人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ビデオを見ました。素晴らしい実力ですね。

くだらない疑問です。ビデオの中では全日本大会に出る高段者を相手にしても
ポンポン投げていました。

今、三船十段が70歳にしてオリンピックに出たら、
結構勝てるのでしょうか。もちろん体重別です(60キロ級でしょう)。

柔道経験者に回答いただけると嬉しいです。
(私も経験者で、初段です)

きめつけのくだらない解答は不要です。
みなさんの考察を教えてください。

夢を描くもよし、現実を見るもよし、です。
三船十段の実力は認めたうえでの質問です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>柔道経験者に回答いただけると嬉しいです。

(私も経験者で、初段です)
柔道は学校の授業でしけ経験はありませんが、合気・空手の経験はあります。誰も回答しないというのはおもしろくありませんから、私のようなものでもよろしかったら一言述べさせて下さい。

>ビデオを見ました。素晴らしい実力ですね。
私もそのビデオはもっています。私が感銘を受けたのは、三船の投げた技よりも、相手が投げようとしても重心をはずしするりと抜けていく動きでした。(159cm、59kg)

>今、三船十段が70歳にしてオリンピックに出たら、
結構勝てるのでしょうか。もちろん体重別です(60キロ級でしょう)。
(決めつけたくだらない回答は不要)とのことですので、私の考察を述べさせて頂きましょう。
まず20世紀初めの頃の柔道とオリンピックで採用された頃の柔道から現代までの柔道では、ルールが決定的に違うと言うことです。現代の試合は負けない柔道です。負けない負けないで粘ってうまくいけば一本へという一位になるための柔道です。

そして当時と現代の食料事情が異なります。筋力も脂肪の量も異なります。重心を崩すことで投げられないようにすることと全身鋼鉄の体でぐっと自身の体を締めてこらえるのとでは、ルール上、後者が有利です。当時の柔道はビデオをご覧になったらお分かりのように、みな結構ぴょんぴょん跳ねていますね。その中でタイミングを測り技をかける瞬間を狙っているという感じです。現代柔道は跳ねずに足の裏を畳になるべく貼り付けて腰を引いた防御姿勢です。ぴょんぴょん跳ねていれば、すぐに押しかかるか倒れかかってすぐに外国人の好きな力による絞め技にもって行かれます。

「空気投げ」というのが三船の技の中に神技としてありますが、あれは合気の中にも「隅落とし」という技で現在も存在します。柔道でも正式にはその名称だったと思います。この原理は、イスに座ろうと思って腰を下ろそうとしたら誰かがイスを引くといういたずらがありますね。あれと同じです。「おっとっと」と足や手を使って支えようと思ってもできずに、更に技をかける側が力を少し加えるといった感じです。これもぴょんぴょんと跳ねているか、重心が不安定な人ならすぐにかけることができます。

結論と言うと口幅ったくなりますが、「柔道」という「一般的な柔道」はないということです。何でもそうですが、時代時代によって、制約を受け、やっていいこととやってはいけないことが決められていく。もし三船に不利な動作を禁止すれば当時の三船にかなうものはいないでしょう。

しかし現代柔道のように、崩そうとすれば鋼のような体で頑張られる。技はかからない。ですから「有効」や「技あり」や「一本」のように外国人向けの判定になってきました。そしてなぜ欧米で柔道が受け入れられたかというと、投げ技はもちろんですが、絞め技も両者双方が向かい合っている形になっているということです。古流柔術は絞め技・関節技はかけられた方はうつぶせの形がほとんどです。武器の使用を防いでいるということです。現代柔道では、すぐ「待て」になります。この点でレスリングに似ています。もともとレスリングは狩猟で鹿などを追いつめ捕まえ肩を地面につけ4本の足をひもでぐるぐる巻きにするという意味で、肩がマットにつくとフォール勝ちになるということです。

いろいろ話しが跳びました。あら探しをするようで気が引けるのですが、「弘法も筆の誤り」という「武田惣角・園部秀雄・三船久蔵・澤井健一・木村政彦」のおもしろい話しのサイトがありました。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/musyaavesta/60912145.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が超遅くなってすみません。
鋭い考察、ありがとうございました。
紹介URLもおもしろかったです。

お礼日時:2013/07/26 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q空手の技法「コツカケ(骨掛け)」は実在する技でしょうか?

こんにちは、お世話になります。

よく漫画で出てくる、空手家の睾丸を体内に入れ金的を守る技『コッカケ』。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%B1

これは、本当に昔(そして現在)の空手家は実現できたのでしょうか? 

好奇心からの質問ですが、本気で気になっています。

以上です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず最初に。こういった技術はあります。出来る方もいます。

>これは、本当に昔(そして現在)の空手家は実現できたのでしょうか? 
「火の無いところに煙は立たぬ」です。
コツカケ(骨掛け)とは睾丸を腹中に引き上げるだけのものではなく、
肩甲骨を使って首と脇を閉じる(下のURLの動画で見れます)、肋骨を使って胸部を閉じる、恥骨を使って腹部を閉じる、といった操作も含みます。
単純に防御法ではなく、独特の力の出し方(チンクチ/一寸力)にも関連してきます。

(教えてくれるかは別として)沖縄唐手なら東恩納系統、または上地流など、中国武術なら短肢の鶴拳系武術や白眉拳、龍形大宗、南派蟷螂拳等にコツカケ(骨掛け)あるいはそれに類した技術が継承されていたと思います。

参考URL:http://www.wonder-okinawa.jp/023/009/002/001.html

Qスナイパーは本当に1km 先の標的に命中させられるのでしょうか?

スナイパーは本当に1km 先の標的に命中させられるのでしょうか?

今、読んでいる小説にスナイパーが登場します。 50口径のライフルを使っているのですが、射程距離は2km あるとか。

そのライフルを使って、屋外で1km 先の人間を撃つのですが、チャンスは1回コッキリ。 しかし、見事、命中させるという話なのですが、これって本当に可能なのでしょうか?

話の設定では前日に照準を合わせ、何度も試し撃ちをしてはいるのですが、屋内ならまだしも屋外では、素人が考えても、実際に1km 先の標的となると、その瞬間の気圧、天候、気温、湿度、特に風向や風力によって大きく影響されるのでは? と思うのですが、そういった情報無しで可能なのでしょうか?

たとえば撃った瞬間、途中で突風でも吹けば1km 飛んでいる間に大きく弾道が変わる事もあるのではないでしょうか?

でも、実際にスナイパーって、どこの国でもいそうな感じがしますし、不思議です。

Aベストアンサー

M107は海兵隊用のM82(以後M82と記載)を陸軍用として製造された
対物狙撃銃です。
M82は、12.7x99mmNATO弾(.50BMG)を使用しています。
12.7x99mmNATO弾は全長138mmあり重さも650g以上あります。
M82から発射された12.7x99mmNATO弾は、最大6800m飛び最大有効範囲は
1800mとされています。
よって他の回答にあるよう1000mの狙撃は可能と考えられます。
但し特定人物や物の狙撃には、複数の条件が必要となります。

まず一般的に人に対する狙撃は対人狙撃銃やアサルトライフルを使用します。
それぞれ7.62mmNATO弾、5.56mmNATO弾を使用し有効射程距離は
700m、400m前後となります。
対人狙撃銃やアサルトライフルの重量は共に5Kg前後ですが
M82は12Kgを超え長さも1.5m近くあるので機動性を
伴う作戦や地理的条件に制限がある場所では使用できません。

では狙撃が可能な複数の条件ですが、対物狙撃銃、対人狙撃銃、
アサルトライフル共にピンポイントで狙撃を行う場合は以下条件が
必要となります。
1.軍特殊作戦用(ピンポイント専用)に製造された銃を使用する。
  例えばM82は10万丁以上製造されていますが狙撃専門の銃は
  米国政府の許可において限定数しか製造されません。
   性能的には
   一般向け、通常軍務(警察)向け<競技向け、警察狙撃用<軍特殊作戦用
   となります。
  この軍特殊作戦用であれば長距離でも正確な射撃が可能となります。
2.同様に使用する弾も専用の弾が用意されます。
  ・一般向け、通常軍務(警察)向け<競技向け、警察狙撃用<軍特殊作戦用
  軍特殊作戦用はすべてシリアル番号で管理されており使用状況は全て軍で
  管理されます。
3.複数人によるチーム、衛星(GPS、情報衛星)及びコンピュータの支援が
  必要です。

と言ってもM82であれば一般向け或いは競技用で、通常弾砲でも1kmの
狙撃は可能と思います
M82を使用する軍特殊作戦では1.5km以上の射撃を行います。
この目的は敵に対する恐怖心を植え込む為に行います。
M82から発射される12.7x99mmNATO弾は、秒速800m以上で飛びます。
つまり1600mの的まで2秒となります。
しかし発射音は4.7秒後に届きます。
当たってから2.7秒後に発射音が届くという事です。
さらに12.7x99mmNATO弾が人の腹に当たった場合は人は
2つに分裂し吹き飛びます。
つまり的の周りにいる人達は今そこにいた人がいきなり
引きちぎれるのを見ます。
パニックの絶頂で発射音が届いても彼らにはそれが聞こえません。
狙撃手は1.6km先にいて見えません。
これが軍特殊作戦の目的です。
彼の戦意は恐怖で完全に失せてしまいす。

M107は海兵隊用のM82(以後M82と記載)を陸軍用として製造された
対物狙撃銃です。
M82は、12.7x99mmNATO弾(.50BMG)を使用しています。
12.7x99mmNATO弾は全長138mmあり重さも650g以上あります。
M82から発射された12.7x99mmNATO弾は、最大6800m飛び最大有効範囲は
1800mとされています。
よって他の回答にあるよう1000mの狙撃は可能と考えられます。
但し特定人物や物の狙撃には、複数の条件が必要となります。

まず一般的に人に対する狙撃は対人狙撃銃やアサルトライフルを使用します。
それぞれ7.62mmNATO弾、5....続きを読む


人気Q&Aランキング