祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

相手に向かって「お声をおかけください。」と言うのは良いと思うのですが、相手に対して自分が「お声」をかけると言うのは正しい用法ですか?10人中10人がこのように使っているようですので、正しいのだろうなぁ。。。と思いつつ、自分の声に「お」をつけるのに抵抗があります。丁寧な言い方と言う事なのでしょうか?

A 回答 (16件中1~10件)

三度#6です。



「お声がけ」って、目上の人が、目下・格下の者にすることです。ですので「あとでお声をかけます」と言うことは、たとえ「お声」と言おうが「かけさせていただきます」と言おうが『このオレ様が直々にお前たち愚民に声をかけてやろう』と言っているのに代わりはないのです。

ですので、#6で『失礼極まりない』と書いております。こんな言葉、年配の人に言おうものなら、怒鳴られても致し方ないでしょうね。

# 役所や病院で「声をかけます」と言われることが多いのは
# 彼らは常に目上だからかもしれない :-p


なお、自分から相手に「声をかけてください」と言うのであれば、これは謙譲を示していますので、問題はありません。


教育 > 国語 のカテゴリで、文法として「声」に「お」を付けるか否か、という話なら、他の回答者の方が言われる通りですが、日本語としての使い方,という意味では、誤っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご説明有り難うございました。↑こちらを拝見して「(あなたに)お声をかける」と使用している方達の中には、「声をかける」と言う事が潜在意識の中に”失礼”だと言うものがあり、無意識ながらその”失礼”を補う為に「お声をかける」または「お声をおかけする」になってしまっている方達がいるのでは!と勝手に考えてしまいました。勉強させていただきました。

お礼日時:2004/03/12 00:01

#11お礼欄を読み直して思ったことですが、もし、質問者さんが、この質問を『言葉の問題』ではなく『マナーの問題』として「ただしい」「ただしくない」ということをご質問されたとしたら(多分、そうですよね?)、



私の書いた#15の後半部分は無視してください。的外れになってしまっていますから。

ただ、もしそういうことでしたらカテゴリーは「人間関係」の方ですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問自体は「言葉の問題」としてスタートしています。でもみなさんの幅広いご回答をたくさん拝見できたこと大変有り難く感じています。なので、後半部分に対してもお礼申し上げます。

お礼日時:2004/03/12 22:24

丁寧語として「お」をつけることって、ありますよね。



「お茶碗」とか「お箸」とか。

「お声をかけます」と自分が相手に言う場合の「お」には、尊敬だとか謙譲だとかの意味はまったくなく「丁寧語としての『お』」じゃないかと思います。

そうすると、いろいろなときの「お」が納得いくわけです。

ただしい、ただしくないを論じても仕方ないことだと思います。

それからなんにでも「えらそうだ」とか「見下す感じがする」ということも、それはもはや、言葉の問題ではなく、マナーや感性の問題になってしまっていると思います。
敬語は確かにマナーの要素があります。
しかしそれは、ひとそれぞれで感じ方が違う、ということも忘れてはならないと思います。

近頃は「マナー」と「ルール」がどちらも「守るべき決まり」という捉え方をされています。
しかしこれは、明らかに定義を取り違えています。

マナーはあくまでも「相手を思いやるココロからうまれた、『このほうがいいですよ』という案内」にすぎません。
相手がマナーどおりにできなかったからといって、責めたりすることではありません。

言葉も同じことが言えます。
敬語というマナーを上手に身につけることはすばらしいことですし、そうありたいと思います。
しかしそのことと、言葉として通じるかどうか、というのは、ひとつの線で区切って考えるべきです。
そうしないと、本来は「通じることば」で話すべきところを、変なことばになってしまい、かえって通じない、ということが起こってしまいますから。

このこととは別に、ビジネスの現場で、敬語がまずくて相手との関係がくずれることもありますが、これもまた言葉の問題ではなく「そのような言葉遣いができるかどうか」の「ビジネス慣習」の問題となり、やはり言葉の範疇を超えています。

ですから、質問者さんも「正しい言葉ですか」とおっしゃるよりも「通じる言葉ですか?」「美しい言葉ですか(ふさわしい言葉ですか)」とお考えになられてはいかがでしょうか?

正しい言葉なんていうものはもともとないのですから。でも、通じる言葉で話したいと思いますし、美しい言葉も話したいですよね。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=803549

この回答への補足

「美しい言葉」と言う表現がとても気に入っています。文法上も正しいに越した事はないとは思いますが、やはり話し手の気持ちはそれ以上に大切なのだと改めて思いました。有り難うございます。

補足日時:2004/03/12 22:11
    • good
    • 1

四度(よたび)#6です。



なんだか sharako3さんを責めてばかりいる様な気がしますが(笑)

「手を貸す」のも、目上から目下・格下に行うことですね。職場などで上司が部下に「手を貸そうか?」と言うのはアリですが、部下が上司に「手を貸しましょうか?」というと相手によっては『アンタ、いつからそんなに偉くなったの?』と言われかねません。

相手から「手を貸して」もらいたいなら「お力添えをいただく」ものでしょうし、「手を貸す」なら「お手伝いいたしましょうか?」でしょうね。

こういう、人間の体の一部,および人間の体から発せられるもの,というのは謙譲の意をこめて、直接表現することを避け、他の言い方で誤魔化す(笑)ことがありましたね。「首を長くして待っています」も客先に言って、『おまえ、何様だ!!』と怒鳴られている新人もいましたし。


ただ、言葉,日本語は時代に沿ってうつろいゆくものです。昔はタブーだった言葉も、普通に使われていくことも多いでしょう。しかし、言葉によっては、違和感を感じたり、不快感を覚えられる人がいる。『「正しい日本語」などないのだから自分の感性で使っていく』こともよろしいのですが、言葉はコミュニケーションですから、相手によって使い分けることは必要なのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も有り難うございます。全く同じ言葉であっても受け取る側によって全く正反対にとる事もありますので、毎日何百、何千、何万(??)と発せられる言葉のたかが「お」一つに拘っていてはいけませんね、、、ご回答からは、ずれているようですが、拝見しつつこのように思いました。

お礼日時:2004/03/12 22:09

 #10です。



≫自分からの電話や説明に「お」はつけても、自分自身、自分そのものに関しては「お」はつけない、と勝手に考えてみました

 なるほど。「お電話」と「お声」では同列に語れないということですね。「お手を貸す」は、自分では使いませんが、他人が使っていても気にしないと思います。でもそれ以外には「お」をつけられそうな「自分自身、自分そのもの」は思い浮かびませんでした。「お首を長くしてお待ちしております」なんて言わないし(^_^;)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「お口をすっぱくして言う(^~^)」と言うのはどうでしょうか?「お耳をダンボにして聞く」。。。ちょっと(かなり!?)違いました。。。有り難うございました!

お礼日時:2004/03/12 21:54

#7です。


ご質問を取り違えて読んでいたようでした。
大変失礼しました。

これまで回答されていることとは別の考え方を述べます。

「十人中十人がこのように使っているよう」であれば、この言葉は「通じる日本語」だと思います。

「正しい日本語」というものがどのようなものなのか、寡聞にして実物をみたりきいたりしたことがないものですから、分かりません。
しかし、「十人中十人に通じる」のであれば、それはもはや「正しい使い方」と言っていいと思います。

もちろん、違和感を感じられたことがおかしいとは申しません。ひとそれぞれいろいろな感じ方があるものだとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私自身が、自分の文書を読んで「わかりにくい」と思ったくらいですから取り違える方がいらっしゃるのも当然のことです。また、ご回答いただけました事感謝しております。

お礼日時:2004/03/12 21:40

 ご質問は、「自分が相手に声をかけるときに、たとえば『あとでお声をかけますね』などのように使うのが正しい用法か」ということですよね。

なんだか回答者のみなさんに混乱があるようで。

 わたしはこの言い方には抵抗はありません。「後ほどお電話いたします」、「わたくしからご説明いたします」などのように、自分の行為に対して、普通に使います。いずれも「相手」に働きかけつ行動のときに限られてます。


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう言われてみれば。。。う~ん。。。確かに「相手に働きかける行動」と言う部分ではひっかかってはいるのですが、そうなると「手をかす」→「(あなたに私の)お手をかします。」もアリになるかと思いますが、今、書いてみてしっくりきません。(相手に対して「手をかす」と言う事自体、失礼な表現かもしれませんが。)自分からの電話や説明に「お」はつけても、自分自身、自分そのものに関しては「お」はつけない、と勝手に考えてみましたが、やはり使用されている方が多いと言う事は、scharako3さんもおっしゃっている事ですし、全く普通の使用法なのかな、と再びスタート地点に戻って来てしまいました。長くなりましたが、ご回答有り難うございました。

お礼日時:2004/03/11 23:29

昭和27年の国語審議会の建議「これからの敬語」で


「お」「ご」をつけてよい場合の例を挙げています。
----------
 自分の物事ではあるが、相手の人に対する物事である関係上、それをつけることに慣用が固定している場合。例えば、
 お手紙(お返事・ご返事)を差し上げましたが
 お願い お礼 ご遠慮 ご報告いたします
----------

当時からこの用法に抵抗のある人が多かったので、わざわざこのような規準が設けられたのでしょう。しかし「つけてもよい」ということは「つけなくてもよい」ということでしょう。

そもそも「御」には「操る」という意味があり、目上に対して「操っていらっしゃる方」という敬意を持たせる役割を果たしています。
今もこの用法に抵抗を感じておられる多くの方が、「(自分が相手に)声をかける」場合は「お・ご」をつけません。
あなたが抱かれた疑問も、日本人の伝統的な感性からくるものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「日本人の伝統的な感性からくるもの」と言う事は全く思ってもみなかった事です。有り難うございます。

お礼日時:2004/03/11 23:01

#6です。

重箱の隅を突きますが・・・

「お声をおかけください。」も気になりますね。

「声をかけてください」でしょう。

せいぜい「お声をかけてください」までかな。

「お声をおかけてください」では、あまりに変なので「お声をおかけください」が残ったのでしょうが、どうも生理的に合いませんね。
    • good
    • 0

相手に向かって「お声をかけてください」とは、



・相手の「声」であるから、自分が言うときは「お声」

 相手を「尊敬」して「お」をつけるわけです。
 「お声」はあくまでも「相手の声」です。
 それを「かけてもらう」のは自分ですが「かける」のは相手です。

 ですからやはり「お声をかけてください」で適切ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。年々日本語が判らなくなってくるような気がしてなりません。。。

お礼日時:2004/03/11 23:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敬語に詳しい方に質問です

アパレル販売をされてる方、敬語に詳しい方に質問です。

『着たら声をかけてください』を敬語での言い方を教えてください。
近い言い回しも何パターンかあればお願いします。

あと、お客さん、先輩販売員さんに、御自身がよく使う敬語を教えてください。


着たら見せて欲しい
の敬語または丁寧語の言い回しもお願いします。
あと、これは絶対気をつけたほうがいいと言う言葉を
体験談でも常識的にでもいいので付け加えて回答お願いします。

Aベストアンサー

どちらでもありませんが…

「ご試着の方、終わられましたらお呼びください」
「近くにおりますので何かございましたらお気軽にお呼びください」

デパートとか、ちょっと高い店だと後者の方が多いですね。
呼ばなくてもカーテンが開く音で飛んできますけど…

あとは「ごゆっくりどうぞー」って言っておいてカーテン開いてなくても2~3分したら
「お客様、ご試着終わられましたか?開けてもよろしいでしょうか?」
とか…。

「着たら見せてほしい」は難しいですね。
ニュアンスだけで激怒するお客さんもいるでしょうし。
似合ってなくても売りつける気なんでしょ!みたいな。
「終わられましたらお呼びください」とか「何かありましたがお気軽にお申し付けください」の方がトラブル少なくていい気がします。
自分からは呼べない人もいるのでカーテンの外から声をかけるのも有効だと思います。

Q「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご」は「紹介」に対しての、
「いただく」は動作に対しての敬語のように思うのですが、
おかしいと指摘されました。

敬語やマナーに詳しい方、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案内していただいた。」は,「先生が私を
案内する」ことを謙譲語I「御案内する」で述べているため,「私」を立てることになる点が不適切
であり,結果として「御案内してくださる」あるいは「御案内していただく」全体も不適切である。
「して」を削除して「御案内くださる」「御案内いただく」とすれば,「お(ご)……くださる」「お(ご)
……いただく」という適切な敬語のパターンを満たすため[本節の1の(1)(1),及び2の(1)(1)
を参照(24ページ及び26ページ)。],適切な敬語となる。「……ください」の場合についても同様
である。)
(注) ただし,この場合についても,例えば,次のような限られた場合には,問題のない使い方となる。
事情は,先の「伺ってくださる・伺っていただく」の場合と同様である。
(1)「田中さんが先生を御案内してくださいました。」,「田中さんに先生を御案内していただきました。」
(2)「鈴木さん,すみませんが,先生を御案内してくださいませんか。」<<

二重敬語というのは「いらっしゃられる」のように、一語に二つの敬語を使うことをいいます。この場合は「行く」に、「いらっしゃる」という敬語動詞と「れる」という尊敬の助動詞を使っていますね。

先日(本年二月二日)、文化審議会から答申された「敬語の指針」(全文は下記URLをご参照ください。)から、ご質問に該当する部分をコピーしておきます。参考になさってください。

>>2 謙譲語I
(1)動詞の謙譲語I
(1) 動詞の謙譲語Iの形
「訪ねる→伺う」のように特定の語形(特定形)による場合と,「お(ご)……す
る」(例:届ける→お届けする,案内する→御案内する)のように広くいろいろな
語に適用できる一般的な語形(一般形)を使う場合とがある。
【特定形の主な例】
・伺う(←訪ねる・尋ねる・聞く)
・申し上げる(←言う)
・存じ上げる(←知る)
(注) 「存じ上げる」は,「存じ上げている(います,おります)」の形で,「知っている」の謙譲語I
として使う。ただし,否定の場合は,「存じ上げていない(いません,おりません)」とともに,
「存じ上げない」「存じ上げません」も使われる。
・差し上げる(←上げる)
・頂く(←もらう)
・お目に掛かる(←会う)
・お目に掛ける,御覧に入れる(←見せる)
・拝見する(←見る)
・拝借する(←借りる)

【一般形の主な例】
・お(ご)……する(後掲【補足イ】参照。)
・お(ご)……申し上げる(後掲【補足イ】参照。)
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく(例:読む→お読みいただく,指導する→御指導いただく)
(注) 「お(ご)……いただく」を作る上では,前掲「1(1)(1)」の【補足ア:「お(ご)……になる」
を作る上での留意点】(25ページ)に準じる留意が必要である。<<

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「お返しください」は敬語として失礼?変?

ビジネスの場面において
お客様に「○○はこちらも後で使いますのでお返しください」
と言うのは失礼でしょうか?

状況としては
自分もお客さまも使いたいもので、先にお客様に貸してるけど
自分もできれば使いたいという状況です。
出来れば早く返してほしいけど、そこまで急いでないという状況です。

「返していただけないでしょうか?」なんだか早く返せと催促しているみたいです。

「お返しください」が変な場合、それに代わる言葉があれば教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お返し下さるようお願い申し上げます。

ご返却にご協力お願いいたします。


辺りでどうですか?
具体的に分かりにくかったので取り合えずこんな感じです。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング