フランス語やタイ語、朝鮮語などを(主に音声学的な興味から)少しかじってみて思ったのですが、
鼻濁音(よく日本語で議論になる)と鼻母音は違うものですか?
そもそも鼻濁音という言葉の用法が人によって違う気がするのですが、ここで話題にしたいのは音節末に'ng'の音がある場合です。("ng"→軟口蓋鼻音)
例えばタイ語で "on", "om, "ong"という3つの末子音は区別されますが、日本人にはおそらく全て「オン」と聞こえるはずです。一方フランス語では "-on", "-om"というつづりは鼻母音で"o"を鼻にかけて発音する、と教わりますが、日本人にはやはり最初は「オン」に聞こえます。
IPAではフランス語などの鼻母音は母音の上に波線をつけてあらわしますが、末子音の"-ng"は子音として記号が割り当てられています。また、自分で聞いたり発音してもやはり違う音のように感じますが、「鼻母音は鼻濁音と同じ発音方法をすればできる」という先生がいたので、確認したいと思い投稿しました。
面倒かとは思いますがご存知の方よろしくお願いします。(ちなみに自分の鼻母音の発音はネイティブのフランス人の先生には問題ないと言われました)。

A 回答 (3件)

鼻濁音は 子音+母音,鼻母音は母音であるところが違います。



鼻濁音の子音[ŋ](文字化けしないといいのですが軟口蓋鼻音)は[n]や[m]同様,子音だけで発音することができます。一方,鼻母音である[ɑ̃],[ɔ̃]などは子音なしで発音することができます。

鼻濁音の子音と鼻母音に共通しているのは,口蓋垂が下がって鼻腔への通路ができ,音が鼻に通ることです。鼻濁音でない[ɡ]を鼻濁音[ŋ]に変えるのが母音の鼻母音化と同様の違いということで「同じ発音方法をすれば」という言葉になったのではないでしょうか。

なお,日本語では「鼻濁音」は「音節末に'ng'の音がある場合」という意味では通常は使わず,が行の子音+母音に関していう言葉です。日本語の音節とか拍とか言い出すと長くなってしまいますが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり、子音と母音という根本的な違いがあるのですね。
疑問が解けてすっきりしました。

たしかに日本語では鼻濁音はガ行についてのみ言うので、語末のngは違いますね(そういう発音になってることはありますが)。

お礼日時:2012/09/27 21:35

鼻母音は母音ですから、発音を持続できますし、途中で音色は変わりません。

フランス語の"en"は「アン」みたいにも聞こえますが、続けてもずっと同じ音です。息の一部を鼻腔にながして共鳴させています。普通の母音と同様に子音の後に続けます。逆に言って、そういう発音ができれば鼻母音を正しく発音している可能性が高いです。
鼻音と呼ばれる種類の子音、つまり"m"、"n"、"ng"などは実際には簡単に持続的に発音することができますし、鼻に息が流れていますが、英語やフランス語では他の子音の後に続いて母音として働くことはありません(鼻音が母音と同様に音節を形成する言語はあると思いますが)。鼻濁音が鼻音の意味であるとすればば、「同じ発音」というのはミスリーディングでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり鼻濁音と(つまり鼻音の子音)鼻母音が別の音だと確認できました。
チェコ語などでは鼻音はしばしば自鳴音として母音のように働きますが・・・
やはり同じ発音というのは間違いですね。まあ先生が言ったのはそこまで厳密な話の中ではなかったので、発音上のヒントくらいに考えるのがよさそうです。

お礼日時:2012/09/27 21:41

ng は閉鎖を作りますが、鼻母音は閉鎖を作りません。



[oŋ] は母音と子音のためどこかに境目ができ、[õ] はオとンが同時に出る感じで息が続く限り平行して伸びて行きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかにngは軟口蓋で閉鎖する子音ですね。
あとIPAで書いていただいたので助かりました。IPAが表示できるとは気づかなかったので・・・

お礼日時:2012/09/27 21:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の鼻をつまむの好きな人いますか?

子供の鼻をつまむの好きな人いますか?
どんな感じの子の鼻をつまみますか。
どんな形の鼻をつまむのが好きですか。
あなたの好みを教えてください。

私は小さめで形の整った鼻をつまむのが好きです。
つんとした鼻は興味がありません。
むしろ低めでやわらかそうな鼻が好みです。
タレントでは福原遥、菊池和澄ちゃんがいいですね。

Aベストアンサー

読んでしまったので回答しますが、私は好きではありません。
っていうか、人様の(自分の子供で?)の子供の鼻をつまもうと考えたことがありません。
普通に考えたら、おかしなおじちゃんに間違われても困るので。。。

赤ちゃんのほっぺたならわかりますけどね。

Q第二外国語。ドイツ語、フランス語、スペイン語。

こんにちは。
新しく学ぶ言語について質問です。
ドイツ語、フランス語、スペイン語の3つで悩んでいます。それ以外はいまのところ興味ないです。

難易度・・・ドイツ語=フランス語>スペイン語
話されている地域・・・ドイツ語≒フランス語<スペイン語

ということで、スペイン語に気持ちが傾いています。
ちなみに、
僕はバックパッカー(海外旅行など)に興味があり、大学では貧乏旅行などしようと思っています。
また、僕自身語学が好きで英語も割と得意です。そして将来は複数の語学を用いて仕事をしたいと考えております(通訳などではないです)ゆえ、第二外国語を習得し、第3、第4外国語と学んでいくことを考えています。あと、エスペラントにも興味があります。クラシックにも興味があります。
以上のことを考慮に入れると、僕にはどの言語が向いていますか?

もうひとつ、スペイン語を学んだあとフランス語を学ぶと学びやすいと聞いたのですがほんとうですか??

Aベストアンサー

私はこの3カ国語を期間の長短を問わずやむを得ず学びました。経験的に難易度はフランス語>スペイン語>ドイツ語のような気がいたします。
大学では、英語もできないのに昔はほとんどの国立大はドイツ語と決まっていました。社会に出てフランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語(マレーシア語)をレベルの高低をいわされず必要性のためやむを得ず学びました。その後その他の言語はいくつか(タガログ語やベトナム語)放棄して中学レベルの英語でごまかしています。趣味でちょっとラテン語をやりました。
さてきいた話では、ヨーロッパの言語は、俗ラテン語からロマンス語グループと言うのができたとのことです。このグループにはスペイン語とこの東北弁みたいなポルトガル語、イタリア語、フランス語があるそうです。従って、動詞の変化や発音が似ているような気がいたします。
英語を国際語とすれば、約20カ国近くでスペイン語(主に南米)は話されています。この言語をモノにできればポルトガル語は(本国、ブラジル、マカオ、ムンバイ、アフリカ2-3カ国)、名詞や動詞が5-6割以上同じですのでそんなに難しくありません。
スペイン語の問題は、各人称、過去・現在・未来形ごとに動詞の変化がありよく使う動詞ほど不規則であることが第一関門です。直接法と叙述法ではまた動詞の変化が違うことが第二関門です。その後は女性・男性名詞や単数・複数に応じて形容詞の語尾が変化するので根気がいりますが、発音は難しくありません。
ドイツ語は、規則正しく作ったような言語ですが講義の評価常に"可ーC"か赤点でしたのでよく分かりません。フランス語は、やはり鼻音とリエゾンや最後の子音を発音するのかしないようなところが難しいと思います。
私は今、15年ぶりにスペイン語を使って仕事をしています。この言語とポルトガル語が好きです。スペイン本国とこれに似た発音は南米ではコロンビアだそうです。
まとまりませんが、気の向くままに書いてみました。参考になれば!

私はこの3カ国語を期間の長短を問わずやむを得ず学びました。経験的に難易度はフランス語>スペイン語>ドイツ語のような気がいたします。
大学では、英語もできないのに昔はほとんどの国立大はドイツ語と決まっていました。社会に出てフランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語(マレーシア語)をレベルの高低をいわされず必要性のためやむを得ず学びました。その後その他の言語はいくつか(タガログ語やベトナム語)放棄して中学レベルの英語でごまかしています。趣味でちょっとラテン語をや...続きを読む

Q彼女の鼻をつまむのは変態?

先日、「彼女の鼻をつまむと嫌がられる?」という質問をしました。
親切なご回答もいただきましたが、「変態だ」「女性を侮辱している。馬鹿にするな」といった厳しいご意見もありました。
二人だけのときに大好きな恋人のかわいい鼻をちょっとつまむというのはそんなにいけないことなのでしょうか。
大好きな彼から「かわいいね」と軽く鼻をつままれただけで侮辱されたと感じるものでしょうか。
もちろん男性側も状況をわきまえる必要がありますが、それほど嫌がる方は彼のことを心底から好きではないのでは?
と思ってしまいます。(生理的に嫌だという方がいるのは理解できますが)

Aベストアンサー

一つの例ですが、鼻に限らず化粧している「顔」をいじられたくない女性って、結構多いとおもいます。何もいわずにいきなり鼻つまんだりするのは誰だってびっくりするものではないでしょうか。これは男性にもいえることですよね。彼女がいきなり鼻つまんできた・・・拒否はしないけど、驚きはあると思います。
変態とか女性への侮辱とまではいいませんけど、彼女にたいして「ちょっとさわってもいい?」くらいの声かけは必要かなとも思います。

男性がかわいいとおもってした行為であっても、女性にとって「顔」は命ですから。よく「ベタベタさわんなよ」なんていう女性は彼女であっても要注意だと思います。相手の意思をきくちょっとした思いやりがあるかないか、これだけでもずいぶん違った対応になるとおもうのですが、いかがでしょうか。

Qフランス語・スペイン語・イタリア語の関係

よくこの3言語は「ロマンス語」として近縁だと言われます。知っているケースでは、イタリア語を大学で第二言語として学んだ人は、フランス語を第三言語として自習するときにとてもスムースに習得ができた、というのも聞きました。

そこでこの3つの言語ってそれぞれ互いにどういう関係なのでしょうか。外国語に詳しい方、特に以下の点が知りたい点ですので、お教えください。

1) フランス人、スペイン人、イタリア人(○○人という言い方は○○語を母語とする人、という定義とします)は互いにコミュニケーションをとることが出来るくらい言語は似ているのでしょうか。(一説ではスペイン人とイタリア人は、互いに方言ぐらいに聞こえる程度で、会話はできる、と聞きました)

2) 私はフランス語を学んでいます。ゆくゆくはスペイン語を学びたいのですが、フランス語→スペイン語、というのは流れとして入りやすいでしょうか? イタリア語→フランス語はやりやすい、とききましたが、「フランス語→スペイン語」、「フランス語→イタリア語」というのは負担は少なくて済むのでしょうか?

3) その他、四方山話などがあれば・・・

よくこの3言語は「ロマンス語」として近縁だと言われます。知っているケースでは、イタリア語を大学で第二言語として学んだ人は、フランス語を第三言語として自習するときにとてもスムースに習得ができた、というのも聞きました。

そこでこの3つの言語ってそれぞれ互いにどういう関係なのでしょうか。外国語に詳しい方、特に以下の点が知りたい点ですので、お教えください。

1) フランス人、スペイン人、イタリア人(○○人という言い方は○○語を母語とする人、という定義とします)は互いにコミュニケーショ...続きを読む

Aベストアンサー

ロマンス語
分かりにくい名称ですが古代ローマ帝国がヨーロッパ大陸(南部)に残した俗ラテン語が地域語の影響を受けながら、ローマ帝国崩壊後に各地で発達した言語です。今日のような特徴を備える言語と完成したのは500~600年前といえるでしょう。ロマンス語の仲間はイタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ルーマニア語及びこれらの地域に残る比較的大きなグループの地域言語(方言)すなわちスペインの
カタロニア語、フランスのオック語、スイス・イタリア国境のレト・ロマンス語などがあります。通常は
国との関係で上記の五ヶ国語を指します。

類似性
いずれの言語も俗ラテン語を母体とするので語彙としては非常に似ています。しかしルーマニア語にはスラブ系の語彙が多く遠い親戚といった感じがします。発音はそれぞれに発達したので五ヶ国語間の類似性を一言で表すことは困難だと思います。私の経験からいえば観光用語(サバイバル会話レベル)であればイタリア語、スペイン語、ポルトガル語間は通じます。しかし、少し込み入った会話になれば母語としての話者でも難しいでしょう。通じるとはどのレベルかによります。スペイン人がイタリアに旅行し買い物をする程度であればほとんど不自由しないでしょう。話者の語学力(田舎のおばあちゃんか、大学教授か)や出身地による差も出てきます。古語を含めた語彙が多く、発音の癖の理解力のある人ほど理解できることになります。

ロマンス語習得の順番
五ヶ国語を勉強したわけではないので正確にはわかりませんが、フランス語は発音、読み、書きともに他の
ロマンス語より難しいので、フランス語から展開するのが正解かも知れません。私はポルトガル語の発音をスペイン語より難しい(鼻濁音とアイマイ母音のため)と感じました。しかし、最初に勉強した言葉をやさしく感じる(その言語を基準、標準として比較するので)のが一般的だと思います。一見やさしく感じても最初のうちだけですよ。

日本人にとってある言葉が出来るとは読み書き話すことを意味しますが、国境を接した、あるいはロマンス語間では、まず日常会話(生活用語)で何とか意思疎通が出来ることを意味します。どの程度、書けるか読めるかはまったく別の話になります。したがって、彼らとある言葉が話せるかどうかという話をするとき、日本人が考えていることは彼らと同じではないことが
多いのです。私はよく冗談で英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、パピアメント(カリブのキュラソーの言葉)、標準日本語、日本の二つの方言が話せるといいますが、彼らは真に受けてホー、8ヶ国語が出来るのかと感心します。

ロマンス語
分かりにくい名称ですが古代ローマ帝国がヨーロッパ大陸(南部)に残した俗ラテン語が地域語の影響を受けながら、ローマ帝国崩壊後に各地で発達した言語です。今日のような特徴を備える言語と完成したのは500~600年前といえるでしょう。ロマンス語の仲間はイタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ルーマニア語及びこれらの地域に残る比較的大きなグループの地域言語(方言)すなわちスペインの
カタロニア語、フランスのオック語、スイス・イタリア国境のレト・ロマンス語などが...続きを読む

Q鼻濁音

最近のアナウンサーの方々は,鼻濁音が使えないのでしょうか?
それとも意図的に使わないのでしょうか?

今日,たまたまラジオでトラフィックインフォメーションを聞きました.
国道1号線(こくどういちごうせん)の「ご」を鼻濁音でなく
普通の「ご」でやたらと強調していたので気になってしまいました.

それ以外にも接助・格助詞の「が」なども鼻濁音も若いアナウンサー
の方々は発音されてませんよね...

今の世の中,鼻濁音は使用しないのが普通なのでしょうか?

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

使えないのです。

なんとも悲しいというか、嘆かわしいというか、残念です。(苦笑)

もう何年も前から「幻の鼻濁音」と呼ばれていたりします。話し言葉を扱ったテレビやラジオの番組では、必ず一度は話題になりますね。

なぜ、アナウンサーが鼻濁音を発音しないのか。
元々鼻濁音をできない人がアナウンサーとして採用されてしまうからです。
もちろん、採用されれば研修で学ぶのですが、現場に立つと忘れてしまうのでしょうね。
活字メディアに例えるならば、わたくしたちは「悪活字」で印刷された紙面を読まされているようなものだと思います。

アナウンサーとしてマイクロフォンの前に立つのなら、プロとして、鼻濁音はできなくてはいけません。できないのならプロとは言えません。
プロとしての自覚が足りないのですね。

鼻濁音は地域性があるということです。つまり、発音する地域としない地域がある。
また、学校では教わりません。

鼻濁音のできないアナウンサーに憧れた人がアナウンサーになり… 悪循環です。
できない人に限って「都市ガス」を鼻濁音で発音したりします。これは聞いていてキモチ悪いです。
できないのなら、使ってくれないほうがましです。(笑)

ふだん鼻濁音を発音しない言語学者はおおむね「なくてもよい」「自然にまかせよ」という意見。
一方、鼻濁音ができる言語学者は「憂慮」「保護」の立場を取ることが多いようです。

わたくしは 使えますとも 鼻濁音

使えないのです。

なんとも悲しいというか、嘆かわしいというか、残念です。(苦笑)

もう何年も前から「幻の鼻濁音」と呼ばれていたりします。話し言葉を扱ったテレビやラジオの番組では、必ず一度は話題になりますね。

なぜ、アナウンサーが鼻濁音を発音しないのか。
元々鼻濁音をできない人がアナウンサーとして採用されてしまうからです。
もちろん、採用されれば研修で学ぶのですが、現場に立つと忘れてしまうのでしょうね。
活字メディアに例えるならば、わたくしたちは「悪活字」で印刷された...続きを読む

Q第2外国語はフランス語かスペイン語か?

宜しくお願いいたまし巣。
第2外国語として何語を学べば得なのか考えています。
人口的には中国語が確かに多いと思います。
使用されている国数としてフランス語かスペイン語のどちらかに絞られると思います。
どちらの語が使用されている国数が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。

大学3年生ですが、過去スペイン語1から3、フランス語1のみをとりました。

スペイン語はローマ字読みでフランス語と比較すれば簡単です。

簡単って言ってもそれなりに難しいですよ。最初は。。

文法は英語と違って活用が大変だけど、それはフランス語もスペイン語もかわらないと思います。

中南米がほとんどスペ語だし、スペイン語のが役にたつかなぁって思います。

ただ。。なぜか本屋さんでは、スペイン語の本って少ないんですよねぇ。。

Qみなさんは鼻濁音を使っていますか?

みなさんは鼻濁音を使っていますか?

みなさんは、普段の何気ない会話の中でも鼻濁音を使っていますか?
また、アナウンサーでなくても使うべきだと思いますか?

Aベストアンサー

使ってません。
鼻濁音の存在を知ったのは20歳を超えてからくらいだったと思います。
練習すれば使えるようになると思いますが、残念ながら練習するつもりはありません。

前後の文字などで濁音と鼻濁音の違いになるのではなく、
どの言葉が鼻濁音か、と言うのを一語一語覚えないと行けないそうですね。


標準語としても鼻濁音が定義されているらしいので、日本語学校の先生や国語の先生なら鼻濁音を教える方がいいと思います。
(普段から使う必要はないと思いますが、授業として。)

Q生粋日本人ながら日本語英語+スペイン語やフランス語みたいなトライリンガ

生粋日本人ながら日本語英語+スペイン語やフランス語みたいなトライリンガル は1%いますか?

Aベストアンサー

No.1です。
何か意地悪に見えたかもしれませんが、
私のような初中級レベルを含めれば結構いると思います。
英仏でなくても、大学で少し中国語をやって、中国旅行が好きなので自主的にもう少し勉強したとかいう人もいるみたいですし。
タイ語とか、ロシア語とかもいるでしょう。

スペイン語とフランス語は親戚言語だから、1つやるともうひとつも習いやすいですしね。

ただ、胸を張って「トリリンガルです」、「マルチリンガルです」と言えるレベルだとぐっと少ないのだろうなーと思って。です。

パーセンテージはどうなんでしょうね。分かりません。

Q鼻濁音についての質問です 「お前が、行くんだ!」

基本的に、語頭及び語頭に準じる時にのみ、非鼻濁音で発音し、それ以外は鼻濁音の発音とのことらしいですね。

従って(以下は、あるサイトで見つけた文を一部借用しています)

「今日は、雨が降っていますが、足下にご注意下さい」などは鼻濁音でいいと思いますが、

「ここが、学校です」のように、目の前に沢山の建物があり、その中から、ある一つの建物を選択し明示し、強調したい場合や、「

「今日は、雨が降っているが、運動会を決行する」のように、「逆接」の「が」である場合、

「(他の誰でもない)お前が、行くんだ!」と、これも選択明示強調と思いますが、

上記のような3例の場合でも、鼻濁音圏の人たちは鼻濁音で発音しているのでしょうか?

非鼻濁音圏で育った私からすると、このような場合に鼻濁音で発音すると、柔らか過ぎて、文意を成さないくらいに感じてしまうのですが・・・

特に3番目の「(他の誰でもない)お前が、行くんだ!」などでは、「が」を強く非鼻濁音で発音したいのですが、標準語の日本語としては間違っているということでしょうか?

Aベストアンサー

しょうがねしょうがね。

何で朗読のボランティアを選んだの。普通は私は濁音地域だが鼻濁音の朗読が出来ますを楽しむ人が朗読を選ぶ人じゃないの。方言で読んでいいなら何の技術なわけ。漢字テストちゃうやろ。

女ゴコロは勉強になりました。しかし日本語に巻き舌はねえぞ。
山口百恵は鼻声気味ですが彼女の歌は鼻濁音でしょう。
首都でもない浪花を標準にするのが間違いです。それをやっちゃあ吉本よ。吉本が嫌いなら吉本ネタはやめましょう。吉本を面白いというのは関西西日本です。世界中で歌謡曲は全滅です。吉本化(低俗化)しているという事です。アホの坂田へのコメントはさんまの社交辞令です。さんまは大阪人じゃありませんが大阪人以外はアホの坂田をただの無芸としか思っていません。というか関西トークは関西以外の常識じゃないのです。大阪の吉本芸人は東日本では無価値です。自分に価値があっても相手には無価値なのは吉本ネタと濁音です。朗読で鼻濁音に価値があるのさえ認められないのは同じノリです。若手の吉本芸人は北海道と沖縄出身がいるじゃないですか。その地域への居住は質問者が選らばれたからですか。どちらも日本人の歴史が浅い地方です。フィリピンほどではないが。それ以外の地域でどうかです。群馬の人がどうとかおっしゃるがそれが私の言う関東人の気持ちが分かってない寅さんなわけです。鉄板焼屋のおばさんは関西弁相手にも接客しますが嫌々してんです。あんた大阪かあなんやけったいな話し方やなあ~とは思っても死ぬまで聞くことはないでしょう。武士のごとく以心伝心が関西以外の文化です。やめえなおばちゃん忙しいんやからごめんなおばちゃん仕事の邪魔してあんたおばちゃんにあやまりいと隣の関西弁が話し出したらもう店のおばさんは帰ってくれが本音です。そんな吉本なやり取りは無価値です。

しょうがねしょうがね。

何で朗読のボランティアを選んだの。普通は私は濁音地域だが鼻濁音の朗読が出来ますを楽しむ人が朗読を選ぶ人じゃないの。方言で読んでいいなら何の技術なわけ。漢字テストちゃうやろ。

女ゴコロは勉強になりました。しかし日本語に巻き舌はねえぞ。
山口百恵は鼻声気味ですが彼女の歌は鼻濁音でしょう。
首都でもない浪花を標準にするのが間違いです。それをやっちゃあ吉本よ。吉本が嫌いなら吉本ネタはやめましょう。吉本を面白いというのは関西西日本です。世界中で歌謡曲は全...続きを読む

Qスペイン語かフランス語かイタリア語か迷っています。

イタリアでスペイン語が通じるなら、スペイン語だけ勉強しようと思っています。
前にイタリアでスペイン語はなんとなく通じると聞いたので。

フランスにも行きたいのですが、フランス人はフランス語に誇りを持っているので英語、その他言語で話しかけてもフランス語で返してくる、無視するらしいので(あ、英語で返してくれる人もいます)フランス語も勉強しようと思いました。

スペイン語、フランス語、イタリア語か

皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

私はフランス語が話せて、フランスとイタリアに行った経験があります。
まずこれらの国は隣国であり、とても有名な観光地なので大体英語、フランス語、イタリア語、スペイン語は話せます。また、中等教育の過程で、たとえばフランスでは(地域によって)イタリア語、スペイン語、またはドイツ語のどれかを選択しなければいけないので、大体どの国でも通じます。
フランスでも同じことです。確かにフランス語に誇りを持っていますが、だからと言ってほかの言語で無視するということはないと思います。。。(というか私の場合そうでした)
あと各言語のむずかしさですが、スペイン語やイタリア語は比較的学びやすいですが、フランス語は難しいです。まず日本人は発音の問題がありますし、動詞の活用(conjugaison)がとても多いです。

それらを踏まえて、質問者さんが自分に合っているなと思うお好きな言語を選んでくだされば良いと思います。
勉強、がんばってくださいね(^^)


人気Q&Aランキング