最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

2つの質問があります。ググっても探し切れませんでした。

HPのp6320jpというディスクトップPCを使用しています。OSは7のHOME PREMIUMです。
付属のデフラグツールのディスク欄にHP(C:)、FACTORY_IMAGE(D:)、SYSTEMと3つのディスクが現れるのですが、「SYSTEM」だけが最適化を実行しても7%断片化したままで終わってしまいます。
使用に際しての支障は今のところ無いのですが、とても気になります。保証期間が過ぎてから発覚しましたので、原因と解決法をご存じの方がいらっしゃいましたらご教授をお願いします。

同PCにHP SUPPORT ASSISTANTというツールがあるのですが、そのツールにコンピュータの調整という項目があり、その項目の中に「最適化」があります。Cドライブをデフラグをするようなのですが、何時間たっても終わりません。(WINDOWSのデフラグツールを使用するとすぐに終了します。)
こちらも原因と解決法を存じ上げている方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

断片化されたデータを結合して再保存ができない場合は多々あります。


また、その程度によるスペック不安定はほぼありません。むしろデフラグによるHDDへの負荷のほうが大きく、寿命を縮めているだけです。

起動しているAppでファイルアクセスを行っている場合、そのファイルは書き換えができません。
そういったファイルは断片化解消の対象外になります。
システムファイルは基本的に別枠になっていますが、アプリ管理は一般ファイルとして保存されますから、確実に断片化をなくすことはApp起動している限り不可能でしょう。
こういったものを解消したい場合、そもそもWindowsをブートしてしまっては無意味ですから、リムーバブルブートができるディスクユーティリティを使うことになります。

パフォーマンスを出すのであれば、断片化をなくすだけでは意味がなく、セクタ配置を最適化することのほうが重要。
Win7あたりのユーティリティはそういったロジックも含んでますから、断片化を積極的に解除しない場合もあります。
そもそも、自前で自動デフラグ書けますから、原則手動で行う必要はなく、上記のとおりHDDの寿命を縮める結果になることが多いです。

>HPのツール
個人的にはこいつあまり信用してません。
利用したことがある限りでは、かなり時間が(320GBで8時間くらいだったかな)かかった癖にあまり変わらないっていう・・・。

この回答への補足

最初は0%の断片化だったのですが、今では7%の断片化になっています。Cドライブは0%になるのに「SYSTEM」だけは0%にならない。ここが気になります。

補足日時:2012/06/09 18:05
    • good
    • 1
この回答へのお礼

HPのツールについては最初から付属していたので使おうと思っていました。やっぱり時間がかかるのですね。当方だけではない事がわかり安心しました。

お礼日時:2012/06/09 18:08

>断片化が解消できません



デフラグを掛けても(しても)最終的に0にする事は出ません。
何故ならば、何でもかんでも移動して仕舞うと、不安定を来たす物(ファイル)が有る点と、稼動中は移動出来ない構造のファイルが有るからです。
---
下の3つは、動かせません。
1.hiberfil.sys
2.pagefile.sys
3.System Volume Information
これ等は、フォルダーオプションの中で見える設定にして無いと、きが付かないかもしれませんが。
---
デフラグが本当に必要なのは、レジストリーと呼ばれる、管理部分とMFTと呼ばれるHDDの各頭の部分ですが、今(今現在「今の時代」のPCは)の時代ではフラグメントによりスピードの足を引っ張られる事はありません(CPUもメモリーもグラフィツクボードも)超スピードが速く成って居るので速さに関してならデフラグは不必要ですが、フラグメントが発生して居ると読み書きの為のアームヘッダーが著しく動き回るので無駄な動きを無くす為の、デフラグは、頻繁に必要です。(但しやっても断片化は0には出来ない「構造的に」)
-----
私の1TBytのHDDでは、1回(電源を入れてから切るまでに)8GByt位の断片化はしょっ中起きてます。%でも15%位(断片の数は数千に上る)は年中起こっています。
----
完全に0にしたければ、別のPCへ(HDDを)接続して、デフラグをすれば0にできますが、その綺麗に成ったHDDでも一回使えば即、フラグメントは発生して仕舞います。
----
つまり、フラグメントが気に成るなら毎回デフラグをしても構いませんが、Analyzeで調べればすぐに発生して居る事が確認されます。
---------------------
デフラグをやり過ぎるとHDDが早く壊れると言うのは嘘です。
何故なら、フラグメントの発生して居る状態で、書き込み読み出しを行えば、信じられない程、HDDのアームヘッダーは走り廻り←寧ろその方がHDDとしての消耗は激しいからです。断片が数百から~数千にも成るなら、絶対にデフラグをやる冪です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。断片化が解消できない事は概ね理解できました。ただSYSTEMという領域はディスクの管理画面かデフラグの画面にしか見えません。フォルダオプションの見える設定にしても出てきません。そしてSYSTEMだけ0%になりません。100MBの容量があって、70MBの空き容量があるのですが、何のためにある領域なのかも分かりません。もう1台、7のPCを持っていますが、そちらにはSYSTEMという領域は出てこないです。

お礼日時:2012/06/10 07:09

断片化の意味が知りたい?


それはね何時も使うソフト、例えばInternetExprolarなど頻繁に使えば断片化つまりそれの領域が増える為、メモリーを所有してしまう、言い換えればOSの機能スーパーフェッチと言う物です。
断片化は癖です、それを開放する事です=>つまりメモリを開放します、難しいなら他で聞いてください。

この回答への補足

意味など聞いておりません。

補足日時:2012/12/10 17:03
    • good
    • 2

私はツールの事はわかりません、HPのツールと言うものがわかりません、申し訳ないです。


ちなみにSystemは常時動いてる訳で断片化してる訳です、当たり前ですが?
あまり意味の無いソフトは使わない方が宜しいかと思います、月1回程度で良いと思いますよデフラグについてはね!

この回答への補足

断片化する理由も、デフラグの最適な頻度も聞いておりません。

補足日時:2012/12/10 17:07
    • good
    • 0

SYSTEMという領域は、ドライブレター(Cドライブなどの表示)がありますか?マイコンピュータ(エクスプローラ)から見える領域でしょうか?


それとも、ドライブレターは未割り当てでしょうか?
容量は、小さくありませんか?

だとしたら、Windows REやPEの収まったブート領域ですから、デフラグは不要です。この領域はたいていの場合、最も高速なディスクの最外周(論理ディスクマネージャーの画面上では一番左)にありますから、少々断片化していても影響は皆無です。
尚、サードパーティのブート管理ソフトがあるなどシステムの設定によっては、無理に断片化を解消すると、起動に支障が出る(起動できなくなる)恐れがあります。

ちなみに、Windowsデフラグでは、領域の完全な最適化に最低で15%の空き、またはその領域で一番大きなファイルの容量と同じ+αだけの空きが必要です。
それより、空き容量が少ないとそれを使うソフトは、実行を中止したり、断片化の解消が出来ない場合があります。また、システムが常に該当ファイルを保持している場合は、断片化していても、解消はできません。

Windows以外のデフラグで、Windowsが登載する標準のデフラグエンジンを使わない場合は、そのデフラグソフトの仕様に準じます。ただし、オフラインデフラグが出来なければ、システムが利用中のプログラムやファイルは、デフラグが出来ません。という条件があります。出来ないから問題に直結するわけではありません。

尚、もし故障などを疑うなら、デフラグをすると致命的な結果になります。
もう既に何度もやっていて、Windowsのデフラグはすぐに終わるだけ、OSも起動するなら、単にデフラグの限界です。気にせずに使えばよいでしょう。

一応、最後に書いておきますが、もしそれがディスク不良による故障だった場合。
そのデフラグでその領域に突入した段階から、Windowsはシャットダウンに凄まじい時間を掛けたり、次に起動するときに、正常に起動しない。デスクトップが表示されない。黒画面に白抜きの文字が出て先に進まない。ブルースクリーンに白文字のエラーが出るなどの症状が出ます。

それが起きたらもう手遅れです。
本当にご心配であれば、まずは大事なデータをとにかくCDやDVD、BDにバックアップしてから、ディスクのチェックをするのがベストです。そこで、エラーが出なければ、問題はありません。

ディスクのチェックには、chkdsk(チェックディスク)コマンドを使うのが一般的ですが、詳細にクラスタの物理エラーもチェックするのであれば、DFT(Drive Fitness Test/フリー)を用いるのが妥当です。
尚、DFTはAHCIに対応していませんので、BIOSでAHCIを無効にしてから実行して下さい。
http://pctrouble.lessismore.cc/software/dft.html

デフラグ自体が寿命を縮めることは、基本的にはありません。最近、そういう報告が出始めています。ただし、デフラグ中にパソコンを落としたり、電源が落ちたりすれば、データが破損してしまうことがあります。また、先に述べたように動きがおかしいからデフラグをと掛けたときに、故障が原因なら、トドメを刺してくれます。
そのため、スケジュールデフラグでなく、手動で完全デフラグを本気で行う場合、その時に動きが明らかに遅いおかしいと思う場合は、デフラグの前に大事なデータは待避することをお奨めします。

尚、Windowsデフラグでは、論理エラーがある場合に限り、デフラグの実行をするとデフラグは実行されず、メッセージを表示して停止します。物理エラーはデフラグが完了しなくなります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

長文でのご回答ありがとうございます。しかしながら当方はPCについて全くの素人なのでご教授頂いた内容の殆どを理解できておりません。このSYSTEMという領域はコンピュータの管理→ディスクの管理画面の状態欄には「正常(システム、アクティブ、プライマリパーテイション)」と表示されています。容量は100MBで70MBの空きがあります。WINDOWS標準のデフラグツールで、月一でスケジュールを組んでいて、当初は0%だった物が、いつの間にか7%の断片化になっていました。何とか0%にしたいです。

お礼日時:2012/06/09 18:22

> 「SYSTEM」だけが最適化を実行しても7%断片化したままで終わってしまいます。



そのドライブに「仮想メモリ」が存在するという環境ではありませんか?

> こちらも原因と解決法を存じ上げている方がいらっしゃいましたら・・・。

Windowsのデフラグが正常だと思います。

この回答への補足

「system」に仮想メモリが存在する環境かどうかもわかりません。そもそもsystemというものが何なのかもわかりません。当方で設定したのではなく、デフォルトで出てきます。

補足日時:2012/06/09 18:02
    • good
    • 1

デフラグをするのにもルールがあると思われます。


具体的には、ひとつのファイルに断片が2つなどの少ない場合は無視。
細かいデータファイルなども無視など。
これらのルールはデフラグソフトでだいぶ変わってくると思います。

あとデフラグは何度もするとHDDの寿命を削ります。
月1回もやれば十分でしょう。個人的には別にしなくてもいいぐらいです。

この回答への補足

ご回答はありがたいのですが、デフラグの必要性の有無を問うてるのではなく、断片化を0%にしたいのです。

補足日時:2012/06/09 18:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデフラグの目安

私は大体つきに一度の目安で、エラーチェックをしてからデフラグとゆう形でやっているのですが、あまりそのペースでやらなくてもいいのかなと最近思ったので質問させてください。
デフラグの分析をしたら断片化が5%になっていました。この断片化の意味は大体わかりますが、5%の段階でデフラグはどうなんだろうと最近思いました。50とかになったらデフラグとかの方がいいのかなと思いました。

そこで質問させてください。デフラグは大体どういったペースでやったほうがいいのでしょうか?
分析をして、断片化が50パーセントとかになったらデフラグとかしたほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
>断片化が80パーセントになったりとか99とかになったら自分でデフラグをしたほうがよろしいのですね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
では
>どの程度の断片化でデフラグを行うべきで、行うべきでないのかといった点で信頼できる実験データなどは知られておらず、おおむね経験則に基づいて実行されている。
とあります。
言ってみれば、机の上がどれくらい煩雑になったら片付けるかというようなことなので、一概に数値を決めることはできないでしょう。
ただ、自動で勝手に行った結果が5%なのだということがわかっていれば、その数値から大きく外れていたらした方がいいかもしれません。ただ、したところでその効果を体感できるかというと話は別ですね。

Qデフラグをしても断片化が残る

ノートPC windows8.1使用です。ハードデスクの管理を試みてみました。Cドライブが2%断片化していますと表示されるので、デフラグをかけましたがそのまま残ってしまいます。デイスクのクリーンアップもして再度でぐラグを試みましたが結果は同じです。2%の断片化であれば支障はないと思いますが、少し気になります。何か良い対処法はないでしょうか。ご教示ください。

Aベストアンサー

Windowsには、簡易版しか付属してないですね。
フラグメンテーションは必ずおきますし、その弊害はあります。
 ⇒フラグメンテーション - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3 )
 ⇒デフラグメンテーション - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3 )
 巷には、デフラグしすぎるとHDDを壊すという説がいまだに見受けられますが、そのような事はありません。(SSDを除く)
 デフラグでディスク表面をヘッドが行き来するのでしたら、動作時にも移動しているわけですから、その説は矛盾しています。

 私が知る限りではParfect Diskというデフラグツールが秀逸だと思います。システムファイルもデフラグしてくれます。残りをどのくらいまで許容するかも指定できます。製品と同じものが1ヶ月試用出来ますので試されたらよいかと。

 ただし、あくまでフラグメンテーションを起こさない使い方をするのが最善の対策です。特に起動時に使用するシステムディレクトリはフラグメンテーション起こさせない使い方が必須です。私はその原因となる$temp、$wintempは別ドライブにしていますし、書き込みが行なわれるデータ(マイドキュメント)、そして最大の犯人インターネット関係の一次ファイルもシステムドライブにはおいていません。インターネット関係(ブラウザ・メール)は独立しています。

Windowsには、簡易版しか付属してないですね。
フラグメンテーションは必ずおきますし、その弊害はあります。
 ⇒フラグメンテーション - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3 )
 ⇒デフラグメンテーション - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3 )
 巷には、デフラグしすぎるとHDDを壊すという説...続きを読む

Qハードディスク断片化の最適化が、改善されない。

Cドライブは、最適化を実行しましたが、10%の状態が改善されません。
Dドライブは、最適化を実行し、0%と状態が改善されました。
どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

10%と程度は当然あると思って下さい、システムなのでデーターファールと違い常に変更が付きまとうので30%程度までは気にする必要はありません、デフラグのやりすぎは、HDDの寿命を極端に短くするのでほどほどにした方が良いです。

Qwindows8.1のデフラグについて

最近、PCの動作が遅くなってきたように感じたので最適化しようと思い、見てみるとcドライブのところに「最適化が必要です(12%が断片化しています)」と表示されていました。そこで、最適化をしてみると、「ステップ1:0%再配置済み」からいきなり「完了」となるのですが、その後も変わらず「最適化が必要です(12%が断片化しています)」と表示されたままです。どうすればいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ローカルデスク(C)ドライブ⇒プロパティ⇒全般タブ⇒デスクのクリーンアップを実行して完了。
ツールを開いて、ドライブのエラーチェック、続いて最適化を実行⇒まだ断片化が残る。

改善をされるかは分りませんけれど、コントロールパネルをシステムとセキュリティを開きアクションセンターを開きます。
続いて、ファイル歴を開き⇒回復を選択して開きます、PC゛問題が発生している場合、PC設定でリフレッシュすことができます。をクリック、PC設定の画面に切り替わりますので、PCの起動をカスタマイズする。
今すぐ再起動する、をクリックして下さい。

PCの起動をカスタマイズするは、デバイスまたはディスク USB ドライブや、DVDなどから起動、PCのファームウェア設定変更、windowsスタートアップ設定の変更、またはシステムイメージからのwindowsの復元を行います。
この操作を行うと、PCは再起動します。

デフラグを実行して断片化の残っている場合は、システムドライブのフルスキャンを行い断片化を元の位置に戻しながら修復作業を行います。 システムの回復でなく復元です。

もしもPCの動作が不安定と感じた場合は、PCをリフレッシュしてやり直す事も出来ます。
但し、リフレッシュを実行するとディスクトップアプリは削除されるために再インストールが必要です。
開始⇒実行。

デフラグはwindowsのOSにプリインストールをされているものなので、外部から余計なデフラグのソフトをダウンロードしないで下さい。

ローカルデスク(C)ドライブ⇒プロパティ⇒全般タブ⇒デスクのクリーンアップを実行して完了。
ツールを開いて、ドライブのエラーチェック、続いて最適化を実行⇒まだ断片化が残る。

改善をされるかは分りませんけれど、コントロールパネルをシステムとセキュリティを開きアクションセンターを開きます。
続いて、ファイル歴を開き⇒回復を選択して開きます、PC゛問題が発生している場合、PC設定でリフレッシュすことができます。をクリック、PC設定の画面に切り替わりますので、PCの起動をカスタマイズする。
今すぐ再...続きを読む

Qドライブの最適化(デフラグ)が瞬時に終わってしまい、最適化されない

Windows 8.1です。 システムが入っている方のドライブ(Cではない方)で、35%が断片化しているので最適化が必要とのことで最適化のボタンをクリックすると、あっという間に終わってしまい、また同じ表示(35%が断片化しているので最適化が必要)に戻ってしまいます。クリックした途端、表示が「ステップ0」になるので最適化が始まるのは確かなようですが、あっという間に「ステップ4?(速すぎて判読不能)」まで行き、終わってしまいます。どなたか、ご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8518500.html

Q予約済みシステム領域(?)・・デフラグについて

デフラグがうまく行きません。
「予約済みシステム領域」をなくすことはできないでしょうか?

(1)以前、100GBのハードディスクを使っていました。
(2)使用領域が95GBくらいになり、ファイルの断片化がひどくなってきました。空き領域が少ないためか、デフラグもいまいち効きにくくなりました。
(3)そこで、150GBのハードディスクに換装しました(システムもデータもすべて移行)。空き領域は55GBになりました。
(4)その後、Diskeeperでデフラグしたのですが、断片化したファイルがやはり結構残ってしまいます。困った!
(5)なんでだろうと思って、ドライブマップを見ると、「予約済みシステム領域」というのが30GBくらい出来て、これが空き領域を圧迫しています。
(6)ヘルプを見ると予約済みシステム領域=「Master File Table の拡張時に使用される領域」と書いてあります。

「予約済みシステム領域」をなくすことはできないでしょうか?

Aベストアンサー

できません。というか消しちゃダメです。

そもそも、予約済みシステム領域はMFTのフラグメンテーション(断片化)
を避けるためにある程度の連続部分が予約されているのです。

無くしてしまったら、ファイルやフォルダ情報が収められているMFTが断片化し、
パフォーマンスが落ちてしまいます。
これではデフラグの意味がありません。

また、この情報はDiskeeperだから見れるものであり、
windowsではわざわざ隠しているものです。
(神経質になる必要はないということです。)



また、なぜ55GB程度の容量のためにハードディスクを”交換”したのか理解に苦しみます。
・PCケースの大きさが小さい(増設できない)、
・もしくはノートPCである、(そもそもノートPCに大量のデータを貯めるのは「誤り」です。)
・電源容量が足りないとか・・
というならば分かりますが

通常ならばシステム100GB(大きいか・・)、データ150GBのハードディスク2台構成で問題ないと思うのです。
(外付けでも十分事足ります。)

何のための増設なのか、デフラグなのか、よくお考えください。

できません。というか消しちゃダメです。

そもそも、予約済みシステム領域はMFTのフラグメンテーション(断片化)
を避けるためにある程度の連続部分が予約されているのです。

無くしてしまったら、ファイルやフォルダ情報が収められているMFTが断片化し、
パフォーマンスが落ちてしまいます。
これではデフラグの意味がありません。

また、この情報はDiskeeperだから見れるものであり、
windowsではわざわざ隠しているものです。
(神経質になる必要はないということです。)



また、...続きを読む

QWindows7 システムで予約済みとは?

Windows7をインストールしました。コンピューターを開くと、ハードディスクドライブ(2)に、"ローカルディスク(C:) 空き領域 42.5GB/74.4GB" と、"システムで予約済み(E:) 空き領域37.1MB/99.9MB"と書かれた二つのHDDが、あるように見えるのですが、この"システムで予約済み(E:) 空き領域37.1MB/99.9MB"のディスクは、一体何の為に存在し、必要不可欠なモノなのでしょうか?削除出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

<一体何の為に存在し>
Windows 7 で新しく作成されるようになった、この小さなパーティションには、2 つの機能があります。
1 つは、ブート マネージャー コードとブート構成データベースを格納することです。
もう 1 つは、BitLocker ドライブ暗号化の機能で必要なスタートアップ ファイル用の領域を予約することです。
詳細は下記参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/win7_tips65.aspx
出来ればこちらも
http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-reserved/system-reserved.html

<必要不可欠なモノなのか>
人それぞれ

<削除出来るのでしょうか>
削除は可能。 
私的な注文ですが、たいした容量ではないので、出来たら弄らないほうが・・・。

Qデフラグツールってこんな時間かかるの??

windowsXPに付いていたデフラグツールで最適化を試みたんですが,3時間たった今でも最適化中1% ファイルを移動中 とステータスバーに表示されたままで停止しているのかどうなのかわからないんですが・・・こんなに時間がかかるものなんでしょうか??

Aベストアンサー

デスクトップから右クリックメニューを出して[プロパティ]-[スクリーンセーバー]で[(なし)]を選択し、すべてのアプリケーションを終了してからデフラグを実行しても完了しない場合は、Windows起動時に読み込まれる常駐プログ ラムのディスクアクセスがデフラグに干渉している可能性があります

常駐プログラムを読み込まないようにするには、Windows起動時にCtrl(またはF8)キーを押し続けると表示されるスタートアップメニューからSafeモードを選択します
PCによってはCtrlキー等の入力タイミングが難しいことがありますが、その場合は、システム設定ユーティリティ(C:\Windows\system\Msconfig.exe)を起動し、[全般]-[詳細設定]-[スタートアップメニューを使用可能にする] をオンにして再起動すれば、キー入力無しにメニューを表示させることができます

また、インターネット一時ファイルや履歴に、256文字を超えるURLのファイルが多数存在すると、ボリューム解析に非常に長い時間がかかります
これを避けるにはインターネットエクスプローラの[ツール]-[インターネットオプション]-[全般]で、[ファイルの削除]と[履歴のクリア]を実行します

なお、デフラグが未完了のままハング/強制終了されるとハードディスクに破損クラスタが発生する可能性があります
デフラグはファイルのバックアップをとりながら作業を進めるため、これによりデータの損失が生じることは稀ですが、破損クラスタはデフラグできません
その場合は再度のデフラグの前にスキャンディスクを実行した方がいいでしょう

デスクトップから右クリックメニューを出して[プロパティ]-[スクリーンセーバー]で[(なし)]を選択し、すべてのアプリケーションを終了してからデフラグを実行しても完了しない場合は、Windows起動時に読み込まれる常駐プログ ラムのディスクアクセスがデフラグに干渉している可能性があります

常駐プログラムを読み込まないようにするには、Windows起動時にCtrl(またはF8)キーを押し続けると表示されるスタートアップメニューからSafeモードを選択します
PCによってはCtrlキー等の入力タイミングが難しいこと...続きを読む

Qデフラグで最適化したのに断片ファイルがかなり残っています。

デフラグで最適化したのに断片ファイルがかなり残っています。
どうすれば削除できるのでしょうか?
デフラグ・ディスクのクリーンアップの行っているのですがダメでした。
教えてください><

Aベストアンサー

No.4です。

ディスクのクリーンアップ(システムの復元ファイルも削除)⇒チェックディスク⇒デフラグ(出来ればセーフモードで)の順番で実行する
尚、デフラグは、頻繁に実行するものではありません。

>チェックディスクって何ですか?
検索してください。

ページングファイルのサイズを固定して断片化を防ぐコツ
http://wincustomizing.client.jp/memory-pagefile.html

ファイル、レジストリの掃除
http://www.wisecleaner.com/

レジストリの最適化
http://cowscorpion.com/Registry/ntregopt.html

Qデフラグをしても「最適化できないファイル

デフラグをしても「最適化できないファイルがこのボリュームにいくつかありました」と表示されます。
何が最適化できないのかどこを見ればわかりますか?

又最適化されなくとも大丈夫でしょうか?


最適化できないファイルは最適することは出来ますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

デフラグする前に[分析]をクリックして下さい。[デフラグの必要はありません]と表示されたらデフラグを実行しないで下さい、デフラグする度にHDDの寿命を短くします。特にXPの場合スクリーセーバー中に自動実行する仕様に成っている(ユーザーのクレームが多くVISTA、Win 7では採用しなくなりました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング