いろいろな後付けの計器類が売っていますが、排気温度計の意味が分かりません。
排気温で車のどの様な状態が分かるのでしょうか?

A 回答 (3件)

排気温度と言う言葉から連想して排気そのものの温度だと思っている方が多いようですが、無改造の自動車では触媒の温度です。

触媒の温度は排気中の未燃焼ガスの濃度によって大きく変わるため、これによって空燃比が過濃に傾いた状態やミスファイヤなどにより未燃ガスが排出された状態を検出することができます。

ターボ付きチューニングカーの場合は排気そのものの温度を検出するために使用する場合もあります。この場合は排気系(主にタービン)の限界温度を超えないように監視するためのものです。

実際に排気温度が上がる状況は前者の場合、空燃比が濃すぎる状態や高付加運転の連続、点火系の以上によるミスファイアなどにより排気中に多量の未燃ガスが含まれる場合です。後者の場合は連続高負荷運転、連続高回転運転などの状況で起こります。
    • good
    • 0

同じ意味で水温計を考えると、いいと思うよ


ただし、排気温度を取る場合はインテーク側とアウト〔太鼓〕側が無いと
意味がなさない。水温は液体性質から、どこでも大差無いけど・・・
排気ガスは、エンジンの近くとマフラー出口で大違いになる。
あまり差が出来ると廃棄ミス(バックフアイアー)など悪影響がでる。
 燃調セットの最終的,目安に考え馬力を幾ら上げても排気温度が高すぎ
る場合などは,ガソリンを増やし空気をカットする。
 最悪(自前チューンが多い)の場合マフラー、前部・後部の温度差で
負荷ガ掛かり排気ガスが排気側、つまりエンジン側に戻ろうとする、
この事態がおきたらアクセルを戻しても・・・むだ。
 ぼくは、排気温度計が良いバロメーターだと思う、水温なんか普段から
動かなすぎ、排気温度はエンジンが猫の目の様に変わっていく、目撃者
出来れば二個〔IN.OUT〕で完璧
    • good
    • 0

とりあえず排気温が高ければ異常燃焼の可能性が考えられます。


燃調が薄いのか点火タイミングの問題か、あるいはそれ以外の理由なのか、原因は調べてみないとわかりませんが。
最悪は棚オチですから、特にターボチューンした車なんかだと排気温度計は欲しいところです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外気温計のセンサー貼り付け場所

汎用タイプのデジタル外気温計を取り付けたのですがセンサーの貼り付け位置は何処がベストでしょうか?ドアのヒンジ部の外側に貼り付けたのですが走行中でも高速道等に設置、表示されている温度と2度くらい高い温度を表示します。エンジンの熱の影響を受けないところというのはわかるのですが実際には何処に貼り付けるのがベストでしょうか?センサーは防水タイプではありません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バンパーの内側ってのが一般的かな? 走行風の影響もなく エンジンの熱も届かないからね。ホンダ車は確かその辺だったはず。

Q温度計はどこに?

車内温度と車外温度を測定する温度計を買いました。車外温度の測定のために豆粒ほどのセンサーを両面テープで取り付けなければなりません。その取り付け場所ですが、どのあたりがベストなのでしょうか?エンジンルームや車内の温度が影響するところ、雨などの水がかかるところは正確な測定ができないと思うのですが、できるなら目立たないところに取り付けたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の車には最初からフルオートエアコン用として社外の気温センサーが着いていますが、バンパー内のラジエター前にステーでセンサー本体を宙に浮かせるようについてます。直接走行風が当たり、かつ直射日光が当たらない場所ということでここになっているらしいですが、長時間エンジンかけたまま停車していると、ここでもエンジンの熱の影響を受けて1~2℃は違いがあるそうです。(ディーラーの整備士談)
ですからエンジンルームの中は少なくともさけた方がいいでしょうね。

あと、雨対策ですが防水加工されている製品なら、直接雨に当たらない位置ということだけ気をつけて取り付ければいいと思います

Q夏の車内温度と体感温度

個人的には気温が30℃を超えた時に外を出歩くと不調になりやすいですが
車内の30℃は耐えられるので、ふと疑問に思いました。

この時季~夏にかけて、車に乗り込むと車内温度は40℃を超えています。
走り始めからエアコンを28℃位で設定しますが、一定時間が経過しても車内温度は30℃超。
通常ですとかなり暑く感じますし、さらには熱中症を起こしたりしますが
運転中暑いと思うことがないのは
エアコンの冷風が体に向かって吹くため涼しい。かつエアコンによって湿度が下がるため
室温が低くならなくても体感温度が低く感じる。
から、ということでしょうか?

Aベストアンサー

車内の空気の湿度というのもありますけど、多分「熱放射」なんでしょうね。
気化熱…エアコンの冷気と乾燥した風が、身体の表面の汗とかを含んで、空気中に蒸散していきます。
その時に「涼しい」と感じるのです。
だから実際には、体表面の温度は低下しているけど、体内に熱は居残り続けるので、風を止めてしまうとドカッと暑さがこみ上げてきますよね?。

車内でエアコンをかけていても熱射病になるのは、身体の水分が汗によって奪われ、同時にエアコンによって蒸散してしまうというサイクルを踏んでいるからです。
だから飲み物などを飲まないと、熱射病を引き起こします。
エアコンが無い時代に、窓を全開に開けて大気を入れながら走ったほうが、実際には熱射病にはかかりずらかった。
もちろん、平均気温が上昇し続けているという理由も外せませんが、エアコンの除湿効果の為に、身体の水分が加速的に奪われている、ということにも着目しないといけません。

Qベンツ190Eの燃料計、油圧計、タコメータが動きません。

メルセデスベンツ190E-2.6 89年式ですが、燃料計、油圧計、タコメータが同時に死んでしまいました。詳しい方、どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご愁傷様です。同じベンツユーザーとして心からお悔やみ申し上げます。
電気系統がおかしいのでしょう。まだ生き還る可能性はあります。修理工場へGO!

Q計器のトラブル

走行中に急にタコメーター、スピードメーター、水温計、ガソリン計が作動しなくなってしまいました。次の日も変わらず動きません。
あまりお金がないので、出来るだけ自分で直したいのですが
どうしたらいいですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お乗りの車両にもよりますが、たぶんメーター系ヒューズが飛んでいるものと思われます。もしかしたらただヒューズ交換で直るかもしれませんが、そのヒューズが飛んだ原因も探られた方が良いと思います。電線被覆がめくれて短絡しているかもしれませんし、何か下流にあるセンサー類で不具合を起こしている可能性も有ります。一度お乗りの車の回路図とニラメッコしてみるのもオツです。(日本車ならその会社のディーラーに行くと見せてもらえると思いますよ。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報