ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

うっかり写真を撮り忘れたのですが、この虫の名前を教えてください。
特徴は。。。
(1)メスクワガタのような顎
(2)メスカブトのような体(黒くて丸っぽくて硬い)
(3)ゴキブリのような長い触角
顎を動かすとき、「しゃー」って音がしてて怖くなりました。
ゴキブリにしては、体つきや顎が違いますし、クワガタにしては触覚が長すぎますし、カブトムシだと顎が違うような。
すっごく気になっているので、「もしかして」と思い当たる方がいらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

触角が長かったなら、カミキリムシのうちのどれかでしょう。


なかには猫の声のような威嚇音を出す種もいます。

シデムシ、オサムシ、ハンミョウ、ゴミムシにもお書きになったような形態のものがいますから、画像検索して確認してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろんな名前があるんですね!
少しだけ物知りになりました(^^)

お礼日時:2013/07/30 08:09

胴体が黒くて丸っこいならば、この辺はどうでしょう。


ノコギリカミキリ
http://www.insects.jp/kon-kaminokogiri.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ほとんどこの映像に近いです。
でももう少し丸かったです。。。

お礼日時:2013/07/30 08:09

クロカミキリムシ 辺りではないでしょうか?



http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/ky …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
みなさん、なんでもご存知なんですね!

お礼日時:2013/07/30 08:08

カミキリムシ?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いち早くご回答ありがとうございました!

お礼日時:2013/07/30 08:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの虫は何でしょうか?

親戚からもらってきた野菜の中に
クワガタのような小さな黒い虫はなんでしょうか?

画像も見にくいですがよろしくお願いします!

Aベストアンサー

添付画像のものは「コクワガタ」です。

飼育経験もあります。

「頭部」全体はザラザラしていませんか?

また、
頭部やや中央に2つの突起物ありませんか?
これは良く見ないとわかりません・・
個体差がありハッキリ判るもの、判らないものがあります。

上記の
「ザラザラ感」「2つの突起物」は、オスは当然ありません。


コクワガタは「林・里山」等に棲むものと思う方が多いと思いますが・・
川原・庭の大きめのお宅等にも居ます。
結構何処にでもいる昆虫なのです。

Qクワガタみたいな謎の虫

ベランダにクワガタみたいな変な虫がいました。
触角を見るとカミキリムシみたいですが、一体なんなんでしょうか。
また、この虫は珍しいですか?

Aベストアンサー

http://www.insects.jp/kon-kamikuro.htm
クロカミキリ(カミキリムシ)かなー、と。

Qカブトムシに似た虫

虫がらみ連続ですみません。タイトルの通りです。

昨夜、玄関にカブトムシのような虫がいました。
体長4~5cmと大きく、上に反ったような角が1本ありました。色は黒だと思いますが、暗かったので濃い茶やグレーかもしれません。動きはゆっくりで、のそのそと歩いていました。

無知な私の印象は完全にカブトムシなのですが、季節はずれですよね?

何という虫でしょうか?ただの通りすがりか、最近よくハムシが出るので、家に寄ってきた害虫なのかどうかも気になります…。

詳しい方、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ダイコクコガネではないでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%82%AC%E3%83%8D

Qノコギリクワガタに産卵させるのは難しいですか?

ノコギリクワガタに産卵させるのは
難しいですか?

オオクワガタでは全くダメでした。

ノコギリクワガタも難しいのですか?
何かコツはありますか?

Aベストアンサー

>ノコギリクワガタに産卵させるのは難しいですか?
まったく難しくありません。
しかし。オオクワガタも難しくないので、なにか根本的な間違いがあるのかもしれません。
また、そのオオクワガタの生殖器官に問題があったのかもしれません。
最近はネット上に詳しい説明が出ているので参考にされれば良いと思います。
http://www.enjoy-breeding.com/aboutnoko80.html

オオクワガタとノコギリクワガタの産卵セットの違いは、産卵木の硬さです。
オオクワガタは硬い目を好み、幼虫は産卵木に芯があっても平気でかじってトンネルを掘っていきます。
しかし、ノコギリクワガタは、非常に柔らかい産卵木を好みます。一晩水に沈め、つんつるてんに皮をむき6時間ほど陰干しして、強く握ると水がにじみ出して来るようなスポンジに近いような産卵木が良いのです。
埋め込みマットは、オオクワガタは産卵木にしか産まないので、どんなものでも良いのですが、ノコギリクワガタは、産卵木が気に入らないときにはマットにも産むので、「クワガタ幼虫飼育用」とうたったマットで埋めるほうが幼虫の取れる確実性が増します。
産卵木は底から2センチほど堅詰めしたマットの上に置き、更にマットを投入して完全に埋没させます。
ノコギリクワガタのメスが野外最終のものであれば、上記の産卵セットに入れればすぐに産卵します。
ノコギリクワガタは、羽化したあとも蛹室の中で寝返りを打ちながら、約一年間を過ごすものも居ます。
同じ産卵から飼育しても、羽化したその年の夏に活動するものと、翌シーズンに活動するものが居ます。

>ノコギリクワガタに産卵させるのは難しいですか?
まったく難しくありません。
しかし。オオクワガタも難しくないので、なにか根本的な間違いがあるのかもしれません。
また、そのオオクワガタの生殖器官に問題があったのかもしれません。
最近はネット上に詳しい説明が出ているので参考にされれば良いと思います。
http://www.enjoy-breeding.com/aboutnoko80.html

オオクワガタとノコギリクワガタの産卵セットの違いは、産卵木の硬さです。
オオクワガタは硬い目を好み、幼虫は産卵木に芯があっても平気でか...続きを読む

Qコガネムシぐらいの大きさで色はクロ少し茶色い気もしますが、カブトムシの

コガネムシぐらいの大きさで色はクロ少し茶色い気もしますが、カブトムシのメスに似ています。 でも触覚の先にほうきみたい(手みたい)のがあります。 なんの虫でしょうか?

Aベストアンサー

こんなんですか?

http://teteb.hp.infoseek.co.jp/kurokanabunn.html
http://www.insects.jp/kon-koganedougane.htm
http://crimson-systems.dyndns.org/ikimono/musi32.htm

Q最近クワガタが木の下にずっと潜ってます

リビングの端の方に置いています
温度は25度です
たまにはベランダにでも置いて日光浴等させてあげた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

クワガタムシには、夜行性のものと、昼間でも少し活動するものがあります。体色が真っ黒いもの(オオクワガタ、ヒラタクワガタなど)は、夜行性で、茶色っぽいもの、赤っぽいもの(ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ)は、昼間でも少し活動しますが、基本は昼間の太陽がニガ手です。黒い体に太陽があたると、たちまち体温が上がって死亡します。
直射日光は、虫が最も嫌います。
体の真っ黒いものなら、昼間は木の割れ目や落ち葉の下に潜って隠れているのが普通ですので、心配はありません。エサのゼリーを切らさないようにしてください。また、エサのゼリーは、カップの小さいものはアゴがつかえて中身を食べることができません。見かけ上ゼリーがまだ十分にあるように見えてもクワガタの口がとどかない可能性があり、その場合は、あきらめてしまい、エサを食べに出てこないので、「今まではけっこうゼリーのところにいたのに最近は隠れたままだなぁ」という印象になります。エサが無いと、動かずに体力を温存し、3ヶ月くらいは平気で生きています。
室温22~28度くらいは快適な温度なので問題はありません。真っ黒いクワガタは、常温で2~3年は寿命があります。天然の場合は、10度C以下の冬場はエサを食べずに冬眠します。室内だと、暖房の関係で気温の高低差が激しく冬眠しませんが、だいたい室温が-3度から32度くらいまで変化しても平気です。12月になればジャムのビンに移して、冷蔵庫に入れれば冬眠してしまいます。もちろんエサは食べないので経済的です。冬眠したメスは丈夫な卵をたくさん産みます。2月下旬には忘れずに出してあげてください。また元気に活動します。
茶色っぽいのや、赤っぽいクワガタの場合、寿命は半年程度なので、だいたい9月いっぱいくらいで☆になります。

クワガタムシには、夜行性のものと、昼間でも少し活動するものがあります。体色が真っ黒いもの(オオクワガタ、ヒラタクワガタなど)は、夜行性で、茶色っぽいもの、赤っぽいもの(ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ)は、昼間でも少し活動しますが、基本は昼間の太陽がニガ手です。黒い体に太陽があたると、たちまち体温が上がって死亡します。
直射日光は、虫が最も嫌います。
体の真っ黒いものなら、昼間は木の割れ目や落ち葉の下に潜って隠れているのが普通ですので、心配はありません。エサのゼリーを切ら...続きを読む

Qコクワのメスを拾ったのですが

コクワのメスを拾ったのですが

今頃になってコクワのメスが玄関前に居たので捕獲して飼育ケースで飼う事にしたのですが
もう産卵はしませんよね?
それでも一応産卵木は入れておいたほうが良いでしょうか?

それと冬越しの準備はどうすればよいのでしょうか?
夏場しか飼った事がないのでよく分りません、何かアドバイスがあればお願いします

Aベストアンサー

>今頃になってコクワのメスが玄関前に居たので捕獲して飼育ケースで飼う事にしたのですがもう産卵はしませんよね?
気温が23度くらい以上なら、産卵する可能性があります。
コクワガタは、1シーズンに2~3ロットの産卵をします。
コクワガタの寿命は、2回の冬を越すが3回目は難しいという程度です。天然物はいつ生まれたのかが判りませんし、また今シーズンの産卵をすべて終えたかどうかも判りません。
しかし、そのメスが今年活動を始めた新成虫であり、まだ産卵意欲があるという可能性もあります。
カブ・クワは、一度交尾すると、そのときの精子を体内にキープして必要に応じて小出しにするので、二度と交尾をする必要はありません。
>それでも一応産卵木は入れておいたほうが良いでしょうか?
上記のとおりですから、もし産卵させたいのであれば、産卵セットを組んだ状態で飼育すればよいと思います。
太い目の産卵木を12時間以上水没させ、皮をむいてツルツルにして6時間ほど陰干しして、マットに九割がた埋めてしまいます。マットは安物でも何でもよいです。マットの表面には、ゼリーを置き、転倒防止に産卵木の樹皮などを置きます。
メスに産卵する気があるのであれば、一週間以上マットに潜ったままで木をかじって産卵します。ケースの側面などに新鮮なオガクズが見える場合が多いです。1~3週間して表面に出てきてゼリーを食べているようだと、そのケースの中で九分九厘産卵を済ませています。

>それと冬越しの準備はどうすればよいのでしょうか?
上記の産卵セットでマットがおよそ10センチ以上の深さがあれば、そのまま越冬用のセットとなります。
気温が、15度くらいに下がると、外気温の影響の少ないマットの中央部にひそんで、あまり活動せず、また、エサもあまり食べない状態で冬を越します。
室内で買うのであれば、あまり温度変化の無い場所、例えばクローゼットの中とか居間の隅っことかにケースを置いておけば、取り立てて何をする必要もありません。室温で放置飼育が一番良いです。
もしオガクズが出ていて産卵しているようだと、一旦マットに潜りっぱなしのメスがゼリーを食べに出てきて、1ヵ月後に産卵木だけを取り出してかじった痕を確認します、かなりかじっているようだと産卵の可能性が高いので、木を割って幼虫を出します(出さないと産卵木の中で共食いします)。
あまりかじってなければ、そのまま埋め戻して来シーズンの産卵用として放置します。
いずれにせよ、メスにその気があれば産卵できるようにセットをしてやるのが良いと思います。産卵しなくても越冬用の飼育セッティングになるので無駄にはなりません。
また、飼育者として産卵させる気がないのなら、マットを深さ10センチ以上にして、産卵木は入れないようにします。
なお天気が良いからといってケースを陽あたりの良い場所に出してはいけません。直射日光が昆虫に当たると数分から数時間で死亡します。
また直射日光の入っているケース内は40℃以上になり、昆虫が熱射病で死亡します。

写真は産卵セットの中で、メスが産卵のために木をかじり、そのオガクズが外から見えているところです。このように黒っぽいマットに、新しい色のオガクズが白っぽく混じったようになります。このようになれば九分九厘産卵しています。

>今頃になってコクワのメスが玄関前に居たので捕獲して飼育ケースで飼う事にしたのですがもう産卵はしませんよね?
気温が23度くらい以上なら、産卵する可能性があります。
コクワガタは、1シーズンに2~3ロットの産卵をします。
コクワガタの寿命は、2回の冬を越すが3回目は難しいという程度です。天然物はいつ生まれたのかが判りませんし、また今シーズンの産卵をすべて終えたかどうかも判りません。
しかし、そのメスが今年活動を始めた新成虫であり、まだ産卵意欲があるという可能性もあります。
カブ・クワ...続きを読む

Qオオクワガタの幼虫が死んでしまいました

成長過程が見たいので、産卵木から割り出し、プリンカップでマット飼育していたのですが
カップに移してから一週間後くらいに様子を見たら、6匹中5匹が死んでいました
(もちろん個別飼いで水分も与えていました)

残りの1匹では不安なので、もう一度、産卵させようと思うのですが同じ繰り返しが不安です

幼虫が死んでしまった原因は何でしょうか。マット飼育のコツがあったら教えてください
ある程度の大きさになったら菌糸ビン飼育にする予定だったのですが、最初から菌糸ビンの方がよいのでしょうか?

初めての幼虫飼育なので、できれば成長過程が見たいのですが。

Aベストアンサー

>幼虫が死んでしまった原因は何でしょうか。

一番は、マットの質です。
まさかカブトマットを使われたということはないと思いますが、10リットル300円クラスは避けてください。一般に粒子が粗すぎるものが多いです。私が使うのは三晃(サンコー)の「育成クヌギマット」です。(袋にクワガタの写真のあるもの)
もっと良いのもあるのですが、上記のものはホームセンターで簡単に入手できます。
同じ商品でも、袋の透明部分から見えている色がこげ茶色のもののほうが良いです。
間違いやすいのは、「育成マット」です。これはカブトムシ用です。
クワガタ幼虫用のマットは、カブトムシの幼虫も食べますが、逆はいけません。
カブトムシ幼虫飼育用のものは、クワガタは食べない場合があります。カブトムシは腐葉土などの「土」も食べますが、オオクワガタの幼虫は、「土」は食べないので、入れるとスグに死亡します。
また、割り出し直後に菌糸ビンに入れることは死亡リスクが少し高くなりますが、より大きな成虫が得られます。死亡する場合は、たいていの場合、潜れずに菌糸ビンの表面で干からびて死亡します。
菌糸ビンは、購入したら表面の膜状の真っ白い部分を消毒したスプーンでかきとって、凹みを作ってから幼虫を投入します。購入したては菌糸が十分に回っていないものもあるので、眼力に自信が無い場合は、1週間ほど放置してから使うほうがよいです。菌糸ビンを扱うときには、使う道具手指の消毒を忘れないようにしてください。消毒にはアルコール(エタノール)を使いますが、乾かないものが菌糸に触れると菌糸が死にます。

水分を与えてました、というのも気になります。
マットに適切な水分があれば、毎日霧吹きの必要はありません。
あとは、温度が上がり過ぎたのかというくらいです。

それから、人工飼育下の昆虫の天敵は、飼育者の過剰観察と言えます。
掘り返したり、ひっくり返したりということが、昆虫には迷惑ということです。
菌糸ビン飼育の場合は、現在の主流はオスで800cc→1500cc→1500ccの三本かえしですが、菌糸ビン交換のときの体重測定以外は、そっと放置しておくのが一番大切です。
初年度は、とにかく様子が見たくてたまらないのですが、そこをぐっとこらえるのが飼育のポイントになります。(とてもつらいですが)
2~3年して幼虫飼育が面倒くさくなった頃に驚くような大型が得られるものです。

それから、産卵をもう1ロットさせることをお勧めいたします。
あと1匹が成虫まで無事に育つ可能性は低いです。どんなに大切に飼っていても、死ぬものは死にますので、初令で10頭はほしいです。それで半分羽化したら初年度としては上出来です。

>幼虫が死んでしまった原因は何でしょうか。

一番は、マットの質です。
まさかカブトマットを使われたということはないと思いますが、10リットル300円クラスは避けてください。一般に粒子が粗すぎるものが多いです。私が使うのは三晃(サンコー)の「育成クヌギマット」です。(袋にクワガタの写真のあるもの)
もっと良いのもあるのですが、上記のものはホームセンターで簡単に入手できます。
同じ商品でも、袋の透明部分から見えている色がこげ茶色のもののほうが良いです。
間違いやすいのは、「育成マット...続きを読む

Qオオクワガタの産卵木ですが木の回りにカビが生えてきました。このカビは除

オオクワガタの産卵木ですが木の回りにカビが生えてきました。このカビは除去したほうがよいのでしょうか?
産卵木にはメスが産卵しているのであまり動かさないほうがよいとネットに書いてあるのですがカビについては取る取らないで二手に別れていました。
そのままにしておくとカビだらけになる懸念もありますし取らなくても良いならそのままにしておこうと思います。
取らないといけない場合は良い取り方などもご伝授いただけたらと思います。

Aベストアンサー

>産卵しているほうのセットにもマットを八割ほど埋めたいと思うのですが、そのまま綿毛のカビとかメスが作った木の穴とかは気にせず覆ってしまって大丈夫なものでしょうか?
良い埋め方等あれば再度ご教授いただければと思います。

オオクワガタの場合は、産卵木を埋めるマットはどんなものでもOKです。
市販の安物のマットを買ってきて、バケツなどにぶっちゃけて適度に加水して攪拌し、産卵セットのケースに上から産卵木が埋まるまでまんべんなく振りかけるように入れて行きます。すっかり埋まったら、手で軽く押さえ込んで出来上がりです。
産卵木に出ている白い菌糸は無視して大丈夫です。またすでにかじった穴も関係なく埋めてしまいます。
産卵木には一切手を触れずにマットを振り落として埋めていく方が良いです。
注意点は、産卵木の木口(年輪の見えている切り口)とケースのすき間にもマットを詰めることです。
木口とケースの間に空間があるとアオカビの温床になりやすいです。
こうしておいてマットの表面に転倒防止の木切れや枯葉、産卵木をむいた皮などを入れ、ゼリーを一個転がしておきます。約一ヶ月すれば1ロットの産卵を終えたメスがゼリーを食べに上がってきますので、その時点でメスを出してしまいます。産卵セットはその後三週間放置します。その時点で産卵木をマットから発掘して木を割ります。

>産卵しているほうのセットにもマットを八割ほど埋めたいと思うのですが、そのまま綿毛のカビとかメスが作った木の穴とかは気にせず覆ってしまって大丈夫なものでしょうか?
良い埋め方等あれば再度ご教授いただければと思います。

オオクワガタの場合は、産卵木を埋めるマットはどんなものでもOKです。
市販の安物のマットを買ってきて、バケツなどにぶっちゃけて適度に加水して攪拌し、産卵セットのケースに上から産卵木が埋まるまでまんべんなく振りかけるように入れて行きます。すっかり埋まったら、手で...続きを読む

Qクヌギ・・・樹液が出る出ないは、何が原因??

クワガタ採集の目的で、樹液の出ている木を探しています。最近では、仕事がえりに少し遠回りして、山の中に入ったり、雑木林をうろついたりしています。車の中には、いつも靴や長袖、長ズボン、軍手、懐中電灯など・・・を装備していい感じの雑木林があれば、そく捜索しています。そこで、最近やっと気がついたのですが(遅い・・)、樹液の出ている木って、山の奥よりも、道路に近い木に多いような気がするのです。例外的に、山の奥の方でも樹液の出ている木はありますが、数少ないと思います。同じクヌギなのに、なぜでしょうか?樹液の出る条件のようなものがあるのでしょうか?品種?立地条件?または人為的なもの??ご存知の方が居られましたら教えてください。

Aベストアンサー

クヌギの樹液は、多くはボクトウガという蛾の幼虫が木の内部を食い荒らす事によって出るそうですよ。幼虫は、出た樹液を求めて集まった昆虫を捕って食べるといった肉食性だそうです。

カミキリの幼虫もある程度は出すそうですが、食い荒らす深さ?が浅いとかで、すぐに出なくなるそうです。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200108/997439919.html,http://www.jpmoth.org/Cossidae/Cossinae/Cossus_jezoensis.ht


人気Q&Aランキング