【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

1分は60秒で
1時間は60分ですが
時間は何進法なのでしょうか?

2進法?
10進法?
16進法?

60進法なんてないですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

60進法ありますよ。


24進法もあります。
wikipediaなどにも載ってますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/11 23:06

秒未満は10進法


秒、分は60進法
時は12進法、または24進法
ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/11 23:06

は?60進法だろ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/11 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりませ

10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりません、教えてください。

Aベストアンサー

例えば、180分は何時間でしょうか?
60,60,60で3時間。つまり、180÷60で3時間と
やりませんか?

分が60より小さくても同じことです。60で割れば分の単位から
時間の単位にかえることができます。

ただ、6の倍数になってない10分とかは割り切れないので、その
ようなときは普通、分数で 10÷60→10/60→1/6 の
ように表すことが多いと思います。

Q何進法なのかわからない

新入社員です。
毎月つけている月報で7.7時間とか10.2時間などありますが、これはどういうことでしょうか?
たとえば0.25=15分 0.5=30分 0.75=45分 などはわかるのですが・・・・
詳しい方が居ましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

60を掛け算すると「分」になるのは、普段の計算と同じです。

7.7時間×60=462分=7時間42分

10.2時間×60=612分=10時間12分

0.25時間×60=15分

0.5時間×60=30分

0.75時間×60=45分

0.0時間×60=0分
0.1時間×60=6分
0.2時間×60=12分
0.3時間×60=18分
0.4時間×60=24分
0.5時間×60=30分
0.6時間×60=36分
0.7時間×60=42分
0.8時間×60=48分
0.9時間×60=54分
1.0時間×60=60分

どうです?0.25も0.5も0.75も0.1も0.2も、計算は同じでしょう?

0.25も0.5も0.75が判って、0.1、0.2が判らないのは「感覚だけで理解しようとしていて、原理を理解してない」からです。

こういうのは「ゆとり教育を受けた世代」に多いです。あなたもその一人。

Q10進法の数を60進法の数に変換するには

 10進法で表された0.06は60進法ではいくつですか。
 一般に、10進数を60進数に直す方法が分りません。特に、小数の場合。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10進法は1,2.3・・9で10になったところ1の位から10の位に桁数があがります。
60進法は、たとえば時間で考えれば1.2.3.・・・59秒から60秒になったとき1分になります、つまり60で秒という位から分の位になります。また分も60分で1時間というように分から時間という位にかわります。

10進法での表記を考えてみましょう。
例えば456は100(10^2)の位が4
      10(10^1)の位5
       1(10^0)の位が6
つまり456=4×10^2+5×10^1+6×10^0

小数については、例えば
12.3=1×10^1+2×10^0+3×10^-1

60進法も同じです
7322秒を60進法であらわして見ましょう
7322のなかに60^2は2個あるので2時間(秒より2つ上の位)7322÷60^2=2余り122
次に122のなかに60^1は2個あるので2分(秒より1つ上の位)122÷60^1=2余り2
最後に2のなかに60^0は2個あるので2秒
つまり7322秒は2時間2分2秒となります。

0.06も同じ考え方で出来ます。
0.06のなかに60^-1(60分の1)はいくつありますか
0.06=6/100
  =36/600
  =30/600+6/600
  =3×1/60+1/100
となるのでこたえは3であまりは1/100となります。

次に1/100のなかに60^-2(3600分の1)はいくつありますか
1/100=36/3600
となるのでこたえは36
よって
0.06を60進法であらわすと0.(3)(36)となります。()で囲まれた数字がそれぞれの桁の数字です。
時間を例に取れば0.06時間は時間より1つ下の位分の係数が3で2つ下の位秒の係数が36と言うことです。

10進法は1,2.3・・9で10になったところ1の位から10の位に桁数があがります。
60進法は、たとえば時間で考えれば1.2.3.・・・59秒から60秒になったとき1分になります、つまり60で秒という位から分の位になります。また分も60分で1時間というように分から時間という位にかわります。

10進法での表記を考えてみましょう。
例えば456は100(10^2)の位が4
      10(10^1)の位5
       1(10^0)の位が6
つまり456=4×10^2+5×10^1+6×10^0

小数については、例えば
12.3=1×10^1+2×10^0+...続きを読む

Q時間を100進法であらわしたい。

勤務先で勤務時間を100進法で表さなくてはいけなくなったのですが、私は数学が大の苦手のためどのように計算すればいいのかわかりません。例えば、働いた時間が7時間10分や40分の場合などの「分」の計算の仕方がわかりません。7時間55分は7、92と現すということだけはわかるのですが、その他は全然わかりません。どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

給与計算の根拠となる勤務時間の処理ですね。

数学で「100進法」というと、“1桁繰り上がると100倍になる”という意味になりますので、この場合は違ってきます。

ご質問の例から類推して、より正確に表現するなら、「時間を、【時間】と【分】で表さず、小数第2位までの【時間】として表す」だと思います。

更に、給与計算の根拠として、端数処理をどうするかが定められていると思います。例えば“1分単位で切り捨てて、小数第3位を四捨五入”だとしてみます。

1時間=60分なので、
7時間55分=7時間+(55÷60)時間
      ≒7.91666666…時間
小数第3位の6を四捨五入すると、繰り上がって、
答:7.92時間

同じようにして、2時間35分なら、
2時間35分=2時間+(35÷60)時間
      ≒2.58333333…時間
小数第3位の3を四捨五入すると、切り捨てになって、
答:2.58時間

計算方法はお勤め先で決められていることと思います。上の例と違う職場もあります。“15分単位で切り捨てる(端数は0.25単位)”や“5分単位で~”などです。

給与計算の根拠となる勤務時間の処理ですね。

数学で「100進法」というと、“1桁繰り上がると100倍になる”という意味になりますので、この場合は違ってきます。

ご質問の例から類推して、より正確に表現するなら、「時間を、【時間】と【分】で表さず、小数第2位までの【時間】として表す」だと思います。

更に、給与計算の根拠として、端数処理をどうするかが定められていると思います。例えば“1分単位で切り捨てて、小数第3位を四捨五入”だとしてみます。

1時間=60分なので、
7時間...続きを読む

Q0.5時間などの時間計算の方法

30分を0.5時間と言うときがあります。1時間を1と考えてその半分なので0.5というのは理解できます。では0.12時間とか0.74時間は何分になるんでしょうか?計算方法がわかりません。どのように計算すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

30分が0.5時間と分かっているのであれば、それを式に直してみましょう

 30分÷60分=0.5時間

これは分かりますよね
では、0.12時間は?という前にこの式を少し変えてみます

 30÷60 = 0.5
 30÷60×60 = 0.5×60 (=の両側に60分を掛けます)
 30×1 = 0.5×60 (左の÷60が×60と打ち消しあって1になります)
 30 = 0.5×60

では、0.12時間は何分になりますか?
上の式に当てはめると、

 □=0.12×60

あっさり答えられますよね
同様に 0.74時間も計算できますよ


まだ分からないというのであれば、分数にすると分かりやすいかもしれません
  30
 ── = 0.5
  60
(自分はこの表現の方が好きですね)
あとはいろいろと考えてみてください

Q60進法と10進法

違いがいまいち分かりません。
時間は60進法だと言いますが、100分など60以上の数でも表せますよね?
そもそも、60という数自体、10進法の数字ではないのでしょうか。
それに一日が24時間だというのも気になります。
時間が60進法なら60時間で一日にならないのでしょうか。
というか、自分が「進法」という概念をきちんと理解しているのかさえ怪しいです……。

また、3進法や100進法なども存在するのでしょうか。
存在するなら、どのような場合に使われるのでしょう。
時間以外に60進法を使う場面があればそれも知りたいです。

数学から離れて久しいド文系ですので、易しい解答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

n進法というのは、n番目で位が変わるというものです。だから、10進法だと10番目の数、すなわち9の次でくらいが変わります。
本来、60進法というものは、1~59までを違う一桁の数とし、60番目の数で初めて位が上がるとしていました。60秒で1分、60分で1時間とするのと一緒です。1日を60時間とすると、1時間、1分、1秒がが今の五分の二となってしまいますね。だから、24にしたのだと思います。
時間のほかに60進法を使っているのは、図形の角度の世界があります。

60進法にこだわったのは、そもそも、12という数は約数が多いので(2,3,4,6)使いたかった。図形の世界でも、角度の問題で、12進法が最も適している。ところが、人間の指は10本だ。そこで、12と10の最小公倍数、60を取ったのです。

もし人間の指が12本ならば、数学の図形の分野、物理の時間の分野が、もっと発達したと思いますよ。


時間は60進法ですが、実際に使っている数字は、10進法です。そもそも、60進法と呼ぶこと自体、10進法に則ってるのですから。

2進法では、使う数字は1と0だけ。2進法の世界では、2は10なのです。実際、1,10,11,100…と続きますが、いち、じゅう、じゅういち、ひゃくと読みます。極論すれば、2進法の世界では、2進法は10進法なのです。

3進法とかも、できますよ。使う数字を0,1,2とし、1,2,10,11,12,20,21,22,100…とすればよいだけですから。ただ、使う機会がないだけです。

8進法は、古いコンピュータでは使われていましたね。今のコンピュータは16進法。これは、9の上に7つ数字を作り(A,B,C,D,E,Fと表します。)16番目の数で、初めて位が上がるとするものです。コンピュータ本体には2進法で命令しますが(ONかOFFか)、16進法は2進法に直しやすいからです。16進法の10は、2進法の10000。これは、16=2^4に由来します。

n進法というのは、n番目で位が変わるというものです。だから、10進法だと10番目の数、すなわち9の次でくらいが変わります。
本来、60進法というものは、1~59までを違う一桁の数とし、60番目の数で初めて位が上がるとしていました。60秒で1分、60分で1時間とするのと一緒です。1日を60時間とすると、1時間、1分、1秒がが今の五分の二となってしまいますね。だから、24にしたのだと思います。
時間のほかに60進法を使っているのは、図形の角度の世界があります。

60進法にこだわったのは、そもそも、12とい...続きを読む

Q60進法が使われる理由

1分=60秒
1時間=60分
1日=24時間
1回転=360度

というように、時間の単位に60進法や24進法が使われたり、角度が360進法になっているのはなぜですか?

全部10進法にしてしまったほうが楽ではないですか?

Aベストアンサー

一年が約360日だったことから繰り返す一年を円にたとえた時に日で測る、つまり、360゜で測る度の概念が生まれたようです。また、円をその半径で円周上に点を打つことで正六角形が描けるということから360の1/6である60を基準とした角度の単位が定まったという話のようです。
また、一年に月の満ち欠けの周期が約12回あることで一年を12等分し、天球の12の星座と対応させました。1日も繰り返すものなので円でたとえた時に、その天球の12星座と対応させた時間の概念が生まれたのではないかと言われているようです。
天球と対応ということで、天球の星の位置を測る時に使う度を時間にも使うと考えたなら、同じ分秒を60進法のまま流用するのは自然かもしれません。最後の方は空想です。

Qコンピューターで2進法が採用されている理由を教えてください

 2進法がコンピューターで使われているのはなぜですか?

Aベストアンサー

 
  初期の真空管で造った電子計算機では、二進法ではなく、十進法などを使っていたものでがありました。しかし、二進法が非常に有利で便利なので、二進法を使うようになったのです。
 
  理由:

  1)信号が、1と0だけでよい。十進法だと、信号が十個必要で、どの数かを判断する回路が必要になる。しかし、二進法だと、信号があるか、ないかの区別だけで非常に簡単である。
 
  2)これはコンピュータの心臓のCPUの設計に関係することですが、基本的には、CPUはレジスターという一種の計算機・勘定装置を使っています。これはたいへん原理は簡単なもので、簡単な計算を行います。このレジスターで、二進法を使うと非常に簡単に足し算とかができるし、また引き算、かけ算なども、少し工夫すると計算できるのです。
 
  例えば、111は二進法表現で7ですが、これにまた7を足し算するのは、
  111+111で、1+1=0(繰り上がり1) 1+0=1 0+1=1 0+0=0 という四つの計算規則だけでどんな数字でも、桁上がりだけ工夫すると計算できるのです。また引き算やかけ算も簡単に行えます。
 
  3)あるいは、フリップ・フロップ回路という面白く単純で、しかし重要な計算回路があるのですが、これは二進法での回路なのです。 

  4)コンピュータは大きな記憶装置を使うのです。この記憶装置は、あるかないか、つまり、1か0で記録すると、非常に簡単なのです。記録も速いし、読みとりも速いのです。
 
  こう言った理由で、二進法つまり1と0の信号で、コンピュータのなかでは計算や記録や記憶を処理しているのです。これを、5進法だとか、10進法にすると、たいへん複雑になるのです。
 
  人間はしかし二進法ではどんな数がすぐ分かりませんから、入力する時は十進法で、途中で二進法に変え、また、出力する時も、二進法だったのを、人間に分かるように十進法にしているのです。
 

 
  初期の真空管で造った電子計算機では、二進法ではなく、十進法などを使っていたものでがありました。しかし、二進法が非常に有利で便利なので、二進法を使うようになったのです。
 
  理由:

  1)信号が、1と0だけでよい。十進法だと、信号が十個必要で、どの数かを判断する回路が必要になる。しかし、二進法だと、信号があるか、ないかの区別だけで非常に簡単である。
 
  2)これはコンピュータの心臓のCPUの設計に関係することですが、基本的には、CPUはレジスターという一...続きを読む

QExcelで時給計算、10:30時間を数値10.5に

Excelで時給計算処理をしたいのですが、
タイムカードから取り込んだデータで挿入される合計労働時間「10:30」を
時給計算しやすいように「10.5」という数値に変換したいのですが方法はないでしょうか。

つまり、時給*労働時間=給与の計算をしたいんですが、
900*10:30では計算できず、一度データを900*10.5にしたいのですが知恵が足りません(汗)

お詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかご教授くださいませ。

Aベストアンサー

時間に24をかけて、[セルの書式設定]を標準に設定すればできます。

="10:30"*24
または、
=(時間の入っているセル)*24
としてみてください。

Qエクセルで、セルの中の値が規定値以上の場合に自動で色を付ける方法

こんにちは。

今仕事でエクセルを使って集計しているのですが、入力した値が、例えば50以上だった場合自動的に色がつくようにしたいのですが、どのようにすればよいでしょうか?

また、例えばセルの値が、そのセルのすぐ上の値より大きかった場合や小さかった場合に、自動的に色をつけることはできますか?

わかりにくい文章で申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>例えば50以上だった場合自動的に色がつくようにしたいのですが
「書式」「条件付き書式」で「セルの値が」「次の値以上」「50」で書式ボタンを押し色を設定
>そのセルのすぐ上の値より大きかった場合(A2セルの場合)
「書式」「条件付き書式」で「セルの値が」「次の値を超える」「=A1」で書式ボタンを押し色を設定
※「数式が」「=A2>A1」でもOK
>そのセルのすぐ上の値より小さかった場合(A2セルの場合)
「書式」「条件付き書式」で「セルの値が」「次の値未満」「=A1」で書式ボタンを押し色を設定
※「数式が」「=A2<A1」でもOK


このカテゴリの人気Q&Aランキング