今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

A 回答 (18件中1~10件)

質問自体は、あまりに、レベルとして低かったので答える気がなかったのですが、ちょっと読んでいて気になることがあったので、書かせていただきます。



もちろん、「男女」という語の漢字の順序の「男」「女」は、単に、語調・語呂が良いというぐらいで十分だと思います。

今回の場合、日本語として定着した語を「差別語」としたり、差別的概念が含まれていると考えるのは議論に値しませんが、そもそもマイノリティに該当する人、今回は、女性として、それを「差別的」「抑圧的」に感ずるかどうか、ということであって、実際、私自身はそう感じません。また、それを追いかけていくと、言葉狩りのように、本質的な問題を失いかねないです。

「差別」は、その対象者が、ある程度の規模をもち、マイノリティとして劣等・抑圧的に感ずる場合に「差別」とし、訂正・是正を求められます。その集団が非常に小規模な時や個人を指す場合は、どのような意図で使ったかは別として、個別の感覚として封じられ、差別として扱われないという問題を持っています。言い換えれば、大勢の女性が「男女」という語は、抑圧的に感ずると言えば、変わる可能性はないとは言えません。

ここに書く動機になった本題に入りますが、「男性」は「女性」が守るものとか、「男性」が「女性」の前に立って、「女性」を保護するというのは、一見、男らしく、秩序正しく聞こえるかもしれませんが、現代の社会において、どちらがどうということはないはずです。当然、「女性が受け身である」というような観念は、男性を中心とした考えで、直ちに女性差別とは言わないまでも、性差別に結びつきやすい観念です。

社会的には「男女」は、どちらが先に立っても良いはずです。男性も女性も、違った文化を持ちながら、社会を共有し共存しているわけです。本質的に、それに優劣も後先も、能受動もないのです。男性が女性社会を判断し、決定しなくてはならないという観念は、いわば幻想的社会観(または神道的社会観)からであって、実際は、社会的の性(ジェンダー)において、社会的な役割を割り振りしたというだけで、妊娠出産など生殖の違い以外は、予め決められたものなどは、本来ないはずなのです。また、生殖の違いによって、女性の立場を拘束すべきものではありません。

この日本は男性優位が際立った社会であることは言うまでもありませんが、社会的概念として、男性としての性役割、女性としての性役割の固定概念を作ってしまうということこそが、問題ではないかと思うのです。国を守るのは男性だという考え方は、世界の中では、それほど多くないはずです。女・子供は守るべき存在だというなら、それは性差別的な考えです。少なくとも、守るべきは命そのものであって、男も女も関係はありません。

なお、生殖行為に女性が、男性に対してなんらかのアクションをしなくてはならない、というのは、女性が、あえて男性に対して何かをしなければ性行為が成り立たないというような意味に聞こえてきます。しかし、そのようなことはないのです。もし、そうなら男性による性犯罪は起きないはずだからです。それに、男性にとって、性行為を生殖行為とするのは、一種の大義名分であって、本来は直接の結びつきなどはありません。

それとは別に、ある大臣が、女性に対して「産む機械」という発言がありましたが、失言というよりも、この社会の男性の考えを象徴したものかもしれません。未だ『広辞苑』でさえも、「女」とは「子を産み得る器官をそなえている方」と生物学的というよりも、機能的観点しかみていないわけです。いくつかの英語の辞書で、"woman"を調べてみましたが、元来、子宮の"womb"から派生した言葉にも関わらず、そのような器官(子宮)を言及するものはありませんでした。こういう事象をみても、日本という国が抱える男性優位の考え方は、簡単には改まりそうにはありません。

最後に、男性から、社会的構造上で、女性の「性役割」として「受け身」の立場を求められることは間違っていますが、それと同時に、女性から、男性に「保護を受ける」という考え方も、間違った考え方です。女性は、男性に対して従属的な存在ではありません。社会的役割としては平等であり、女性も社会の中では、一人の人間であり、男性が先とか女性が先とかではなく、基本的には独立した一己の存在(individual)でなくてはならないはずなのです。

Wikipediaより
「性役割(gender role)とは、その性別に、社会的に期待されている役割のこと」

男女平等(ジェンダー・ギャップ)指数ランキング・国別順位(2012年)
http://memorva.jp/ranking/world/wef_global_gende …
全135ヶ国中、日本は、101位です。
    • good
    • 2

差別ではないです。



元来、日本語(日本語に限らないですが)は音を大事にするものです。 音によってその言葉のニュアンスが変わってきます。
男女(だんじょ) を 逆の 女男(じょなん) とした場合、聞いている方は 女難(じょなん) と聞き間違える可能性があり、紛らわしいです。
単に明確な発音にしたい為に自然にこの言葉が残ったものと思います。

前の方からすでに出てますが 雌雄を決する(メス オス の順ですね) これを 雄雌を決する にすれば 融資を決する 有志を決する 勇士を決する 勇姿を。。 遊資を、、 紛らわしい同音の言葉が沢山出てきますね。
やっぱり 雌雄を決するが意味も明瞭に聞こえます。

男女も その様な音からの自然な選択の結果ではないでしょうか。
    • good
    • 3

「発音上の理由」って説明は見たことがある.

    • good
    • 1

 そも「差別」とは「区別されることによって具体的にデメリットを被る」ことを指す言葉であって、何れが先かなどの低次なレベルの話ではありません。

ジェンダー論にもなっていませんね、この質問の立て方は。
    • good
    • 0

>差別ではないのですか?



古代中国は儒教の影響で男尊女卑でした。
はっきりいって差別意識から「男女」が定着したのだと私も思います。

これを使わせないような運動をはじめますか?言い換えのための提案をお願いします。私は不可能だと思いますが、たとえば「偶数日は女男、奇数日は男女 と言う」、と法律で決めますか?
    • good
    • 1

基本的にはですが、動物学的に言って、男は立てられてこそ値打ちのある存在だからです。


女が男を立てるのは女の知恵ですよ。
男もそれを許容している、という構図でしょう。
だからこそ、基本的に男は前面に出る(立つ)場合が多いし、それが自然なのです。
その意味で、女男よりも男女のほうが自然な表現と言えます。

生命存亡の危機に遭遇したとき、それを守るのは基本的に(家族などの)群れの中の雄ですから、雌にとってはあくまで雄を頼っているのだ、という印象を雄に対して与えておく必要があります。
さらに、生理学的見地からしても、男を立てなければ生殖行為は不可能です。
このように、女というのは、下位であるという意味ではなく、基本的に受身の生き物なわけです。
無論、男なしで立派に生きている女性は多数おられますし、男と一緒に暮らしていても例外はありますが、基本はそういう構造になっている、ということです。

要するに、立てられる男が偉いのか、立てる女が偉いのか、ということです。
真実としては同等だとわたしは思いますが、男女という熟語のように単に後に女という字がくるからというだけで、低く見られている、差別だ、と認識すること自体が非論理的ですよね。
同様に、
・なぜ先のほうが偉いのか?
・なぜ目立つと偉いのか?
・なぜナットよりボルトが偉いと思うのか?
この問いに関する論理的な答えは、おそらく無いはずです。
そうした曖昧な感覚を基準にして差別であるといった論を展開しても不毛でしょう。
どちらも同等なのであり、先だから、目立つから、力が強いからなどという理由で偉いという認識自体が誤りなのです。
差別だと捉えてしまう女性がいるとすれば、本人自身が受け身であることを劣等だと自ら認識しているに他ならないからであり、そうした誤った認識を論理的に修正することで、その問題は解決するでしょう。
つまり、差別であるか否かは、個人個人の感覚次第なわけです。
たしかに、こうした誤った認識を持っているのは、男性に多いと思います。
そして、それに通底する感覚を持つ女性もまた多いことでしょう。
「差別ではないのですか?」という問いに対して「いいえ」という答えを導きだすためには、そのように問うご本人自身が、「そう(差別)ではない」という論理的な認識を持つしかないのです。
「先に立ったり、目立ったりするのは偉いことなのですか?」のような問いにすると、多少建設的な回答、あるいは、発展的な何らかの課題が得られる可能性はあるかもしれませんね。
     
    • good
    • 1

必ず補足でもいい、下さいな。


「男女vs 女男」の前に、貴方の意見が聞きたいです、
「何を?」
じゃあ、これはどうでしょう「中日」、「韓日」、「北日」関係など
未だありますが、外国が日本との関係を指す時、必ず
「韓日」と書いてきますよ、何故か?

↑も差別じゃないの?
貴方の意見が聞きたいな、
これが私の回答です。

男女:総理大臣でも崩せないくらいの「熟語」として定着しきってます、貴方がどうしても「女男」とゆう言葉を普及したかったら、貴方自身が率先して「流行語大賞」でも取るくらいの意気込みで流行らせられればいつの日か「女男」が優位になる日が来るかもしれません、言葉は勝手に移ろう物です。誰のものでもありません、
貴方は「女男」普及大使になれば早いで「賞」。
    • good
    • 0

以前、アメリカで、boys and girlsやmen and womenというように(ladies and gentlemenはladiesに特別な意味を込めているので例外)、男が先であることが、子供たちにどのように影響しているかの調査をし、これが男性優先という先入観に影響しているというような結論を出したものがありました。


これは日本だけの問題ではないようです。

しかしながら、言語は、男性と女性を同時に言うことはできません。オスメスと言い、雌雄と言っても、これは人間ではありません。明らかに日本語でも英語でも、男性中心となっています。これは、たとえば封建的な時代の名残であるのかもしれません。

これをして、差別と言えるかは、先ほど言った同時に言えないということ、それに加え言語文化として根付いていること、別の言い方がないこと、などが理由で、変更できないのです。

アメリカでは、そこに足を踏み入れ、he or sheという言い方をs/heと表記するという提案もありました(発音しぬくい、妙な書き方で読みにくいーー受け入れられていません)。また、ある本を読むと、he or sheのようなところ(別の表現を含め)をshe or heというふうにひっくり返し、交互に使っていましたが、これはひどい本でした。つまり読みにくいったらありません。これではダメです。

ということで、日本ではそこまでではないのですが、実験的にやってみても、私はアメリカの例を見ると男女に替わる言い方を広めるのは難しいことかと思います。

ちなみに、差別と言えば、フランス語の男性名詞、女性名詞はその最たるもので、それがダメだとフランス語は滅亡になるかもしれません。

以上、ご参考になればと思います。
    • good
    • 0

「女男(めお)さし並びて」(「発心集」)


「妻夫(めをと)いさかふ事あり」(「醒睡笑」)
「妻男(めをとこ)になりにけり」(「宇治拾遺」)
    • good
    • 0

「男女という文字」を「差別」と思う貴方は、代わりどういう文字を充てることを提案しますか?


例えばメスが先に来る文字「雌雄」はどう考えますか?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性差別の具体的な例

具体的な女性差別の例を教えてください。
たとえば、男女混合名簿とか

Aベストアンサー

>具体的な女性差別の例を教えてください。

1)プロの女相撲の禁止(大正時代くらいまではあったんですが)
2)プロ野球への女性入団の禁止
(アメリカには女性の選手いるんですよね)
3)東大の教授の人事
(東大卒の女性教授はいますが、東大に女性の教授が
 いません)。
4)女性用風俗店の少なさ
 男性用の性風俗は沢山あるのに、女性用は
 あまりありません。女性だけの東南アジア向け  
 美少年売春ツアーがあるくらいですから、需要は
 少なくないはず。
5)女性の教育レベルの低さ
 今だに女は早く結婚させるべ、みたいなバカ親が
 いること自体信じがたいことですが、男性の
 大学院への進学率の上昇率に対して、女性の
 進学率が低すぎます。
  これについては社会的障害ではなく、親が女の子
 に十分な教育を行わないという差別をしている
 ことに間違いありません。
6)女子大の存在
  社会に出たら、男女平等に機会が与えられると
 同時に共に戦わなければならないかもしれないのに、
 大学という中等教育まで女性専用という箱入り娘
 的逆差別教育環境があるのはおかしいです。

>具体的な女性差別の例を教えてください。

1)プロの女相撲の禁止(大正時代くらいまではあったんですが)
2)プロ野球への女性入団の禁止
(アメリカには女性の選手いるんですよね)
3)東大の教授の人事
(東大卒の女性教授はいますが、東大に女性の教授が
 いません)。
4)女性用風俗店の少なさ
 男性用の性風俗は沢山あるのに、女性用は
 あまりありません。女性だけの東南アジア向け  
 美少年売春ツアーがあるくらいですから、需要は
 少なくないはず。
5)女性の教育レベルの...続きを読む

Qテレビで おっぱいは 規制されているんですか?

その昔 バカ殿様を見れば 上半身裸の女性はお決まりだったし
芸能人の水泳大会みたいのでは「ポロリ」なんてのがあったし
深夜の情報番組では お店のおねいさんは上半身裸とかで出てたし・・・。

でも 気がつけば 最近テレビでみかけないなぁ、と思いました。

母親が あかちゃんにおっぱいをあげるなどのドキュメンタリーなんかでは映っていますが
裸族がテレビに映ると性器とかも映ってるの見たことあるので 同じかなぁと思うと

基本的にバラエティーとかでは 規制されているんでしょうか?
それとも自粛なんでしょうか?
それとも もう放送事故的な扱いになってしまうんでしょうか??



もちろん見たいとかそんなんではないし
一児の母になった今 バカ殿などの女性の裸の出てきかた嫌悪感を持つ母親の気持ちもわかるのですが・・・。

なにもかも「見せなければいい」というわけではないような・・・。
おっぱいを見慣れないで 思春期を迎えるってどーなの?と思ったり
ネットをみれば 女性器だって見れる世の中でテレビでの規制だけ上げてどーするの?とか・・。
あ、↑このへんは 私のただの感想なだけなんですが・・。まとまってなくてすみません。

その昔 バカ殿様を見れば 上半身裸の女性はお決まりだったし
芸能人の水泳大会みたいのでは「ポロリ」なんてのがあったし
深夜の情報番組では お店のおねいさんは上半身裸とかで出てたし・・・。

でも 気がつけば 最近テレビでみかけないなぁ、と思いました。

母親が あかちゃんにおっぱいをあげるなどのドキュメンタリーなんかでは映っていますが
裸族がテレビに映ると性器とかも映ってるの見たことあるので 同じかなぁと思うと

基本的にバラエティーとかでは 規制されているんでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

かつては露骨なのは深夜番組でした。ある年の正月などNHK除く民放各社が「水着特番」(おいおい)ってこともあったらしい。

いまは小学生でも(ふつうは9時には寝かせるが)親が放任なら深夜まで見るでしょう。
米国などは基準があって、子供不可、大人と一緒ならいいなど分類するが
(テレビに映らなくすることが出来る)
日本は垂れ流しです。
予期せぬところにおっぱいでは苦情も出るでしょう。ラムちゃんというアニメあるが(日本では水着の女の子走り回るアニメ)、米国ではアダルトになる!
ほぼ全編、半裸の少女が登場するからです(^^)

男女共同参画法も出来たし、セクハラも禁止の方向です(東京なら歩きタバコも禁止)
時代は変わりつつある。

雑誌やDVDに興味持つ若者がいてもいいです(少なくともお茶の間の話題にはならない)

Q女より男の方が何倍も楽だと思いませんか?

ふと思ったんですが、女性に生まれるより男性に生まれる方が楽だと思うんですが、他の方はどう思いますか?

私は男性は女性と違って容姿だけじゃなく、経済面や包容力など内面でも評価される事が多く、つまりセールスポイントが沢山あるのがとてもうらやましいです。
特別お金持ちじゃなくても、一生懸命勉強して、頑張って仕事をする男性はとても格好いいし、包容力(優しさ)は何より大きなポイントになると思います。
また、打ち込んでるスポーツや趣味があるだけでも、評価されるのもうらやましいです。

一方女性は、一生懸命勉強して、頑張って仕事をしていると(所謂キャリアウーマン)婚期を逃したり、人によっては「女の癖に生意気」と言われたり、働く女性は格好いいのに、なぜかあまり良い印象を持たれない事もあります。
じゃあ、女性は女性らしく古風に家を守る優しい女性になればいいのか?というとそうでもなく、主婦はなにかと見下される傾向にあると思います。(みんなお母さんや奥さんに対して冷たいかな…と)
つまり、女性の方が人に対して売り込めるポイントが少なく、もはや「若くて、美人(可愛い)」などの容姿くらいでしか、自分の良さを買ってもらえないように感じます。

これはあくまで私の主観ですが、少なくとも私の周りの環境ではこうです。
「男性の方が楽」というのは言葉が悪い(というか男性も楽して生きているわけではないから)ですが、女性に生まれて、何を頑張っても結局は若さと見た目の美しさでしか評価されないなら、男性に生まれたかったと私は思います。

皆さんはどう思いますか?

ふと思ったんですが、女性に生まれるより男性に生まれる方が楽だと思うんですが、他の方はどう思いますか?

私は男性は女性と違って容姿だけじゃなく、経済面や包容力など内面でも評価される事が多く、つまりセールスポイントが沢山あるのがとてもうらやましいです。
特別お金持ちじゃなくても、一生懸命勉強して、頑張って仕事をする男性はとても格好いいし、包容力(優しさ)は何より大きなポイントになると思います。
また、打ち込んでるスポーツや趣味があるだけでも、評価されるのもうらやましいです。

一方...続きを読む

Aベストアンサー

男性で楽なのは、優秀な人だけですね。

男性は、たとえば仕事ができて思いやりがあるなど、
優秀でさえあれば、追い風にのって、とんでもなく楽に生きられると思います。
ただ逆に、優秀でない男性は、底辺の人生を歩み、そこから抜け出すことがなかなかできないと思います。

個人差が大きいし、
「こうであればいい」というのにあまり矛盾がないのが男性の人生と思います。


女性の場合は、優秀であればたたかれる、美人であってもねたまれるなど、
「こうであればいい」という一つのきまりはなく、多くの矛盾をはらんだ人生をおくるので、
優秀な人も、そうでない人も、あるていど平均化された幸福度なのだと思います。


「男性に生まれればよかった」と思うのは、あなたが優秀な人だからです。
女性であれば、優秀であっても、邪魔がはいったりして、幸福度はそれほど高くないだろうと思います。

男性であれば、優秀でありさえすれば、みんなして尊敬するし応援するし、
あなたが向かい風に向かって歩いている間に、
彼らは追い風にのて進んでいるのを見ると、男性の方が楽としか思えないでしょう。


言い方を変えれば、男性的なタイプではないでしょうか。
男性的なタイプの女性だけれど、外見はとても女性的と言う人が、けっこういるように思います。

もしあなたもそのタイプであれば、外見のためよけいに足を引っ張られやすいので、
ボーイッシュな外見にしてしまう方が、足をひっぱられにくくなると思います。


幸福度は、最終的には本人の心の中のものなので、
外からの圧力だけに左右されるものではない、あなたなりの幸福への道をさぐるしかないと思います。

外的なものにまどわされず、自分の心の平和や、幸福をたもつために、
精神的な考え方に興味をもつ女性が最近増えているのだとも思います。

男性で楽なのは、優秀な人だけですね。

男性は、たとえば仕事ができて思いやりがあるなど、
優秀でさえあれば、追い風にのって、とんでもなく楽に生きられると思います。
ただ逆に、優秀でない男性は、底辺の人生を歩み、そこから抜け出すことがなかなかできないと思います。

個人差が大きいし、
「こうであればいい」というのにあまり矛盾がないのが男性の人生と思います。


女性の場合は、優秀であればたたかれる、美人であってもねたまれるなど、
「こうであればいい」という一つのきまりはなく、多くの矛盾...続きを読む


人気Q&Aランキング