[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

尾崎紅葉の作家研究をレポートとしてまとめたいのですが、押さえておくべきポイントはどんなことなのでしょうか?
有名な作家なのですが、太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない為どのようにしてまとめればいいのか分かりません。
A4一枚程度、大体多くても2000字程度でまとめる予定です。

尾崎紅葉に限らず、作家研究とはどんなことなのか、また方法についてのアドバイスを頂けると嬉しいです。

ちなみに金色夜叉について、という授業内容です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>有名な作家なのですが、太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない為…



なにがどう有名なのか確かめもしないで、「太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない」などと勝手に言明してはならないでしょう。
弱冠22歳にして紅葉は露伴とともに、そのデビュー作からしてたちどころに「咲盛る文壇の花形といふべき作家」(緑雨「日用帳」)と称賛されたほどで、しかも一文壇に留まらずその反響は社会的事件をなしたほど画期的だったとされています。

太宰のデビューが27歳で自殺が39歳(作家歴16年余)、芥川のデビューが22歳で自殺が35歳(作家歴13年)に対し、紅葉のデビューが22歳で肺がん死が36歳(作家歴14年弱)でほぼ類似しており、またその作品ごとの当時の人気度は決して勝るとも劣るものではありません。

しかも、紅葉の場合は、その衝撃的なデビュー作は雅俗折衷の美文体として言文一致の動きに挑戦したものですが、24歳の作品では「である」調の洗練された文体を創作して大成功を収め、「だ」調の二葉亭、「です」調の実妙とで、見事に鼎立させる新機軸を以て当時の社会に衝撃を走らせた事は歴史に残された通りです。

新時代の開拓者として、この「である」調の研鑽・辛苦を重ねたがために、その後の創作活動は停滞を余儀なくされたものであり、またそれ故に代表作「多情多恨」という精妙な成果を生むに至ったものでしょう。また、彼の新聞小説「金色夜叉」が未完でありながら永年にわたり日本の演劇界に、いや大衆社会に齎したインパクトの強大さのほどは、芥川・太宰クラスとは比較にさえなりません。

何よりもまず、紅葉の作品そのものを読む作業なくしては、ことは始まりません。
そして、こつこつ読みながら、強く感じた箇所ごとにチェックを入れ、感想メモを付けることです。
たくさん溜まったそのメモを纏める作業を始めたら、それがあなたの作家研究への確かな一歩です。

おまけですが、読み続ける困難さに疲れた時には、私が参考にした次のような評論などで骨休めを愉しんだらいかがでしょう。
坪内祐三「慶応三年生まれの旋毛曲り─漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代」(新潮文庫)
http://www.shinchosha.co.jp/book/122634/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
二週間という期間の課題でしたので、一体どこまでまとめたらいいのか、何をもとにすればいいのか迷ってたところで…
回答者様の仰ったように、まずは作品をできるだけ読むところから始めようと思います。一応「多情多恨」「三人妻」あたりまで読んではいるのですがなかなか難しいですね…

また、人気のある作品が少ない、というのは語弊がありました。申し訳ありませんでした…
一つの作品についての研究史のまとめられた本が、夏目や太宰、芥川のように簡単に読める場所で取り扱われていない為、間違った解釈をしていました。

骨休めのアドバイスもありがとうございました!
参考にさせていただきます!

お礼日時:2012/06/05 22:00

 自分の研究テーマでしょう。

手抜きしない。ここで聞いて済ませるの?宿題を…、課題を…。

 何のための授業ですか?ゼミですか?学校に行って、先生や先輩に指導してもらってください。その為に授業料を納付したのではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
頑張ります!

お礼日時:2012/06/05 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学における文学研究

わたしは文学研究などしたことがなく,文学作品を読んでもただ面白かった,つまらなかったぐらいの個人的な読み方で終わります。
大学生だったときも文学研究の授業は取りませんでした。
その一方で,文学作品(特に現代)を研究対象として何らかの分析を行う場合(例えば大学での授業などで)があるかと思いますが,
その際,なんらかの理論的枠組み(ニュークリ以降様々な理論←聞きかじりですのでどのようなものか分かりませんが)を前提にして行われているのでしょうか?

つまり,(わたしのような)単なる感想・印象的な語り方と,研究論文とを分かつ境界線は,
単に実証的あるいは論理的な語り方の違い,あるいは新しい解釈にあるのか,
それとも理論的枠組みが前提となったうえでの語り方の違いにあるのか。
そのあたりのことをご教示くださる方,
またはこんな本を読んでごらんなどのアドバイスでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.3です。
もしや、dddluidddさんの質問の意味が、「文学作品の良し悪しを決める物差しがあるのではないのか?」という意味もあるのではないか、というふうに思ったので、再度、書きます。
私も、大学に入るまでは、「私が、この小説をいいと思ったら、他の誰がなんと言おうと、この小説はいいんだ」というふうに、思っていますた。
文学とは、情緒でいいんだと。

「文学史」というものがあります。
文学史の本は、どこの書店でも売っています。
どれも、似たようなものです。
たとえば、白水社は、イギリス文学史や、フランス文学史、ドイツ文学史、といった本を出しています。(たぶん、日本文学史もあります)。
文学史を勉強すればわかることは、文学には流れがあり(歴史と不可分です)、ときどき、画期的な作家や、画期的な作品が現れるということです。(これが、有名作家であり、有名作品です)
これは、個人が、その作家や作品が、好きとか嫌いとかとは、関係ありません。
また、いい作品、たいして良くない作品、というのもあります。
より古い作品、より新しい作品というのもあります。
これも、個人の好き嫌いとは関係ありません。

誰が、それを決めるのかと言えば、読めばわかることです。
まともに文学を勉強している人の間で、作家や作品の良し悪しが、問題になることはありません。

もし、文学を勉強してみたいと、お思いになったのなら、どこかの大学の聴講生になるとか、放送大学で勉強するとか、自分で本を読んでもいいと思います。
簡単なのは、白水社の文庫本で、まず、歴史を通読してから、文学史を読み、文学史の中にでてくる作品を読んでいくことです。
たくさん読まなければ、相関関係がわかりません。
ひとつの作品は、必ず、前の時代の作品の影響を受けています。

文学の切り口は、いろいろあり、論文にも、良し悪しがあります。
知りたければ、どこかの大学の文学研究の雑誌を借りて読むことです。
テーマも、大きなものから、小さなものまで、いろいろあります。

NO.3です。
もしや、dddluidddさんの質問の意味が、「文学作品の良し悪しを決める物差しがあるのではないのか?」という意味もあるのではないか、というふうに思ったので、再度、書きます。
私も、大学に入るまでは、「私が、この小説をいいと思ったら、他の誰がなんと言おうと、この小説はいいんだ」というふうに、思っていますた。
文学とは、情緒でいいんだと。

「文学史」というものがあります。
文学史の本は、どこの書店でも売っています。
どれも、似たようなものです。
たとえば、白水社は、イギ...続きを読む

Q作品・作者についてのレポート。

近現代文学作品の研究レポートの課題があるのですが、どのような流れで書けばいいか解りません;
一応、谷崎潤一郎の作品(『刺青』など)について書こうと思ってるのですが、何から書き始めたらいいか…。感想文っぽくなったらいけないのでしょうか?
こういう論文の書き方などアドバイス下さると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

あまり作品にスポットを当ててしまうと、やはり作品評、感想文に
なりかねません。そこで、まずは谷崎なら谷崎が、
日本の文学史上でどのような立場にいて、他の作家と
くらべてどのような特徴的作風であったのかを
比較対照して論じていくとわかりやすいのでは?

そのなかで、刺青なら刺青が、どのような作品であったのかを
解説していく。。。

ちなみに谷崎は文学史上「耽美派」といわれています。
耽美派とは何か? どのような傾向を示す作品か?
どんな作家がいたか?
なども言及できるでしょう。

以下は比較文学のかなりくだけたサイトです。
参考にどうぞ。



参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwhp1575/ureshi/kinbunshi05.htm

Q作家論について

ある画家の作家論を書かなくてはならないのですが,作家論とはいったい何なのでしょうか?客観的な捉え方でその作家を論じたらよいのか,あるいは主観的な捉え方でよいのか,まったく検討がつかず困っています。もともとの意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

画家にはピンからキリまでいますが、作家論が書けるほどの画家はそんなにはいません。名をなした画家で一般的には画集が発行されているとか、評論が新聞社や美術専門書に載っている作家などを対象にした画家の集約論と考えてよいと思います。評論家や新聞記者がまとめている論評を出来る限りたくさん拾い集め、また、作家自身が言っている言葉も出来る限り拾い集めそれを体系的にまとめ上げ、その傾向をさぐっていけばきっとよい作家論ができるものと思います。最後に自分なりの感想や意見を入れることも必要です。作家論は美術批評や美学研究の一分野と考えてよいと思います。作者の生い立ちから徹底的にさぐっていけばきっと誰もが気づかなかった何かを見つけることができるかも知れません。他の人が切り込まなかった視点を見つけることが、よい作家論を書く秘訣かと思います。頑張って下さい。


人気Q&Aランキング