はじめまして
じつは、彼女が台湾人で、僕は、台湾に喫茶店を持ちたい夢があります。
しかし、友達(女の子)がオーストラリアにお店を出したとき2000万掛かった
と言ってたので,ビビッテます・・・。海外にお店を出すのに,法的規則と、
必要予算が検討つきません。何でもいいです教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

台湾でスターバックスやドトールコーヒーのフランチャイズに参加してコーヒーショップを始めた人(複数の台湾人)の話を聞いたことがあります。


開業資金は日本と遜色ないとのこと(若干安い程度)。また、店舗物件の購入価格と賃貸価格の比率は日本に比べると、賃貸のそれが高い(大家にとってはいい市場
?)ということのようです。外人の名義で営業ができるかは知りませんが奥様が台湾の方ならこれは問題ないですね。
以上、通りすがり者のアドバイスまでです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
 フランチャイズは考えつきませんでした、もう一度彼女と話し合います
ありがとうございました

お礼日時:2001/06/28 01:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喫茶店の開業

近い将来、小さな喫茶店(軽食ランチ含む)を開業する夢を持っています。
そこで、開店資金を貯めたいのですが、だいたい、いくらぐらいを目標にしたらいいでしょうか?
答えが、難しいかもしてませんが、目標が欲しいのです。だいたいで結構です。
家賃は、月15万程度で、当面一人でやるつもりです。

又、他のことで、何かありましたら、アドバイスもお願いします。

Aベストアンサー

物件がどんなものかによります。自宅を改装するなら、改装費用は多少かかるでしょうが家賃がいりません。逆にお店を借りるとなると、家賃の1年分くらいは保証金だなんだでかかります。
また、内装費用は別で、これもかけようと思えばきりがありません。椅子やテーブルは「テンポスバスターズ」という中古屋さんがありますので、安く調達できるでしょう。廃業した店の什器を使うことに抵抗を感じる方もおいでですが、きれいで安いので、お薦めです。
いずれにせよ、1000万円くらいあれば、なんとかなるでしょう。

Qまずは飲物だけの喫茶店

ウエイトレスのアルバイト経験しかありませんが、近所のおじいちゃんおばあちゃんが気楽に立ち寄れるようなほのぼの喫茶店を将来開業したいと思います。
(まずは飲物だけのお店から始めたいと考えています。)
食品関係の資格は全く持っていません。
現在、会計関係の仕事に正社員として勤めているため、すぐにどうこうできる訳ではないのですが、気持ちは焦るばかりです。
まず何をすべきか、今からでも始めておく事、届出、資金的な面、同種の目標を持ってみえる方のアドバイスなどありましたら宜しくお願いします。
規模としては家族2~3人で運営するつもりです。

Aベストアンサー

#1です。

サイト変になっちゃいますね。ごめんなさい。

↓こちらが正しいです。

http://www.ntt.com/sme/soho/keikakusho/ 

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757301170/249-4156380-5965130

Qガレージに喫茶店を作るには?

49歳の既婚男性です!
調理師をしております

持家に住んでますが、
老後62歳位まで
もし生きてたら(笑)
家のカレージ(5坪位)に
カウンターだけの喫茶店を
始めようかなと
考えてます


まだ12年後くらいの話しですが、(笑)


ざっと見積もって
予算は幾らくらい用意すれば
いいでしょうか?


自宅の敷地内なので、
食べ物を作るのは
家で作って運ぶ形を
考えています

だから設備としては
飲み物が作れるカウンターと洗い場
椅子です

あとは内装です

ブロック塀に囲まれてる
ガレージですけど

やっぱり壊してさら地にして
建てた方が
いいですよね~?


それとも
壊さないでも
作れますか?

ど素人で経営に関しては
何もわかりません

教えて下さい!

よろしくお願い
致します!

Aベストアンサー

>家のカレージ(5坪位)に
>カウンターだけの喫茶店を
>始めようかなと
>考えてます

その設備では、飲食店の営業許可が取れないと思いますよ。

今「飲食店の営業許可」って条件が厳しいですから。

例えば、飲食店は「調理用の流しと手荒い用の流しが別々に備えてある、自宅等と兼用でない専用の、9.9平方メートル以上の調理室がある事」が、営業許可の必須事項になっています。

これが満たせない場合は、飲食店の営業許可ではなく、有効期限が短く更新が必要な「露天営業許可」を取らないと無理だと思います。

ガレージでの営業を「露天営業」と言う形にして「形式的」で良いので「移動式店舗」にするのです。

カフェ営業が出来る「露天商用の軽トラック」をガレージに「据え置き」するのです(ガレージは改装して客席に。一応、建前は「露天の客席」になります)

露天営業許可は、手続きが大変(更新を忘れると大変な事になる)なので継続的な営業に向かないですが、小規模の営業には向いているので「喫茶店」ではなく「屋台喫茶」で考えてみてはどうでしょう。

Q中華料理、台湾料理店を経営した

今23歳、大阪で通信業に勤めています、前日に出張行きまして、愛知県に行きました、上司とみんなでご飯いきました、台湾料理すごく美味しくて、3000円で食べ飲み放題でした、それで自分も夢を見つけました。その台湾料理は本当の台湾じゃなくて黒龍江省の人が経営しています、私も元々は中国出身なので、私も大阪で経営したいと思いました、なので、とりあえず500万~1000万を貯めて店を出したいので、調理師とスタッフは親を雇って、とりあえず店を出すのに基本的な費用といる書類を教えて欲しい、

店は全体的50人入る店で二階建てで二階は個別で、宴会場できるようにする、
ぜひ経験者にお聞きしたいです、
ちなみに私は大阪の堺に住んでます、店は市内か堺にどっちかにするか、まだ迷い中。
堺にするならば工場の多いとこにしたいので、ぜひ意見をお聞きしたいです、

Aベストアンサー

飲食店は、1000万円ではまず開業はできませんよ。

飲食店として営業するためには、消防署と保健所の査察(検査)を受けて合格しないと営業許可がおりません。この営業許可を取るのが実は大変です。日本の法律は厳しいので、カーテンひとつも防火素材を使ったものでなければなりません。またお店のレイアウトも決まりにそらなければなりません。
一例をあげると、厨房と客席ははっきりと分けられないといけません。オープンキッチンの形態をとっている店でもちゃんとその決まりにそっています。
そういうふうに店を作らないといけないので、内装の費用がとてもかかります。料理屋は水と火を使うので、防火と排水をちゃんとやらなければならないのです。だいたい、費用をどんなに削っても内装だけで500万円くらいはかかるといわれます。机やいす、食器なども用意しなければならないので、飲食店のオープンにかかる費用は1000万円を切ることはまずありません。

書類は、消防署と保健所への届出ですが、届出だけではなく、査察という検査も受けなければなりません。合格しないと営業許可がおりません。また、消防署の査察はオープン後も時々入ります。これが税務署より怖い、つまり厳しい検査でありまして、この検査も合格しないと営業許可が取り消されます。
日本の消防署と保健所の検査は、とても厳しいですよ。
ああそうだ、大事なことを忘れていた。飲食店を出すなら調理師の免許も必要です。

また中国人の経営する中華料理店は、なかなか物件が借りられません。差別はよくないんだけど、中国人の人たちは使い方も汚いし、周辺のお店とトラブルもよく起こすから嫌われるのです。ごみ捨てのルールとか決まりを守らないんですよ。借りるときには、日本人の保証人を用意しろといわれるケースが多いと思います。

飲食店は、1000万円ではまず開業はできませんよ。

飲食店として営業するためには、消防署と保健所の査察(検査)を受けて合格しないと営業許可がおりません。この営業許可を取るのが実は大変です。日本の法律は厳しいので、カーテンひとつも防火素材を使ったものでなければなりません。またお店のレイアウトも決まりにそらなければなりません。
一例をあげると、厨房と客席ははっきりと分けられないといけません。オープンキッチンの形態をとっている店でもちゃんとその決まりにそっています。
そういうふうに店...続きを読む

Q就業規則

就業規則は必ず労働基準局に提出しなければいけないのでしょうか?
(途中で改正された場合も?)
その他に提出しなければいけないところはありますか?

また就業規則に必ず書かなければいけない項目を教えてください。

Aベストアンサー

衛生管理者です。

バイトなども含めて常時10人以上使用する場合は、就業規則を行政官庁に届ける必要があります。

その場合、労働者の過半数を代表する者の意見を聴き、意見書を添付します。
「過半数を代表する者」ですから、それにあてはまる人1人でも構いませんよ。

必定事項には、退職に関する事項、賃金に関する事項、労働に関する事項です。
その他、安全衛生に関する事項、表彰制裁に関する事項、災害補償、業務外疾病扶助などは
定めがある場合、記載義務があります。

労働基準法の本、もしくはwebページでお調べになることをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報