マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ロードバイク通勤しています。

今のタイヤの太さは25C(25mm)なんですが、
一般的なロードの太さ23C(23mm)とどれくらい違うのでしょうか?

通勤目的だと、乗り心地や耐久性などで25Cのままのほうがいいのか、
それとも23Cのほうがいいのか教えて下さい。

A 回答 (4件)

ロードバイクでは,23Cが一般的ですが,あくまでもレースを考えてのことと思います。

タイヤは細い程軽いですから,25Cに比べて23Cは,漕ぎ出しも軽く,加速性が良く,登りも登りやすくなります。また,空気抵抗も少なくなりますから,高速巡行に適しています。

しかしながら,巡航速度が30km/h以下で平地を主に乗る場合には,タイヤが軽く,細いメリットはほとんどありません。25Cの方が,転がり抵抗は小さいですから低速度ではかえって楽になります。また,グリップも太い程利いて安定性が増します。最大の利点は,エアボリュームが多いですから乗り心地が良くなります。

同一メーカーの同一品では,25Cでも23Cでも耐久性や耐パンク性はほとんど変わりがありませんが,一般的には25Cの方が耐久性を重視したロングツーリング用タイヤが多いですからパンクもし難くなります。私は,街乗り用には25Cを履かせていますが,歩道も気軽に走れますし,耐パンク性と耐久性重視の安物タイヤですが,何年もパンクせずに乗り続けています。山だけは25Cは嫌ですが,一般人がレース以外で使用するには,むしろ25Cが適しているのではないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり25Cのほうがいいですかね。
せっかくのロードなので一度23Cにしてみたいような気もします。

お礼日時:2013/04/27 21:13

毎日エア補充の必要なレースチューブ+レースタイヤ


2日に一回で良い厚手のチューブ+安タイヤ

そして。
1週間に1ッ回でよいのが
25cのツーリングタイヤ+厚手チューブです。

パンクの少なさは其れにのみ由来します。

また。
エア圧も
8BARを6BAR位まで下げられます。
乗り心地は圧倒的に良くなります。
また。
其れにより重さは十分感じられます。
=接地面積の増加は2mm以上の差になって現れます。
    • good
    • 1

幅2mmの違いなんてほとんど変わりませんよ。


体感できるがどうかもビミョーです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

23Cのほうが種類が豊富で選択しやすいですよね。

お礼日時:2013/04/27 21:12

通勤目的で、23Cと25Cのどちらが良いかと聞かれると、25Cと答えます。



その差は、ご自分で体験されないと判りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

体験された内容を是非教えて下さい。

お礼日時:2013/04/27 11:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む


人気Q&Aランキング