【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

選手権大会とかいいますが、
選手権を広辞苑(6版)でみると、

競技などの最高位者をきめる試合で、優勝した選手または団体に与えられる資格。また、その試合や大会。

とあります。
このような「権」の用法は、他では知りませんし、漢字源でみても、特に見当たりません。
また「選手」は上の定義自体の中で使われているように、参加するだけで選手だと思います。

そもそも、この「選手権」という用法は、どこから来たのでしょうか?
日本語の中で、使われてきた「権」の用法の中に、「もっとも偉い、代表」といった意味があって、「選手」にくっついたのか、
もしくは、外国語の翻訳として、選ばれた表現なのか、・・
 championは通常、優勝者ですが、その原義が、「野戦で戦う人」で、「闘士」などの意味もあるため、この訳語として、champion=選手、ship=権 という表現を選んだのか、はたまた、明治以降の和製漢語ではなく、中国で先に作られたのか、

ご存知の方、ちょっとした情報でもよいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1913年から1934年にかけて日本・中国・フィリピンの3カ国で極東選手権競技大会が開催されていました。

この大会を提唱したのが当時、フィリピンを統治していたアメリカ人で英語でFar East Championships と呼ばれました。第一回は東洋オリンピックという名称だったのですが、第二回?以降に極東選手権競技大会と改められたらしいのです。その辺の経緯は正直よく分かりません。ちなみにサッカーは東京で開催された第三回大会から日本は参加したのですが、フィリピンに2-15でボロ負けでした。日本サッカー協会の前身である大日本蹴球なんとかが設立されたのが1921年で、まだ日本のスポーツ界は黎明期だったということになります。普及の早さでいえばサッカーよりも野球が先行していましたが、それでも全国中等学校優勝野球大会といった名称であって、選手権大会という呼称はありません。

私が思うには、「選手権」という用語は、極東選手権競技大会が最初ではないかと。ただしそれは日本の命名なのか。中国(当時は中華民国)の命名なのかも分かりません。

もう一つの仮説としては、日英同盟の誼で、イギリスからChampionshipsという概念が伝えられ、その訳語として「選手権」という用語が生まれたのかもしれません。

いずれにしても余り確かなことは分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、いろいろ勉強になります。ありがとうございます。

お礼日時:2012/07/25 00:52

>「権」の用法の中に、「もっとも偉い、代表」といった意味があって、「選手」にくっついたのか、



【権威】(ケンイ)
 〔1〕 人を強制し、服従させる力。権力と威勢。
 〔2〕 [日本]その部門で最高の水準に達した人。最高の専門家。泰斗(タイト)。オーソリティー。
新漢語林より引用

の〔2〕、「(出場した)選手の中の最高位」ということではないでしょうか。

Championship には、「優勝決定戦」「決勝戦」という意味もあります。 MLB(ワールドシリーズ)NFL(スーパーボウル)のようにさらに上位の大会への「出場権」を賭ける場合もあります。
手元にある、日中英辞典によると中国語では「タイトルマッチ」に相当する言葉を使うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ参考になりました。ありがとうございます。新漢語林、よいですね。私は、藤原氏の漢字源よりも漢語林が好きです。ただ電子辞書に漢字源がはいっているもので。

お礼日時:2012/07/25 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「選手権」ってどんな権利?

「~権」という言葉がありますよね。環境権、逮捕権、プライバシー権・・・などなどたくさんあります。いずれも「そういう権利、権限、資格」という意味だと思います。

ところで、スポーツなどでは「○○選手権」という大会名称がありますよね。ふと思ったのですが、「選手権」とはどういう「権利、権限、資格」なのでしょうか?

手元の国語辞典によると「選手権大会で優勝した選手または団体に与えられる資格」という説明で、具体的に何の資格なのかがよく分かりませんでした。

ひょっとして「公式に『ナンバーワン(大会規模により「九州一」、「日本一」、「世界一」など)』あるいは『チャンピオン』と名乗ることができる資格」という意味なのでしょうか?

ちなみに、英語で「選手権」は「championship」ですよね。「champion」はチャンピオンで分かりますが、「~ship」とは「状態、身分、官職、関係、能力、術」という意味だそうです。ということは「チャンピオンの状態、身分、能力」というのが語源かな?

そもそも「選手権」って「選手+権」という具合に分解できるのでしょうか?考えてみれば妙な言葉だと思いました。

ということで、選手権の語源、得られる資格の中身などについて、よろしくご教示のほどお願いいたします。

「~権」という言葉がありますよね。環境権、逮捕権、プライバシー権・・・などなどたくさんあります。いずれも「そういう権利、権限、資格」という意味だと思います。

ところで、スポーツなどでは「○○選手権」という大会名称がありますよね。ふと思ったのですが、「選手権」とはどういう「権利、権限、資格」なのでしょうか?

手元の国語辞典によると「選手権大会で優勝した選手または団体に与えられる資格」という説明で、具体的に何の資格なのかがよく分かりませんでした。

ひょっとして「公式に『ナ...続きを読む

Aベストアンサー

アイスホッケーが大好きな人間で、毎年2月か3月に行なわれる全日本選手権と、毎年4月に行なわれる世界選手権には、いつも興味をもっています。
選手権で優勝したチームは、翌年の大会まで、チャンピオンとして優勝杯を保管することができます。
つまり、選手権とは、次の大会までチャンピオンでいる権利、ではないでしょうか。
championshipも、同じ意味だと思います。
ちなみに、前の大会のチャンピオンを、次の大会ではディフェンディング・チャンピオンといいますね。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.


人気Q&Aランキング