マンガでよめる痔のこと・薬のこと

バッターがまっすぐ立っている場合と、かがんで立っている場合では、
ストライクゾーンに違いはあるのでしょうか?

A 回答 (3件)

2・73  STRIKE ZONE 「ストライクゾーン」 ― 打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。


 このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。

【注】 投球を待つ打者が、いつもと異なった打撃姿勢をとってストライクゾーンを小さく見せるためにかがんだりしても、球審は、これを無視してその打者が打つための姿勢に従って、ストライクゾーンを決定する。


このストライクゾーンの規定を見れば分かるとおもいますが、
ストライクゾーンというのは「その打者の打つための姿勢」を基に判断されます

バッティングフォームは人それぞれですので、例え背丈が同じでも
打撃姿勢によってストライクゾーンは変わります

そして、打ち気なしで棒立ちで打席に立ったり、
普段そんなにかがまない打撃姿勢の人が、突然深くかがんで構えてフォアボールを狙おうとしても
ストライクゾーンはその打者の普段の打撃姿勢を基に判断されるということです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

同じ背丈でも人によって変わるのですね。

他の部分の説明も良く分かりました。

お礼日時:2012/08/26 00:03

「かがんで立っている」にしても、限度があると思います。


フルスイングが不能な、ただ、ストライクゾーンを狭める目的でのしゃがみこみは、とっさの場合に、危険球を回
避出来ませんので、球審が注意を与えましょうね。

で、各打者独自のフルスイングが可能な構えであれば、どのような姿形でも良いわけで、したがって、当然、上限のラインは変わります。肩上ラインからズボン上ラインの中間ラインにボールの一部が、かすめれば、ストライクとなります。下限は、2009年の改定以来、アマもプロと同様になっていますから、どちらも膝頭下部ラインをボールがかすめればストライクです。こちらの下限は、しゃがみこみ姿勢でも殆ど変わりませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ヤクルトのミレッジ選手などはかなりかがんでますよね。

これは、大リーグで生き残るために身に付けたものなのでしょうかね?

お礼日時:2012/08/26 00:01

「ストライクゾーン」


定義的にいうなら、ホームプレート上にある架空の五角柱で下限はひざ頭の下、上限はズボンの上部と肩の上部の中間線。

この定義なら、
>真っ直ぐ立っている場合と、かがんで立っている場合
『ストライクゾーンは、変わる』って事に成ります。
しかし、実際の試合では?。

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/2001/hi …

こんなモンのようです。
ま、そりゃ、そうでしょ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

案外適当なのでしょうかね?

でも、それでは選手がかわいそうな気がしますよね。

お礼日時:2012/08/26 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストライクゾーンの定義

少し検索してみましたが、よく分かりません。

以下の理解で間違えているところ、などをご指摘ください。
要は、4)の部分ですが・・・

1)ストライクゾーンは ホームベース(5角形)の上方に存在する立体である。
2)高さは、打者の膝(の上か下かは、いろいろあるようですが、ここではいいとします。)よりから、胸(※)。
 (※)細かくは、肩の上端とベルトの中間地点が上限らしいですね。今日ここで調べて初めて知りました。
3)ストライクゾーン(立体=5角柱)を通過したボールはストライク。
4)ストライクゾーンの近くには、際どい空間として、下記がある。
 ・ストライクゾーンの真上にある空間(空間上)
 ・ストライクゾーンの真下にある空間(空間下)
 ・ストライクゾーンの投手から見てすぐ右にある空間(空間右)
 ・ストライクゾーンの投手から見てすぐ左にある空間(空間左)
 このうち、空間上もしくは空間下を通過したボールは、ストライクゾーンを通過していても、判定はボール。
 空間右と空間左については、通過していても、ストライクゾーンを通過していれば、判定はストライク。

つまり、左右については、ゾーンをぎりぎりかすってさえいれば、ストライクであるのに対して、高低については、本塁上を通過する間、ボールが完全にゾーン内部に収まっていなければならない。
ホームベースの先端に達したときには、高さは入っているが、ストンと落ちて、ホームベースを通過し終わるときには、高さが入っていないような投球はボール。

少し検索してみましたが、よく分かりません。

以下の理解で間違えているところ、などをご指摘ください。
要は、4)の部分ですが・・・

1)ストライクゾーンは ホームベース(5角形)の上方に存在する立体である。
2)高さは、打者の膝(の上か下かは、いろいろあるようですが、ここではいいとします。)よりから、胸(※)。
 (※)細かくは、肩の上端とベルトの中間地点が上限らしいですね。今日ここで調べて初めて知りました。
3)ストライクゾーン(立体=5角柱)を通過したボールはストライク...続きを読む

Aベストアンサー

ベース上で、膝から胸の高さの空間をかすればストライクです。
左右高低関係なくです。

しかし、立体に見るのは難しいため、実際には面で見ているような気がします。
アンパイヤが球団の春季キャンプで練習しているのを見ても、紐をはってストライクを判断するのはいいですが、面に紐を張っていますよね。ホームベース先端で判断していると理解するのが近いと思います。

もっと簡単、単純に言えば球審がストライクをコールすればストライクなのです。

Qストライクゾーンは統一されている?

ストライクゾーンは統一されている?
ストライクゾーンは選手によって違うと
言いますが、どう見ても同じとしか
思えないんですが、どうなんですか?

Aベストアンサー

>ストライクゾーンは統一されている?
ストライクゾーンは選手によって違うと
言いますが、どう見ても同じとしか
思えないんですが、どうなんですか?


          ↓
建前上は公認野球ルールで決まっています。
しかし、実際の運用は審判員の主観が入り、セパによっても解釈が少し違うとされています。
勿論、審判員の交流やシーズンイン前に審判員技術向上の合宿をしたりして、絶えず是正をしていますが
コミッショナーの権限強化や公式球の統一と併せ全体的には野球ルール通りに運用しようとされています。

また、国別に、プロ野球以外の高校野球や都市対抗野球や大学野球、大リーグでは各々違いもあり、国際大会では開催前に統一する為の申し合わせや確認をしています。

簡単にいえば、ゾーンの規定は幅はホームベース(不動)を通過するボールであり、高さは選手の身体(個人差&変動)とボールの通過する高さが基準ですから、選手によってストライクゾーンは変わります。
それと、審判の個性(立ち位置・主観)で微妙なコースや高さの判定には、試合・球場・投手・投球・ボールの変化でも違いが出ると思います。

<公式野球ルールでのストライクゾーン>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3

>ストライクゾーンは統一されている?
ストライクゾーンは選手によって違うと
言いますが、どう見ても同じとしか
思えないんですが、どうなんですか?


          ↓
建前上は公認野球ルールで決まっています。
しかし、実際の運用は審判員の主観が入り、セパによっても解釈が少し違うとされています。
勿論、審判員の交流やシーズンイン前に審判員技術向上の合宿をしたりして、絶えず是正をしていますが
コミッショナーの権限強化や公式球の統一と併せ全体的には野球ルール通りに運用しようとされて...続きを読む

Qバットが折れる理由

つまらない質問です。プロ野球の試合を観ていて思ったのですが。
バッターが球を打つときに、なぜバットが折れてしまうのかが知りたくなりました。木製だから折れて当然という答えが欲しい訳ではないです。

ピッチャーの投げた球の勢いがある時に加えて以下の(1)~(3)だと考えればいいでしょうか。
(1)バットがやや不良品であった。
(2)振りかたが悪い。
(例えば、手首を返すのが遅かったり早かったりした、とかスウィングスピードが遅かった。)でもだからってなぜ折れるのかよくわかっていませんけど。
(3)当てた所がバットの細い所だった。

しかし、もし真芯でとらえ、スウィングのタイミングも完璧であったのに
折れてしまうということもあるのでしょうか。
だとすれば、バットが折れさえしなければホームランだったのに・・・
というケースが今まで多くあったことになりますか?
そういうバッターが折れないようにするにはどうしたらいいのですか。
そこらへんの理論や記憶に詳しい方がおりましたら教えてください。

Aベストアンサー

結論から言いますと、既にバットにひび等が入っていない限り、
バットの芯でボールをとらえてバットが折れるということはありません。

また、バットが折れてしまうのは、タイミング云々ということは直接関係なく、
ただ単にバットの芯でとらえられないからです。
もちろん芯を外す理由として、タイミングを外された、
というケースは十分に考えられますが。

ただ、芯からどれだけ外れると折れる、ということは、
ピッチャーのボールの威力やスイングスピードなどが影響するので、
一口には言えません。

なので、バットが折れないようにするには「必ず芯でとらえること」です。
難しい話ですが、広島の前田選手は高校時代、
練習で使うバット(高校生でも練習には木製バットも使います)には
芯の部分にしかボールが当たった跡がなく、遠目には新品のように見えたそうです。
プロに行く選手はもともとそのくらい、あるいはそれに近い技量を持っています。
もちろんピッチャーもプロなので、芯でとらえさせないボール、テクニックがあり、そう簡単に毎回芯ではとらえられませんが。

蛇足ですが、バットの芯より根元側で打つと、
そのままグリップの上側(ボールが当たった側)からビリビリする感じが響き、
バットの先で打つと不思議なことに、衝撃がグリップエンドに伝わって、
グリップエンド側から衝撃が伝わってきます。
バットの折れ方が様々(ポッキリと折れたり裂けるように折れたり)なのは、
その辺の影響があるようです。

結論から言いますと、既にバットにひび等が入っていない限り、
バットの芯でボールをとらえてバットが折れるということはありません。

また、バットが折れてしまうのは、タイミング云々ということは直接関係なく、
ただ単にバットの芯でとらえられないからです。
もちろん芯を外す理由として、タイミングを外された、
というケースは十分に考えられますが。

ただ、芯からどれだけ外れると折れる、ということは、
ピッチャーのボールの威力やスイングスピードなどが影響するので、
一口には言えません...続きを読む

Qお酒のロックとは

こんばんは。
お酒について何も分からないのですが、ロック?とは何でしょうか?
お願いいたします。

Aベストアンサー

グラスに氷と酒を入れて飲むことです。
酒の種類はウィスキー、焼酎などなど
それに水を足して飲むのは「水割り」、水も氷も入れないでただグラスに酒を注いで飲むのを「ストレート」と言います。

Q『インフィールドフライ・イフ・フェア』が宣告された場合のプレー上の注意点は?

ある試合で一死走者は満塁、打者がフライを打ち上げました。すかさず主審が「インフィールドフライ・イフ・フェア」と宣告しました。

この場合において、

 1.攻撃側のチーム(打者走者と走者)
 2.守備側のチーム(守備機会に遭遇する選手)

は各々どんな判断でプレーをすべきでしょうか?

Aベストアンサー

スタンダードな対応はみなさん回答されているので、ちょっと違った観点からお話します。特に軟式野球での注意事項です。

「イフ・フェア」が宣告されたということは、飛球がファールライン際に上がったか、強風下で飛球が流されやすい状態の場合です。

飛球が流されたり、内野手がお見合いしたりして、打球に野手が触れずに、地面で大きくバウンドした場合、

(A)、バウンドした地点がファールゾーンならファールですが、そのあと大きくバウンドしてフェアゾーンに入った場合はフェアになり、インフィールドフライが成立して打者アウトです。
バウンドしてフェアになる可能性がある場合は、それまで守備側はボールに触れない方がアウトを1つ獲得できる可能性が高まります。
一方、攻撃側は、フェアになる可能性も考慮し、ファールだからと気を抜かずに、守備側のスキをついて進塁のチャンスをうかがう姿勢を持つことです。

(B)、逆に、フェアゾーンでボールが跳ねた場合は、まごまごしているとファールになってアウトを1つ損してしまいますので、守備側は何とかフェアゾーンで打球処理することです。

スタンダードな対応はみなさん回答されているので、ちょっと違った観点からお話します。特に軟式野球での注意事項です。

「イフ・フェア」が宣告されたということは、飛球がファールライン際に上がったか、強風下で飛球が流されやすい状態の場合です。

飛球が流されたり、内野手がお見合いしたりして、打球に野手が触れずに、地面で大きくバウンドした場合、

(A)、バウンドした地点がファールゾーンならファールですが、そのあと大きくバウンドしてフェアゾーンに入った場合はフェアになり、インフィ...続きを読む


人気Q&Aランキング