フランス語やタイ語、朝鮮語などを(主に音声学的な興味から)少しかじってみて思ったのですが、
鼻濁音(よく日本語で議論になる)と鼻母音は違うものですか?
そもそも鼻濁音という言葉の用法が人によって違う気がするのですが、ここで話題にしたいのは音節末に'ng'の音がある場合です。("ng"→軟口蓋鼻音)
例えばタイ語で "on", "om, "ong"という3つの末子音は区別されますが、日本人にはおそらく全て「オン」と聞こえるはずです。一方フランス語では "-on", "-om"というつづりは鼻母音で"o"を鼻にかけて発音する、と教わりますが、日本人にはやはり最初は「オン」に聞こえます。
IPAではフランス語などの鼻母音は母音の上に波線をつけてあらわしますが、末子音の"-ng"は子音として記号が割り当てられています。また、自分で聞いたり発音してもやはり違う音のように感じますが、「鼻母音は鼻濁音と同じ発音方法をすればできる」という先生がいたので、確認したいと思い投稿しました。
面倒かとは思いますがご存知の方よろしくお願いします。(ちなみに自分の鼻母音の発音はネイティブのフランス人の先生には問題ないと言われました)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

鼻濁音は 子音+母音,鼻母音は母音であるところが違います。



鼻濁音の子音[ŋ](文字化けしないといいのですが軟口蓋鼻音)は[n]や[m]同様,子音だけで発音することができます。一方,鼻母音である[ɑ̃],[ɔ̃]などは子音なしで発音することができます。

鼻濁音の子音と鼻母音に共通しているのは,口蓋垂が下がって鼻腔への通路ができ,音が鼻に通ることです。鼻濁音でない[ɡ]を鼻濁音[ŋ]に変えるのが母音の鼻母音化と同様の違いということで「同じ発音方法をすれば」という言葉になったのではないでしょうか。

なお,日本語では「鼻濁音」は「音節末に'ng'の音がある場合」という意味では通常は使わず,が行の子音+母音に関していう言葉です。日本語の音節とか拍とか言い出すと長くなってしまいますが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり、子音と母音という根本的な違いがあるのですね。
疑問が解けてすっきりしました。

たしかに日本語では鼻濁音はガ行についてのみ言うので、語末のngは違いますね(そういう発音になってることはありますが)。

お礼日時:2012/09/27 21:35

鼻母音は母音ですから、発音を持続できますし、途中で音色は変わりません。

フランス語の"en"は「アン」みたいにも聞こえますが、続けてもずっと同じ音です。息の一部を鼻腔にながして共鳴させています。普通の母音と同様に子音の後に続けます。逆に言って、そういう発音ができれば鼻母音を正しく発音している可能性が高いです。
鼻音と呼ばれる種類の子音、つまり"m"、"n"、"ng"などは実際には簡単に持続的に発音することができますし、鼻に息が流れていますが、英語やフランス語では他の子音の後に続いて母音として働くことはありません(鼻音が母音と同様に音節を形成する言語はあると思いますが)。鼻濁音が鼻音の意味であるとすればば、「同じ発音」というのはミスリーディングでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり鼻濁音と(つまり鼻音の子音)鼻母音が別の音だと確認できました。
チェコ語などでは鼻音はしばしば自鳴音として母音のように働きますが・・・
やはり同じ発音というのは間違いですね。まあ先生が言ったのはそこまで厳密な話の中ではなかったので、発音上のヒントくらいに考えるのがよさそうです。

お礼日時:2012/09/27 21:41

ng は閉鎖を作りますが、鼻母音は閉鎖を作りません。



[oŋ] は母音と子音のためどこかに境目ができ、[õ] はオとンが同時に出る感じで息が続く限り平行して伸びて行きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかにngは軟口蓋で閉鎖する子音ですね。
あとIPAで書いていただいたので助かりました。IPAが表示できるとは気づかなかったので・・・

お礼日時:2012/09/27 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語の [ei] の発音をフランス語に直したいのですが

日本語の [ei] の発音をフランス語に直したいのですが、どれがもっとも適切
であるかわからないので、ご教示ください。特殊文字が表示されないようですので、
次のように書きたいと思います

アクサン・グラーヴ→ e`
トレマ→ e:
e がひっくり返った発音記号→ ∂

例えば、「程度」という単語をローマ字表記にして(teido)、フランス人に見せたら
[tedo]と読まれてしまいますよね? (なお、日本語の「エ」は [e] より [ε] に近いと
思うので、出来れば [ε] の発音で表記したいのです)

そこで、どの表記が一番適切でしょうか?

1. te`ido ・・・・・ e だけをアクサン・グラーヴすると i はちゃんと発音してくれるんでしょうか?
2. tei:do ・・・・・ これだと e が黙字か[∂]の発音になってしまいますよね?
3. te`i:do ・・・・・ 一番正確なんですが、アクサン・グラーブとトレマを並べて良いのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論として、私には適切なつづり字を回答することはできませんが、同じようなことを以前私も疑問に思って、当時習っていた先生に聞いたことがあります。

その時の先生と私の間で出た結論は、「発音記号」で表記するのがもっとも確実では?というものでした。とりあえずご参考までに…

Q日本人が外国語を学習する上での発音の重要性について。フランス語の勉強を

日本人が外国語を学習する上での発音の重要性について。フランス語の勉強をしていると発音が難しいと感じます。特に「r」は「フ」や「ル」とカタカナ表記では表せないような微妙な発音をしたりします。

発音の本ってたくさん出ているので、大切なのかなと思い勉強していますが、最近勉強をして感じたことが、
大雑把な捉え方(例えば、上記の「r」を「ル」と発音)ではなく厳密な発音(例えば、上記の「r」を「ル」と発音するのではなく、もっと舌の位置とかを工夫してしっかり発音)の練習なんて必要なく感じますが、語学学習において必要なことでしょうか?

私たちはネイティブの人間でないので発音が下手なのは当然な気がします。英語でもフランス語を完璧にネイティブの真似する必要があるのかが疑問です(アクセントとかはもちろん大切だと思います)。

発音なんかを完璧にするよりも、文法・語彙を深めた方がも本末転倒でない気がするのですがどうでしょうか?

Aベストアンサー

何のために語学をやるのか、ですよね。

読み書きだけでいいんなら発音を気にする必要はないですが、
使えるようにするためには、ネィティブ並みでなくてもいいから
発音が良いに越したことはないと思います。
そして一説には「発音できる音は聞き取れる」とも言われます。

言葉というのは本来「音」ですよね。文字は後から出来たものです。
ネィティブ並みに完璧でなくとも、どういった機構で音が出ているのか、
聞いたり話したりする上では重要です。
音が変わってしまうと通じない言語などは特にそうですね。

私は発音をカタカナで表すのは賛成しません。耳と口で覚えるべきものだと
思います。書くなら発音記号で表してほしいです。

もちろん文法や語彙も大事ですけど、会話するとか、リスニングするといった
目的があるなら発音はかなり大事な要素ですよ。

Qパッチム+母音の発音について

ハングルではパッチムの後に母音が来ると、つなげて発音されますよね?

例)パプ(ご飯)+ イ(が)→ パビ(ご飯が)  など

これはネイティブの人たちは意識してつなげて発音しているんですか?
それとも普通に話すとそう聞こえるだけで、ゆっくり話すと別々に聞こえるんでしょうか?

前から気になっていました。よかったら教えてください。

Aベストアンサー

外国人には相当難しい部分ですね。

韓国人の場合、幼いときからのなれでバッチムをそう発音するようになります。で、文法について理論的に詳しく習うのは高校の時であって、バッチムの発音がどうやって変わるのか初めて習いますが、幼い時から発音してきたもんで、その文法を十分理解しながら習えます。よって、ゆっくり話しても別々に聞こえるわけではありません。バッチムの発音の規則としてそうやって変わるのです。かといって、わざと意識しながら発音してるわけでもないのです。前から慣れてきたもんで変化したほうが韓国人はむしろ発音しやすいのです。

でも、外国人にとってはひたすら発音の規則を覚えて発音するしかないですね。^^;;

最初は大変ですが、いっぱい聞いてなれるしかないですね。fighting~~!!



 

Q第二外国語。ドイツ語、フランス語、スペイン語。

こんにちは。
新しく学ぶ言語について質問です。
ドイツ語、フランス語、スペイン語の3つで悩んでいます。それ以外はいまのところ興味ないです。

難易度・・・ドイツ語=フランス語>スペイン語
話されている地域・・・ドイツ語≒フランス語<スペイン語

ということで、スペイン語に気持ちが傾いています。
ちなみに、
僕はバックパッカー(海外旅行など)に興味があり、大学では貧乏旅行などしようと思っています。
また、僕自身語学が好きで英語も割と得意です。そして将来は複数の語学を用いて仕事をしたいと考えております(通訳などではないです)ゆえ、第二外国語を習得し、第3、第4外国語と学んでいくことを考えています。あと、エスペラントにも興味があります。クラシックにも興味があります。
以上のことを考慮に入れると、僕にはどの言語が向いていますか?

もうひとつ、スペイン語を学んだあとフランス語を学ぶと学びやすいと聞いたのですがほんとうですか??

Aベストアンサー

私はこの3カ国語を期間の長短を問わずやむを得ず学びました。経験的に難易度はフランス語>スペイン語>ドイツ語のような気がいたします。
大学では、英語もできないのに昔はほとんどの国立大はドイツ語と決まっていました。社会に出てフランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語(マレーシア語)をレベルの高低をいわされず必要性のためやむを得ず学びました。その後その他の言語はいくつか(タガログ語やベトナム語)放棄して中学レベルの英語でごまかしています。趣味でちょっとラテン語をやりました。
さてきいた話では、ヨーロッパの言語は、俗ラテン語からロマンス語グループと言うのができたとのことです。このグループにはスペイン語とこの東北弁みたいなポルトガル語、イタリア語、フランス語があるそうです。従って、動詞の変化や発音が似ているような気がいたします。
英語を国際語とすれば、約20カ国近くでスペイン語(主に南米)は話されています。この言語をモノにできればポルトガル語は(本国、ブラジル、マカオ、ムンバイ、アフリカ2-3カ国)、名詞や動詞が5-6割以上同じですのでそんなに難しくありません。
スペイン語の問題は、各人称、過去・現在・未来形ごとに動詞の変化がありよく使う動詞ほど不規則であることが第一関門です。直接法と叙述法ではまた動詞の変化が違うことが第二関門です。その後は女性・男性名詞や単数・複数に応じて形容詞の語尾が変化するので根気がいりますが、発音は難しくありません。
ドイツ語は、規則正しく作ったような言語ですが講義の評価常に"可ーC"か赤点でしたのでよく分かりません。フランス語は、やはり鼻音とリエゾンや最後の子音を発音するのかしないようなところが難しいと思います。
私は今、15年ぶりにスペイン語を使って仕事をしています。この言語とポルトガル語が好きです。スペイン本国とこれに似た発音は南米ではコロンビアだそうです。
まとまりませんが、気の向くままに書いてみました。参考になれば!

私はこの3カ国語を期間の長短を問わずやむを得ず学びました。経験的に難易度はフランス語>スペイン語>ドイツ語のような気がいたします。
大学では、英語もできないのに昔はほとんどの国立大はドイツ語と決まっていました。社会に出てフランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語(マレーシア語)をレベルの高低をいわされず必要性のためやむを得ず学びました。その後その他の言語はいくつか(タガログ語やベトナム語)放棄して中学レベルの英語でごまかしています。趣味でちょっとラテン語をや...続きを読む

Qフランス語の発音:sers avec

sers avecは、リエゾンして「セるサヴェク」となるかと思いきや、
アンシュヌマン(?)で「セらヴェク」と発音するようです。
なぜ、「s」は発音に関与しないのでしょうか?

Aベストアンサー

そういう決まりだからです。下記のページ参照。
→ http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/fr/pmod2/5-6-4/1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報