ふりがなの「ルビ」って次の内のどれですか? 指? 帯? 宝石?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

英国や米国では活字の大きさを宝石の名前で表現していた時代があったのだそうです。


「るび」は英国で5.5ポイント活字がルビーと呼ばれていた事に由来します。
邦文タイプの5号活字の振りがなには7号活字というものが使われていたのですが、その後ポイント活字が普及してきて 7号活字とほぼ同じ大きさの5.5ポイント活字がとって変わりました。5.5ポイント活字は英国では「ルビー」ですが、米国では「めのう」(agate)
だったそうです。米国式が一般化していれば、ふりがなは「あげ」だったかもしれないですね。
あ、もしかして三択クイズの答え探しですか?詳しい情報はお呼びでなかったかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
はじめて「教えてgoo」を使ったのですが、回答の早さにおどろいています。
とても詳しい回答で知識が増え、ためになりました。
「あげ」案も面白かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 16:54

幸いまだ締め切られていなかったので,補足してしまいます。


churaさん:「でもルビー2ってなんだろう。」
広辞苑の「ルビー」の項にある2番目の説明,のことではないでしょうか。今手元にないのですが,1番目が宝石のルビーの説明で,2番めに「イギリスの印刷業界用語で,5.5ポイントの活字を指す。」みたいな説明があるのでしょう。
代わりに手元にあったのが研究社のリーダーズ英和中辞典で,これの「type」のところに,いろいろな活字の大きさの呼び方が出ていました。
excelsior 3, brilliant 3.5, gem 4, diamond 4.5, pearl 5, agate [ruby] 5.5, nonpareil 6 …(中略)canon 48.
数字はもちろんポイント数です。

vitamin-powerさん:「米国式が一般化していれば、ふりがなは「あげ」だったかもしれないですね。」
確かに。ほんのささいな偶然が歴史を変えてしまうものですね。(ちょっとオーバーか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ていねいな補足、ありがとうございます。
広辞苑や英和辞典までひいていただいて、お手間をかけました。
今回、はじめて「教えてgoo」を使ったのですが、細かく答えていただいて、大変助かりました。
今後は私も見習いたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 17:04

宝石です。


印刷の5号の活字の横に付けられる7号のふりがなです。
7号活字はポイントに換算すると5.5ポイントになります。
昔からイギリスでは印刷活字のニックネームに宝石の名前が
つけられていました。
4.5ポイント(ダイアモンド)
5ポイント(パール)
5.5ポイント(ルビー)
6.5ポイント(エメラルド)です。
ご理解いただけたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
クイズみたいな質問に、丁寧に答えていただけて、うれしいです。
たいへんにためになり、理解することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 16:57

振り仮名用活字。

また、振り仮名。五号活字の振り仮名である七号活字がルビー2とほぼ同大であるからいう。

以上広辞苑より抜粋です。宝石のルビーからきているみたいですね。gooの辞書ツールでも同様のことが書いてあります。でもルビー2ってなんだろう。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
はじめて「教えてgoo」を使ったのですが、10分後にもう回答がもらえると思ってなかったの、あまりの素早さにびっくりです。
ホント、助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 14:28

宝石です。



ルビの語源は、印刷業界でふりがなに使っていた「7号活字」が、英国で「ruby」
と呼ばれる活字の大きさ(5ポイント)と同じくらいだったからです。

なぜ英国で5ポイントサイズの活字を「ruby」と呼んでいたかについてはよく
わかりませんが、他のサイズの活字にも「pearl」「emerald」などの宝石名が
あてられていることを考えると、英国印刷業界の隠語だったのではないかと
思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
はじめて「教えてgoo」を使ったのですが、こんなにすぐに回答がもらえると思ってなかったの、あまりの素早さにびっくりです。

でも、よくご存じですよね。物知りですね。
ホント、助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 14:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「英語圏」「非英語圏」ってどういう国のことを指すんでしょうか

「英語圏」「非英語圏」という表現がよく使われていますが、この2つの明確な境界線ってあるのでしょうか。
英語圏/非英語圏の定義、できれば例(日本は英語圏だけどタイは非英語圏)みたいなものを教えていただけないでしょうか。基準は国ごとでお願いします。各国の細かい言語情報を求めているとキリがないと思いますので。
あと、世界の英語圏地域/非英語圏地域のマップなどあれば、URL/本のタイトルなどを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語圏とは英語を国語とする国々及びその国の主要言語(複数の言語の中で)が英語となっている国、地域のことです。日本は非英語圏です。非英語圏の国としては中国、アラブ諸国、日本、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ソ連、東欧諸国、スペイン語やポルトガル語を国語とする中南米諸国などがあります。線引きに絶対的な基準はないと思います。英語圏、非英語圏を使う人の目的、思惑、業界の習慣等で若干のづれがあるでしょう。貿易業界などで英語圏といえば、その国の言語を使用しなくても英語で商売が可能な地域を指すでしょう。言語学者は厳しく区分けするかも知れません。

参考資料としては手軽な「世界の国一覧」世界の動き社 ¥480(価格は2000年版の場合)190ヶ国の面積、人口、主要言語、ほかが簡潔にまとめられています。

Q愛称「~っぺ」「~ちん」「~りん」「~ぼん」

全国の愛称の語尾を集めています!
地域性とかに違いがあるかなと思っているのですけど、
ほんまのところはどないやろか?っちゅうことで、
なるべく、テレビなどに影響されていない、子供の頃に使っていた愛称やと助かります。
「っぺ」=べい=兵衛
「ぼん」=坊
       とかの語源や、
       東西日本の違いなんかがわかればなお良いです!(><

Aベストアンサー

nuohさん、こんばんは。

 ご質問を見て、ふと子供の頃に覚えた「とんとんともだち」の歌詞を思い出しました。著作権上、歌詞を書けませんので、語尾の部分だけを記しますと、

 ちょん・ぼう・やん・んぼ・ちん・ちゃんこ・どんどん

 作詞者はサトウハチロー。本人は東京生まれですが、父が弘前、母が仙台生まれだったため「ボクの血の中には東北のものが流れているから、田舎の詩を書くのに何の苦労もしない」という言葉を残しています。

 だからといって、上に挙げたものが東京もしくは東北地方で使われている愛称だとは、もちろん断言できません。むしろ、リズムを重視して作詞したと考えるのが妥当でしょう。
 というわけで、この歌に関しては地方による違いは分りませんでした。申し訳ありません。

 ちなみに南関東在住の私自身で言うと「ぼう」が一人いただけで、後は「ちゃん」付け、小学校中学年ぐらいからは、ほとんどが呼び捨てでした。気の荒い地域だったのでしょうか・・・

Q「空爆」と「爆撃」?「地上戦」と「陸戦」?

新聞の見出し等で良く見かける【空爆】という言葉ですが、国語辞典で引くと「〔「空中爆撃」の略〕航空機による爆撃」
用例として「敵基地を―する」とありました。

しかし、何か違和感を覚えます。
そもそも「爆撃」自体が空から爆弾を落とすことですよね。
そう思い、【爆撃】で引くと「航空機から爆弾などを落として攻撃すること。」 用例は「基地を―する」で、同じでした。

大砲で砲弾を撃ち込むのが【砲撃】、銃で撃つのが【射撃】、魚雷攻撃が【雷撃】、そして爆弾投下による攻撃が【爆撃】と、非常にすっきりしていると思うのですが、なぜあえて【空爆】が多用されるのか不思議です。
わたしにとっては違和感のある【空爆】なる言葉はいつごろから使用されたのでしょうか?

同様に、湾岸戦争のころからマスコミではよく【地上戦】なる言葉が登場していますが、この言葉は国語辞典では出てきません。
陸上での戦闘の意味だと思うのですが、それなら日本語では海上での戦闘を【海戦】と言うのと同じく【陸戦】ではないでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。
「空爆」について、AQUALINEさんの疑問に触発されて、私も興味をもち考えてみました。
もう一つ似たような言葉に「空襲」もありますよね。
これは航空機による空からの攻撃(爆撃のみならず機銃掃射も含めた)の総称でしょうが、やはり今の日本では死語ですね。

で、あちこち検索をしたらこんなページを見つけました。
ご参考までに。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2002/0318.html

もうひとつべつなもの↓

参考URL:http://www.warbirds.jp/ansq/7/G2000072.html

Q「いい」→「ゆい」「食べろ」→「食べれ」

「い」の連続「いい」が「ゆい」になる現象のある地域は、どこでしょうか?
「かわいい」が「かわゆい」になったり、「濃いい」が「濃ゆい」になったりなどです。

それから、「食べろ」「見ろ」のことを
「食べれ」「見れ」というのも気になってます。

Aベストアンサー

食べれ!見れ!は福岡かもしれません.
「早く食べなさい」→「はよたべれ」「はよたべんしゃい」
とか。

岡山では
「(どうぞ)お飲みください」→「のまれ」
「お食べください」→「くわれ」

そーいえば、私はもともと福岡人ですが、
味噌汁の味が「こゆい」時などに「こゆーかぁー」って言ってました.
あ、「濃いい」が「濃ゆい」ですねー


人気Q&Aランキング

おすすめ情報