分が、読んで心に残ったエピソードを教えて下さい!

マザーテレサの本を、読んだ事がある人に聞きます。
自分が、読んで心に残ったエピソードを教えて下さい!
出来レバ、長い文が良いです。

Aベストアンサー

沢山ありすぎて…
死を待つ人の家、を建てたことと子

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q歴史小説での質問

歴史小説を読んでいると、よく、「かずさのすけ」・「しゅりのすけ」等の言葉がでてきますが、何の意味があるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Reffyさんに付け加え、「しゅりのすけ」を説明します。

 修理(しゅり)とは元々は、嵯峨天皇の代に置かれた役所、職(しき)です。
 主に内裏(天皇の邸宅)の造営修理を担当しました。
「すけ」は修理職四部官の上から2番目にある『亮〔すけ〕』 従五位下 です。
 これが転じて、役職名というよりは、単なるファーストネームに変化しました。
 同じようなケースに「右近」「主税」などがあります。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q歴史についての質問(戦国時代)

こんにちは。
お尋ねしたいことがあります。

関ヶ原の戦いにおいて、伏見城で討ち死にした鳥居元忠について
書かれた良い本をご存じですか?

「関ヶ原」(司馬遼太郎)には、美しく書かれております。
他に、良い本をご存じですか?

お詳しい方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなた御自身で指摘されていますが、
山岡壮八の「徳川家康」を、お薦めします。

竹千代と呼ばれた幼少期の家康と元忠の主従愛、
そして伏見に至る迄を面白く読ませてくれます。
司馬さんの「関ヶ原」も勿論素晴らしいです。その他とのことですので・・。

「島津奔る」は池宮彰一郎ではありませんでしたかネ?


人気Q&Aランキング