土曜日の朝、車にのろうとしたところ左横のドア2枚傷つきへこんでいました。
そのときは急いでいたので出掛けてしまったのですが、帰ってきて次の朝、また車を取りに駐車場に行ったところ、いつもはとまっていない車のバンパーがこすれていました。そのときにすぐ対処すればよかったのですが、朝早かったし、車の持ち主を聞くべく大家さんとも連絡がとれなっかたので、そのときもそのまま出掛けてしまいました。
夕方帰宅したときに、ちょうどその車が帰ってきたので運転者に聞いてみたらしらばっくられました。バンパーもきれいになっていました。
わたしの車はベッコリへこんでいるし、頭にきて眠れそうにありません。泣き寝入りするしかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

女性の車の方は別に金曜日前の証拠がそろわなくても、立証できると思うのですが・・・損害金額が多ければ本人訴訟してみるという提案ですので、少額で、時間もないよというときは、寛大な心で。


人生長いんだし、これからきっといいことありますよ。

この回答への補足

先日、警察を呼んで3者で話し合いましたが、ダメでした。私が警察を呼んだ時期が遅いことによって、状況が不充分であること、相手はしらをきりそうしていることで・・・   何の対処もありませんでした。(涙)

補足日時:2001/05/30 13:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
私よりもっといやな思いをされている方をしって、少しは寛大な気持ちになれました。
いろいろと、アドバイスをくださってありがとうございます!

お礼日時:2001/05/24 10:19

さらに追加しますね。

相手を見つけたが、シラを切ったときの対応です。
民法上の不法行為の立証責任はそんなに難しいものではありません。まず、相手の車がまだ止まっていれば、ナンバーを控え、バンパーの写真及びバンパーの塗料片の採取(これはちょっと黙ってやると問題になるのですが、緊急を要するので、黙ってやっちゃいましょう)、自分の車のへこんだ写真も撮って置きます。そして、金曜日の夜まで、車が無傷だったことを証明してくれる人を確保すること。行きつけのガススタの人などが証言してくれると思います。
これらの証拠で、相手の故意または過失行為が存在し、これによって、車が傷つけられたという結果との間に因果関係が認められます。訴訟を起こせば勝てますよ。
修理代金(訴訟物)が90万円未満なら、簡易裁判所へ行って弁護士なんて雇わずに本人訴訟だと言って訴状の書き方を教えてもらえばいいです。弁護士費用の出費はなくてすみますよ。6ヶ月くらいで判決は降りると思います。90万円以上なら地方裁判所(裁判所法33条1項)です。
相手が当てた事は認めても、支払いはしないとか言っている場合で、訴訟物が30万円以下なら(民訴法368条)少額訴訟ができます。即日で判決が言い渡されます。

この回答への補足

相手の車の金曜日前の状況を把握していないので無理でしょうね。(涙)
女性なんですが、ちょっと問題のある人でぜったいに認めないとおもいます。

補足日時:2001/05/22 13:56
    • good
    • 0

少しばかり追加しますね。

警察のところに行ったって、被害届書くくらいで、決して捜査してくれません。なぜなら、犯罪が成立しないと推測されるからです。器物損壊罪(261条)があるじゃないかって思われるでしょうが、故意をもって物を壊さなければ成立しません。過失の器物損壊罪というのはないのです。
では、民法上709条の損害賠償の支払を免れるために、こっそり逃げる行為は犯罪にならないかが次に問題になるのですが、2項窃盗罪はないのです。要するに235条は財物を窃取することを罰するのであって、利得を窃取しても無罪なのです。一昔前、ゲームセンターで針金でゲームをしたとしても刑法上は犯罪にならないとされたのと同じです。もっとも、民法上は不正に遊んだ分の金銭は取られるし、現在は針金なんかでゲームできないようにされてますが。
本件でも警察署に行くことは被害にあったことを民事訴訟上で証明する1証拠にはなりますが、警察官の働きはまったく当てにはなりません。車盗まれたって立件できない捜査官が傷つけられたくらいで動いてくれません。ご立腹なのは分かるのですが、ご自分で捜査することを薦めます。
犯人があがらなければ、このような天災のための保険と思って、あきらめるしかないです。人災であって天災ではないのでしょうけど。
    • good
    • 0

こんばんわ



それって思いっきり当て逃げじゃないですか!
すぐに警察に通報すべきです
reipuuさんの車に残っている傷から相手車種の塗装とか
割り出せるでしょうし、相手が既に修理に出してた所で
修理屋に聞けばすぐわかる事ですし。

泣き寝入りはダメですよ~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです!
くやじ~~~~!ってカンジです!

お礼日時:2001/05/22 13:53

結論から言えば、泣き寝入りもやむを得ないでしょう。


よしんば、その車の所有者がぶつけていたとしても、民事上の損害賠償請求を起こすためには請求者立証が原則となるでしょう。
そのために貴方が立証すべき事実としては、(1)損害の発生の事実。(2)誰によって与えられた損害なのかという事実。であると思います。
(1)についてはその損傷が少なくとも、最後に車をそこに置いた時点では発生していなかったこと。→損害の発生を知りえたときに速やかに警察に届け出ておくなどの処置。(2)については「神のみぞ知る。」ということになってしまいます。→目撃者がいれば別ですが。

警察としても物損事故であればおそらく積極的に探すことはしないでしょう。
また、あなたが直感的な判断でその車の所有者を訴えたとしても、疑わしきは罰せずの原則からも訴求することは困難かと思われます。
ご自身の自動車保険(任意)の契約内容はどうなっていますか?オールリスク・タイプの車両保険の加入があれば修理費相当額の補填を受けられると思います。そのような契約がついてなければもちろん実費での修理となりますが、念のために損害状況を写真で記録しておくことをお勧めします。万が一請求する相手が見つかったときのために。(車の登録番号と損傷部位が一緒に写るように、また日付の入った写真が有効でしょう。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
gonchanさんが言うとうり、警察はとりあってくれませんでした。そうだとは思ったのですが、くやしくて、はなしをきいてもらったようなかんじです。
写真も犯人らしき車と自分の車はとっておきました。
何かの足しになればいいけど・・・

お礼日時:2001/05/22 13:51

誰がやったかわかりますか。

まず、犯人をわりだして、自分がやったとかの自白を録音するのがベストですが、それがなかったときでも、自分の車の写真を撮っとり、ぶつけた車の写真をとったりして、塗料の分析もできるように証拠を保存する事が大事です。これは早いほうがいいと思って、書いてしまいました。ぶつけた時の第三者の目撃者がいれば、この方の協力もあった方がいいです。
要するに裁判になったときは、不法行為(民法709条)による損害賠償になるので、立証責任は原告にあるのです。
まず、証拠を沢山保全してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
犯人らしき車は1日の内にバンパーをきれいにしてしまいました。(修理ではなく磨いたようですが・・・)証拠は私のへこんだ車のみです。目の前にいつもとまっているとおもうとくやしくて、くやしくて・・・

お礼日時:2001/05/22 13:46

警察に連絡して、事故として処理してみてはどうでしょうか?


もし疑いのある車がバンパーを交換したとしたら、証拠は残っているはずです。
板金屋かディーラーにゴミとして残っているはずです。
バンパーの塗装のみで直してある場合は・・・ちょっと難しいかもしれません。

また、reipuuさんの車も証拠になるかもしれません。

ちょっとここらへんには詳しくないですが、第三者の入らない示談ですますと後が怖い場合もあります。
第三者として警察に頼ってみるのはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます。
警察に連絡してみましたが、とりあってもらえませんでした。(涙)

お礼日時:2001/05/22 13:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前の車が落下物を跳ね上げ車に衝突 泣き寝入り

一般道路上に落下物があり、前を走っていた車がそれを跳ね上げ私の車にぶつかりました。

私の車は落下物が直撃したおかげで燃料が漏れ始め、危険を感じたためJAFを呼びレッカー車で家まで帰ってきました。

前の車は車を降りて私の車に近づいて「大丈夫ですか?」と声をかけてくれましたが、その後「俺関係ないし」といわれそのまま立ち去ろうとしました。

前の車の運転手には警察を呼ぶ間待ってもらいました。

警察の現場検証を終え、お互いに名刺交換をし、帰宅しました。

保険会社には「いわゆる物損事故で、車両保険に加入していないのでこちらからの支払いがないので対応できないと言われ」ました。

通常通り法定速度を守って走行していたのに、人からぶつけられた落下物で現在車は走れません。

もし前の車の運転手に修理費を請求できるのであれば、請求したいのですが、何分素人のためどのように事故の処理を進めるべきかわかりません。

どなたかご回答よろしくお願いいたします。



■事故状況
一般道路(1車線)に落下物があり、前車が跳ね上げ、落下物は自車にぶつかり走行不能に。

落下物はトタン。50mm×100mm程度の物。
落下物は前車が跳ね上げ、自車の下に入り込み車体の下に挟まった。
よそ見などはしていなかったが、左右に避けるスペースはない。
車体底部と足回り破損

路肩へ移動、停車。
物損事故の届け出。

落とし主の身元は把握できない。
前車の運転手の身元は判明している。

よろしくお願いします。

一般道路上に落下物があり、前を走っていた車がそれを跳ね上げ私の車にぶつかりました。

私の車は落下物が直撃したおかげで燃料が漏れ始め、危険を感じたためJAFを呼びレッカー車で家まで帰ってきました。

前の車は車を降りて私の車に近づいて「大丈夫ですか?」と声をかけてくれましたが、その後「俺関係ないし」といわれそのまま立ち去ろうとしました。

前の車の運転手には警察を呼ぶ間待ってもらいました。

警察の現場検証を終え、お互いに名刺交換をし、帰宅しました。

保険会社には「いわゆる物損事...続きを読む

Aベストアンサー

このケース、貴方には避けるスペースもなく法定速度を守っていたという事ですのでその点についての落ち度は無さそうですが、一方で適正な車間距離を保っていたかどうかの記載がありませんね。少なくとも道路を走行している全ての車/運転手に対し「前方で障害が発生した時でも安全に回避行動のできる車間距離を保つ事」と決められています。そのため、特に高速道路等でも「前方に走る車との車間距離」について、再三の注意書きがありますからね。ですから、あなたにも過失が有るんです。ですから、まあ仮に裁判となったとしても50;50から始まるのでしょうね。良くなっても60:40だとは思います。

もう分かっていると思いますが、一般的に車両保険に入っていない限りは保険屋は介入しません。必要であれば、お金を払って特約を付けるべきでしたね。どうしても費用を請求したければ、ご自分で相手と交渉するしか有りません。過去の判例等をしらべて裏を取り、確かな証拠とともに内容証明郵便で相手に送りつつ費用を請求すれば良いでしょう。

ただまあ普通は応じないでしょうね。どうしても請求したければ民事訴訟裁判を請求するのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/民事訴訟
費用と時間はかかりますが、個人レベルでも十分対応可能です。が、50;50以上の良い判決が出る可能性は低そうですから、果たして割にあうかどうかは疑問です。

このケース、貴方には避けるスペースもなく法定速度を守っていたという事ですのでその点についての落ち度は無さそうですが、一方で適正な車間距離を保っていたかどうかの記載がありませんね。少なくとも道路を走行している全ての車/運転手に対し「前方で障害が発生した時でも安全に回避行動のできる車間距離を保つ事」と決められています。そのため、特に高速道路等でも「前方に走る車との車間距離」について、再三の注意書きがありますからね。ですから、あなたにも過失が有るんです。ですから、まあ仮に裁判とな...続きを読む

Q駐輪中のバイクが倒れて路駐の車にへこんだ場合

既に示談成立しておりますが、今後の参考のために質問します。

バイクに乗ろうとした所、駐車中のバイクが倒れており、脇に駐車してあった車にキズが付いていました。
車の所有者も私本人も現場には居合わせていない状況でした。
取りあえず、バイクを引き起こし警察に連絡したところ、運転中でない車両は交通事故には該当しない。
民事となるので双方話合いで解決してくれ、との事。置き手紙を残し、その場は帰りました。

後日相手から連絡がありディーラにて修理見積もりを取って貰い、示談しました。
結果は私7,相手3位の金銭的負担で、双方納得はしずらいが、妥協という事で示談書を作成しました。

私のバイクは、歩道にセンタースタンドを立てた状態で路上駐車、該当車両は後から置かれたものでした。
車両の方は路側のパーキングエリアに駐車されていた状態でしたが、パーキングエリア指定時刻を過ぎても駐車されたままとなっていました。

相手側の主張としては、車に倒れるような置き方をしている方が悪い。車が動いたわけではなく、動いたバイクにキズを付けられたので、バイク所有者の管理責任および器物損壊で全額修理費負担は当然である。

当方の主張としては、風・もしくはイタズラにより倒されたものであるので、100%の費用負担はおかしい。責任は倒した者にあるはず。
こちらに非がないとは言わないが、責任割合としては1~2割と思う。
そちらもパーキング時間を超えた駐車は違法駐車であるので、費用負担するにしても譲歩して5:5位ではないのか。

結局は、双方が妥協点を探り、7:3となりました。
この場合、示談が成立せず、双方が事故の主張を曲げなかった場合、法律的にはどういう解釈になったのでしょうか。

既に示談成立しておりますが、今後の参考のために質問します。

バイクに乗ろうとした所、駐車中のバイクが倒れており、脇に駐車してあった車にキズが付いていました。
車の所有者も私本人も現場には居合わせていない状況でした。
取りあえず、バイクを引き起こし警察に連絡したところ、運転中でない車両は交通事故には該当しない。
民事となるので双方話合いで解決してくれ、との事。置き手紙を残し、その場は帰りました。

後日相手から連絡がありディーラにて修理見積もりを取って貰い、示談しました。
...続きを読む

Aベストアンサー

今回、自動車のほうは「パーキングエリア」という駐車を認められているスペースに駐車しており、バイクはいわば不法駐車の状態であり、過失割合につきバイクがより負担すべきだと考えます。
パーキングエリアは普通、時間超過の場合には発車時に超過料金を支払うのが通例であると考えられるので、この点につき、自動車の所有者に過失はありません。
一方で、風でのバイク転倒およびいたづらによる転倒も充分考えられます。にもかかわらず全責任を負うというのは、あまりにも酷です。あとから止めたとのことですので、倒れてくることも充分予見できたことでもあります。
ですので結果的に、過失割合7:3というのは妥当な範囲だと思います。

Q車庫に車が突っ込んできました。その修理に関してお願いします。

カテゴリーが間違っていたらごめんなさい。

昨日、隣のアパートの学生さんの車が、自分の駐車スペースを飛び出しバックで、我が家の金網フェンスを倒し、駐車場の壁に突っ込んできました。

夜謝罪に来たときに、修理の打ち合わせをし、こちらが修理見積もりを出し、相手に渡す事としました。ここからが質問です。

1.相手は父親の自動車保険を使って修理するそうですが、 後日、保険屋が車庫の損傷具合を確認に来るとき、私は立ち会わなくてはならないのでしょうか?。

2.警察には届けていないようですが、警察に事故処理?を
してもらわないと、保険が降りないと利いたことがあるんですが、届けなくて大丈夫なんでしょうか?。保険が降りないときには、自己負担で直してもらいますが、万が一、修理代を出す出さないでもめたりする事もあるかもしれません。そのようになるかもしれない事を想定して、こちらから被害届のようなものを出したほうがいいのでしょうか?。大げさな気もしますが。それとも、相手に警察 に連絡させるようにしたほうがいいでしょうか?。

3.相手を信用しないわけではないのですが、修理後に支払いを渋る事も考えられなくも無いので、修理にかかる前、見積もりを渡した時点で、見積もり金額を請求しようと思うのですが、請求してよいものでしょうか?。修理前に請求してお金を受け取った場合、領収書は発行しなければなりませんか?。見積もりより多く修理代がかかった場合、追加請求できるのでしょうか?。

保険屋が絡んでくるので、それなりの知識を得ていないと心配なんです。事故後の流れから、なるべく詳しく、アドバイスをお願いします。

カテゴリーが間違っていたらごめんなさい。

昨日、隣のアパートの学生さんの車が、自分の駐車スペースを飛び出しバックで、我が家の金網フェンスを倒し、駐車場の壁に突っ込んできました。

夜謝罪に来たときに、修理の打ち合わせをし、こちらが修理見積もりを出し、相手に渡す事としました。ここからが質問です。

1.相手は父親の自動車保険を使って修理するそうですが、 後日、保険屋が車庫の損傷具合を確認に来るとき、私は立ち会わなくてはならないのでしょうか?。

2.警察には届けていないよう...続きを読む

Aベストアンサー

1について、都合が付くのであれば立ち会った方が良いでしょう。修理をする前の状態を知っているのはcopeさんですので、車が突っ込んできた事による修理を必要とする状況を説明した方が良いと思います。

2について、法的には車での事故は全て警察に届け出る事にはなっていますが、このような「物損」だけの場合は届けをしない場合が多く、人身事故と違って保険の給付もされますので、届けないのでしょう。届け出をする義務は、相手にあります。相手も謝罪に来ているのでしたら、過失を認めているのでしょうから、不安があるのでしたら現場写真を撮り、後日問題が発生したときの証拠としておく程度でも良いでしょう。最終的に、相手が修理を全額負担してくれれば良いことです。

3について、修理が終わっていない段階での請求は難しいでしょう。修理代金は修理をする業者と、相手の保険会社とのやりとりになります。copeさんが修理をするのではありませんので、修理代を受け取ることはできませんし、受け取るべきではありません。加害者が損害賠償として、修理を依頼した業者に支払いますので、修理代については保険会社に任せるべきでしょう。

1について、都合が付くのであれば立ち会った方が良いでしょう。修理をする前の状態を知っているのはcopeさんですので、車が突っ込んできた事による修理を必要とする状況を説明した方が良いと思います。

2について、法的には車での事故は全て警察に届け出る事にはなっていますが、このような「物損」だけの場合は届けをしない場合が多く、人身事故と違って保険の給付もされますので、届けないのでしょう。届け出をする義務は、相手にあります。相手も謝罪に来ているのでしたら、過失を認めているのでしょ...続きを読む

Q【法律】「ラストは潮吹き。あー、結局寝ずに朝が来た。東京帰るまで持つかしら...」のツイッター「朝が

【法律】「ラストは潮吹き。あー、結局寝ずに朝が来た。東京帰るまで持つかしら...」のツイッター「朝が来た男」はゲイセックス動画をアップロードしていますが、法律では男同士のいんこう行為はいんこう行為と認められないので男同士のゲイセックス動画は日本の法律では猥褻に当たらない。というのは本当ですか?

ゲイにわいせつ罪は適用されないって本当なのか教えてください。

ゲイにセクハラという概念もないらしい。

Aベストアンサー

>男同士のゲイセックス動画は日本の法律では猥褻に当たらない。というのは本当ですか?

ち○ち○を出していたら猥褻画像でアウトでしょ。

男と女のセックス動画でも、ち○ち○や お○ん○がでてたらアウトと同じです。

Q車買替え時、下取り車がメーター交換車で下取額は無効と言ってきた。

       事の経緯を聞いてください。

・平成14年1月に、A社より平成8年式中古車を230万で購入(68000Km)。平成17年12月にB社にて中古車を250万で購入時、下取りに出す(100000KM)下取り査定で85万。納車、引渡し後2週間後にB社より、オークションに出したら走行履歴154000KMで、A社が仕入れたことが判明。B社より、クレーム来る。
A社代表者を呼び、説明と対応求めるも瑕疵は無いと言い張る。
(事実関係)
・小生は、当時雑誌「GOO」で探した車で現場も2度訪問。(GOOでは68000KMと表  示、当時の雑誌記事有り、展示表示も同様の距離、営業マンも告示説明無し)
・この車の当時の履歴証明証拠有り。
・A社に問いただすと、確かに154000KMで仕入れた、そして68000KMの中古メータ ーに取り替えたとのこと。
・当時の注文書控えは、小生一括払いの為、保管無し。A社はそのコピーを示し、 備考欄に「走行不明」と印字してあることを盾に、落ち度は無いと言い張る。
以上が概要ですが、小生としては、注文書に印字してあることも、説明もなかった。また注文書は押印のみで住所氏名は全て印字済み。小生の質問としては、
(1)「消費者契約法」としてどうでしょうか?ただ私としては、B社から85万の請求があることが無いよう、A社に85万で引き取らせれて解決したいと思うのですが?
2度目のA社との交渉では、45万で買い取るとの回答がありましたが、そうすると40万の損失を小生が負担することになり、不本意だと思うのですが?いかがでしょうか?B社にも、査定時の注意不足はないのでしょうか?どうか、法律的にお教え願えれば幸いです。よろしくお願いいたします。

       事の経緯を聞いてください。

・平成14年1月に、A社より平成8年式中古車を230万で購入(68000Km)。平成17年12月にB社にて中古車を250万で購入時、下取りに出す(100000KM)下取り査定で85万。納車、引渡し後2週間後にB社より、オークションに出したら走行履歴154000KMで、A社が仕入れたことが判明。B社より、クレーム来る。
A社代表者を呼び、説明と対応求めるも瑕疵は無いと言い張る。
(事実関係)
・小生は、当時雑誌「GOO」で探した車で現場も2度訪問。(GOOでは6800...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)「消費者契約法」としてどうでしょうか?
既に転売されているのでいまさら契約解除というわけには行かないので(第三者には対抗できないから)、適当ではないでしょう。

>B社から85万の請求があることが無いよう、A社に85万で引き取らせれて解決したいと思うのですが?
それが妥当だと思われます。

まず争点はご質問者に瑕疵の存在を見つけることが出来たのか、そして中古車の売却に当たって瑕疵担保責任がどうなるのかというのが争点になります。

まず今回の場合には隠れたる瑕疵になります。民法ではご質問者は瑕疵担保責任を負うことになりますが、これはもし特約で現物渡しとしてあり、隠れたる瑕疵については責任を負わない旨の売買契約であれば、ご質問者はその瑕疵を知らなかったのだから瑕疵の担保責任はありません。

問題はその特約がない場合です。この場合B社に対しては賠償責任を負うこととなりますが、その分はA社に対して損害賠償請求できる余地が残されます。
そこで今度はA社との関係が問われます。A社は瑕疵について告知済みとしているので、それが争点となるでしょう。少なくともA社は瑕疵を知っていたわけなので、告知していないとすれば当然A社は賠償責任を負います。

A社は告知したといい、その証拠として当時の契約書(注文書)を持ち出しているようですが、追記可能であればいつ追記されたのかが不明であるから証拠としては不十分であることとご質問者が当時の広告では6万kmとの記載がありこれは反証として有力であること、A社がそもそも何故メーター交換をしたのかという合理的な理由が存在するのかどうかという点(メーター交換により商品価値が大幅に変わることは知っているのだから何故商品価値を落とす行為をしたのかが問われる)、さらには当時の相場としてもし走行距離が15万kmなのであれば、幾らくらいの商品価値があったのか、つまりご質問者が購入した価格との乖離はどの程度であったのかという点です。
特に一番最後の部分は重要であり、ご質問者は当時の雑誌から6万kmとしては妥当な価格だとして購入した、つまり15万kmとは思わずに購入していたという傍証になります。

これらの事をあわせると、A社が何を言おうともご質問者はあくまでA社が全額今回の損害の賠償責任を負うべきという立場を貫くのが妥当でしょう。

ただB社が入ってきているので、ご質問者はA社に対して賠償請求して取り立てるという厄介な状況になっているのは確かですが。。。。。

一番良いのはB社との間での売却契約で隠れたる瑕疵の不担保という特約が結ばれていることなんですが。。。。

>(1)「消費者契約法」としてどうでしょうか?
既に転売されているのでいまさら契約解除というわけには行かないので(第三者には対抗できないから)、適当ではないでしょう。

>B社から85万の請求があることが無いよう、A社に85万で引き取らせれて解決したいと思うのですが?
それが妥当だと思われます。

まず争点はご質問者に瑕疵の存在を見つけることが出来たのか、そして中古車の売却に当たって瑕疵担保責任がどうなるのかというのが争点になります。

まず今回の場合には隠れたる瑕疵になります。民...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報