人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

マンションの各部屋の熱感知器が、ちょうど15年目に入りました。 これまで全体で数回ほど誤作動を起こしています。 PCで調べてみると寿命は10年とも書いてあります。
このままにしておいてもよいものでしょうか。 あるいは誤作動を起こさなくても、寿命で万一作動をしない可能性もありますか。
お分かりの方どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

各部屋に取り付けている火災感知器が煙感知器でしたら


自動火災警報設備において、住宅の部屋には煙感知器はまず取り付けないので
(火災感知器とインターホンを一体化できる、集合住宅向け自動火災警報設備もありますが)
光電式住宅用防災警報器になると思います、交換期限等は感知器に記載されているはずです
電池式なら、電池の寿命が約10年なので、電池交換が出来ない機種は本体ごと取り換えになります
光電式煙感知器の構造は熱感知器と違い複雑で、感知器内部に侵入した煙を光電素子の受光量の変化・光の乱反射を利用して作動します
そのため火災で発生する煙以外にも、タバコの煙・料理をする際の水蒸気・魚を焼いた煙などでも作動します
また経年使用していると内部にホコリ・水分などがたまり誤作動する原因にもなります
分解して修理は出来ませんので、頻繁に誤作動を起こすなら交換するしかありませんね
どちらにせよ、管理会社・点検業者・電気工事店に見てもらい結論を出された方が良いと思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事有難うございました。
ご指摘のようなインターフォンであることを書き落としていました。 結論は早急に取り換えることが先決のようですね。

お礼日時:2013/08/20 07:11

マンションの熱感知器となると


防火対象物としてマンション全体に付けている自動火災報知設備の火災感知器と思いますが
消防法の適用を受けている感知器であれば、型式失効になるまで使用できます(20年でも30年でも故障しない限り)
寿命が10年とあるのは、おそらく一般住宅に義務づけられている住宅用防災警報器(主に煙感知器で電池の寿命が10年)のことでしょう
自動火災報知設備の熱感知器の誤作動(非火災作動)は感知器の故障と言うより
ほとんどが感知器の付いている環境に原因があります
熱感知器(スポット型)はおおまかに二つの種類があり、構造はいたって簡単なものです
定温型(台所・脱衣場)、金属のバイメタルを利用して一定の温度(65℃や70℃等)になると接点がくっつき発報する
作動型(居間・各部屋)、熱による空気の膨張を利用して、一定の時間内の膨張により接点がくっつき発報する
よって、感知器と暖房器やガスレンジ等の調理器などの距離が近いと、誤作動を起こしやすいです
また、結露などによる感知器の接点の腐食でも誤作動はおきます
決まった場所の感知器が頻繁に誤作動を起こすなら、取りつける位置を変更するなど
管理会社・点検業者・電気工事店等に相談したほうが良いと思います
ちなみに、マンションの共用部で廊下・階段に取り付けているのは煙感知器ですね

この回答への補足

お知らせ有難うございます。
まことに恐縮ですが間違えをしていました。
それは熱感知器ではなくて、煙感知器でした。 恐れ入りますが
もしお分かりなら再度のご返事をお待しています。

補足日時:2013/08/19 18:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これまでの皆様のご意見を読み、結論は早急な交換が重要と感じました。早急に交換に移したいと思います。

お礼日時:2013/08/20 07:15

専門家です。



マンションの熱感知器とはどういうものでしょうか?

A 建物全体で設置してある「自動火災報知設備」の感知器
B 電池式などの「住宅用火災警報器」

の二種類があります。

Aであれば年に2回ほど専門業者が点検をしているはずで、そこで問題が無いならずっと使い続けることができます。ただし、頻繁に誤作動を起こす物があればそれは交換します。

Bであれば、電池の寿命などもありますので10年を超えたら買い換えてもいいと思います。

この回答への補足

ご返事有難うございます。 恐縮ですが間違えをしていました。
それは熱感知器ではなくて煙感知器でした。
申し訳ありませんが、煙感知器についてお知らせくだされば
有難いです。

補足日時:2013/08/19 18:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様のご意見有難く思っています。
これだけの年数がなら、早急に交換が必要と感じています。 

お礼日時:2013/08/20 07:18

10年と書かれているなら、そのあとはご動作を起こそうが、動作しなかろうが、


責任は取りませんよ。という意味です。

この先も、火災予防を心がけるなら、交換をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お知らせ有難うございます。 その通りですが住民の意見もあり
次回の会合にかけてみます。 早めに交換するのが先決ですね。

お礼日時:2013/08/19 18:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション火災報知器は共用部分ですか?

もともと取り付けてある台所のスポット型熱感知器が周りには火の気もないのに朝突然発報して、警備会社の方が来て設備をリセットしても
リセットできず、最終的に管理会社の方が来て、感知器が故障しているとの事、さらに交換は個人で業者に依頼してくださいとの事でした。どこに問い合わせていいかも判らず業者を教えてくださいに対しても斡旋は出来ないと言われ、今は管理会社の方が感知器をショートさせて鳴らないようにしています。どこに依頼すればいいですか?
またこの場合の、交換費用はどこが持つものですか?

Aベストアンサー

補足拝見しました。

自動火災報知設備の熱感知器であることは間違いないと思います。
マンションの場合、通常のビルについている自動火災報知設備と違い、マンション用の自動火災報知設備というのがあります。
これは点検時に室内に入らなくてよいように遠隔で試験する仕組みを備えていたり、火災の時にどの部屋が火事なのか分かるようになっていたりします。
しかもこの仕組みが複雑で、私ども専門家でも、かなり慣れていないと扱えない(直せない)ときがあるのです。またメーカーによっても仕様がことなります。

ですので、先に書いたように、個人からの依頼の場合、必要な書類とか処置が出来ない可能性があるので、お断りすることもあるのです。

本来は管理会社の仕事の範疇ですし、管理会社が設備点検の一環として専門業者に点検や改修を依頼しているはずですので、その業者に頼むのが一番いいのです。
もしそのような専門業者を持っていない、または管理業者自体が点検をしているために良くわからない、というなら無責任この上ないですから、管理組合を通して苦情をいうべきです。

>管理会社の方は確認用の他の品番の物を持って来ていましたが
先程書きましたように、仕組みがついている感知器と普通の感知器は違いますし、種類も何種類かあります。ですので値段も相応に違います。
メーカーや種類にも寄りますが、定温感知器だけで3千円程度から3万円程度まで差があるのです(同一メーカーの定価で比較しています)

修理費を負担するのは仕方ないとしても、個人で業者を選んで作業させた場合、その後の責任は一切取れないと、管理会社に念押しをしたほうが良いでしょう。
ただその場合、法外な金額の見積を持ってくる場合がありますので、消防に相談して見積してくれる業者に相談するか、メーカーである松下に連絡して、地域の特約代理店を紹介してもらって相見積をとることも考えたほうがいいかもしれません。
元の見積があれば、算定すること自体は比較的簡単です。

補足拝見しました。

自動火災報知設備の熱感知器であることは間違いないと思います。
マンションの場合、通常のビルについている自動火災報知設備と違い、マンション用の自動火災報知設備というのがあります。
これは点検時に室内に入らなくてよいように遠隔で試験する仕組みを備えていたり、火災の時にどの部屋が火事なのか分かるようになっていたりします。
しかもこの仕組みが複雑で、私ども専門家でも、かなり慣れていないと扱えない(直せない)ときがあるのです。またメーカーによっても仕様がことな...続きを読む

Q集合住宅の火災報知機(熱探知)の誤作動について

教えてgoo、始めての利用ですので、不足情報等あるかもしれませんが、よろしくお願い致します。


今回、皆様にお伺いしたいのは表題の「集合住宅の火災報知機(熱探知)の誤作動について」です。

この2週間くらいで、マンション自体に取り付けられている火災報知機が2回、誤作動を起こしました。
それも2回ともに、朝の8時30分くらいという、労働者にとって一番慌ただしい時間に、です。

管理会社に連絡をし、火災報知機の故障では無いのか尋ねたところ、故障では無いとの回答をいただきました。

その際にご説明頂いたのが、
「マンションには熱感知式の火災報知器が取り付けられている」
「各家庭が朝の寒い時間に一斉にエアコンを付け、建物自体の温度が上昇したため、熱感知式の火災報知器が誤作動を起こした。」
「同様の誤作動は、集合住宅に設置されている熱感知式の火災報知機の場合はよく起こる事象である」
「なので、あくまで火災報知器は故障しておらず、エアコンによる誤作動である」
「とは言え、2週間くらいで2回も同じ誤作動が起こっているので、熱感知式から煙感知式の火災報知機に交換する予定です」

との内容でした。
ここでひとつ、疑問を感じたのですが、本当に「各家庭がエアコンを付けることで、建物自体の温度が一気に上昇し、熱感知式の火災報知器が誤作動を起こす」のか?という事です。

今回の件ですが、集合住宅各戸に取り付けられている火災報知機ではなく、あくまで建物自体に取り付けられている火災報知機についてです。

マンション自体の総戸数は100戸ほどだと思います。

管理会社とは、その他色々ありましてトラブルが続いている為、個人的に全く信用ができません。
そのため、本当にそのようなことがありえるのか、真偽を確認したく思いまして、質問を記載致しました。

何卒、ご協力・ご回答の程よろしくお願い致します。

教えてgoo、始めての利用ですので、不足情報等あるかもしれませんが、よろしくお願い致します。


今回、皆様にお伺いしたいのは表題の「集合住宅の火災報知機(熱探知)の誤作動について」です。

この2週間くらいで、マンション自体に取り付けられている火災報知機が2回、誤作動を起こしました。
それも2回ともに、朝の8時30分くらいという、労働者にとって一番慌ただしい時間に、です。

管理会社に連絡をし、火災報知機の故障では無いのか尋ねたところ、故障では無いとの回答をいただきました。

その際にご説明...続きを読む

Aベストアンサー

専門家です。

結論から言うとありえます。ただし、各部屋でエアコンをつけたからではなく、エアコンをつけた部屋でたまたま感知器が誤作動したのです。

まず設置基準からいうと
マンション等の共同住宅の居室には「差動式感知器」をつけることが原則となっています。ちなみに台所と洗面所、押入れは定温式感知器が原則です。
この二つはどちらも熱で感知するタイプなのですが(煙式ではない)作動する原理がまったく違います。
定温式はサーモスタットが入っており、規定の温度に達すると作動します。台所や洗面所は温度が急激に変化するので、定温式をつけることになっています。
対して差動式は温度差で作動するタイプです。0度から30度でも、100度から130度でも急激に温度が変化すると作動します。

で、キーワードは「急激な温度変化」です。
ご存知の通り、エアコンは天井面についており、暖房を入れた場合は暖かい空気はそのまま天井をつたっていきます。この暖められた空気とその前の冷えた状態の空気が感知器を作動させるのに十分な差と時間であれば、実に簡単に作動してしまいます。

そのため、設置基準にエアコンまたは空調の吹き出し口より1.5m離す事という規定まであるのですが、残念ながら最近のエアコンは暖房効率が高いので昔に比べて作動しやすいといえます。

また条件としてはもうひとつあります。それは、感知器の劣化です。正確に言うと、感知器のリーク孔という小さな穴が埃などでふさがれることです。
細かい原理は省きますが、この孔がふさがれると過敏に反応するようになります。
これはここの家の事情によるので、同じ建物内でも交換が必要になるところと必要にならないところが出てきます。

さて、私も10年以上この仕事をしていますが、大体年に1、2度は同様の誤作動で緊急対応しています。やっかいなのは火災報知機としては正常に作動しているため、まったく痕跡がないことです。

質問に書かれた内容(2度誤作動してどちらも8時半ごろ)ということであれば、ほぼ間違いなくエアコンをつけ部屋が急速に暖められたことによる誤作動だと思います。
感知器を含めた故障であればプロが見れば一発で分かりますし、エアコン以外の原因であれば同じタイミングで何度も鳴ることは考えにくいからです。

煙感知器に交換すること自体も、実は問題があるのですが、少なくとも現在起きている誤作動はなくなるはずです。

今回の件に関しては、管理会社の説明は正しいのではないでしょうか。

専門家です。

結論から言うとありえます。ただし、各部屋でエアコンをつけたからではなく、エアコンをつけた部屋でたまたま感知器が誤作動したのです。

まず設置基準からいうと
マンション等の共同住宅の居室には「差動式感知器」をつけることが原則となっています。ちなみに台所と洗面所、押入れは定温式感知器が原則です。
この二つはどちらも熱で感知するタイプなのですが(煙式ではない)作動する原理がまったく違います。
定温式はサーモスタットが入っており、規定の温度に達すると作動します。台所や洗面...続きを読む

Qマンション専有部分の火災報知機交換費用(長文です)

分譲マンション居住部分の火災報知機の交換費用について、今回のケースだと我が家の費用負担はどの程度あるかを、専門の方または世間一般的なご意見を聞きたくて質問しました。
少し話しがややこしいですが、これまでの経緯です。

2011年(夕方と夜)に火災報知機が2回発報した事があり、誤作動でした。
それ程大きくないマンションなので、管理室受信盤は表示階数までしか表示されず、部屋の特定までが難しく、1・2回目の時も我が家があるフロアー階とまでしかわかりませんでした。この時も家にある全8ヶ所の報知器を見回ったのですが点灯はありませんでした。が、3回目の発報時、主人の部屋の報知器が赤く点灯していたのです。警備会社が到着した時には(保持機能がないので)既にランプは消えてましたが、1・2回目の時は何でもなかったので、家族全員キツネにつままれた気分でした。とりあえず3回目がうちだったので、過去2回もまずそこだったのだろうと、管理会社が該当の報知機(ヘッド部分)を管理組合負担で交換してくれました。

その後2年間は何事もなく過ぎたのですが、2013年の夜明けにまた3回発報し、管理室表示はまたも同じ階で、我が家にとっては前回の事もあるので、その度家族全員ドキドキしながら急いで見回りますが点灯なしです。突然あの大音量は(寝てる時は特に)誰もが驚くと思いますけど、我が家は更に過敏となってしまい、鳴る度今度もまたうちなのではとダッシュで8ヶ所を見回り、周りにまたと思われるのではとパジャマを着替え外に出て点灯してないと説明したり、とにかく心労でした。

2011年のあの時も、一体何で主人の部屋で誤報したのかわかりません。主人は自分の部屋でだけ煙草を吸うのですが(本当はやめて欲しぃですけど)パイプファンや空気清浄機を稼働しており、そもそも報知器自体は熱感知式ですし、年2回の消防点検だって毎回受けて正常だし、結局その時は単なる機器故障か劣化かも?という事でヘッド交換しただけで終わりました。

ただ1つ気になるのが、10年前に上階から(バケツ数杯程度の)水漏れが洗面所にあり、リビング側の壁などにも水が浸み出し、クロスの張り替えをした事があるのです。洗面所の報知機は水濡れ後一度も交換しておらず(本来ならその時すべき事でしたよね)主人の部屋は洗面所の隣りに位置し、押し入れ程のクローゼットを挟む形で隣接しているのですが、水が天井を伝ったりするなどして機器や配線等が何らかの影響を受ける可能性もあるのではないかと頭をよぎるのです。それは前回の誤報の時にも管理会社には伝えてましたが。(実際、結露や水などが誤報の原因になる事もあるそうですし)

とにかくまた誤報が続くようになり、調査の必要性があると、管理会社も業者を手配してくれました。表示階の該当世帯は5世帯ですが、我が家を優先に調査してくれる事が決まりその調査予定日の2日前に、また発報したのです。(4回目) 警備会社が到着し、そこで別の部屋の台所が点灯元だとわかりました。前3回の誤報時も台所を使っていたそうで、調査はそのお宅と我が家が対象になりました。

管理会社から事前に聞いた話しでは、今回の費用は管理組合が負担するとの事。
まずは業者が誤報したお部屋の台所報知器1つを交換し、その後我が家を訪れこれまでの事を説明すると、疑わしきは全部交換した方がいいと勧めてくれました。前回は主人の部屋のヘッド部分の交換でしたが、今回は全てのベース+ヘッド8ヶ所交換しましょうと言ってくれたので、管理会社は了解済みなんですか?と尋ねると、大丈夫との返事だったので、それならばとお願いしたのです。業者は電気と消防の有資格者で火災報知機についても詳しい方だと管理会社からも聞いていました。その後、火災報知機の発報は現在までありません。

その時点でこちらはどの程度の金額になるのか知りませんでしたが、後になって支払額は161,000円+税だったと管理会社から報告を受けました。結果として、今回の誤報は別のお宅の台所(1ヶ所)だった事もあり、必要以上に交換修理をしてしまったのではないか、管理組合負担なので他居住者への説明や公平性などを考えると、と管理会社の方も悩んでいました。

それを聞いて当初は、それなら今後マンション全体で火災報知機交換をするという時期が来た場合、我が家は対象から外して欲しいと話したのですが、後からネット等で調べるとマンション専有部分の火災報知機等は居住者負担との情報もあり、それならばこちらも支払わなければならないかと思うようにもなってきたのですが、正直こちらも悩んでいます。

管理会社は筋を通すと意味合いでと、組合理事は相当分負担していただければ有難いとの話です。実は管理組合は、水道ポンプ交換や大規模修繕工事を終えたばかりで、前年度私も理事をしていたからわかるのですが、余分な支出は抑えたいというのもわかりはするのですが。

一方、家族は話が違うと怒っています。管理会社が居住者負担はないと言うのでお願いしており、しかも業者が全部交換しましょうと言うのでそれならばとこちらもお願いしたのだと。話しが違うなら頼まなかったと。そう思うのも当然で、私だってその気持ちの方が強いです。

後でわかった、今回の内訳費用はこうでした
---------------------------------------
・別宅台所 防水報知器 1個 3,600円
・我が家 作動式報知器 6個 23,700円
       防水報知器  2個 7,200円(1個は水漏れのあった洗面所)
・主張交通経費 1式 8,000円
・機器交換工事 1式 58,000円
・炙り試験     1式 38,000円
・受信盤点検試験(管理室)1式 30,000円
---------------------------------------
計 168,500円
値引▲7,500円
合計161,000円 (全て消費税別途)

機器交換や試験の手間賃などが、1式単位なのか、単価x個数分なのかまで現段階ではわかっていませんが、手間賃の分配方法も含め、我が家の相当分ってどのように計算したら妥当なのでしょう。
理屈上、別宅台所1個分の交換をした場合かかったであろう総費用と、今回の支払額との差が我が家の負担分とするならば、結構な金額にはなりますよね。水漏れのあった洗面所報知器交換の必要性があった事だけは今も感じてますけど。
ちなみに、別宅台所1個分の交換費用は管理組合負担で居住者にはかかりません。

払う払わない、払うなら幾らかなど、皆様が当事者だったならどう対処していきますか?
長文になりましたがご回答頂けると有難いです。.

分譲マンション居住部分の火災報知機の交換費用について、今回のケースだと我が家の費用負担はどの程度あるかを、専門の方または世間一般的なご意見を聞きたくて質問しました。
少し話しがややこしいですが、これまでの経緯です。

2011年(夕方と夜)に火災報知機が2回発報した事があり、誤作動でした。
それ程大きくないマンションなので、管理室受信盤は表示階数までしか表示されず、部屋の特定までが難しく、1・2回目の時も我が家があるフロアー階とまでしかわかりませんでした。この時も家にある全8ヶ所の報...続きを読む

Aベストアンサー

#3,4です。再度のお礼ありがとうございます。

私、ちょっと勘違いしていたかもしれません。たしかに文面をもう一度よく見てみると、特段受信機が二つと読み取れる場所はありませんね。ただ、マンションの場合「住宅用火災報知設備」と共用部に一般型の「自動火災報知設備」の二つを併用しているところが多いため、見積積算の文面で勝手に誤解したかもしれません。

ですので「ふたつの受信機」の部分は忘れてください。

さて、本題はそこではありませんよね。
機器交換工事費 58,000円としたら、58,000円÷9≒1ヶ所 6,444円
試験調整費 38,000円程度としたら、38,000円÷9≒1ヶ所 4,222円
受信盤点検試験(管理室)30,000円÷9≒3,333円 
の部分だと思います。

通常解釈できる内訳を申し上げますと
機器交換工事費:機器を交換するために派遣される人件費、必ずしも交換個数で割れるものではないが、交換(取付)個数または時間によって増減する。
(例 3個までは1人1時間で2万円、9個だと1人3時間か2人1時間強で6万から5.5万円

試験調整費 試験に必要な人員を、試験に必要な時間で掛けたものが費用
(必ず2人以上必要なので、1時間2万として9個なので2時間4万円ぐらい)

受信盤点検試験(管理室)30,000円÷9≒3,333円
正直な話、分かりません。前述のように受信機が二つあるタイプなら、試験調整で2人で確認することもあるでしょう。なので「管理会社の利益分っぽい」ということです。

まあ、夜間対応してますし、管理会社が入ることでさまざまなメンテナンスが容易になりますから、必ずしも請求してはいけない金額だとは思いませんが、現場を見ないとちょっとなんの項目か分からないところがあります。

そういえば、元々別宅の故障感知器1個のためにきていたんですよね。その際の見積が質問者様のいうように1個単位で割り切れるのであればむしろインチキ見積でしょう。
元々工事費が1個ごとなら、最初から1個単価で見積もるべきですし、試験調整費は通常「人員派遣時間」ですので機器1個で割れるものではないからです。

交渉のためには「元々故障していた1個だけの見積ならいくらか?」と見積もらせてみるのもいいと思います。

#3,4です。再度のお礼ありがとうございます。

私、ちょっと勘違いしていたかもしれません。たしかに文面をもう一度よく見てみると、特段受信機が二つと読み取れる場所はありませんね。ただ、マンションの場合「住宅用火災報知設備」と共用部に一般型の「自動火災報知設備」の二つを併用しているところが多いため、見積積算の文面で勝手に誤解したかもしれません。

ですので「ふたつの受信機」の部分は忘れてください。

さて、本題はそこではありませんよね。
機器交換工事費 58,000円としたら、58,000円÷9≒...続きを読む

Qマンション台所のガス警報器の新品への取り替えタイミング

マンションの各戸の台所に設置されているガス警報器が有効期限5年を既に1年超えていることが判明し、理事会で全戸のガス警報器を新品と取り換えることを決定しました。
  参考:機種は<SH13933 パナソニック ガス当番 都市ガス(天然ガス)用>
ところが消防定年退職された方が「新品と交換ではなく定期的に機能検査して故障が判明すれば取り替える方法でよい。このマンションはSRC12階建て80戸で法的には本来ガス警報器は要求されていない。たまたま建設時に火災報知器とセットになっている製品なので取り付けられたもの。5年後に予定された大規模修繕で積立金が赤字になるので少しでも無駄は避けた方がいい」との意見を出され、対応に紛糾しています。またガス警報器に表示されている「有効期限は取り付け後5年間」の意味も解釈がいくつかあります。有効に機能する単なる使用者の管理上の目安情報なのか、メーカーの保証(それ以内に故障したら無償で取り替える)の期限なのかということです。また火災報知器は半年毎に機能検査を全数やっていますが、ガス報知器はやっていません。有効期限以内でも定期的にやらなければならないものなのかという疑問もあります。通常、同類マンションでは常識的にどんな管理が行われているのでしょうか。アドバイス宜しくお願い致します。

マンションの各戸の台所に設置されているガス警報器が有効期限5年を既に1年超えていることが判明し、理事会で全戸のガス警報器を新品と取り換えることを決定しました。
  参考:機種は<SH13933 パナソニック ガス当番 都市ガス(天然ガス)用>
ところが消防定年退職された方が「新品と交換ではなく定期的に機能検査して故障が判明すれば取り替える方法でよい。このマンションはSRC12階建て80戸で法的には本来ガス警報器は要求されていない。たまたま建設時に火災報知器とセットになっている製品なの...続きを読む

Aベストアンサー

#7です。お礼ありがとうございます。以下補足です。

>ただある住戸1軒で今回有効期限から1.5年過ぎており、トラブルないか尋ねると最近、ガスコンロでの煮炊きでガス漏れ警報器が鳴りやすく困るというものがありました。

取り付けから6年半ですか・・
まあ、ありえますがとても早いですね。でも全体の中の1戸だけということなら、まあそれぐらいのでしょう。

>どうも油煙などでセンサーが汚れると逆に反応が悪くなるのではという気がするのですが。また誤動作ですが、敏感になり過ぎる以外に<反応が鈍くなる>とか<まったく反応しなくなる>とか<鳴りっぱなしなる>とかはないのでしょうか。

普通はそう考えるのですが、センサーの仕組み上、敏感にしかなりません。反応が悪くなるのはセンサーそのものが故障している場合だけで、反応が悪いというよりまったく反応しないでしょう。

 このセンサーの仕組みを極簡単に説明すると、たとえば穴のいっぱい開いた通路を考えてください,人間が落ちてしまうほどの穴がいっぱい開いているのです。通常は通路を通ることが出来ません。つまり、通路を通れないのでセンサーの信号はONにならないわけです。
ガスが充満すると、この穴をふさぎます。十分に渡れる程度まで穴をふさげば、橋を渡ってスイッチがONになります。
経年劣化するというのは、この穴が脂分などでふさがれていく、ということです。ですからちょっとの量のガスでもONになりやすくなりますし、穴が多くふさがれば反応しっぱなしになります。
ですので、敏感になることはあっても鈍感になることはまずないのです。これはガスセンサーだけの話しです。

>ところでガス漏れ警報器には自らのトラブルを自己検知してランプが赤になりっぱなしとか点滅するとかの機能は搭載されていないのでしょうか。

センサー側の電源が入らないときは緑のランプが点灯しません。それをチェックして警報音を鳴らすインターホン親機などがあります。それ以外のトラブル検知はありません。
取説:http://dolphin.va.panasonic.co.jp/ideacontout/2012/06/02/2012060200080065.PDF
(パナソニックのものですが、写真の製品です。OEMなので各社から発売されていますが、同じものです)

>また専門業者のチェックでお椀状の容器をかぶせて煙チェックしていますが、あれで普通反応、過剰反応、鈍感反応、反応なしが判断できるのでしょうか。
それがうちの本職ですが、煙でチェックする煙感知器・熱でチェックする熱感知器・ガスでチェックするガス感知器などがあります。
 ただ、点検でチェックできるのは「正常に作動しているかどうか」だけです。煙に関しては「感度測定」もありますが、お椀型の容器ではできません。

皆さん誤解しているのですが、専門業者の点検は「正常に作動するか」だけしか見れません。特に「誤作動」は一般的には「火事でもないのに反応すること」とされますが、専門家としては「センサーを動かす何かがあれば、作動は正常」なのです。たとえば暖房機をつけて感知器が反応したり、バルサンを焚いて反応するのは専門家としては「誤作動」とはいいません。感知器を作動させる原因があり「感知器としては、正しく反応して作動」しているからです。
何がいいたいかというと「誤作動とか故障するかどうかを、点検で見つけることは殆ど不可能」ということです。


>また専門業者のチェックは6か月毎ですが、5年未満でこの6か月の間に故障するとかあるのでしょうか?
ありえますが、そもそも火災関係の器具は信頼性が高いので、そう簡単には壊れません。特に熱感知器は、毎年何百棟の建物を点検し、何千個もの感知器を確認しますが、年間故障で交換するのは10個未満です。
ただし、ガス検知器はセンサーの特殊性から経年劣化で感度が上がりますので、10年程度で交換するものは多いです。

#7です。お礼ありがとうございます。以下補足です。

>ただある住戸1軒で今回有効期限から1.5年過ぎており、トラブルないか尋ねると最近、ガスコンロでの煮炊きでガス漏れ警報器が鳴りやすく困るというものがありました。

取り付けから6年半ですか・・
まあ、ありえますがとても早いですね。でも全体の中の1戸だけということなら、まあそれぐらいのでしょう。

>どうも油煙などでセンサーが汚れると逆に反応が悪くなるのではという気がするのですが。また誤動作ですが、敏感になり過ぎる以外に<反応が鈍く...続きを読む

Qマンションでの火災報知機の設置

マンションでは各部屋に火災報知機の設置が義務付けられていると聞いていたが、先日見に行った物件ではキッチンにしかなく格部屋に設置する必要はないと説明されたが本当でしょうか????

Aベストアンサー

専門家です。
火災報知機とか火災報知設備と呼ばれるものは、建物の使用用途、面積、耐火構造かどうかなどで、変わってきます。

マンションは共同住宅というカテゴリにあり、設置基準はかなり緩いものになっています。ですので、市町村条例も含めて、キッチンを独立させたり、コンロを電気式にするなどの要件を充たせば、設置基準内でも減免措置を受けることが出来ます。
また建物を建てたときに必ず消防の検査を受けていますので、基本的にはその状態でOKなはずです。

しかし、最近住宅用火災警報器の設置が義務化されました。これは火災報知設備とはまったく別の種類のものですが、機能は似たようなものです。これは新築ならすでについていなくてはいけません。既存の建物なら、今後義務になります。
そのマンションは賃貸なのでしょうか?賃貸なら義務化された時に、誰の負担で取り付けるか確認したほうがよいでしょう。分譲なら、質問者様が負担することになります。

Q火災報知器は修理不可といわれましたが、本当でしょうか?

ナショナル製の家庭用火災報知器の修理についてですが、
保証期間1年以内の故障の場合は代替品と無償交換となり、
保証期間1年を超過して不良が発生した場合の修理につい
ては、対応不可と言われましたが、本当でしょうか?
一般的に電化製品などには「補修用性能部品」の最低保有
期間が設けられ、製造打切り後であっても一定年数の間は
修理が可能だと思うのですが、火災報知器の修理に関しては
一切受付けないということで、有償交換となるらしいのです。
理由としては、お客様の命に係わる商品ということもあるので
どうかご理解いただきたいということでした。
火災報知器に関しては、どのメーカーもこのような取り扱いに
なっているのでしょうか?
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え頂けません
でしょうか。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

販売店の説明の通りです。

技術的に修理は可能ですが、修理によって所定の性能が出ないと大変なことになりかねません。
そこで設備の整った工場で検査をして動作確認をとって出荷をしている完成品と交換という形をとるのです。

経済的などの理由だけではありません。安全上の配慮です。

Qコンセントにアース線がない場合は?

 先日、オーブン・電子レンジを購入いたしました。本体にアース線が付いており、アース線をコンセントに接続するように書いてありますが、コンセントにアース線を接続する所がありません。それに、延長コードを使用していますので、仮にコンセントまでアース線を引いて来れても接続できません。どうすればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジの接地は当初電波の漏れは箱を大地と同電位で輻射防ぐの意味と感電の意味が有りました、輻射は簡易接地は?です、「「これは難しい理論でシールドルームと同じです、」ですがパソコン等デジタル機器にノイズ止める可能性は有ります、これは地デジ等デジタル機器に影響も有るかも知れません
最近の住宅で感電は無いでしょう
接地工事は資格要りますが、レンジに昔同封のアース棒地面に刺す行為は資格要りません
あくまで資格とは接地極お工事です、これには法に見合った接地抵抗測定が有るからです。
洗濯機は水を使いますので、水道の接地とで感電が有るのでアースは必要ですが、レンジは乾燥した床材で触るので感電は有りません、メーカーはPL法で責任区分してますが、「故に自己責任範囲」
女性の場合、妊娠の場合はレンジの近くに寄らないことが良いですね。

Q熱感知器(火災用)の作動について質問です。

私の家には熱感知器(差動式スポット型感知器)が取り付けられています。これが作動しないように発泡スチロールで感知器の周りを囲いたいのですが、効果はありますか?
そして逆に作動してしまう可能性やその他の可能性がありますか?


【補足】
・焼肉やすき焼きなど、食卓テーブルで料理する時にいつも天井の報知器が気になってしかたないのです。

・発泡スチロールは料理の時のみ取り付けます。

Aベストアンサー

火災報知機の専門家です。資格も持っています。

写真にあるようなタイプの感知器は差動式といって、周辺温度の変化具合で感知するタイプです。ですので○○度で動作するのではなく、0度→20度とか100度→120度のように、温度変化が急激に起きると感知してしまいます。

ですから、まず焼肉の場合は反応することはありません。しかしすき焼きの場合は、感知器の真下で十分に暖まったなべのフタをあけ、急激に水蒸気が感知器に届くようだと、反応することが予想されます。(実際、うちの管理物件で湯沸しポットの湯気で反応した例があります)
なべぶたをしないで煮炊きをするか、フタをゆっくり開けて、急に湯気がいかないようにすれば大丈夫でしょう。または部屋の温度を満遍なく温め、なべなどを感知器の直下におかないようにしてください。

焼肉などをやっているときはむしろ失火の可能性が高まるときですから、感知器に覆いをつけるのはお勧めできませんし、発泡スチロールのような可燃物を天井につけると、延焼の危険が高くなります。
天井が燃えると、小さな部屋でも脱出が難しくなりますよ。

またはずすのも、ちょっと手が触れるだけで感知する感知器ですので、素人は触らないほうがいいと思います。

火災報知機の専門家です。資格も持っています。

写真にあるようなタイプの感知器は差動式といって、周辺温度の変化具合で感知するタイプです。ですので○○度で動作するのではなく、0度→20度とか100度→120度のように、温度変化が急激に起きると感知してしまいます。

ですから、まず焼肉の場合は反応することはありません。しかしすき焼きの場合は、感知器の真下で十分に暖まったなべのフタをあけ、急激に水蒸気が感知器に届くようだと、反応することが予想されます。(実際、うちの管理物件で湯沸しポットの湯...続きを読む


人気Q&Aランキング