ネットが遅くてイライラしてない!?

畳からフローリングにリフォームする予定ですが、フローリング材の下にできれば、
(1)お金のかからない
(2)自然素材
の断熱材を入れたいと思っています。

古新聞から作ったセルロースで断熱する方法があるようですが、
古新聞をそのままクシャクシャにしてつめたりすると問題あるんでしょうか?

空気の層ができて十分断熱できるような気がしますが、
問題は水濡れでしょうか?

どなたかお知恵拝借、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もとは同じ繊維ですが、


 ・新聞は記録用紙として扱いやすいように繊維が密になるように加工された紙
 ・断熱材は、空気層が多くなるように繊維の隙間が広くなるように加工された材料
と、言うことで、同じだけの断熱効果は期待できません。

>古新聞をそのままクシャクシャにしてつめたりすると問題あるんでしょうか?
丸めたまんまではデコボコしてしまいます。

丸めて伸ばしてを繰り返して柔らかくしてやれば、保温性は上がる。
何枚か重ねて、隙間に空気が溜まるようにしてやればさらに効果は上がる。

あまり、枚数入れるとブカブカして歩きにくくなるので注意
(フローリングなら関係ないですね・・)


竹炭を入れるのも、断熱として効果できますが・・
    • good
    • 1

畳みは年末の大掃除で外に出して天日干しをしますよね。

その時に新聞紙を
交換するので問題はありませんが、フローリングにしてしまうと大掃除の時
に新聞紙は交換しませんから、新聞紙を餌とする害虫が発生して被害が出て
しまいます。

新聞紙は土壁のような働きはしませんので、新聞紙を入れた部分の通気性が
悪くなり、カビなどが発生して場合によっては床が抜ける事も考えられます。

最初に金を掛けないと、後で大金を出費する事になりますよ。たかが新聞紙
のために、後で予想外の出費になったら困りませんか。
    • good
    • 0

こんにちは



新聞は畳の下の板の湿気とりで新築時に大工もしくは畳屋が敷くもの、。
以降お施主が畳を干すときに敷いてあった物は敷かなくてはいけない、ぐらいの勘違いから続けている。と、私は思っています。

ここまでは余談です。
本題ですが、畳からフローリングへの工事ですが、どのようにやられるのでしょうか?
畳(55mm)を撤去、既設の野地板もしくは合板が腐食、カビ等なければその上に関東垂木(30*40)の30をたてに設置、その上に12mm合板、そしてフローリング12,5mmしめて54,5mm
でいきますか?この重ね張りがお勧めですが、
その場合、30mmの空気層ができますので、本来ならここに30mmのスタイロフォームを敷くのですが。

ちなみに6畳の場合

関東垂木30*40*3800(500円/本)を13本で約6500円
12mm針葉樹合板910*1820(1000円/枚)を6枚で約6000円
フローリング12,5mm(6000円/ケース)を3ケースで約18000円
断熱材スタイロフォーム30*910*1820(1200円/枚)を6枚で約7200円
その他フローリング用のボンド、釘等が3000円ぐらい
しめて40700円ぐらい。これなら完璧ですが、、、

断熱材を入れなくても合板と30mmの空気層で結構いけるともおもいますが、
ちなみに断熱材はみっちり入れないと意味がありません。
新聞紙でも別にいいけど、発泡スチロールとかはないですか?
100きんのアルミと発砲シートがくっついたようなやつとかならけっこう期待できるかも。

以上ご参考までに
    • good
    • 1

昔の人がたたみの下に古新聞を引いていたのは


1、昔の家の作りの特性
2、タタミは時々持ち上げて、天日干が普通だった(そしてそのとき風も通せた)
3、古新聞もそのとき取り替えてた。

からだと思います…
現代の住宅の構造で新聞紙を敷いたらダメなんじゃないですかね。
古新聞のセルロースは研究されて生み出されたものでしょう。
古新聞でと同じものではない証拠でもあると思います。

まして、タタミではなくフローリングにするなら、
1、お金の掛からないなんていってる場合ではないかと。
この先長く付き合うお家なのでしょ。
ケチっちゃダメですよ。
    • good
    • 0

新聞紙のような紙だと湿気の多い時などは逆に湿気を溜め込んでしまいますよ。



通気性の良い場所なら良いですが、通気性を良くすれば冬場は保温性が保てなくなりますし、
断熱材としてはどうでしょうかね?
その使用箇所の状況で考えてみてください。

また、新聞紙の様な紙をそのまま使用すれば、
紙を餌にする虫(紙魚・シミ)などが繁殖する恐れも高まります。

虫の住処になっても良い、湿気でカビが繁殖しても良い、
と考える人はおそらく居ないはずなので、新聞紙は適さないとも言えますが、
どうしてもというのであれば、防虫剤の使用や、新聞紙と一緒に木炭などを使用するなどの対策で
それらのデメリットを回避するようにした方が良いと思います。

本当の意味での「断熱」を第一に心得るならば、最悪、自然素材は立候補から外した方が、
良い断熱は見込めると思いますけど。
    • good
    • 1

古新聞から作った断熱材(セルローズが正式名らしい)自体悪い物ではないと思います。


しかし古新聞と比較すると違いは歴然です。断熱効果は多少期待できますが、
難燃性、防虫性、撥水性に関して新聞紙はまったく期待できません。

少なくとも新聞紙とセルローズ断熱材はまったく異なるとお考えください。

その上で「お金のかからない」というところで新聞紙を採用されるのもそれは別に
問題ないとは思います。断熱性能もセルローズと比べると劣るはずです。
DIYですから、、、畳の下に新聞紙は昔からやっていますしね。

それと業者に頼むつもりはないと解釈していますが、セルローズは専用機械で
施工する必要があり、一部屋だけ施工するとかなり割高になると思います。

ウィキの参考ページはすでにお読みになりましたよね?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞紙などを断熱材に使えないか

新聞紙や雑誌などは、壁内や床下などの断熱材に使えないのでしょうか。

Aベストアンサー

残念ですが、おすすめできません。
火災の際には燃えやすく、水に濡れれば柱や土台まで腐らせる原因になるかも知れません。

ほかの回答者さんもご指摘されているように、リサイクルペーパーが原料となっている断熱材は確かに存在しますが、大量の薬剤を使い処理することなどによって、はじめて断熱材として使えるものとなるようです。

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Qなぜ空気層あると、断熱効果があるのでしょうか。

なぜ空気層あると、断熱効果があるのでしょうか。

基本、多くの断熱材は空気を多くを含む事ができますし、
サッシもペアガラス等、空気層があります。
あたり前のように空気層があるから...と
HPや本には書いていますが、
どういう、理由からでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気体は液体・固体に比べて熱伝導率が非常に低いのです。
つまり熱が伝わりにくいということ。
また断熱性能が最も高いのは「動かない空気」なんです。
繊維と繊維の間に微小で無数の隙間を持つロックウール断熱材は、
動きにくい空気を大量に含んでいます。

Q[建築] 断熱材の代わりにプチプチは使えますか?

素人目には、断熱材の代わりにプチプチを使うと安く付くように思うのですが、プチプチを使った断熱という物は聞いたことがありませんが、大きなデメリットなどあるのでしょうか?
例えば、小さなプレバブなど冬は寒く夏は暑いですが、プレハブをプチプチでラッピングすると安価に節電(暖房・冷房)対策など出来そうですがいかがな物でしょうか?

Aベストアンサー

そうとう効果があると思いますよ。完全な独立空気泡ですから、同じ厚さならグラスウールよりずっと利くのではないでしょうか。
ただし、おなじ独立空気泡のスタイロフォームに比べると、泡が大きいので、泡内部で対流が起きて、断熱効果が低いと思われます。しかし、空気以外の部分(熱伝導率が高い)が少ないので、細かなプチプチを使えば、スタイロフォーム以上の効果も期待できるかもしれません。

ということで、もうお分かりかと思いますが、グラスウールは100~200mmぐらいの厚さを使います。スタイロフォームは30~60mmぐらいです。プチプチでは10枚ぐらい重ねないと同じ効果が得られないかもしれません。

なお、すでに、建築断熱用のプチプチも売り出されています。
http://www.putiputi.co.jp/shohin/putiputi/catalog/almiputi.html
これによると7mmのアルミプチ(2枚重ね構造?)と25mmのグラスウールが同程度の熱伝導率ですね。
(グラスウールも安いものですから、どっちがお得なんでしょう?)

Qプチプチの代わりになる不燃で安全な断熱材は?

昨年の、プチプチを窓と壁、床に貼ることで、僅か1000円で夏冬合わせてエアコン代が1.8万円くらい安くなりました。
費用対効果が劇的であったため、今更格好を気にするほどの家でもありませんし、今年度も行いたいと思っているのですが火災が心配です。
同様の効果があり不燃・難燃で、しかも、保温・シールド効果の高い物はありますでしょうか?

Aベストアンサー

No.3の方の回答と似ていますが、私は、「養生用プラダン」を使っています。
あちこちの窓にはめ込んだり、壁に貼ったりしています。
プチプチより効果があると感じています。
(窓の結露がかなり減りました。)

ポリカのプラダンほど、キレイでは無いですが、プチプチよりは見た目が良いです。
お値段は、ポリカのプラダンとは比べ物にならないくらい安いです。
まあ、プチプチよりは高いですが、それでも数年は使えますから。

不燃・難燃と言う点ではダメですけど・・・。

ホームセンターで安く手に入りますよ。
買ったあと、運ぶのが大変ですけど。

Q畳の下の床

畳を上げ床下を見てみたいのですが、12,3cm位の
板が釘で打たれ しきつめられています。この釘がなかなか
抜けません 無理すると板が欠けてしまいます。なにか
良い方法はないでしょうか。
畳の下に昔は新聞紙が敷いてありましたがありませんでした。
今は必要がないんでしょうか。畳の裏はビニール系のものが
縫いつけてあるからなのか。
築28年の家です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和室の場合,点検口といって,部屋の真ん中あたりに,床下に簡単に潜り込める
ように,釘打ちがしていない短い板が並んでいる部分があることが多いのですが,
そういった部分は見つからないでしょうか?
それらを全部外すと,50センチ角くらいの穴が空くようになるのですが,
もちろん,それが設けられていない家もあります.
最近では,和室の床下がコンパネ(ベニヤ板のようなもの)で敷き詰められて
いる場合が多いせいもあって,押入れや台所の床下収納庫から出入りできるよう
になっている家が多いです.

釘を抜いて板を外す場合は,元に戻すときはやはり釘で板を元通りに
打ちつけてください.
そうでないと,畳を敷いても,その上を歩くと,床がフワフワして安定しない
ことがあるからです.

畳の裏のビニールは完全なシート状になっているわけではありません.
網目状に細いビニールを編んであるだけですので,指を使って,
どの部分からでもそれを裂くことができます.
また,針穴がたくさん空いているので,湿気などの出入りは妨げられません.
ですから,防虫の効果もありません.
畳の移動時にゴミを落とさないようにするのが主な目的と言われています.

ところで床下を覗く理由が,もしシロアリの点検ならば,今後の定期点検の
ためにも,思い切って大工さんを呼んで,点検口を作ってもらうのも
いいでしょう.
大工さんも,シロアリ駆除のプロではありませんが,それがいるかどうかの
見立てくらいはできますので.

和室の場合,点検口といって,部屋の真ん中あたりに,床下に簡単に潜り込める
ように,釘打ちがしていない短い板が並んでいる部分があることが多いのですが,
そういった部分は見つからないでしょうか?
それらを全部外すと,50センチ角くらいの穴が空くようになるのですが,
もちろん,それが設けられていない家もあります.
最近では,和室の床下がコンパネ(ベニヤ板のようなもの)で敷き詰められて
いる場合が多いせいもあって,押入れや台所の床下収納庫から出入りできるよう
になっている家が多い...続きを読む

Qスタイロフォームと発泡スチロールの違い

スタイロフォームと発泡スチロールで温・冷室を作ろうと思っています。ステンレスラックの外側にスタイロフォームと発泡スチロールを囲う構造です。スタイロフォームと発泡スチロールではどちらが保温・保冷性能が高いですか。厚さは4cmだとします。

Aベストアンサー

スタイロフォームはダウの押出発泡ポリスチレンの商品名です。
欧州ではXPSと表記されます。

これに対し、発泡ポリスチレンはEPSと表記されます。

どちらも、原料は発泡剤を含むポリスチレン樹脂のビーズから作られます。

XPSは押出機内で発泡ビーズを加熱し発泡させながら板状に成形した物です。
EPSは型に発泡ビーズを充填し加熱蒸気を型に導入し軟化発泡させ成形した物です。

XPSは泡が細く、互いに独立していて、全体に渡る微細構造をしているために、
断熱性が高く強度がより高いという特徴が有ります。EPSに較べて吸湿性も低いのが
特長です。
燃えにくくする難燃剤を入れた物は、建築用の断熱材として使われます。

EPSは発泡したビーズ同士が表面で溶着し合っているだけなので、ビーズ中の泡も
XPSに較べ粗いため断熱性も低く、強度も落ちます。

価格は、一般的にXPS>EPSです。XPSは着色品(青)が多く、選択は
用途と値段の兼ね合いでしょう。


ポリスチレンと発泡ポリスチレンはドイツの会社の発明です。ダウではありません。

Q新聞紙の保冷効果について

こんにちは、カテゴリーがこちらで良いか分かりませんが、よろしくお願いいたします。

当方、ワイン保存の目的で(熟成ではない)冷蔵庫を使用しています。

地震や台風などで停電してしまった場合に備え、ワインに新聞紙を巻いて、その上からジップロックで包装していますが、この方法は停電した場合に復旧までの、ボトルの温度上昇をいくらか緩やかにする効果は期待できるのでしょうか??

また、市販の断熱材等で新聞紙以外に上記効果が期待できるようなものがあれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

一つの提案としては、「保冷剤」をその冷蔵庫に可能な限りの量を入れておく、
という方法があると思います。この場合、停電時はその冷蔵庫は「保冷剤入り
のクーラーボックス」と化す訳です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%86%B7%E5%89%A4
http://www.kokorowo.com/horeizai/index.html#wine
ホームセンター等で売られています。箱状のものや常温ではゲル状液体の
入ったパック等あります。
調べたら偶然下のサイトでは「ワイン・酒用」という手提げですがアルミ
の保冷袋も販売されてました。


人気Q&Aランキング