グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

暗いライブハウスでのフラッシュ撮影について質問です。

ライブハウスによく行きますが、関係者ではないケータイ/コンデジ撮影組のAF補助光やフラッシュが鬱陶しいです。赤目軽減とか使用している人も多いです。
撮影組以外の客にしてみれば、例えばオールスタンディングでフラッシュを使われると、遠くで使われるとそれはそれで迷惑で、近くで使われると、シャッター時に近くで光って、前の人の背中で反射して光ってと、かなり迷惑です。目をギュウと瞑ってしまうほどです。
どの業界でも同じようですが、注意すると「ファンだからいいじゃないか」と怒ります。相手が主催者でもアーティスト当人でも関係ありません。
これから売り出そう!というようなアーティストさんだと、ファンとしての印象付けと大写真大会となります。

冒頭から話がそれましたが質問です。

1)以下の機種を以下の撮影条件で使用した場合、ライブのステージ上のアーティストと後ろのバンドや壁も暗くならずに写るものなのでしょうか。
アーティストが白くなるだけかと思いますけど…。

2)お客さんの間から撮影はしませんが、以下機種もしくはHX300やHX200Vのような「高感度撮影に強い」と標ぼうしているネオ一眼を、三脚もしくはがんばって一脚で撮影すれば、フラッシュなしでもステージ上のアーティストと後ろのバンドや壁をそれなりな明るさっで撮影できるのでしょうか。


■機種
SONY DSC-HX50V
■フラッシュ仕様
ISO自動時:約0.25-5.6m(ワイド端時)/約2.0-3.0m(テレ端時)、
ISO3200時:最大到達距離約7.9m(ワイド端時)/約4.2m(テレ端時)
■補足
実際は、1~2年前のコンデジを使用している人が多いです。

■撮影環境
場所:真っ暗なライブハウス
照明:ステージがそれなりに明るくなるライティングと
   アーティストにピンスポが当てられています。
   よくある光景だと思います。
■距離
撮影者からアーティスト(ボーカル)への距離:5メートル
ボーカルからステージ後ろの壁まで2メートル
その壁を背にドラムほかの方がいる

■その他
撮影者は、三脚や脚立等を使用せず、お客さん達の頭の間か、お客さんの頭の上からフラッシュ有で撮影します。
群衆の中から撮影する感じです。

スマホや機種はわかりませんがコンデジでフラッシュなしで撮影すると、
ボーカルだけ濃い色で写り、背景はほぼ真っ黒か、ほんとにうっすらバンドメンバーが見える程度の明るさで撮影されます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

10年くらいまえのアイドルなどのコンサート写真集を見るとある意味わかりやすいかも。



10年くらい前だとデジタル一眼レフでも感度は最高でも3200とか6400くらい。
コンサートを撮影したカメラマンは当然ですがフラッシュを使用していませんが、使用レンズはF2.8通しの高給ズーム。感度はISO1600以上だったので商用写真集であっても高感度ノイズが目立っていました。
当時は今ほどノイズリダクションが優秀ではないし、チャンス優先の一発勝負ではNR ONによる処理待ちなんてご法度ですからパソコンでのノイズ処理を施していたはずですが、今ほど綺麗に処理できているわけではありません。

コンサートやライブの照明というのは演出のひとつ。
撮影のための光源ではないためスポットライトで一部を明るく照らすことも多々あります。
そういうケースの時、カメラの露出を平均測光にしているとスポットライトが当たっているところは明るくなりすぎる傾向が強くなります。だから露出補正という機能で微調整。
このテクニックはコンサートやライブに限った話ではありません。一般的な状況でも使えるテクニックです。
顔認識機能が搭載されているデジカメで、認識した顔の露出を優先してくれる機種なら自動モードでも極端な失敗は少ないでしょう。

他にはパソコンを使用した調整。
私はAdobe Lightroom5という画像管理と調整ができるAdobeのその手のソフトとしてはお手頃価格だが定番のひとつであるソフトを使用してデジカメ画像の写真を調整しています。
Lightroomで背タンクした画像を「現像」モードで開くと逆光で被写体が暗くなりすぎたような写真でもある程度自動で見られる写真に調整してくれます。
高感度ノイズのザラザラ感もかなり良好に処理してくれます。これはJPEGとRAWで差が出るかもしれませんが…
白飛びや黒つぶれしていない限り、わりと良好な結果が期待出来ます。

カメラだけの一発勝負では納得行く結果が得られない場合はパソコンでの後処理も考慮しましょう。
そうすれば、ガッカリなデジカメでも「やるな!コイツ!!」と見直すことになるかもしれません(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

細かな説明ありがとうございます。
PCでのポストプレスも検討する必要がありそうですね。

お礼日時:2013/07/17 10:21

その程度の機材と知識、腕では「綺麗に」撮影することは無理です。


諦めてください。
綺麗に撮影することが仕事のプロがなぜン十万、百万する機材で、ステージ袖のすぐ近くから撮影しているとお思いですか?

3m離れると、コンデジのフラッシュは役立たず。
そして、暗いとシャッター速度が遅くなる。
結果、ホールディングが甘いと手ぶれ(優秀な手ぶれ補正機構があっても、「補正」であり根本的に解決するもので無い)、例え三脚を使用しても、シャッターが開いている間に被写体が動いてぶれる「被写体ぶれ」は防げません。
ただ、上手い人、知識がある人、技術がある人は、限られた条件の中でそのカメラの持てる最大限の力を発揮させ、それでも不十分なところは、技術(シャッターを切る瞬間など)で工夫して切り抜けます。
まずは取り説を熟読し、どうすれば暗いところで思うような写真を撮るためにはどんなセッティングをすればよいのか確認して下さい。
そして、現地で迷わずそのセッティングができるように手順に慣れてください。

シャッターを切るのは、人物の動きが止まる瞬間。
いくら動いているときがカッコ良くても、先の理由でぶれるので、結果的には失敗写真となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼


なんか語ってますが、語りたいのですか?

>その程度の機材と知識、腕では「綺麗に」撮影することは無理です。
諦めてください。

そう言われる筋合いはありません。

>綺麗に撮影することが仕事のプロがなぜン十万、百万する機材で、ステージ袖のすぐ近くから撮影しているとお思いですか?

知っていますが、質問していないです。
あと、実は私はアマチュアではありませんでした。

あと、アイコンのレンズフードだけが見切れてて見苦しいですね。
他の部分も見切れているか、全部収まっているかしないとダサいですよ。
撮影はプロかもしれませんが、表現者としては未熟と思います。
アイコンひとつ表現するのにどれだけの労力が必要かご存知ですか?

お礼日時:2013/07/17 10:16

マナーの問題は、本題ではないので割愛。


フラッシュ(ストロボ)と露出の関係の基礎について簡単に。

暗い場所で、フラッシュを焚かずに写真を撮る場合、どうしますか?
答えは、絞りを開く・シャッタースピードを遅くする事で出来るだけ沢山な光を取り込もうとしますよね。
また、感度を上げる事で、少ない光量でも明るく写せるようにしますね。
このように、被写体の輝度に対し、適正な露光を得る為には、絞り・シャッタースピード・ISO感度の3つの要素が関係し、これらは一定の相関にあります。

一方、フラッシュは閃光で点光源。
1/10000秒以下の閃光ですから、シャッタースピードを遅くしても沢山な光は取り込めません。
つまり、フラッシュ光が露光に影響するのは、絞りとISO感度の2つの要素しかありません。
また、点光源ですから、フラッシュの届く距離とその時の照度は、距離の2乗に反比例します。
そこで、フラッシュの光量を表す基準として、通常ISO100時のガイドNo(=GN)を用います。
そして、GNは、「撮影距離×絞り値」の関係があります。
また、GNは、ISO感度2倍毎に√2倍に増えていきます。例えば、コンパクトデジ内蔵の一般的なGNは8前後。
ISO100の絞り値4の場合、届く距離は2mが限度。ところがISO1600だと8mまで伸ばす事ができます。

これからが、本題。
P露光モードでは、フラッシュ光主体露光になるので、どうしても、手前が白く飛んで背景が暗くなってしまいます。
そこで、絞り優先露光モードやシャッタースピード優先モードで、その場の明るさ(定常光)に合わせた露光を行った上で、フラッシュを焚く(スローシンクロと言います。明るいところでフラッシュを焚く場合は日中シンクロ或いはハイスピードシンクロと呼ぶ)と、Pモードの時のような不具合は起こりません。
ただ、スローシャッターになるので、何時でも使えるテクニックではありません。
また、感度を上げるとざらついた絵になるので、兼ね合いが難しいところです。

まぁ、ライブなど、本気で撮るには、ケータイ/コンデジ/ネオ一眼では、全くの非力。
ISO12800とか25600と言った高感度が実用になる(コンパクトデジでカタログスペックのISO12600何て実用感度ではありません)一眼レフカメラとF値の小さい(明るい)レンズの組み合わせが必要になります。
例えば、最低限この程度のカメラです。
http://kakaku.com/item/K0000418139/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご紹介いただいたカメラは私が所有しているもののひとつでした。
他にも色々と参考にさせていただきます。

お礼日時:2013/07/17 10:18

カメラ本体に内蔵されているフラッシュが有効なのはせいぜい2mくらいの距離までだと思っていいでしょう。


条件に挙げられている距離だとフラッシュは役に立ちません。

ライブステージの場合、高感度(ISO6400とか)で撮影すればある程度キレイに撮れますが、人間の目で見ている以上に照明のムラがありステージ中央付近など強く照明があたっている場所以外は暗く写ります。(もしくは中央が白飛びしてしまう)
全体を均一に撮るにはかなりしっかりと照明の調整をしておく必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり白トビしますよね。

お礼日時:2013/07/17 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライブハウスでの撮影方法(Nikon D80使用)

Nikon D80を、友人から譲り受けました。
あるバンドからライブを撮影してほしいと頼まれているので、
早速使ってみようと思うのですが、
どの設定で撮ればいいのか全く分かりません。。

以前別のカメラで撮影した際、とてもブレが多く、まともに見れる写真はほんとに数枚でした。
シャッタースピードを上げたり、F値を調整する事で、
少しはブレを防げるのでしょうか。

この設定でうまく撮れたよ、こうしてみたら?等、
同じようなカメラをお使いの方がいらっしゃいましたら、
ご教示頂きたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

レンズは何をお使いでしょう?
会場の明るさとバンドのメンバーの動きがどの程度の物か分からないので、的確なアドバイスはできませんが、画質を多少犠牲にしてもブレを抑える設定を書いてみます。
画質を犠牲と言っても、ノイズが多少増える程度で、かえって臨場感が出るかもしれません。
以下の設定は、できる限り簡単に撮影できると思われる設定です。

ISO設定:1600
撮影モード:AV(絞り優先)
絞り値:開放(一番小さい数字)
撮影画質:ファイン
撮影形式:JPEG LARGE(+RAWで撮ると、あとで多少修正ができます)
ホワイトバランス:オート
VRレンズの場合はVRはON
シャッタースピードは装着レンズの使用時の1/焦点距離を目安に、練習と慣れで決めてください(動きを止めるには1/125位は切りたいところです)。

以上、ストロボを使えないことを前提にしました。

Q自宅でポートレート用の簡易スタジオを作るのにかかる費用

自宅の八畳くらいの部屋を白ホリゾント風(あくまで風です)の簡易(インスタント)スタジオとして利用できるものなのでしょうか?(普段は別の目的で使い、撮影のときだけスタジオに変えます)
もちろん一般の住宅なので天井も低いし、被写体との距離、被写体と壁との距離も思うようにならないですが、可能だとして、何と何を買って、費用がいくらくらいかかるものなのか教えてください。

Aベストアンサー

壁の背景を垂らすのにスタンド類が必要になります。

よく使うのが、マンフロット社のオートポール\23000、左右に2本必要ですから\46000。

オートポールは突っ張り棒みたいな構造ですから、和室など天井が柔らかいと使えませんので、専用の足(三脚みたいな物が必要になります、オートポールベースが2脚で\28000

背景紙を吊る場合、エクスパンと呼ばれる左右からギア付きの簡易巻上げ機を装着して使用します、これが1セット\19500

エクスパンをオートポールに取りつけて固定するスーパークランプが2個で13800

以上で紙芯付きの背景紙を固定する装備一式となります。他にもクリップ類や、高所での作業を伴いますので脚立などが別途必要になります。

背景紙は、ヨドバシカメラなどで2.75m幅11m巻きのロール紙で\10000程度です、バックドロップなどの専用の布背景の場合には5~10万円します。

バックドロップを使用する際には、先のセットにくわえて左右を結ぶ横バーと、専用のフック類が必要になります。

これらに加えて、ライト毎にスタンド類が必要ですし、頭上からの照明器具を支えるブームライトスタンド、大型のレフ板となるユポ、その他各種照明機材+それ用のアクセサリ(バンクライトやパラソルなどetc.)が必要になります。

壁の背景を垂らすのにスタンド類が必要になります。

よく使うのが、マンフロット社のオートポール\23000、左右に2本必要ですから\46000。

オートポールは突っ張り棒みたいな構造ですから、和室など天井が柔らかいと使えませんので、専用の足(三脚みたいな物が必要になります、オートポールベースが2脚で\28000

背景紙を吊る場合、エクスパンと呼ばれる左右からギア付きの簡易巻上げ機を装着して使用します、これが1セット\19500

エクスパンをオートポールに取りつけて固定するスーパークランプが...続きを読む

Qフォーカシングスクリーンとは?

まだ写真は初心者の部類です。MFで写真と撮る場合「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントの山がつかみやすいとか聞きますが?そもそもこの「フォーカシングスクリーン」とはどう言う物ですか?最初からは付いてないのですか?
デジカメで写真を撮ってますが、ほとんどはAFですが、たまにMFで撮りますがピントが合いません(視力が悪いので視度調整はしてあります。)「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントが合いやすくなるのですか?

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様のフォーカシングスクリーンが付いており、用途に応じて交換できるカメラもあります。
AF機では(特にエントリーモデル)、MF時のピントの合せ易さより明るさを優先させる必要上、集光率の高いフォーカシングスクリーンが用いられます。
AF機でも、中級機以上ではフォーカシングスクリーンを交換できるカメラもあり、ピントの山が掴み易いものに交換できますが、ファインダーが暗くなるので、F2.8クラスより明るいレンズが必要です。

要するにフォーカシングスクリーンが交換できるタイプのカメラか否か、お使いのレンズの明るさ等も勘案する必要があると言う事です。

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様の...続きを読む

Qライブ写真に適したレンズを教えて!

よろしくお願いします。昨年末デジ一眼デビューのカメラ初心者です。
一ヶ月後にとあるライブの撮影をすることになったのですが
新規購入するレンズに迷っています。
(是非いい写真を撮りたい!)
使用カメラはPENTAX K10D
所有レンズはシグマDC18-50 F2.8
とシグマ DG28-300 F3.5

このレンズでは心細いので新たに明るいレンズが欲しいのです。
会場が1500人キャパ程の大きいイベントなのでいくら正式であるとはいえ容易にアーティストに近づいてはまずいかと思います。(ステージには上がってもOK)
暗さや距離を考えるとやはり18-200 F2.8位のレンズが必要でしょうか?
また、明るい単焦点や、広角はどうでしょうか?
使用経験がないので是非コメントを頂ければと思います。
あと、私は最初からシグマレンズを使っていますが、色々調べてみるとPENTAXユーザーはタムロンを多く選択しているように思われるんですが何故なんでしょうか?

このシーンで使えそうなレンズや設定など教えてください。
予算としては4~5万まででしょうか。宜しくお願いします。
具体的におすすめのレンズなども教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。昨年末デジ一眼デビューのカメラ初心者です。
一ヶ月後にとあるライブの撮影をすることになったのですが
新規購入するレンズに迷っています。
(是非いい写真を撮りたい!)
使用カメラはPENTAX K10D
所有レンズはシグマDC18-50 F2.8
とシグマ DG28-300 F3.5

このレンズでは心細いので新たに明るいレンズが欲しいのです。
会場が1500人キャパ程の大きいイベントなのでいくら正式であるとはいえ容易にアーティストに近づいてはまずいかと思います。(ステージには上がってもOK)
...続きを読む

Aベストアンサー

>新たに明るいレンズが欲しいのです。

シグマDC18-50 F2.8
シグマ DG28-300 F3.5

このレンズのスペックであれば、新たに買う必要はないですね。
「ステージが暗いから明るいレンズを」というのも短絡的な発想ですし
(もちろん、明るいに越したことはありませんが)
お使いの機種には、手ぶれ補正機能が内蔵されているようですので
それを活用すれば、失敗の意味での手ぶれは防げると思います。

ステージ撮影ということであれば、むしろ大事なのはカメラ側の設定です。
ホワイトバランスは、白熱灯モードで、もしくはマニュアルか色温度指定(3種)、
デジカメ側にWBを設定するか。もしも、それでうまくいかないとか自分で設定ができなければ
AUTOでもいいとおもいます。

動きをできるだけとめるような撮影をしたいのであれば、絞り値を開放で
ISO感度の設定を800~1600で設定しておきます。ライティングにあわせてシャッタースピードが1/125以上になるようであれば1/90になるところまで絞り込んでください。
また、極端に明るい・暗い場合はISO感度自体を切り替えてください。
当然、開放値ですので自分がその構図で見せたいところに、ちゃんとピントが
来るようにあわせてください。
開放値で撮影する場合、このピントの山を自分の見せたいところへ合わせられるかどうか
が、実は非常に重要だったりします。

また、動きを表現したいのであれば、400以下の設定でシャッタースピードが
1/60以下になるように絞りを変えることで、動きが表現できると思います。

デジカメならとにかく撮って、自分の眼で確認することをお勧めします。
(フィルムなら現像するまで確認できませんけどね)

1500人キャパのホールでは使うことは余りありませんが、フラッシュを使い
後幕シンクロで撮影すると、光跡の最後に被写体が止まった状態で写し取ることができます。
もちろん、フラッシュ撮影すると観客側が興ざめすることになりかねませんので、
本番では無理かもしれませんけれどね。

主催者やライブに出演するバンドの皆さんに了解を得られるなら
必ずリハーサルで、実際のライティングに近い状態で、ご自身も撮影の
シミュレーションをかねて、上記の設定をして撮影してみてください。
舞台の撮影では、頭で考えているよりも経験して初めてわかることや
それを解決するための工夫をしなくてはいけないことが多いです。

また、出演するバンドが練習しているところで彼らの動き自体も
下見をしておくほうがいいでしょうね。

がんばっていい写真撮ってくださいね

>新たに明るいレンズが欲しいのです。

シグマDC18-50 F2.8
シグマ DG28-300 F3.5

このレンズのスペックであれば、新たに買う必要はないですね。
「ステージが暗いから明るいレンズを」というのも短絡的な発想ですし
(もちろん、明るいに越したことはありませんが)
お使いの機種には、手ぶれ補正機能が内蔵されているようですので
それを活用すれば、失敗の意味での手ぶれは防げると思います。

ステージ撮影ということであれば、むしろ大事なのはカメラ側の設定です。
ホワイトバランスは、白熱灯...続きを読む

Qイラレで背景の色を変更するにはどうしたら良いですか?

イラレで背景の色を変更するにはどうしたら良いですか?


イラレで、通常、背景の色は白色に設定されていますが、
これを変更するにはどうしたら良いのでしょうか?

また、bmpやjpgといった画像ファイルに出力するときにも
背景は白色で出力されます。
これの色を変更するにはどうしたら良いですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Illustratorには背景色という物が存在しません
印刷物を制作する場合普通は白い紙に印刷するからでしょうねキット
四角を書いて一番したに置きご希望の色にして下さい

Qライブハウスでの撮影でNikon D5300を使って撮影したいと考えているのですが、ライブハウス撮影

ライブハウスでの撮影でNikon D5300を使って撮影したいと考えているのですが、ライブハウス撮影に適していると思われますか?レンズはシグマかタムロンのf2.8を使おうと思っています。
現在大学生で、バイト生活のため安いカメラしか買うことができず(金がないなら買うな、など話でお願いします)このカメラが限界かなと思っています。
また、このカメラで撮影する際に気を付けることなどあれば教えてください。

ライブハウス撮影での状況なのですが、ライブハウスの広さはキャパ300人程度。(オールスタンディングです)どのぐらいの距離からといのは正確にはライブハウスによって異なるのですが、ステージと最前列のお客さんとの間に隙間があればそこに入って撮影することも可能です。隙間がない場合は一番後ろから撮影するか、お客さんが少ないとお客さんの中に紛れて撮影も可能かと思います。ステージの上に上っての撮影は不可能だと思われます。
バンドの撮影なので基本演奏の音は大きいです。ただMCになると結構静かになります。(たまにドラムの方がMCに合わせてドンドン、とドラムを鳴らしたりします)
照明もライブハスによって異なってしまうのですがかなりコロコロと照明の色が変わります。基本青系か赤系のライトです。

撮影した写真の使用なのですがツイッターに上げる程度です。(その中にいい写真があればプリントしてバンドマンの方にプレゼントとしたいと思っています。主はツイッターです)

教えてください。お願いします。

ライブハウスでの撮影でNikon D5300を使って撮影したいと考えているのですが、ライブハウス撮影に適していると思われますか?レンズはシグマかタムロンのf2.8を使おうと思っています。
現在大学生で、バイト生活のため安いカメラしか買うことができず(金がないなら買うな、など話でお願いします)このカメラが限界かなと思っています。
また、このカメラで撮影する際に気を付けることなどあれば教えてください。

ライブハウス撮影での状況なのですが、ライブハウスの広さはキャパ300人程度。(オールスタン...続きを読む

Aベストアンサー

失礼承知で言わせて貰うなら、上位機種を買えとは言いません。純正レンズを買えとは言いません。
が、ライブでは露出もホワイトバランスも激しく変化します。
ですから機材も重要ですが、それ以上にRAW現像が大事。
ニコンには、Capture NX-Dと言う専用のRAW現像ソフトが無償で使えます。
解説本も出版社から発刊されていますので、一から勉強して下さい。
勿論、No1氏の言われるとおり撮影のスキルもです。

Qライブ撮影に向いている初心者向けの一眼レフはありますか?

こんにちは。
カメラに詳しい方、教えてください。

イベントを主催する事が増え、以下のような撮影をすることが増えました。

・ライブハウス内での撮影(基本暗い、ステージ照明あり、撮影したいものは手元、楽器、躍動感のある出演者)
・ホテルなどでのパーティーの集合写真(50人~100人)

■わりかし初心者の私のレベルはこんな感じです。

・ISO、シャッタースピード、絞り、M・P・S・Aなどの言葉はわかる
・たとえば、ライブ撮影をしようとしたとき、これらのなにをどう組み合わせたらいいかの判断がつかない(経験と勉強不足なのですが…)
・勉強はまじめにしていきたいと考えている

■私の好み

・むかーし流れで買った、ニコンD70を持っていますが、必要以上に青くて色が硬いと感じています。
・D70で撮影した写真で薄曇りの写真はフォトショップで明るくし、トーンカーブて青をさげて赤みを増やし、彩度をあげて調整してます。
・D70の筐体のずっしり感は好きです。
・覗き込んで撮影するのではなく、画面を見ながら撮影したいです。

■持っているので、できれば今後も使えたら嬉しいもの

・ニコンのスピードライトSB600


こんな私向けのおすすめのカメラを教えていただけないでしょうか。予算感は10万までで、中古を買うのもありなので、できればやすい方が嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。
カメラに詳しい方、教えてください。

イベントを主催する事が増え、以下のような撮影をすることが増えました。

・ライブハウス内での撮影(基本暗い、ステージ照明あり、撮影したいものは手元、楽器、躍動感のある出演者)
・ホテルなどでのパーティーの集合写真(50人~100人)

■わりかし初心者の私のレベルはこんな感じです。

・ISO、シャッタースピード、絞り、M・P・S・Aなどの言葉はわかる
・たとえば、ライブ撮影をしようとしたとき、これらのなにをどう組み合わせたらいいかの...続きを読む

Aベストアンサー

ライブ撮影で難しいのは、激しい動きを止めるシャッタースピード、同じく激しく変わる露出とホワイトバランス。

Tv優先露出モードでSS=1/250s(状況で適宜変更)のISOオート・オートWB。
ISOオートとは、Tv優先の場合、絞り開放で明るさが足りない場合、自動でISO感度を上げて露出不足を補償する機能。

WBの優秀さで言えばキヤノンEOS機を薦めたいが、手持ちのストロボが生かせるカメラ(ライブ撮影では使いません)、予算10万円の縛りでは、D7200が落としどころ。
どちらにしろ、露出・WBはカメラ任せでは限界があるので、RAW現像は必須。
ニコンは、Capture NX-Dが無償で使えます。

レンズは、陣取る場所にも拠りますが標準ズーム。望ましくはF2.8通しですがキットレンズでも何とかなるでしょう。

Qライブハウスでの撮影に向いているレンズを探しています。 主な現場の状況は、 ・暗い ・動き回る事が困

ライブハウスでの撮影に向いているレンズを探しています。
主な現場の状況は、
・暗い
・動き回る事が困難な人混み
・ストロボ、スモーク有り
・稀にLEDライトの現場も有り
・ステージ袖での撮影可
・アーティストジャンルはロック、パンクなどの動きがかなりあるジャンル
です。
使っている機種はCanon EOS5Dで、現在はポートレート撮影やアーティスト写真の撮影(屋外、晴天時・夜間)が主なので50mm単焦点を使っていますが、臨場感のある写真を撮影してみたいと思い、魚眼か広角のズームレンズでの購入を考えています。
以前既存のレンズでライブハウスでの撮影を試みた際、明るさは問題なかったのですが、演者と観客との距離感や一体感を出そうと思いドラマーの背後から撮影したり、観客席の最後部から撮影したのですが収まりきらなかったり画角を変える為に必要以上に動き回らなければならなかったり、といった状況でした。
また、ライブハウスだけでなく水族館の館内や、引き続き屋外での撮影もある為どちらでも使いやすいレンズで探しています、予算は今の所未定ですので純正も他社も検討しています。
よろしくお願いいたします。

ライブハウスでの撮影に向いているレンズを探しています。
主な現場の状況は、
・暗い
・動き回る事が困難な人混み
・ストロボ、スモーク有り
・稀にLEDライトの現場も有り
・ステージ袖での撮影可
・アーティストジャンルはロック、パンクなどの動きがかなりあるジャンル
です。
使っている機種はCanon EOS5Dで、現在はポートレート撮影やアーティスト写真の撮影(屋外、晴天時・夜間)が主なので50mm単焦点を使っていますが、臨場感のある写真を撮影してみたいと思い、魚眼か広角のズームレンズでの購入を考えてい...続きを読む

Aベストアンサー

EF24-70mmF2.8L ⅡUSM
EF70-200mmF2.8L ⅡUSM
この二本をとりあえず お奨めします。 明るく高性能なレンズです 5Dなら最良の画像が撮れるでしょう。 ズームなので画角は、調整出来ます。単焦点より使い易さは、数倍です。

純正以外レンズメーカー品は、お奨めしません 安かろう悪かろうです。

水族館野外でも使えるレンズ オールマイティーなレンズも有りません
とりあえず 上記レンズをライブハウス用に購入し使い これを持っていって水族館や野外で使ってみて 不都合がどのような点かで 買い増しすれば?
自分の考えでは、この2本あれば まず大体の撮影が出来ると思います。
手持ちのレンズで 撮影スタンス(被写体との距離あ)を調整して撮影調整すればOK
多くのレンズを持っていても 使いこなせないものです。


人気Q&Aランキング