「国家安全保障上、アメリカで日常使われている電話やパソコンには、すべて簡単に盗聴できるようにチップが組み込まれているらしい。」とゆう話を聞きました。
 NTTTコムがアメリカの通信会社(ウェリオ)を買収するとき同様の処置を施すよう要求があった? 

 犯罪者やテロリストの情報を掴むためで、それを一般国民には知らされていない? 又は一般国民の間の「暗黙の了解」になっているのか?

 噂では「日本でもアメリカに盗聴されていてる」との話もある。

 この話は本当なんでしょうか。

 この話のアメリカの情報をお持ちの方、又はこんな話を耳にしたでも良いですから書き込んで下さい。

  これを政治の覧に書いてもいいのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

日本でもアメリカでもインターネットを盗聴することはできると


思います。
自分の経験からエシュロンについて小説仕立てにして記述しました。
”原作「エシュロンキラー」”という小説で、
アルファポリス(http://www.alphapolis.co.jp/
の第4回ミステリー小説大賞(2011年7月1日
~31日)にエントリーしいます。
宜しかったら、アルファポリスに市民登録して、
”原作「エシュロンキラー」”を読んでください。
そして、”原作「エシュロンキラー」”に投票してください。

参考URL:http://www.geocities.jp/internetshow2000/index.h …
    • good
    • 0

専門家ではないので詳しく分かりませんが、クリッパーに関する概略は以下で参照できます。


ちなみにNSAのスパイ活動には、手紙の開封も含まれるそうです。

参考URL:http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1997/0604/co …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アメリカは、やはりチップの件、クリッパーを進めようとしているのかもしれませんね。
 まーこれは、アメリカだけの話にしてもらいたいですね。 

お礼日時:2001/05/16 21:10

先の回答の補足です。


通信傍受およびエシュロンについて、工学社発売のCyberX「ITの闇」に詳しく書かれています。発行は2000年10月25日、値段は952円+税。
バックナンバーは取り寄せできると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別冊宝島ですね。 今度買って読んでみます。

 聞くところによると赤軍派の重信房子の逮捕や北朝鮮の息子さんの件もNSAのエシュロンが活躍したそうですが、日本の警察(公安)とNSAは、どの様な関係なのかな?

 外務省の機密費漏洩事件にしても、大蔵省の「ノーパンシャブシャブ」の件や昨今の政治家の不祥事にしてもアメリカからの情報との話もあります。
 そう言えばどこのスクープか解らない。

 そうすると、日本の政治家さん達の弱みもすでにアメリカに握られたかな?
 
 本当に日本政府は、この事をどう考えているんでしょうね

お礼日時:2001/05/16 21:00

 別に不思議ではないでしょう。

そういう技術は簡単に作れます。
 ただし、問題はその技術を使って得られた情報を、どのように取捨選択するかと言うことです。例えば、過激派が爆破テロの話をしている電話と、シュリという映画(爆破シーンがすごい)の話題でテロリズムに関して話している場合の取捨選択の方法はどのようにするのか? 人間なら簡単に出来ることでも、装置では難しいですよね。つまり、傍受するための機械は、単に情報を垂れ流すだけの機械です。
 現在の技術力では、盗聴できても取捨選択の技術が未発達なので、使われたとしてもごく一部の危険対象者(過激派やテロリスト指定者など)への摘要だけだと思います。

 あともう一つは、盗聴する用意があるとしても、民間会社が協力するかどうかですね。例えば、最近話題になった通信傍受法で警察がNTTに協力要請をしたところ、「お金がかかるから協力しない」と突っぱねました。全データの盗聴というのはそれほどお金がかかるのです。
 だからそれほど気に病む必要はないでしょう。

 ただ、今後クーデターやテロをしようと思っているのでなければ…。
 (現在のテロのプロ組織やクーデターを計画している組織などは、傍受されていることを前提に動きますけどね。by.パトレイバー2)。

この回答への補足

 
 国内だけならば、それほど大した問題ではないと思いますが、これが傍受しているのが、アメリカだとしたらこれは、大きな問題だと思います。
 
 日本の先端技術が盗まれかねない。あるいは、もう既に盗まれているかもしれない。 まだこのことは、謎が多く、確証はないですが、とにかく盗まれてはいけない企業秘密や、国内の秘密事項は、もっと注意する必要があると思います。

補足日時:2001/05/15 20:12
    • good
    • 0

チップとは「クリッパー」のことではないんですよね?


だとすると分かりません。

ちなみに惑星科学者として有名なカール・セーガンは、
「NSA(国家安全保障局)は友好国か敵国かを問わずに、電話や通信の盗聴を行っている」と著書の中で書いています。

この回答への補足

「クリッパー」とは、何ですか?
 数年前から海外では、電話や通信の傍受が大きな問題になっているようですね。
 日本はこれから大きな問題になるかもしれませんね。
 
 しかし、「のんき」だな。

補足日時:2001/05/15 20:11
    • good
    • 0

エシュロンの事でしょうか。


チップを仕組まなくても、すべての通信を傍受して、キーワードで自動的に記録していくシステムのようですが・・・
日本の機密情報もかなり傍受されているということですが。
国家安全局NSAのシステムらしいです。
エシュロンで検索してみてください。

この回答への補足

 ECHELON探してみました。
 日本にも三沢基地に在るようですね。このことは、日本政府公認なんでしょうか?
 テレビでも特集したみたいですが、誰か見た人いてませんね。
 映画も在るようですが、題名を知りたいですね。

補足日時:2001/05/15 19:41
    • good
    • 0

ご質問のような話、今はじめて知りましたが、個人的に意見を・・・



まず、考えられません。なぜなら、簡単(難しくても)に盗聴できるような仕組みを作っていたら、それこそ他国が競って盗聴して、国家安全保障どころのではないようなきがしますが?

国家安全保障を保つなら「一般人の銃の所持を認めない」が先決のような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございす。
 参考にさしていただきます。

お礼日時:2001/05/15 19:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜテロリストとして国際手配されている人に「氏」や「師」がつくの?

新聞やTVなどの報道で、国際手配されているテロリストに対して、ビンラディン師とかアブムサブ・ザルカウィ氏とか敬称をつけるのが決まりのようになっていますが、犯罪を犯したと分かっていて賞金まで出して捕まえようとしている人物に対して、敬称で用いる「師」や「氏」をつける必要があるのでしょうか? これが以前から気になっているんですが、そのなぞを教えてください。せめて「ビンラディン容疑者」と呼んではどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

日本国の法律を犯した訳ではありませんから。
である以上、宗教指導者や政治団体指導者に対する扱いは慎重にならざるを得ません。
ビンラディンが革命を成功させ、然るべき手続きを経て国家政府を樹立させていれば
テロリストではなく国家元首になります。
ホメイニのおっさんに国際手配されたラシュディ氏を思い出してご覧なさい。
イランにとっては極悪人ですが、日本他自由主義圏国では保護されましたよね。
逆もまた真と言うことです。

挙げられている例は比較的世論の一致する「ワルモノ」ですが、
立場が変われば正義の指導者であることもお忘れなく。

念のためですが私は個人的には彼らの行動は一切是認しません。ただしBの付くおっさんも。

Q原子爆弾とアメリカ国民

当時、原子爆弾のことをアメリカのメディアはどのように国民に知らせていたのでしょうか。国民は原子爆弾の存在を知っていたのでしょうか。
おしえてください。

Aベストアンサー

>>当時、原子爆弾のことをアメリカのメディアはどのように国民に知らせていたのでしょうか。国民は原子爆弾の存在を知っていたのでしょうか。

当然ですが、原爆開発は、秘密にしていたので普通のアメリカ国民は知らなかったでしょう。原爆投下の事実を知らせたときも、アメリカは、その被害の実態はできるだけ隠すようにしていたみたいですし、現在もその傾向はあるようですね。

でも、原子爆弾の原理については、ドイツも日本も科学者レベルでは知られていました。広島に原爆が落ちたとき、日本の仁科芳雄教授は、軍からの知らせで、この事実を知って、東京から調査のために広島に行き、慎重さがちょっと足りなかったために被爆し、数週間後に体調変化が現れました。身を持って調査したともいえますね。

アメリカの科学者たちは、未知の膨大な核エネルギーの開発に、新しいオモチャを与えられた子供のように夢中でしたし、軍人は「原爆による死は安らかなものだ」と公言していました。ただ、1945年8月21日に、ロス・アラモスの物理学者が、少量の核分裂物質を操作中に、誤って連鎖反応が発生し、ちょっとした指のしびれ程度だったのが、髪が抜け、21後に白血病で死んで、やっと自分たちの作った兵器がもたらす死の一部を知ることができたみたいです。

ちなみに、現時点でも「核」(ただし物理学的な意味で)については、よくわかわからず、パッチワーク的、部分的な理論は存在しても、まだまだ神秘が支配する世界のように感じます。

>>当時、原子爆弾のことをアメリカのメディアはどのように国民に知らせていたのでしょうか。国民は原子爆弾の存在を知っていたのでしょうか。

当然ですが、原爆開発は、秘密にしていたので普通のアメリカ国民は知らなかったでしょう。原爆投下の事実を知らせたときも、アメリカは、その被害の実態はできるだけ隠すようにしていたみたいですし、現在もその傾向はあるようですね。

でも、原子爆弾の原理については、ドイツも日本も科学者レベルでは知られていました。広島に原爆が落ちたとき、日本の仁科芳雄...続きを読む

Qイラク戦争の被害に対するアメリカ一般市民の認識(長文)

 先日、ブッシュ大統領の就任式の模様を流したニュースを観ていると、ブッシュ政権継続に異を唱える一団がブーイングを飛ばしており、その中の一人であるお爺さんに、リポーターがマイクを向けていました。

 私は英語が解りませんのでテロップを読んだだけですが、そのお爺さんは口吻激しく、「イラク戦争では何千もの罪のない命が失われ云々」というようなことを叫んでおり、その、何千、というところに引っかかりました。何となれば、私がテレビや新聞を目にした限りでは、先の戦争の被害者はイラク市民だけで10万人を越える、と報道されていたからです。それが正確なものであるという保障はないでしょうが、さすがに何千ということはないと思います。

 たまたまそのお爺さんだけがそう思い込んでいたか、その場の勢いでそう口走ってしまったか、或いは単なる誤訳か。
 であればまだしも、しかしもし、多くのアメリカ人が、ましてブッシュ政権に反意を唱える人々までもが、イラク戦争の被害に対して本当にその程度の認識しか持っていないのだとしたら、そう考えると、空恐ろしい思いがします。

 一体、アメリカの人々は、死者数などを含むイラク戦争の実態に関して、どのように把握しているのでしょうか。言い換えれば、アメリカではイラク戦争の被害についてはどのように報道されていたのでしょうか。

 はなはだ漠然とした質問で申し訳ありません。
 もし、当時アメリカに滞在していた等、その辺りの報道姿勢に関して実態を少しでもご存知の方がおられましたら、ご教授いただきたいと思います。

 先日、ブッシュ大統領の就任式の模様を流したニュースを観ていると、ブッシュ政権継続に異を唱える一団がブーイングを飛ばしており、その中の一人であるお爺さんに、リポーターがマイクを向けていました。

 私は英語が解りませんのでテロップを読んだだけですが、そのお爺さんは口吻激しく、「イラク戦争では何千もの罪のない命が失われ云々」というようなことを叫んでおり、その、何千、というところに引っかかりました。何となれば、私がテレビや新聞を目にした限りでは、先の戦争の被害者はイラク市民だ...続きを読む

Aベストアンサー

よく知りませんが、下記Webページなどいかがでしょう。

なお、下記Webページ自体が偏向している可能性についてもご考慮ありますようお願いします。

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/05/post_5.html
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/01/post_2.html
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040715
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040725

Qイスラム教徒=テロリストなのか

どーやらトランプの脳内では「イスラム教徒=テロリスト」なる図式が完全に成立しているみたいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000020-jij-n_ame

まあ年中戦争とテロに明け暮れているのがイスラムなので、トランプの脳内の80%くらいは正しいとしても残り20%くらいは正しくないかもしれないんだけど果たしてどーなのでしょうか。

Aベストアンサー

うーん。トランプ氏の頭の中は、もしかしたら大統領に立候補するときは、そう言うような図式が成立していたのかもしれませんが・・・
ちょっとあの人ビジネスライクなんですよね。

意外に先日のメキシコとの会談でも、壁建設+建設費用メキシコ持ち、なんて豪語していたのが曖昧になっていましたから。

馬鹿ではなさそうなので、今はそれなりに世界情勢などを理解してきている可能性もあります。
今までさんざん暴言吐いて大統領に当選した手前、もし頭で何がアメリカの国益になるのかが理解できても、投票した有権者を裏切ることも出来ないので、引き下がれなくなっている可能性もありますね。

そういう、「暴言で当選してしまった」立場上振り上げた拳を下ろすことは出来ない状況もありますので・・・
一概にトランプ氏の思考を外野が決めつけるのも、危ない見方だと思いますよ。



「イスラム教徒がテロリスト」というのは、語弊がありますよね。
「テロリストの中に、イスラム教徒が多い。」これが正しいでしょう。

イスラムは、ヨーロッパに分断されて以来、国内外で延々紛争状態が続く地域です。
こういう状態が長く続くと、地下に潜った組織が武装化し、しかもそういう地下組織がたくさん出来てしまいます。
デモなどの平和的な解決など望めませんからね。
法の支配が行き届いていない状態ですから、デモ等の活動をしても殺害されるのがオチです。ですから武装化してしまう。

そういう地下組織が多数ある関係で、イスラム教徒の中には、武器使用に精通した人々もいます。

そのために、テロはイスラムというイメージがついてしまったんでしょうね。
もちろんテロ組織は、地下的な組織です。
イスラム教徒全員がテロ組織に入っているわけではありません。

農業する人もいるし、ビル建てる人もいるし、工場に勤務する人もいる。無数の無害な職業のイスラム教徒がいるから、イスラム社会は回っているんですよ。

全員がテロ組織に属していたら、食べ物も着るものも服も、誰も作らなくなり、満足に手に入れられなくなって、裸族になります。

うーん。トランプ氏の頭の中は、もしかしたら大統領に立候補するときは、そう言うような図式が成立していたのかもしれませんが・・・
ちょっとあの人ビジネスライクなんですよね。

意外に先日のメキシコとの会談でも、壁建設+建設費用メキシコ持ち、なんて豪語していたのが曖昧になっていましたから。

馬鹿ではなさそうなので、今はそれなりに世界情勢などを理解してきている可能性もあります。
今までさんざん暴言吐いて大統領に当選した手前、もし頭で何がアメリカの国益になるのかが理解できても、投票した...続きを読む

Qテロリストに屈してはいけない?

愚問かもしれませんが、
小泉首相やブッシュ大統領は常々、
「テロリストに屈してはいけない」
と言いますが、なぜ屈してはいけないんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「テロをすれば要求が通る」
ということになるからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報